TRASPコラム

ホームページ制作を低料金で依頼するメリットとデメリット

NEWS

 

できるだけ低料金でホームページ制作してもらえる会社があるなら、そこに依頼しようと考えていませんか。低コスト制作には経費を抑えられるメリットがありますが、それと引き換えのデメリットもあります。集客目的の場合、低料金のホームページ制作は吉となるか凶となるか、制作会社に依頼する前にちょっと確認してみませんか。

 

低料金なホームページ制作とは

低料金なホームページ制作でできること

ホームページ制作を低料金で依頼すると、簡素かつ必要最小限のホームページが仕上がってくるでしょう。おおむね以下のようなサイトができあがります。

 

・シンプルなサイトデザイン

・サイトページは5ページくらいまで

・スマホ閲覧可能な「レスポンシブデザイン」

・情報更新は難しい

 

依頼する制作会社によって仕様はまちまちですが、低料金なホームページ制作では「名刺代わり」のコンパクトなサイトしか作れません。共通するのはデザインがシンプルで、スマホで閲覧可能なレスポンシブデザインを実装できることです。また、トップページ以外の下層ページは5ページまでが大半です。トップページの1ページのみでサイトが完結する「シングルページ」のみを制作する会社もあります。

 

注意したいのが、格安でホームページ制作を依頼すると、サイト更新は自らできないケースが多いことです。ちょっとしたお知らせを載せたり、会社の実績を追記したくても、追加料金を払わないと修正できないのは面倒ですね。

 

なぜ低料金でホームページを制作できるのか

ホームページの制作コストの大半は人件費で、ここを抑えることで安くサービスを提供できます。他の業種と違い仕入や設備にかかる経費はほとんどないため、工数を抑える(手間をかけない)ことで低料金のホームページ制作が実現します。

 

ふつうホームページ制作では、まず訪問によるヒアリングと企画提案があり、そしてデザイン設計、実装・納品となります。低料金のホームページ制作プランでは、この工程をできる限り圧縮し、品質と低コストを両立させています。たとえば、メール・電話での打ち合わせの後、既成のテンプレート(ひな型)に手持ちの写真や原稿を当てはめていくため、短期の実装・納品も可能です。

 

さらに、低料金のホームページ制作を専業とする会社は、薄利多売の量産スタイルです。事業を維持するため、受注と納品のサイクルをいかに早く回していくかが勝負となります。したがって、依頼から納品までは比較的早くとも、品質はそれなりとなります。

 

低料金のホームページ制作サービスの種類

低料金のホームページ制作サービスには2つの種類があります。

 

・ホームページ制作と運用保守のセット

・ホームページ制作のみ

 

ホームページ制作と運用保守のセット

低料金のホームページ制作サービスでは、ホームページ制作から開設、その後の運用まで、まるっと一括でサービスを提供する方式が多いです。サイトのドメイン取得やWebサーバーの管理まで、ホームページを開設・運用するのに必要なサービスを利用できます。

 

なお、ホームページ制作と運用保守のセット契約しか提供していない会社もあるため、依頼前によく契約事項を確認しておきましょう

 

ホームページ制作のみ

制作会社の中には、格安でホームページ制作だけを引き受けてくれる会社もあります。安くホームページを作成して運用保守は自前で行いたい場合や、運用保守の縛り契約のリスクを回避したい事業者向けです。

 

経費をできるだけ抑えたいスタートアップ企業や、個人事業主の方に適しています。

 

低料金のホームページ制作サービスを利用するメリット

初期費用が抑えられる

低料金でのホームページ制作のメリットは、開設にかかる初期投資を抑えられることです。

低料金でホームページ制作を請け負う制作会社のほとんどは、その後の保守サービスまで一括して提供することで、利用者が手間をかけずに済む利便性を売りにしています。

 

ホームページ開設にはそれほどコストをかけず、他のことを優先したいならその選択もありでしょう。多忙で予算をかけられない個人事業主の方や、ホームページにまで手が回らない創業直後のベンチャー企業に適しています。

 

低料金のホームページ制作サービス利用のデメリット

打ち合わせが簡素

低料金では制作にかける時間も限られ、打ち合わせは「メールのみ」か、「対面では1回限り」という制作会社がよくあります。対面ならその場で双方向のコミュニケーションが取れるため、互いにとって安心できるでしょう。提案に対してこちらの考えを伝えたり、制作側も柔軟に提案の変更ができるやもしれません。一方、メールでのやり取りでは、作ってほしいサイトのイメージがうまく伝わらないこともあります。

 

さらに、ギリギリの料金で制作を請け負っている会社は、デザインの提案自体を行わず、作業や実装が中心になっていることも。こちらからデザインを要望しても、対応してもらえないことがあります。

 

デザインや機能など、できることに制限あり

料金が安いため、既存のデザインやレイアウトから変更ができない場合が多いです。そのほか、サイトのタイトルや文章の文字数制限や、ボタンの機能や配置、数量の条件が出てくるでしょう。

 

ホームページに載せるイメージ素材も、依頼者が提供するか、制作会社のテンプレ素材を活用することになります。自社のイメージにふさわしい素材を制作する工程は省かれます。

 

独自の特性を打ち出すために、「この項目は強調し、訪問者の目にとまらせたい」「看板商品が360°回転するイメージを掲載したい」とピンポイントで要望しても、テンプレートデザインの仕様上、対応できないことがあります。

 

また拡張性に乏しく、あとでホームページを改良したくても修正不能で一から作り直しを余儀なくされることもあります。その場合、新たにホームページの制作費を捻出しなくてはならなくなるでしょう。

 

低料金でのホームページ制作に集客効果は望めない

ホームページ制作は集客を目的にしたものだとしても、低料金ではそこまで配慮してもらえることは少ないです。集客目的のホームページに必要な機能として、ユーザーの動線や回遊性、コンバージョンが考慮されたサイト構成、広告やSNSとの連携機能の実装等があります。さらに常に最新情報を掲載し、更新頻度も考慮したいものです。

 

しかし、格安で制作したホームページは簡素なデザインで独自性がなく、顧客にアピールするにもインパクトが弱すぎます。低料金のホームページではそもそもボリュームが貧弱すぎ、自社への連絡や会社の存在証明としての機能しか果たせないでしょう。

 

ホームページ制作後のサポートが弱い

低料金のホームページ制作を専業とする会社は、とにかく効率的な量産作業に集中すべく、サポートは最低限にとどめているところが多いです。コストを考えればいたし方ありませんが、ホームページは会社と同様、開設してからどう運営していくかが重要になります。

 

Web上の「会社の顔」たるホームページには、情報更新などのメンテナンスやセキュリティ対策が必要です。保守サービスがあればサイト運用の知識がなくても任せきりにできますが、最低限の情報更新ぐらいしかできないでしょう。なお、ホームページ制作のみの依頼なら、その後の情報追記や修正は原則自前になってしまうことも。低料金のホームページ制作サービスを利用すると、アフターサポートが手薄で、運営リスクを自社で負わなくてはならなくなる恐れがあるので注意しましょう。

 

集客用のホームページ制作には費用をかけて

集客を目的とする場合、低料金でのホームページ制作では効果が期待できないでしょう。簡素なテンプレート構成とわずかなページでは自社の魅力を訴求するには力不足です。

 

低料金のホームページ制作でも、事業証明や問い合わせ先設置に使えなくもありません。しかし、当座の利用でなく、常設のサイトにはそれなりの時間と費用をかけた方がいいでしょう。ましてや顧客がアクセスする集客用のホームページであれば、制作時はもちろん制作後も手をかけていく必要があります。

 

ホームページで集客を望むなら、サイトの安定運用と事業の成長につなげるためにも、ちゃんと費用をかけてホームページを制作しましょう。

 

2020.08.14

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.