TRASPコラム

WordPress(ワードプレス)のメリットとデメリット

NEWS

 

WordPressは、無料でブログやホームページを簡単に作ることが出来る、

今人気のホームページ作成ソフトです。

しかし、ホームページを作ったことのない初心者にとっては難しいと感じてしまったり、

そもそもWordPressについてよく知らないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、WordPressのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

メリット

構築を簡単に行える

HTML”や”CSS”のようなプログラミング言語の知識が無い初心者でも、簡単にページの追加や更新が可能です。

基本的には、[文字の入力]と[画像の貼付け]でホームページを作って更新することが出来ます。

ワードと同様の感覚で、テキストの太さや色を変更したり、画像や動画を好きな位置に挿入出来ます。

また、ある程度の知識があれば[テキストモード]で”HTML”や”CSS”を使いながら書くことも可能なのです。

テンプレートが充実している

WordPressには様々な種類のテンプレートが用意されています。

WordPressをダウンロードしただけでは、

何もデザインはされていない状態のためとてもにシンプルな見た目になります。

そこに、用意されている様々なテンプレートを利用することで、デザインを自由に構築することができます。

テンプレートには有料と無料のもので様々あり、

無料のテンプレートを利用してホームページを作ることもできます。

また、WordPressのテンプレートは日本以外に海外の製品もたくさんあります。

ある程度のデザイン性に重きを置く場合は、日本製の有料のテンプレートの使用がおすすめです。

海外製のテンプレートの場合、使うテキストにアルファベットを予測しているので、

日本語のテキストとはデザイン的に合わない場合があります。

しかし、日本製のテンプレートは初めから日本語を想定してデザインされているため、

デザイン性の高いホームページを作りやすなっています。

また、無料のテンプレートでは、それほどデザイン性の高いものが多くないので、

ホームページ制作初心者の方は、有料のテンプレートを利用することがおすすめです。

プラグイン

WordPressには様々なプラグインも用意されています。

プラグインとは、ホームページに機能を追加するプログラムのことを言います。

管理画面から、自由に無料で追加していくことが可能です。

プラグインを利用することで、セキュリティー対策や、問い合わせフォームを簡単に作成できたり、

FacebookinstagramなどのSNSと連携したり、と様々なことが簡単に行えます。

ただし、プラグインを使用しすぎることでサイトの表示が重くなったりする場合もあるので

プラグインの使いすぎには注意が必要です。

自由自在なカスタマイズ

初心者でもWordPressで簡単に本格的なホームページを作ることが出来ますが、

ホームページについてある程度の知識やスキルがあれば、

想像しているホームページを作ることはそれほど難しくはありません。

機能もデザイン性も高い本格的なホームページを作ることもできるのです!

カスタマイズやテーマの情報が多い

WordPressは世界中に多くの利用者がいるため、カスタマイズを使用してしてみたい場合、

情報が多く得られることはとても有利となります。

そのため、検索するだけで簡単に多くの情報を得ることができるのです。

使い方で分からない内容がある場合にも、検索するだけですぐに回答が得られるので、

専門書籍を買う必要もなく、ホームページを初めて作る方にとってはメリットとなります。

管理が楽になる

WordPressを使用することにより、ホームページの構築が簡単になります。

構築が簡単にできるということは、その管理の労力もかからなくなるということなので管理も楽になるのです。

例えば、役職によって、ホームページ全体を自由に更新出来る権限、投稿のみ出来る権限を与える事も簡単にできます。

そのため、権限を持っている人は外出先でもホームページの更新が簡単に行えますし、

担当者が変わった際にも楽に引き継ぎが行えます。

SEOに強い

SEOとは検索エンジン最適化のことを言い、

ユーザーがサーチエンジンでホームページを検索した際に、上位表示させるための対策になります。

サイト検索で上位にあがるほど集客力は上がっていきます。

SEOに強いということは、それだけ高い集客力を持つホームページが作れるということになります。

Googleのサーチエンジン担当者もWordPressを使用したホームページを推奨しています。

デメリット

初期設定が難しい

WordPressを始めるまでの初期設定が難しいことがデメリットとして挙げられます。

まず初めに、WordPressやデータをアップロードするための

サーバー契約・独自ドメイン[URL]の契約をしなければなりません。

業者も様々あるため、初めての方だと、契約をどこですれば良いかが分かりづらいことがあります。

WordPressは無料ですが、レンタルサーバーと独自ドメインは有料になります。

表示速度が遅い

一般的なホームページはHTMLで作られています。

HTMLは、サーバー上の情報を読み込むだけですぐに表示される仕込みなので、ページの表示スピードが早くなります。

一方、WordPressはページの表示ごとにデータベースから、

ページを組み立てるパーツをその都度呼び出してページを構築するため、

HTMLに比べると表示スピードがどうしても遅くなってしまうのです。

セキュリティー面の心配

セキュリティは重要な問題となります。

WordPressは世界中で多くの人に利用されているので、不正アクセスされてしまう可能性があります。

セキュリティが極めて弱いということではありませんが、世界中で多くの人に利用されているので、

ハッカーのターゲットになりやすいのです。そこは注意しなければなりません。

WordPressのバージョンは最新版に設定したり、不要なプラグインは削除するなど、対策をしっかり行いましょう。

せっかく制作したWroePressのサイトで良い成果がでていたとしても、セキュリティ面が脆弱なせいで、今までの苦労が水の泡、、なんて事にならないように注意しましょう。

 

 

更新や保守管理をする必要がある

WordPress本体やテーマ・プラグインは、日々新しいバージョンが出ており、
セキュリティ対策や不具合対応のために、自分でバージョンアップする必要があります。

バックアップを取っておくことや、問題が起きれば復旧作業をしなければなりません。

自分で構築する必要がある

WordPressは自由度が高が高いですが、自身で構築していかなければなりません。

専門知識が無い場合でもある程度は作ることは出来ますが、自分の知識でホームページの完成度の変化が大きくなります。

多種多様な情報の中から知識を得ることが必要なため、慣れが必要です。

また、不足の事態がある場合でも、電話でのサポートなどはないので注意しましょう。

フォーラムなどはありますが、基本的には自分で調べて解決しなければなりません。

何も知識がない方がWrodPressでホームページを一から作ろうとした場合、まずは調べる事から始まり、トライ&エラーを繰り返しながら、早くておおよそ1ヶ月程かかるのではないでしょうか。

お仕事の合間で作って行くとなると、相当に時間がかかる事は予想されますので、しっかりと制作ができる時間の確保をする必要があります。

 

 

 

WordPressは無料でデザイン性の高いホームページを作ることができます。

今回ご紹介したように様々なメリットもあり、とても人気です。

しかし、完全に使いこなして理想のホームページを作ろうとすると、ある程度の知識が求められます。

デザイン性・機能の高いホームページを作る場合は、初心者には難しいため、

初めからプロに依頼する方が後々のことを考えると良いこともあります。

まずは、どのようなホームページを作成したいのかを決めてから、

そのために必要な方法を考えることをおすすめします。

2020.07.01

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.