TRASPコラム

【2020年】サーチコンソールの基本の使い方とホームページ改善への応用

NEWS

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

サーチコンソール(Search Console)という、ホームページの改善に役立つツールをご存じでしょうか。

 

ホームページ制作をして成果を出していくためには、あらゆるデータを分析して改善を進める必要があります。ホームページのデータ収集と聞くと、Googleアナリティクスを思い浮かべる人が多いと思いますが、Googleにはもうひとつ、サイト改善に役立つツールがあります。それがサーチコンソールです。

 

今回は、ユーザーの検索行動の分析と、ホームページの現状確認には欠かせない、サーチコンソールの登録方法から基本メニューの使い方を詳しく解説します。

 

 

【基本】Googleサーチコンソールとは?

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

まずはGoogleサーチコンソールとはどのようなツールなのか、Googleアナリティクスとの違いも含めて見ていきましょう。

 

Googleサーチコンソールとは

サーチコンソールとは、Googleが提供している、サイト改善に役立つツールのひとつです。略して「サチコ」と呼ばれ、サイト管理者やSEO担当者、マーケターにはなくてはならないツールといわれています。

 

サーチコンソールでは、

 

・ユーザーの検索行動で表示された回数

・検索結果で表示されている順位

・実際にクリックされた回数やクリック率

・GoogleへのURL登録状況

 

などを確認できます。Googleアナリティクスと連携することでSEO対策を強化し、ホームページのパフォーマンスを最大化させるのに役立ちます。

 

 

Googleアナリティクスとの違い

Googleアナリティクスをすでに導入しているなら、

「アナリティクスとどう違うの?」

「アナリティクスがあるから不要なのでは?」

と思う人もいるでしょう。

 

アナリティクスとサーチコンソールには、明確な違いがあります。アナリティクスがユーザーがホームページを訪問した「あと」の行動データを集積するのに対し、サーチコンソールは「前」の行動に焦点を当てているのです。

 

アナリティクスとサーチコンソールを連携すれば、ユーザーが検索してホームページに関心を寄せたところから、コンバージョンに至るまでの一連の行動を、連携して分析できるようになります。しっかり使い方をマスターし、サイト改善に役立てましょう。

 

 

【基本】サーチコンソールに登録しよう

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

まずはサーチコンソールへの登録方法から説明します。すでに導入済みなら、次章に進んでください。

 

Googleアカウントを取得する

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

サーチコンソールを利用するには、Googleのアカウントが必要です。すでにアナリティクスやGmailなどを利用しているなら、そちらのアカウントを使用してもよいでしょう。

 

新しくアカウントを取得するなら、こちらにアクセスして必要事項を入力し、新規作成してください。

 

 

サーチコンソールに登録する

サーチコンソールへの登録は、以下の手順で進めてください。

 

1.Googleのアカウントにログインしたまま、こちらに移動します。「今すぐ開始」をクリックし、サーチコンソールにログインしましょう。

 

2.「プロパティを検索」の「プロパティを追加」で、サーチコンソールを利用したいサイトを登録します。

 

3.「プロパティタイプ」を選択します。

 

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

プロパティタイプは、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2つから選べます。

 

・ドメイン

ドメインプロパティを選ぶと、サブドメインを含めたトップドメイン以下のサイトをすべてまとめて計測します。http://とhttps://、http://www.○○.com、http://○○.comなどの区別がされません。http://m.○○.comなど、モバイル用にサブドメインを使用していてもあわせて計測してくれます。

 

2019年2月に公開されたGoogleの公式ブログでは、ドメインプロパティを推奨しています。サブドメインごとに分けて管理したい、モバイルは分けて考えたいなど、特別な理由がなければこちらを選ぶとよいでしょう

 

ドメインプロパティを選択する場合には、http://などをつけずに、「○○.com」の部分だけを入力して登録します。

 

・URLプレフィックス

サブドメインやパスなどを分けて詳細に管理したいときには、URLプレフィックスを選択します。たとえばブログだけは別に分けてデータを見たいなら、URLプレフィックスを選びましょう。

 

URLプレフィックスでは、http://とhttps://を別のものとして扱うため、両方計測するなら個別に登録が必要になることには注意が必要です。サイト全体を集計したいときは「http://www.○○.com」と完全URLを入力し、ブログだけを計測したいときには「http://www.○○.com/blog」など、ディレクトリも含めたURLを入力します。

 

 

4.所有権を確認する

 

所有権の確認は、選んだプロパティによって手順が異なります。

 

①ドメインを選んだ場合

ドメインでURLを入力すると、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」というポップアップが表示されます。

 

TXTレコードをコピーし、契約しているサーバーに設定します。設定方法はサーバーにより異なるため、各サーバーのサイトで確認するようにしてください。

 

②URLプレフィックスを選んだ場合

URLプレフィックスを選んだ場合の所有権確認は、以下の5つの中から選べます

 

<おすすめの確認方法>

・HTMLファイル(ダウンロードしたHTMLファイルをサイトにアップロードする)

 

<その他の方法>

・HTMLタグ(メタタグをホームページの<head>セクション内に貼り付ける)

・Google Analytics(アナリティクスのトラッキングコードを使用する)

・Google タグマネージャー(タグマネージャーのコンテナスニペットを使用する)

・ドメイン名プロバイダ(サーバーのDNS設定に貼り付ける)

 

自社で対応できる方法を選んで認証するようにしてください。

 

Googleアナリティクスをすでに導入済みなら、アナリティクスを選択すると簡単です。「確認」ボタンを押すと、自動で認証が始まります。

 

所有権の確認は、アナリティクスを導入していなければ、サーチコンソールの登録作業でもっともハードルが高い部分です。サーバーを自社管理していないなど、自社で対応できなければ、ホームページの管理を依頼している業者に導入してもらうとよいでしょう。

 

 

【初級編】サーチコンソールの基本の使い方をマスターしよう

 

サーチコンソールへの登録が完了すると、アクセスしたときにホーム画面として「サマリー」が表示されます。

 

左側にはメニューが並んでいますが、それぞれの機能がどのようなものなのか、まずは基本の使い方を理解しましょう。

 

 

「サマリー」でサイトの概要を確認する

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

サーチコンソールで最初に表示される「サマリー」では、「検索パフォーマンス」「カバレッジ」「拡張」を簡単に確認できるようになっています。

 

それぞれに表示されている「レポートを開く」をクリックすると、個別のレポートが開く仕様です。レポートごとにどのような内容を確認できるのかは、以降で説明していきます。

 

 

「検索パフォーマンス」でユーザーが検索したクエリを確認する

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

検索パフォーマンスは、ユーザーが検索した「クエリ」を確認する、サーチコンソールではもっとも重要な機能です。

 

「クエリ」とは、ユーザーが検索エンジンを使用するときに入力する「言葉」や「フレーズ」のことで、サイト制作者側から見る「キーワード」に該当します。ユーザーが使用するクエリは、よりユーザーのニーズを表したものと考えてよいでしょう。

 

「検索パフォーマンス」の初期画面では、2つのダッシュボードが表示されています。上部のダッシュボードでは、以下の4項目を確認できます。

 

・合計クリック数(ユーザーがクリックしてサイトにアクセスした回数)

・合計表示回数(ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数)

・平均CTR(表示された回数のうち、実際にクリックされた割合)

・平均掲載順位(検索結果にサイトが表示されたときの掲載順位の平均)

 

そして下部のダッシュボードには、以下についてそれぞれのクリック数と表示回数が表示されます。

 

・クエリ

・ページ

・国

・デバイス

・検索での見え方

・日付

 

上記のうち「検索での見え方」は通常の検索結果枠以外に出たものが集計されますが、とくに設定していなければなにも表示されません。

 

また検索結果に表示される「検索タイプ」は、

­­

・ウェブ:「すべて」タブに表示された検索結果

・画像:画像検索で表示された検索結果

・動画:動画検索で表示された検索結果

・ニュース:ニュースタブに表示された検索結果

 

から選べ、画像検索、動画検索など、見たいものだけにフィルタをかけられます。

 

「日付」はデフォルトで過去3カ月が表示されますが、過去7日間〜過去16カ月までから選択する、もしくはカスタムで計測期間を入力することも可能です。

 

 

「URL検査」でページごとの問題点を発見する

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

「URL検査」をクリックすると、上部に表示される検索ウィンドウがハイライトされるので、状態を確認したいページのURLを入力してください。すると以下の3つが表示されます。

 

・Googleへのインデックス状況(Googleへの登録の有無)

・カバレッジ(適性に登録されなかった場合エラーの内容が表示される)

・モバイルユーザビリティ(モバイルの使い勝手のよさ)

 

それぞれの左端に表示される丸いアイコンが、緑のチェックマークになっていれば問題はありませんが、ビックリマークが描かれた赤丸になっているときには要注意です。詳細を開き、エラーの内容を確認して修正を行うようにしてください。

 

またページを更新した場合には、インデックス状況の「インデックス登録をリクエスト」を送信すると、ボットの巡回を依頼できます。(依頼しなくても、時間をおけば自動で巡回してもらえます。)

 

 

インデックス

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

インデックスメニューには

 

・カバレッジ

・サイトマップ

・削除

 

の3つが収納されています。それぞれの内容を確認しましょう。

 

「カバレッジ」でエラーが出ているページを調べる

 

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

カバレッジではダッシュボードが2つ表示されます。まずは上部のダッシュボードで、以下の4つのステータスにつき、該当するページ数を確認しましょう。

 

・エラー(なんらかの理由でインデックスされなかったページ)

・有効(警告あり)(インデックスされているがなんらかの問題がある)

・有効(正しくインデックスされている)

・除外(意図的にインデックスされていない)

 

それぞれをクリックすると、下に詳細が表示され、どのような理由でエラーが出たり除外されたりしているのかが分かります。

 

<エラーの例>

・送信されたURLのクロールに問題があります

・送信されたURLにnoindexタグが追加されています

・noindexタグによって除外されました

 

ページを非公開にしている、意図的にnoindexしているなどであれば問題ありません。もし意図していないエラーが出ている場合には、内容に応じて修正が必要です。

 

 

「サイトマップ」でサイトの構造を登録する

 

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

サイトマップは、ホームページ全体がどのような構造になっているのかを示すファイルです。新しくページを追加したときなどにサイトマップを送信すると、Googleにすぐに認識してもらえます。更新したらサイトマップを送信するよう、習慣づけるのがおすすめです。

 

新しくサイトを作ったときや、サイトのページ数が多くて構造が複雑な場合には、送信するようにしましょう。なおサイトマップは、WordPressを使用しているなら、Google XML Sitemapsなどのプラグインを利用すれば、簡単に作成できます。

 

 

「削除」でインデックスを削除する

 

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

 

削除は、Googleにインデックス済みのページを削除する機能です。削除をクリックすると、以下の3つのタブが表示されます。

 

・一時的な削除

・古いコンテンツ

・セーフティフィルタリング

 

「一時的な削除」では、約半年の間検索結果に表示されなくする「URLを一時的に削除」、検索エンジンに再度クロールされるまで検索結果から消去される「キャッシュされたURLを削除」の2通りから選べます。検索結果に残るデータを、できるだけ早く消したいときに利用するとよいでしょう。

 

「古いコンテンツ」は、過去6カ月で専用ページから削除リクエストしたURLが表示されます。

 

「セーフサーチフィルタリング」は、過去6カ月間で一般ユーザーからアダルトコンテンツとして「不適切なコンテンツ」として報告された場合に、URLを確認できます。

 

 

拡張

【2020年】ホームページの改善に役立つ!サーチコンソールの基本の使い方

拡張メニューには、以下の3つの機能が収納されています。

 

・ウェブに関する主な指標

・モバイルユーザビリティ

・パンくずリスト

 

それぞれを詳しく確認しましょう。

 

「ウェブに関する主な指標」でページスピードを確認する

 

ウェブに関する主な指標

 

「ウェブに関する主な指標」には、モバイルとPCのそれぞれについて、ページの処理スピードを示すダッシュボードが表示されます。

 

Googleでは、ページの読み込みに時間がかかると、直帰率に深刻な影響を及ぼすとしており、

 

「ページの読み込み時間が 1 秒から 3 秒に増加すると、直帰率は 32% 増加します。

ページの読み込み時間が 1 秒から 6 秒に増加すると、直帰率は 106% 増加します。」

公式ホームページにも明記されています。

 

ページの表示スピードで評価されるのは、以下の3つのステータスです。

 

・LCP(ユーザーがURLをリクエストされてから表示されるまでの時間)

・FID(ユーザーがリンクをクリックするなどの操作をしてからブラウザが応答するまでの時間)

・CLS(読み込みフェーズにおけるページレイアウトの移動量)

 

評価は良好(緑)、改善が必要(黄色)、低速(赤)の3段階で行われます。コンバージョンに影響するようなページのスピードが良好でない場合には、直帰率を下げるためにも改善を進めましょう。

 

具体的な改善内容はサーチコンソールには表示されないため、PageSpeed Insightsを活用するようにしてください。

 

 

「モバイルユーザビリティ」でモバイルの問題を特定する

 

モバイルユーザビリティ

 

モバイルユーザビリティには、表示状況を確認するダッシュボードとその詳細を示すダッシュボードが表示されます。

 

表示状況を確認するダッシュボードには、

 

・エラー(モバイルユーザビリティに問題のあるページ)

・有効(モバイルユーザビリティに問題のないページ)

 

が表示され、それぞれをクリックすることで、どのような問題があるのかをチェックできます。指摘されるエラーの内容は、

 

・テキストの文字が小さすぎます

・クリック可能な要素同士が近づきます

 

など、さまざまです。

 

スマートフォンの発達で、ユーザーの検索行動はモバイルが中心になってきているため、モバイルユーザビリティの重要度は増すばかりです。内容に応じて改善を進めるようにしてください。

 

 

「パンくずリスト」でパンくずリストの問題を特定する

 

パンくずリスト

 

「パンくずリスト」は、サイト上のユーザーの位置を視覚化するナビゲーションのことです。ページ上部に「ホーム>レディース>トップス>Tシャツ」などのように表示されているのを見た覚えがあるでしょう。パンくずリストがあるとユーザビリティが高くなるため、SEO対策として重要です。

 

サーチコンソールメニューの「パンくずリスト」では、エラー状況を表示するダッシュボードとその詳細を表示するダッシュボードが表示されます。

 

エラー状況を表示するダッシュボードは、

 

・エラー(構造化データに重大なエラーがある)

・有効(警告あり)(欠落しているまたは無効な項目がある)

・有効(エラーなし)

 

の3つのステータスに分かれ、アイテム数が表示されます。エラーが出ると通常はエラーメッセージが届きますが、定期的に確認しておくと安心です。

 

なおエラーが出ている場合には、構造上の問題があると考えられます。詳細からURLをタップしコードを確認したうえで問題を突き止める必要があり、自身で解決するのは困難なケースがほとんどです。ホームページ制作を依頼した業者にコンタクトをとり、内容を確認してもらいましょう。

 

 

セキュリティと手動による対策

セキュリティと手動による対策

 

「セキュリティと手動による対策」メニューには、

 

・手動による対策

・セキュリティの問題

 

の2つが格納されています。それぞれどのような内容なのかを説明します。

 

 

「手動による対策」でペナルティを確認する

 

手動による対策

 

「手動による対策」は、Googleによって手動による対策がされていないかを確認するメニューです。

 

「手動による対策」とは、Googleの担当者がサイト上のページを目視で審査し、ガイドラインに従っていないと判断した場合にペナルティを与えることを指します。検索順位を下げる、検索インデックスから除外するなど内容はさまざまです。

 

<Googleが示す「手動による対策」がなされる例>

・サイトへの不自然なリンク

・悪質なスパム

・隠しテキスト、キーワードの乱用

 

問題がなければ、「問題は検出されませんでした」と表示されます。サイトに対してペナルティが与えられた場合には、「手動による対策」レポートに表示され、さらにサーチコンソールのメッセージセンターに通知が届きます。

 

問題を解決するには「詳細」リンクをクリックして、解決の手順を確認のうえ対処するようにしてください。問題解決後は「審査をリクエスト」を選択し、再審査リクエストを送信しましょう。

 

 

「セキュリティの問題」でセキュリティの問題を確認する

 

セキュリティの問題

 

サイトがハッキングされている、あるいはホームページを訪問するユーザーやそのパソコンに損害を与えるような動作が検出されたときに、エラーが表示されます。

 

<セキュリティの問題の例>

・ハッキング:マルウェア

・不正な埋め込みリソース

・有害なダウンロードへのリンク

 

問題が発生すると、サーチコンソールからメッセージが届き警告が行われます。さらに検索結果に警告ラベルが追加される、アクセスしようとすると警告ページが表示されるなどするため、企業イメージを大きく損なってしまうでしょう。ユーザーに甚大な被害を与える恐れもあるので、早急に対処が必要です。

 

「セキュリティの問題」が報告されたら、速やかにホームページを制作してもらった業者に連絡するようにしてください。

 

 

「リンク」で被リンクの多い人気ページを確認する

リンク

 

「リンク」では、自社サイトへの外部からの被リンクを確認する「外部リンク」と、自社サイト内の「内部リンク」の情報を確認できます。

 

外部リンクでは、

 

・上位のリンクされているページ(外部ページからリンクされているページ)

・上位のリンク元サイト(外部のリンク元となっているサイト)

・上位のリンク元テキスト(リンクが張られているテキスト)

 

の3つが表示され、それぞれクリックすると詳細が表示されます。外部リンクはページの「人気度」を測る、大切な指標です。被リンクの多いページをさらに改善・強化することで、コンバージョンの増加が期待できるでしょう。

 

対して内部リンクでは、自社サイト内でリンクされているページを、被リンクが多い順に確認できます。こちらは自社サイト内においての、ページの重要度を測る指標になります。

 

被リンク数はSEOにも影響を与えるので、どのようなページからのリンクが多いのかを確認し、傾向をつかんでおきましょう。

 

 

【応用編】サーチコンソールをコンテンツマーケティングに活用しよう

 

【応用編】サーチコンソールをコンテンツマーケティングに活用しよう

 

サーチコンソールの基本的な使い方をマスターしたら、さらに応用してホームページの改善に役立てていきましょう。

 

サーチコンソールは、サイトの状況を知るために最適のツールで、異常が発生していないかを確認し、解決するために役立つと述べました。そのすべては、Googleを正しく運用し、検索結果の順位を上げることにつながります。

 

サイトを運営して集客するためには、検索結果で上位表示されることが大切なのです。検索結果に上位表示する施策として、SEOやコンテンツマーケティングが挙げられますが、サーチコンソールはそのどちらにも活用できる優れたツールです。

 

たとえばサイトの構造自体を最適化させるSEOの内部対策においては、サーチコンソールでは以下のメニューが活用できます。

 

・ウェブに関する主な指標

・パンくずリスト

・リンク

 

上記のデータを観測し、最適化を進めていきサイトを改善していくことで、上位表示につながります。

 

しかしサーチコンソールがもっとも力を発揮するのは、コンテンツマーケティングです。とくにコンテンツSEOにおいては、サーチコンソールなしには進められないほど重要なツールです。【応用編】では、コンテンツマーケティングでのサーチコンソールの活用方法を、詳しく解説します。

 

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ホームページ上にユーザーにとって有益なコンテンツを用意し発信することで、ブランドの認知や商品販売などの目標を達成していくマーケティングの手法です。

コンテンツマーケティングでは、オウンドメディアやブログ、SNSなどさまざまなコンテンツを配信して目標を達成していきます。

コンテンツマーケティングを成功させるためには、どんなコンテンツを用意するにせよ、ユーザーのニーズを読み取ったうえでのコンテンツ制作が欠かせません。ユーザーのニーズを読み取るには、ユーザーがどんな言葉で検索をして自社のホームページにたどり着いたのかを知ることがカギとなります。

そこで役に立つのが、サーチコンソールの「検索パフォーマンス」です。検索パフォーマンスでは、ユーザーが実際に検索した「クエリ」が表示されるため、ユーザーのニーズの読み取りに役立ちます。

 

 

サーチコンソールで既存コンテンツを見直そう

コンテンツマーケティングを考えるとき、多くの企業は「新しくコンテンツを作る」ことに注力します。たしかに新しいコンテンツを継続して作り出すことは大切です。内部リンクも増えますし、サイトのボリュームも増えてドメインパワーが強くなります。

 

しかしおろそかにしてはいけないのは、すでに制作したコンテンツを修正し、さらに伸ばしていくことです。作って放置するページがただ積み上がっていくだけでは、宝の持ち腐れにもなりかねません。

 

既存コンテンツを見直すことには、以下の利点があります。

 

・すでにある程度の順位にある記事は、新規コンテンツよりも効果が出やすい

・工数が少なくてすむ

・クリック率(CTR)がすでに明らかなので、効果検証が容易

・A/Bテストで修正前と修正後のコンテンツを比較して評価できる

 

新規コンテンツを登録して、検索順位に反映させるには速くても3カ月から半年は必要です。しかし既存コンテンツは、すでにある程度の順位がついているため、そこからさらに順位を上げていくので効果を出しやすいことがポイントです。

 

しかもすでにコンテンツはできあがっているため、ゼロから作り上げるよりも圧倒的に少ない工数で済みます。またクリック率も明らかになっているので、A/Bテストを行っても、効果検証が容易です。

 

コンテンツをさらに磨き上げることになるため、コンテンツ自体の質もあがります。既存コンテンツの見直しには、大きなメリットがあるのです。

 

 

サーチコンソールで伸びしろのあるページを発見し改善する

それでは具体的に、既存コンテンツの見直し方法を説明していきます。

 

 

検索順位ごとの平均クリック率を知ろう

まずはGoogleでの、検索順位ごとの平均クリック率を知っておく必要があります。平均クリック率を調査している企業は多くありますが、今回はAdvanced WEB RANKINGのデータを紹介します。

 

Advanced WEB RANKINGは、アメリカのSEO調査会社ですが、約300万件のクエリデータにもとづいた1位〜20位までの検索順位ごとのクリック率を毎月公開しています。PCとモバイル、業界カテゴリ別など、さまざまな確度からクリック率を確認できるので非常に便利です。

 

今回は、2020年8月の、International、Organic Search、Desktopのクリック率を参照しました。

 

advancedwebranking

検索順位 CTR
1位 34.05%
2位 16.56%
3位 10.06%
4位 6.77%
5位 4.82%
6位 3.52%
7位 2.75%
8位 2.19%
9位 1.77%
10位 1.48%

 

検索順位の1位から3位で約60%を占めていることがわかります。検索順位の3位以内に入ることが、いかに重要かがおわかりいただけるでしょう。

 

 

自社サイトのクリック率を確認して改善するページを洗い出す

続けてサーチコンソールで、自社のクリック率を確認してみましょう。

 

サーチコンソールにログインして、メニューから「検索パフォーマンス」の画面を開きます。フィルタはデフォルトのまま、

 

・検索タイプ:ウェブ

・日付:過去3カ月間

 

でかまいませんが、データが少ないならもっと期間を長くしてもいいでしょう。

 

チェック項目は以下の4項目をすべてオンにします。

 

・合計クリック数

・合計表示回数

・平均CTR

・平均掲載順位

 

下のダッシュボードに移動し、タブを「ページ」にあわせましょう。ページの一覧と、クリック数・表示回数・CTR・掲載順位が表示されています。

 

この中から、

 

・掲載順位順位が高いのに、クリック率(CTR)が平均より低いページ

 

を洗い出します。

 

順位に対するクリック率は、先ほど確認したGoogleの平均クリック率を参考にするようにしてください。

 

 

コンテンツの内容と検索キーワードが合致しているかを確認する

 

掲載順位が高いのにクリック率が低いということは、つまりGoogleからは評価されているのにユーザーに支持されていないということです。

 

「このページは見なくていいな」「探している情報はなさそうだな」と、検索結果を見ただけでユーザーが判断するのにはなにか理由があると考え、仮説を立てなければなりません。

 

仮説を立てるために、以下の操作をしてください。

 

  1. 対象のURLをクリックする
  2. タブを「クエリ」にする

 

該当ページが表示されたときに、ユーザーが検索したキーワードが一覧で表示されます。キーワードを表示回数が多い順に並び替え、「コンテンツを制作したときのキーワードとマッチしているか?」を確認しましょう。

 

検索キーワードはいろいろなものが表示されていますが、表示回数が多い順に並び替えて、大まかに傾向があっているなら微調整を行います。しかしズレたキーワードで検索されているなら、対策を考える必要があります。

 

それぞれのケースでの対策方法を考えてみましょう。

 

<キーワードの傾向が大まかにあっている場合は微調整する>

 

ページのタイトルに、表示件数が上位のキーワードが含まれているかを確認しましょう。含まれていないならタイトルに入れる、含まれているならタイトルの前方に、検索キーワードが来るように変更します。

 

ユーザーの視線の動きをマウスやスクロールの動き、クリック回数などから分析する、ヒートマップツールで分析すると、ウェブ上ではユーザーの視線はFの形に動く傾向にあることが知られています。

 

ユーザーはページの上部は水平に、つまり左から右に長く動き、下に行くに従って横に動く距離が短くなっていくということです。

 

検索結果においても、ページの上部、つまり検索上位につけていれば、タイトルもディスクリプションも全文見てもらえる可能性がありますが、検索順位が2位、3位と下がっていくと、ユーザーが見る範囲はどんどん少なくなっていきます。

 

できるだけユーザーの目にとまる部分に、適切なキーワードを入れ込むことが、クリックを誘うには有効です。タイトルとディスクリプションに使われているキーワードを、表示件数の多いものに入れ替える、あるいは先頭にもってくると、クリック率があがる確率が高くなります。

 

<ねらいとは別のキーワードで多く検索されている>

 

コンテンツを作成するときに設定したキーワードと、なんとなくズレたキーワードで多く表示されている場合もあります。コンテンツを作るときに、知らず知らずのうちにそのキーワードの内容に傾いているというのはよくあることです。

 

その場合、問題がないのであれば、思い切ってそのキーワードにあわせたものにタイトルを変更し、コンテンツの中身もそちらに寄せるのも方法のひとつです。それだけ表示を稼いでいるコンテンツを、活かす方法を考えるのが得策です。

 

表示回数の多いページのクリック率を上げて流入を増やし、そこからサイト内を回遊させる流れを作っていきましょう。

 

 

改善はひとつずつ進めて効果検証する

コンテンツの改善を進めるときには、一度に多くの変更を加えないようにしましょう。コンテンツの改善には、いろいろな方法があります。

 

・タイトルを変える

・ディスクリプションを変える

・見出しを変える

・コンテンツの中身を追加する

・コンテンツの中身を変える(リライトする)

 

なにを優先して行うかは、ページごとに異なりますが、これらのすべてを一度に全部行ってしまうと、なにが効果があったのかを判断できません。

 

まずはタイトルを変えてみて1週間様子を見る、次にディスクリプションを変えてみる、見出しを変える、コンテンツの内容を修正する、と段階を追って進めます。ひとつ修正を加えるごとにA/Bテストを行う、修正前と後でクリック率や検索順位に変動があるかなど、必ず効果検証を行います。

 

初めはうまくいかないかもしれませんが、根気よく繰り返すうちに効果のある方法が見えてくるので、少しずつ改善を進めましょう。

 

 

サーチコンソールでニーズのある新しいキーワードを検討する

既存コンテンツの修正を地道に続けながら、新しいコンテンツの作成も並行して進めていきましょう。新しいコンテンツを作るときにも、サーチコンソールの検索パフォーマンスは活躍します。

 

先ほどと同様に、検索パフォーマンスを表示し、チェック項目は4項目をすべてオンにします。下のダッシュボードにはクエリのタブがデフォルトで表示されているため、そのままで問題ありません。

 

新しいコンテンツの対策キーワードを検討するときには、先ほどとは逆に、

 

・検索順位は低いが、クリック率(CTR)が高いキーワード

 

を洗い出しましょう。

 

検索順位が低いにもかかわらずクリック率が高いということは、ユーザーが満足できる情報がその順位までなかったことを意味します。つまりユーザーの需要が高いにもかかわらず、上位のサイトが弱いキーワードだということです。

 

そのキーワードをクリックすると、対象のページが表示されるので、もしそのページをリライトすることで対応できそうであれば活用すると、早く効果が期待できます。

 

もしそのページがキーワードと対応していなければ、ユーザーのニーズにマッチした内容のコンテンツを作成しましょう。上位で表示されているページを確認し、ユーザーが満足しなかった理由を考えて、新しいコンテンツを作成するようにしてください。

 

需要が高いにもかかわらず、上位表示されている競合ページが弱いキーワードは、いったん上位表示に成功すると、多くの流入を見込める可能性が高いと考えられます。

 

 

まとめ

 

サーチコンソールまとめ

 

Googleが無料で提供するサーチコンソールは、ユーザーの検索行動を知り、サイトの問題を洗い出すために非常に優れたツールです。アナリティクスと同時に導入し、サイト改善に役立てるのをおすすめします。

 

サーチコンソールは、適切なキーワード選定が要となるコンテンツマーケティングにも活躍します。ユーザーのニーズを知り、制作したコンテンツになにが不足しているのかを考えて改善を重ねていけば、高い成果が得られるでしょう。

 

サーチコンソールを活用し、サイトの状態を良好に保ち、マーケティング活動をさらに加速化させていきましょう!

2020.10.20

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.