TRASPコラム

ライティングは専門家に任せよう!自社ブログをSEOライターに頼むメリットとその効果

ホームページ制作

オウンドメディアとして自社のブログを運営して、「コンテンツマーケティング」を成功させようとする企業が増加しています。ただしオウンドメディアに記事をアップロードし続けるには相応のスキルや労力が必要であり、自社にリソースが不足している場合も少なくありません。

リソース不足の場合は「SEOライター」に仕事を外注すれば、高品質のSEOに強い記事を安心して用意することができます。SEOライターとそうでないライターを見分ける力も付けながら、長期的に付き合えるライターを探してみましょう。

今回は自社メディアのライティングを外注したいと思っている方へ向けて、SEOライターの仕事内容や求められる背景、依頼するメリットなどを解説していきます。

検索エンジンに正しくコンテンツを評価してもらうこと!SEOとは

 

検索エンジンに正しくコンテンツを評価してもらうこと!SEOとは

SEOとは端的に説明すると、「自社のWebサイトを検索エンジンに向けて最適化すること」です。自社のWebサイトが正しく検索エンジンに評価され上位に表示されるようになる状態を目標として対策を行っていくのがポイントです。

検索エンジンには

・Google
・Yahoo
・Bing
・Baidu

といった種類があり、広義のSEOは上記のような検索エンジンすべてにおける最適化対策を指しています。

しかし現在では特に「Google」が検索エンジンのシェアを握っています。ですから狭義のGoogleの検索エンジンにおける最適化対策を狭義のSEOとして説明しているメディアも多数いるのがポイントです。

検索に関係するコンサルティングなどを手掛けている「アウンコンサルティング」は、2020年7月時点の世界40か国・地域の検索エンジンシェアを発表しました。

それによるとパソコン、スマホいずれもGoogleが検索エンジンのトップを獲得しているのが分かりました。また日本国内で見るとGoogleのシェアはパソコンで91.49%、スマホで99.40%となっており9割以上のシェアを獲得している状況です。

中国では「Baidu」がよく使われているので、中国に向けてSEOコンテンツを発信する際はBaiduを意識する必要があります。また世界的に見ると「Bing」もそれなりのシェアを誇っているので、世界規模でSEOコンテンツを発信する際はBingにもSEO対策を行う必要があるでしょう。

しかし日本国内に限って言えば、Googleのシェアは9割以上です。またGoogleに次いでシェアの高いYahooは、自社独自の検索エンジンアルゴリズムを廃してGoogleの検索エンジンアルゴリズムを採用しています。つまり日本ではGoogleに対してSEO対策を行えば、ほぼすべてのインターネットユーザーに対して訴求ができるようになっています。

企業の記事集客をお手伝い!SEOライターの仕事とは

 

企業の記事集客をお手伝い!SEOライターの仕事とは

SEOライターとは「ライティングにおいて、SEO対策を心掛けながら記事を掛けるライター」を指します。

企業がオウンドメディアとして記事を執筆するのは、「記事を通して集客を行いたいから」です。狙ったキーワードで検索エンジン上位表示を実現できれば、集客数は上位表示されなかった時より格段に上がります。単に漫然と記事を執筆してアップロードするのではなく、SEO的観点からユーザーが望んでいる質の高いコンテンツをアップロードし続けることで成果は上がってきます。

SEOライターは企業の記事からの集客をお手伝いする役割を持っています。

【ホワイトハットSEOを実現するために必要】なぜSEOライターが求められるのか

 

【ホワイトハットSEOを実現するために必要】なぜSEOライターが求められるのか

昔のGoogle検索エンジンは、穴だらけだったという印象が強いです。

・低品質の記事でも大量にアップロードすれば評価が上がる
・被リンクを購入して貼り付ければコンテンツが上位表示される
・検索エンジンにだけ伝わる隠しテキストやリンクをコンテンツへ追加する

といったいわゆる「ブラックハットSEO」が横行しており、ユーザーが欲しい情報をすぐ入手できる環境が整備されていませんでした。

しかしGoogleは「ユーザーのことを考えれば、利益はあとから付いてくる」というユーザーファーストの理念から対策を続けてきました。

たとえば「ペンギンアップデート」では、被リンクへの対策が行われています。購入や自作と思わしき被リンクを検出して、ペナルティを与えられるようなアップデート内容になっていました。ペンギンアップデートにより不正にリンクを獲得しようとする手法は一気に減っています。

また「パンダアップデート」では、他のサイトから内容をそのままコピーしたような記事や機械によって生成された「ワードサラダ」を含んだ記事などを検出してペナルティを与えられるようになりました。今では低品質の記事をアップロードしても、そもそも対策キーワードで上位表示されるどころか検索結果にすら掲載されないようになっています。

さらに「AI(人工知能)」の活用により、テクニックだけに頼った質のない記事は自動で判別され、高品質な記事だけが上位に表示されやすい環境が整ったのもポイントです。今ではブラックハットSEOは危険な手法であり、まっとうなSEO対策である「ホワイトハットSEO」のほうが重視されています。

しかしSEOを意識したライティングは一朝一夕に身につくものではなく、社内にスキルを持った人員がいない可能性もあります。そこで自社で記事執筆のできる時間や人員が不足している企業のサポートを行うのがSEOライターです。

SEOライターはキーワード選定やタイトルの付け方、高品質な記事の書き方などSEOに関するスキルを多数併せ持っており、スピーディーに高品質な記事を仕上げてくれるのが特徴です。自社で1からライターを育成する時間や費用を掛けるより、外部のSEOライターに仕事を任せたほうが結果的にコストが安く済む場合も増えています。

定期的に高品質な記事が納品される!SEOライターが記事を執筆するメリット

 

定期的に高品質な記事が納品される!SEOライターが記事を執筆するメリット

SEOライターに記事執筆を任せると、次のようなメリットがあります。

・SEO的にも成果の出る記事が定期的に納品される
・納品までのスピードが速い
・自社では他に手を回したい業務へ時間を掛けられる
・コストが安く済む

SEO的にも成果の出る記事が定期的に納品される

キーボードを用意して文字を打ち込み文章を書く行為は、誰でもできます。しかし

・誤字脱字が多い
・前後の文脈がつながっていない
・冗長過ぎて伝わりにくい箇所がある
・文章が短すぎて内容が伝わっていない

といった点から読みにくい文章ができ上っているケースも多いです。上記のような特徴が多い文章は低品質とみなされてしまうため、上位表示は見込めません。

さらにSEOを意識してライティングを行う場合、

・キーワードは多過ぎない程度に盛り込まれているか
・タイトルや見出しはキャッチーなものになっているか
・情報が過不足なく説明できているか
・内容は正しいか、引用元は信頼できるか

といった点も気にしながらライティングを行う必要があります。すべてのSEO事項を確認しながらライティングを行うのは初心者にとって苦痛です。

しかしSEOライターは読みやすい基本的な文章作法を心得ていますし、SEOを意識しながら滑らかにライティングを行うことに長けています。結果的にSEOとしても成果の出る質の高い記事を納品してくれるのがメリットです。

SEOライターを探す際は、単発ではなく長期的に付き合えるライターを探すことがポイントになります。長期的に付き合えるライターを見つけられれば、記事ごとにいちいち依頼できるライターを探す手間や時間が掛かりませんし、関係構築によりいろいろな作業も頼みやすくなります。

納品までのスピードが速い

SEOライターはSEOを意識しながら無駄のないライティングを行うのが得意です。ライターとして働く中で無駄のない効率的な情報収集や骨子構成スキルなどが身についており、ライティングの内容に集中できる体制を整えています。

自社でライティングを行おうとすると、他の業務が割り込んできてライティングにもたつくといったケースも想定されます。しかしSEOライターはライターとして専門的に働いている場合も多いので、ライティングだけに時間を掛けてスピーディーに納品してくれるのがメリットです。

質の高い記事を用意できるのが優先ですが、競合に対して有利になるには情報をスピーディーに適したタイミングでユーザーに伝えられる体制構築も必要です。SEOライターは体制構築に一役買ってくれます。

特に「複数のメディアを運営しながら記事をそれぞれにアップロードしていきたい」という場合は、SEOライターに仕事を任せると効率よくスピーディーに最新記事をユーザーへ閲覧してもらえるようになるので集客効果が出てくるでしょう。

自社では他に手を回したい業務へ時間を掛けられる

企業経営ではライティングに限らず、

・営業を行う
・顧客情報を分析する
・業務の見直しを行う

といったさまざまな業務が発生します。ライティングを内製しようとすると、時間確保が課題になっています。無理に記事を執筆しようとするとチェックがしにくいですし、アップロード後の記事パフォーマンス分析にも時間が取れなくなる危険があるのがネックです。

SEOライターに仕事を依頼した場合、自社ではライティング以外の業務に時間を掛けられるようになります。業務が最適化されて収益向上や働き方改革にもつなげられるのがメリットです。

コストが安く済む

自社でスキルがない人員にライティングを任せると、時給換算でライティングに掛かった時間に費用が見合わない可能性もあります。費用が見合わないのにライティングを内製し続けると利益を圧迫するかもしれません。

しかしSEOライターへ仕事を任せれば、依頼費が高く見えても結果的に社内人員に仕事を任せるよりも安上りで済むパターンも多いです。質も確保されているので、依頼費以上に集客が見込めるようになり収益が上がる効果も期待できます。

SEOライターはフリーランスとして仕事を請け負っているパターンもあります。フリーランスの場合依頼費がすべて個人の収益となるので、より安くSEOライティングを依頼しやすいのがメリットです。

スムーズな執筆ができる準備を整えている!ライティング初心者とSEOライターの差が出る5つのポイント


ライティングの初心者とSEOライターでは、次のような点で差が出てきます。

・事前の情報収集を怠らずスムーズに行える
・自分の中でテンプレートができている
・自分の知見からも情報を提示できる
・ボキャブラリーが豊富
・導線を工夫できる

事前の情報収集を怠らずスムーズに行える

ライティングの初心者は、とりあえず準備もないまま執筆を行おうとしがちです。しかし準備ができていないと構成もちぐはぐになりますし、内容が薄くなってしまう可能性があります。

SEOライターは依頼を受けた後、対策キーワードに関してニーズを調査します。たとえば「対策キーワードや関連ワードで競合の上位記事を探して読み込む」といった作業は、SEOライティングにとって基本的な作業です。そして情報を収集した後ユーザーが求めている内容を骨子として書き出し、記事を書いていきます。

SEOライターは準備をした上でどうやった切り口から情報を執筆していけばよいか分かっています。事前に準備ができていない初心者よりも無駄のない執筆が可能です。

また準備をした上で最初からアウトラインのある状態で執筆ができると、「ここの見出しは後回しにして次の見出しを書こう」という少しテクニカルなこともできるようになります。初心者の場合見出し中の文章の執筆がストップすると、そのまま執筆が止まってしまい時間を取られてしまうパターンもあります。

自分の中でテンプレートができている

SEOライターは執筆経験の中で、テンプレートができあがっています。初心者よりもスピーディーに記事が書ける理由の1つが作業のテンプレート化です。

たとえば

1.依頼を受ける
2.もらった情報をクラウドドキュメントサービスへアップロードする
3.必要な情報を収集する
4.収集した情報や文字数などを基にして必要な見出し数のめどを付ける
5.調整しながら骨子を作成
6.執筆を行う
7.チェックをする
8.依頼者へアップロード

という一連の流れにおいて余計な作業が発生しないので、即日納品も珍しくありません。初心者だと執筆方法が依頼によって変わり、非効率になる可能性もあります。

個人的な話になってしまいますが、「Googleドキュメント」といったクラウドドキュメントサービスはおすすめです。

・自動で執筆内容が保存される
・共有が簡単
・万が一パソコンが動かなくなっても他デバイスですぐ執筆再開が可能

といったように、ローカルのドキュメント作成ソフトウェアよりメリットが多いからです。

またライティングに慣れてくると、「この文字数と内容だったら大体2時間は掛かる」といっためども付くようになります。プロのライターは1日に確保できる時間と記事数、内容などで執筆できる1日の記事数を概算することも可能です。

さらに「文章の内容が頭にしっかり入っているので、冒頭とまとめで何を書けばよいのかすでに分かっている」といったスキルもSEOライターには備わっています。

自分の知見からも情報を提示できる

外部の情報を単に引っ張って記事を作るのはよくありません。外部の情報を参考にしながらも、自分の知見から正しい内容を提示できるかもSEOライティングでは重要になります。

初心者の場合引き出しが少なく、自分の知見から情報を提示できるパターンが少ないと思います。しかしSEOライターはライティング経験などから知見を豊富に持っており、知見を挟みながら独自性のある記事を用意してくれるのもポイントです。

ユーザーに求められている情報を独自性が確保されている状態でたくさん提示できれば、競合記事との差別化にもなり集客効率が上がります。

ボキャブラリーが豊富

SEOライティングにおいては、ボキャブラリーが多いほうが有利です。使える語句が多いとユーザーに伝わるようにさまざまな表現に言い換えられますし、たとえ話を用いる際にもスムーズな執筆が可能になるからです。また検索エンジンからもよい評価を得られるのがメリットです。

SEOライティング初心者だと、ついつい同じような表現を多用して文章の流れが単調になってしまう場合があります。ユーザーが飽きずに読み進められる記事を書かないと集客を行うのは難しいです。

SEOライターは豊富なボキャブラリーを活かして、冗長にならない分かりやすく面白い文章を執筆するのが得意です。1つの言葉から語彙を広げて、どんどん内容を膨らませながら記事を掛けるスキルが身に付いています。

ただしメインワードや企業名などをいろいろな方法で言い換えてしまうと、表記ゆれとなり返ってユーザーが読みにくくなります。そこでSEOライターはメインワードや企業名などは表記ゆれがなるべく起きないよう調整して、言い回しを工夫していくスキルも持ち合わせているのがポイントです。

導線を工夫できる

SEOライティング初心者の場合、執筆を終えるのだけに集中してしまい他の点がおろそかになっている場合もあります。しかしSEOライターは記事における導線も工夫できます。

たとえば文章を書いているときにすでに執筆済みの記事があれば、関連リンクを貼って流入を狙うといった手法が有名です。内部リンクとして関連記事の紹介ができれば、記事に興味を持った方が流入して回遊性を上げられる可能性があります。

また終盤に「自社では~といったサービスを提供しているので、ぜひお問い合わせください」といった文章やリンクを掲載する方法もよく取られています。文章を最後まで読んでくれた方は内容に強い興味を持っており、自社の商品やサービスを売り込みやすい傾向があるからです。記事内容によっては冒頭や文章の途中でCTAボタンやリンクを挿入するケースもあります。

ただし売り込むのがよろしくない場合もあるので、記事内容に応じて盛り込むべき導線は変化します。

依頼内容によっても変わる!ライティングを依頼する時の相場

スムーズな執筆ができる準備を整えている!ライティング初心者とSEOライターの差が出る5つのポイント

ここではSEOライティングを依頼するときの相場を確認していきます。

依頼内容で比較した相場

依頼内容で比較すると、次のような相場になります。

・コンテンツSEO重視
・記事量産重視
・SNS拡散重視

h4:コンテンツSEO重視
SEOを考えながら問い合わせ増加や資料請求といったコンバージョンをクリアできる記事を用意する場合は、「月額数万~数十万」といった外注費用が発生します。

自社のコンバージョンを達成できるSEO記事を書けるライターは需要も高いので、その分依頼費用も高めになります。またキーワード需要が高いキーワードで上位表示を目指す場合は、それだけ単価が上がる点にも注意です。SEO対策をしたてのころは、ニッチなキーワードで対策を行うのが基本となるので費用はある程度抑えられるでしょう。
h4: 記事量産重視
記事の質よりもアップロードする量を重視する場合は、「1記事当たり1,000円や数万円」といった費用が発生します。

短期間に複数の記事を用意してオウンドメディアのボリュームを増やしたい方にとってはおすすめの方法です。この方法だとSEOライティングに慣れていないライターにも発注ができるので、単価を安く済ませやすいのもメリットになります。

ただしあまりに品質の低い記事をアップロードしては費用の無駄遣いになります。ある程度質も確保された記事が納品される体制を構築できるかがポイントです。
h4:SNS拡散重視
SEOに特化した記事というよりは、SNSでの拡散を重視した内容の記事を上げる場合です。「十数万〜数百万円」といったように費用は大きく上下します。

記事がSNSで拡散されてバズ現象が発生すれば、自社のブランド認知度などが高まり大きなマーケティング効果が期待できます。また自然アクセス数や検索数を拡散をきっかけにして増加させて、最終的にSEO効果へとつなげることも可能です。

ただし拡散まで重視した記事を用意するには、高いスキルを持ったプロライターやインフルエンサーの協力が必要になります。また複数のSNSで情報発信を行い、流入チャネルを検索エンジン以外にも用意して集客を狙う工夫も必要です。

ライティングスキルで比較した相場

ライティングスキルで比較すると、次のような相場になります。

・優秀なSEOライター
・経験の浅いSEOライター
・SEOの知識がないライター

※相場はクラウドソーシングサイトがベース、単価は1文字単位
h4:優秀なSEOライター
すでに複数の企業との取引経験を積んでおり、スムーズに高品質の記事が書けるライターに依頼する場合、「1文字2~5円」といった費用が発生します。

単価決定には

・専門的な知見が必要とされるか
・SEOを考えて構成や見出し提示ができるか

といった要素が絡んできます。低い値段で依頼を出してしまうとプロライターを雇えないので注意しましょう。

ちなみに一部のクラウドソーシングサービスでは「このサービスは単価が相場より低い可能性があります」と表示される場合があります。依頼する際不利になるので表示されないように単価を工夫してみてください。
h4:経験の浅いSEOライター
まだ経験の浅いSEOライターに執筆を依頼する場合は、「1文字1~1.5円」といった相場になります。

1文字1円以上か未満かというのは大きな鬼門になります。経験が浅いとはいえSEOの知識やスキルがありこれから伸び盛りになるライターには、最低でも1文字1円以上は報酬を払っておきたいところです。

ただし見出しの提示といった作業が苦手な場合もあるので、自社でもサポートをしながらいっしょに成長できる人材を探せるとよいでしょう。上手く育成できれば優秀なSEOライターとして長期間付き合える可能性もあります。
h4:SEOの知識がないライター
SEOの知識がまったくなくこれからスキルを1から身に付けるつもりのライターに対しては、「1文字0.5~1円」といった相場を提示する企業が多いです。

経験を実践で積みたいライターとしては、「多少単価が低くても仕事を請け負いたい」と思うのが心理です。ですから仕事内容が自分に合っていると思われた場合、単価が低くても依頼を掛けられるパターンも多いのがポイントになります。予算をコンテンツマーケティングにあまりかけられない場合は、知識がないライターへの依頼も考えられるでしょう。

ただしSEO効果を期待するには、スキルが上がるまで待つ必要があります。意味のない低品質な文章が納品されないように企業側では注意する必要があります。

ちなみに知識がないからといってあまりにも低い単価を提示すると、クラウドソーシングサービスなどの規約に引っかかる危険もあるので注意しましょう。

 

SEOライティングを依頼するときのポイント

依頼内容によっても変わる!ライティングを依頼する時の相場

ここからはSEOライティングを依頼するときのポイントを解説していきます。

・依頼形式を整える
・依頼形式の種類を理解する
・実績を確認して自社に合ったSEOライティングができるか確認する
・場合によってテストライティングを依頼する

依頼形式を整える

まずは依頼形式を整えていきましょう。

・キーワードをこちらで選定するのかしないのか
・構成はこちらで作るかライターに作ってもらうか
・WordPressへのアップロードを任せるか任せないか

といった観点からライターへ依頼したい作業内容を考えていく必要があります。ちなみに依頼したい内容が増えるほど費用は増えていきます。

費用を押さえて記事を書いてほしい場合は、最低限自社でできる作業は自社で完了させて、時間の掛かる部分だけを切り分けて依頼する方法を取るとよいでしょう。ただしどんな内容を書いてほしいのか事前共有を怠ると執筆がうまくいかない危険がある点に注意してください。

依頼形式の種類を理解する

SEOライターへ依頼を行うには、次の2種類の依頼形式があります。

・SEOライティング専門業者へ依頼する
・クラウドソーシングサービスで個人ライターを探す

SEOライティングを専門業者へ依頼する際は、ライティングを行えるSEOライターが多数稼動している体制が整っています。ですから確実に高品質な記事を納品してもらえるのがメリットです。

ただし単価は高くなりがちなので、実績や品質確保の工夫などを確認して本当に成果が出るのか確認する必要があります。

またクラウドソーシングサービスで個人ライターを探すと、たくさんのSEOライターから好きな人材を雇えます。専門業者より費用が安く済みやすいのもメリットです。

その代わり専門業者を選ぶときよりさらに精査してライターを選ぶ必要があります。プロライター認定を受けているかといった点から良質なライターを探してみてください。

実績を確認して自社に合ったSEOライティングができるか確認する

依頼したいSEOライターと自社がマッチングしているかも重要です。

SEOライターにも

・グルメ系が得意
・IoT系が得意
・マーケティング系が得意

といったように得意分野があります。自社の業種とSEOライターの得意分野がマッチしていない場合、高品質な記事は望めません。このため業者やクラウドソーシングサービスの実績をチェックしてどんな分野のライティングが得意なのか確認する必要があります。

実績があまりない場合や公表されていない場合はトラブルが発生する危険もあるので、注意深く相手が信頼できるか確認してみましょう。

場合によってテストライティングを依頼する

「いきなり高単価で依頼を行うのが怖い」という方は、テストライティングを挟んで依頼を行う方法が有効です。

クラウドソーシングサービスでは、「本採用で1文字1.5円だが、最初は1文字1円のテストライティングが発生する」というパターンで依頼を掛けている企業が多いです。最初のテストライティングで実力を見極め、一番マッチングしたライターへ依頼を行うのが目的になっています。

テストライティングを挟めば費用を抑えてマッチングするかしないかを確認できます。ただしまったく報酬を支払わないといった内容だとライターが集まらない可能性もあるので、実際に依頼を掛けながら最適なテストライティングの内容を決めてみてください。

ちなみに専門業者でもトライアルを受け付けています。マッチングミスが発生しないように積極的に活用していきましょう。

まとめ

 

まとめ

今回はSEOライターの仕事内容や求められる背景、依頼するメリットなどを解説してきました。

SEOライターはSEOの観点から高品質な記事を作成してくれます。人手や時間が不足している企業は積極的にSEOライターへ依頼を掛けてみるとよいでしょう。

ただしSEOライターへ依頼をする際はまず依頼内容や依頼形式などを考えて、実績などを確認しながらテストライティングといった手法で自社と相性がよいか見極めてみてください。

2021.02.10

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.