TEL

TRASPコラム

ハウスクリーニング業のSEO対策とは?重要なポイントを徹底解説!

マーケティング

更新日:2021.10.13
公開日:2021.09.24

ハウスクリーニング業のSEO対策とは?重要なポイントを徹底解説!

オンライン化が進み、自社サイトを保有するハウスクリーニング業者が増えていますが、そのなかでも集客に悩む方が少なくありません。

 

「せっかく自社サイトをつくったのに、問い合わせが増えない」

「アクセス数が伸びず、集客の効果をまったく感じない」

「ホームページ制作を検討しているものの、集客に関するノウハウがなく不安…」

 

この記事では、Webマーケティングに欠かせないSEO対策を徹底解説!ハウスクリーニング業のホームページ制作に数多く携わり、知識や実績を培ってきたTRASPがプロの視点から、大切なポイントを厳選しています。

 

具体的には、

ハウスクリーニング業にSEO対策が必要な理由

ハウスクリーニング業におけるSEOキーワード選定のポイント3つ

ハウスクリーニング業に欠かせないSEOコンテンツ3つ

上記のようなことを説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ハウスクリーニング業にSEO対策が必要な理由

ハウスクリーニング業にSEO対策が必要な理由

コロナ禍や共働き世帯の増加などで、ニーズの拡大が続いているハウスクリーニング業では、

自社を知ってもらう

他社との差別化を目指す

このようなことが、非常に重要になってきます。

 

そこで、おすすめしたい集客方法が「SEO対策」!SEO対策を導入すれば、自社のホームページの閲覧数を増やし、集客につなげることができます。

 

この項目では、SEO対策の概要や集客に効果的な理由について説明します。

 

SEOとは?

SEOとは、“特定のキーワードで検索を行った際、Webページが上位に表示されるように働きかけるテクニック”を指しており、通称「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

 

自社サイトが検索結果画面の上位に表示されれば、アクセス数が伸びていくため、結果的に認知度もあがるケースが多いです。SEO対策を導入すれば、自社の集客につながること間違いないでしょう。

 

「SEOをもっと詳しく知りたい」という方は、こちらの参考記事をチェックしてみてください。

 

 

SEO対策は集客に効果的

SEO対策が集客に効果的な理由を、以下にまとめました。

 

自社に関心があるユーザーを取りこめる

 

特定のキーワードを入力してWebサイトを検索する人は、そのキーワードに関連する分野に興味を持っています。

 

そのため、検索エンジンからユーザーが自社サイトを訪問することで、その後の行動(お問い合わせ、依頼など)につながります。

 

よって、SEO対策によって流入するユーザーを増やすことが、集客に効果的ということになります。

 


コストパフォーマンスが良い

「広告を打ち出したいものの、費用面が不安…」という声も多いです。

 

そこで、SEO対策を導入すれば、コストを抑えることができます。SEO対策は長期的に行っていく必要がありますが、その運用コストは広告費と比べるとリーズナブル。

 

SEO対策によって自社サイトが検索結果画面の上位に表示されれば、自動的にアクセス数も増えます。そうなると、自社サイトを訪問するユーザーを長期的に確保できる可能性も高くなり、自社にとって大きな宣伝効果をもたらすでしょう。

 

したがって、SEO対策は「なるべく予算を節約して自社にプロモーション活動を行いたい」と考えている方に適しています。

 

このような理由から、SEO対策を導入すると集客に効果的だといえます。

 

SEO対策の効果検証の流れを具体的に知りたい方は、こちらの記事をぜひご覧ください。

 

 

ハウスクリーニング業におけるSEOキーワード選定のポイント3つ

ハウスクリーニング業におけるSEOキーワード選定のポイント3つ

ハウスクリーニング業におけるSEOキーワード選定のポイント3つをピックアップしたので、それぞれを詳しく解説します。

 

1.必ず「地名」を入れる

ポイントの1つ目は、「キーワードに必ず地名を入れること」です。

 

ハウスクリーニング業者は、基本的に地域に特化してサービスを展開しているケースがほとんど。そのため、SEOキーワードに地名を入れることで、検索結果画面の上位に反映されやすくなります。

「ハウスクリーニング 大阪」

「エアコンクリーニング 大阪」

このように、「単体キーワード + 〇〇(地域名)」といったイメージでSEOキーワードを設定してください。

 

地名が入っていないSEOキーワードだと、検索対象が全国区となってしまいます。したがって競合サイトの数も全国区になり、検索結果画面の上位に表示されるのは大変難しくなるため、自社サイトのアクセス数がうまく伸びない可能性が高いです。

 

集客率を上げていくために、SEOキーワードには必ず「対応可能な地域名」を入れましょう!

 

2.ロングテールキーワードを狙う

ポイントの2つ目は、「ロングテールキーワードを狙うこと」です。

 

ロングテールキーワードとは、

複数のキーワードの組み合わせで構成されている

ニッチなキーワードなので、競合が少ない

このような特徴があります。

 

実例としては次のようなものです。

エアコンクリーニング 大阪 人気

換気扇分解 清掃 大阪府 大阪市

ハウスクリーニング 格安 人気 大阪

「エアコンクリーニング」など、検索回数が1万回を超えるようなビッグキーワードを軸とし、3~4の単語数によって構成される傾向があります。また、一般的な目安として「月間検索ボリュームが1,000回未満」とされる場合が多く、検索ユーザーの対象をある程度絞ることができる点がメリットです。

 

実は“ホームページへのアクセスの8割がロングテールキーワード”となっています。また、ほかのキーワードと比較した際、圧倒的に成約率も高いです。

 

そのため、ロングテールキーワードを設定すれば、自社に関心を持つユーザーを効率よく取り込むチャンスが増えるでしょう。

 

3.競合他社のキーワードを調査

ポイントの3つ目は、「競合他社のキーワードを調査すること」です。

 

オンライン化が進むにつれて、自社のホームページを保有する流れが定着しています。ハウスクリーニング業も例外ではなく、さまざまな会社がネット集客に力を入れているようです。

 

そのため、「競合がどのようなキーワードで集客をしているのか」という点を把握すると、自社サイトと比較したうえでSEO対策を行っていくことができます。

 

SEOキーワードを選定する際は、

キーワード選定ツールを使用

対象キーワードを探す

精査して、キーワードを確定

という流れが多いので、自社サイト・競合サイトともに、しっかりと調査を行うといいでしょう。

 

他社と差別化を図るためにも、「競合他社のキーワード調査」をぜひ実践してみてください!

 

SEOキーワードの詳細を詳しくまとめていますので、気になる方はこちらの記事もご覧ください。

 

 

ハウスクリーニング業に欠かせないSEOコンテンツ3つ

ハウスクリーニング業に欠かせないSEOコンテンツ3つ

最後に、ハウスクリーニング業に欠かせないSEOコンテンツ3つを紹介していきます。ホームページ制作の際に、ぜひ実践してみてください。

 

1.情報をわかりやすく

 

ハウスクリーニング業では、

ハウスクリーニング

エアコンクリーニング

浴室クリーニング

ネズミ・害虫駆除

厨房清掃

フロアクリーニング

上記のように、対応している業務内容は幅広いです。また、個人住宅/事業所向けなどをはじめ、会社によってもメインとする業務も大きく異なります。

 

そのため、お客さまによって“ハウスクリーニング業者に求めているもの”に差が生じます。

 

例えば、ハウスクリーニング業者への依頼を検討している人が、それぞれいると仮定します。

A.「浴室をきれいに磨いてほしい」

B.「害虫駆除をお願いしたい」

AさんとBさんは「ハウスクリーニングをお願いしたい」と考えている共通点はあるものの、抱えている問題はまったく違いますね。もしBさんが「害虫駆除」と検索をして、水回り専門のハウスクリーニング業者のホームページが出てきたらどうでしょうか?ユーザビリティが高いとは言えませんよね。

 

特定のキーワードで検索して自社サイトを訪問したときに、「依頼したい業務内容を行ってくれる」「知りたかった内容がきちんと書かれている」「料金の相場が把握できる」といったように、ユーザーが求めている情報を明確に伝えられれば、非常に使いやすく満足度が高くなります。

 

したがって、具体的なサービス事例・画像を掲載して、自社がどんなサービスを提供しているのかイメージを掴みやすくするような工夫をすると良いでしょう。ファーストビューのデザインが視覚的に印象に残れば、結果的に成約率UPにつながるケースも多いですよ。

 

「魅力的なホームページをつくりたい」という方は、こちらの参考記事をご覧ください。

 

 

2.明確な料金プラン

続いて、明確な料金プランを掲載しましょう。

 

ハウスクリーニング業者を利用する場合、計画的に依頼するよりも「急に必要になった」という方も多く、費用面を気にするケースがほとんど。

 

例えば、急な来客が決まったものの、多忙で自宅の掃除まで手が回らない状況だったとします。自身がハウスクリーニング業者を探すなかで、どちらのサイトを見て「問い合わせてみたい」と思いますか?

A.自身が依頼したい業務内容の基本料金・追加料金の詳細が分かりやすく記載されている。加えて、キャンペーン情報などの案内も掲載。TOPページでSNSアカウントと連携してあるため、気軽にコンタクトを取れる印象を受けた。

 

B.事例ごとにページが分かれておらず、業務内容を把握しづらい。また、ざっくりと料金は表示されているが、詳細がわからなかった。他社と比較したときの違いを感じず、全体的にそこまで印象に残らない。

おそらく、ほとんどの人がAと答えるのではないでしょうか。

 

サービス事例ごとの基本料金やオプション・追加料金など、明確な料金が掲載されてあることで、「この業務にはこのぐらいの費用がかかる」と、具体的なイメージが浮かびやすくなります。

 

一例として、

サービス事例ごとの基本料金

オプション・追加料金

料金表

キャンペーン情報

といった料金に関するコンテンツを、ページ内のなるべく目立つ場所に配置しましょう。

 

そうすると、費用面の不安が軽減されるため「詳細を知るために、まずは問い合わせしてみよう」とユーザーが次のアクションを起こしやすくなるでしょう。

 

もちろん「料金が安いから」という理由だけで、成約が決まるわけではありません。

 

実際にユーザーからの問い合わせを受けた際、他社にはない自社の魅力をしっかり伝えられれば「この業者は信頼できる」と感じてもらえる可能性が高いです。その結果、そのまま依頼につながるケースもあります。

 

一人でも多くのお客さまを獲得する手段として、「明確な料金プランを掲載すること」をおすすめします。

 

3.お客さまの声・口コミなど

お客さまの声・口コミなどを活用することも大切です。

 

オンライン化を進む現代は、インターネットを介して情報収集を行うケースが主流となっています。また、スマートフォンやSNSが普及した影響もありハウスクリーニング業においては「実際に利用した人の評判を聞いて、仕事の依頼を判断する」という方も多いです。

 

大手のフランチャイズであれば「すでに名前を知っている」というケースもありますが、そうでないハウスクリーニング業者も多いでしょう。

 

そこで、良い評判をたくさん得られている業者であれば、お客さまの声・口コミなどを活かすことで「この会社に依頼すれば、安心できるかも…」と信頼度があがる可能性があります。自社にとって高い宣伝効果があるため、集客につながるでしょう。

 

有名な口コミサイトとしては、

くらしのマーケット

ジモティー

ミツモア

などが挙げられます。上記に挙げた口コミサイトを、実際に利用しているハウスクリーニング業者も多いそうです。

 

上記のような口コミサイトで得た評価・自社で集めたお客さまの声をホームページ上に掲載すれば、ユーザーにとって非常に良い判断材料になります。したがって、お客さまの声や口コミなどを積極的に活用すれば、自社の認知度も高まっていくでしょう。

 

まとめ

 

今回は、ハウスクリーニング業界に必要なSEO対策を詳しくまとめました。

 

コロナ禍で在宅時間が増えた今、ハウスクリーニングの需要が高くなっています。そのため、自社の実績を伸ばしていくためにも、集客率UPを目指すことが重要です。

 

Webマーケティングにおいて、SEOは欠かせない存在です。

 

ハウスクリーニング業のホームページ制作でSEO対策を導入することで、自社のブランディング効果を高められるでしょう。「成果につながるサイトを運用したい」という方は、ぜひ本記事で解説したポイントを実践してみてください!

 

TRASPでは、効果のあるSEO対策をはじめ、コンサルティングやマーケティングなども手がけています。ハウスクリーニング業者のホームページ制作も数多く行ってきたため、Webデザインなどのスキル・知識も豊富です。気になる方は、ぜひ一度ご相談ください!

 

お問い合わせはこちら

 

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

オンライン
相談受付中
page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.