TEL

TRASPコラム

建設業の経営はWebで変える!集客・求人・利益率の解決ステップ

マーケティング

更新日:2022.09.12
公開日:2022.06.21

建設業の経営には“差別化”が重要!実践すべき戦略と課題を徹底解説

 

昨今の少子高齢化の影響により、さまざまな産業が対策を迫られています。人材不足・職人の高齢化が進む建設業を経営するうえでお悩みの経営者・マーケティング担当者も多いでしょう。

 

BtoBの取引請負の業態が多く、仕事の取り合いが年々激化している建設業界で生き残るには、他社としっかり差別化を図ることが大切です。そのためにはWebを活用するのが良い選択。

 

この記事では、建設業の経営をWebで改善できる理由を詳しく解説します。
これまでに数多くの工務店やリフォーム会社・外壁塗装などの建設業のホームページ制作やWeb集客を手がけたTRASPが、プロの目線から建設業が抱える経営課題を分析し、これらをWebで改善するための実践方法を4ステップでわかりやすくお教えします。今すぐに始められるステップになっていますので、生産性を向上させたい建設業の方はぜひ参考にしてください。

 

無料相談受付中

 

建設業の経営課題とは?Webで改善できる?

建設業の経営課題とは?Webで改善できる?

 

経営課題とは、企業の経営・成長を脅かす問題のことです。一般的に中小企業においては人手不足や営業力不足、資金繰り悪化などが挙げられます。

 

このような状況の背景には、経営者の高齢化や後継者が決まっていないことが大きな理由の一つ。それに加えて、企業の強みを伝えるための方法や、近年注目を集めている環境配慮の必要性、働き方改革への対応など、さまざまな変化への対応が課題となっています。

 

では、これらの経営課題はWebで解決できるのでしょうか?
Webではどのようなことができるのか、以下にまとめてみました。

 

Web活用のメリット

  • ブランド力を強化し、差別化することで選ばれやすくなる
  • 365日24時間集客を自動化
  • 下請けからの脱却
  • 優秀な人材を獲得

Webではホームページを開設することが基本となります。ホームページを軸として、Web広告など戦略を立てることで見込み顧客だけを効率的に集客できるので、お問い合わせや資料請求、成約につなげられるでしょう。

 

チラシや広告とは異なり、ホームページでは自社が自由に情報を掲載できるため、「自社の強み」を打ち出して競合他社と差別化できる点もメリット。採用ページに「1日の流れ」や「先輩社員のインタビュー」「働く様子」をわかりやすく掲載することで、確度の高い人材を集めることができるとともに、入社後のミスマッチによる退社も防げます

 

最大のメリットは、ホームページでは365日24時間集客が可能だということ。「大阪市 建設業」や「塗装 〇〇市」「配管工事 〇〇市」と検索したときに自社のホームページが表示されることで、自動的にお問い合わせが獲得できるでしょう。

建設業の現状や将来性

建設業の現状や将来性

 

経営課題を解決するためには、自社のおかれている状況を正しく理解する必要があります。また、将来を見据えた戦略立案が重要になります。では、建設業の現状と将来性をみていきましょう。

 

建設業の現状

  • 人手不足が深刻化
  • 競争が激しい
  • 集客がうまくいかない

建設業の人手不足は一時的なものではありません。離職率の高さや高齢化が顕著で、特に現場で働く技術者や技能労働者が足りておらず、若者を獲得できなければ非常に深刻な状況が続くと予想されます。そのため、今後は若年層や中途採用を積極的に行うためにも、WebやSNSの活用でイメージアップを図る必要があるでしょう。

 

また、市場規模が大きい建設業界は年々競争が激しくなっており「なかなか集客につながらない」と悩む建設会社が増えています。したがって、自社サイトの開設・運用やWeb広告などさまざまな手段を用いて、競合他社との差別化を狙うことが大切です。

 

建設業の将来性

  • 建物の維持管理や再建需要が高い
  • リニア新幹線や大阪万博などの建築プロジェクトも進行
  • 今後もニーズは加速する見通し

建設業のニーズは今後も加速する見込みです。リニア新幹線や大阪万博など、大規模な建築プロジェクトも着々と進んでいます。また、近年は高度成長期やバブル期に完成した建物が老朽化を迎えています。そのため、今後20~30年で建物の維持管理や再建需要はさらに高まる見込みです。

  • 東京メトロ銀座線全駅のリニューアル(2022年)
  • 大阪万博の開催(2025年)
  • リニア中央新幹線が開通予定(2027年)
  • 国内のカジノ開発(時期未定)など

代表的なプロジェクトとして、上記のようなものが挙げられます。建設業は非常に将来性が高く、今後もよりニーズが高まっていくでしょう。

 

さらに詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

 

ほとんどの建設業が抱える「経営課題」はこの4つ!

建設業における経営課題4つ

 

建設業が良好な経営を続けるため、そして成長し続けるためには、経営課題を明確にしてから解決していく必要があります。なぜなら利益を向上させるには、それを阻害する問題点を洗い出すことが欠かせないため。しかし「経営は悪化しているが何が問題なのかわからない」という企業さまもいらっしゃるでしょう。

 

ここでは、TRASPがWebで支援してきた建設業に共通する問題点を挙げ、解決策を提案してみました。
企業が抱える経営課題は数え上げればキリがありませんが、実は大きく分けると次の4つにまとめられることがわかります。では、実際にみていきましょう。

 

1.コロナ禍など建設業を取り巻く環境の悪化

昨今では、コロナ禍による業績悪化が問題視されています。飲食業や観光業の業績が落ち込み、内装工事・電気工事などの依頼が激減しました。また、働き方が多様化したことで、オフィスを設置しない業態が増加。それらに伴い建設業も売上が減少し、飲食業の次に倒産数が多い状況に陥りました。

 

解決策

目まぐるしく変わる現代では、常に新しいものを取り入れることが重要です。今までは紹介や下請け・チラシ・飛び込み李業などオフラインの集客方法で十分だった会社でも、コロナを機に難しくなるなど、将来的にいつどうなるかわかりません。したがって、集客方法はオフライン・オンラインと複数もっておくことが、企業が生き残る戦略となるでしょう。

 

2.人手不足

人材なくして会社は成り立ちませんが、前述した通り、建設業界では人手不足が深刻化している状況です。そのため経営課題は人材不足に起因すること多いのです。

 

国土交通省の資料によると、建設業の就業者はピーク時である1997年の685万人と比較すると、2017年には500万人まで減っていることがわかります。

 

2.人手不足の深刻化

建設産業の現状と課題(国土交通省)

 

加えて、建設業の就業者のうち約34%は55歳以上というデータも公表されています。人手不足だけではなく、業界全体の高齢化も加速している状況だといえるでしょう。少子高齢化や人口減少は時代の流れであり、将来も改善は期待できないとみられます。

 

解決策

  • オンライン化が進む現代では、求職活動も“情報収集にインターネットを活用する”流れが定着しています。
  • 建設業への仕事に興味がある人に“自社の魅力や強みが伝わる情報”を届ける機会を増やせば、スムーズに人材確保につながります。そのためにはホームページを開設・リニューアルし「採用ページを掲載して親近感・安心感を与えて応募へのハードルを下げる」「SNSを運用し若年層へ情報を発信する」などを実践すると良いでしょう。

 

3.非効率な業務が多い

職人気質が浸透している建設業界では、どうしても“手作業が好まれる”風潮が根付いています。そのため、数多くの業務が効率化されておらず、アナログな手法に頼ってしまう現状から抜け出せていません。

 

建設業界で高いスキルを培ってきた職人たちは、これまで世代間で技術を共有・伝承していました。しかし、すべてを体系化できていないため、いつでも誰でも習得・活用するのは難しい状況です。したがって“効率化・デジタル化”を重視し、仕事の進め方・情報共有のやり方を見直すと良いでしょう。

 

解決策

  • 実際の工事をはじめすべてをデジタルで行うのは不可能ですが、会議や連絡・顧客管理・書類や図面作成といった業務にデジタル技術を用いれば、場所を問わずにリアルタイムで情報交換ができます。そうすると、最終的に大きく業務効率化を図れるでしょう。
  • また、そのような体制をしっかり整備すれば、“高い技術を持った職人→経験が浅い若い職人”へ向けて、スムーズに技術を引き継げる可能性も。社内での業務効率化が実現すれば、余分な人的コストも削減できるため、人材不足解消にも役立つでしょう。

 

4.集客がうまくいかない

工建設業は下請け構造が一般的となり、利益率が低い傾向にあります。
また紹介営業を軸にしていることが多く、自社の力で集客できていない企業も多いといえるでしょう。

 

したがって、まずは自社で集客する仕組みを作ることが重要。

 

そこで、おすすめしたいのが「自社サイトの制作・運用」です!なぜなら、企業も個人もだれもがインターネットで検索している時代にホームページを活用できなければ、自社を知ってもらう機会が限定され、お問い合わせ獲得の機会損失になってしまうため。

 

実際に建設業への工事を依頼するお客さまは「〇〇(地域名)+建設業」などのキーワードを用いて、Web検索をする流れが一般的です。このようなキーワードで上位表示されるサイトを展開し、“有益な情報・自社の魅力が伝わる情報”を掲載すれば関心を寄せる人が増えます。そうすれば、最終的に問い合わせにつながったり、契約に至ったりする確率が高まるでしょう。

 

解決策

ホームページは、自社の認知拡大から問い合わせまでを一貫して行う手段として適しています。「自社をなかなか知ってもらうチャンスがない」「集客率がなかなか上がらない」という建設会社の方は、ぜひホームページ制作・リニューアルを検討しましょう。

TRASPは建設業界の実績が豊富なWeb制作会社です。
お客さまに合わせて集客につながるホームページを制作します。自社に最適なホームページデザインやコンテンツ内容を提案しますので、まずはオンラインの無料相談までお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

建設業がWebを使って「経営改善」をするための5ステップ

建設業がWebを使って「経営改善」をするための4ステップ

 

ここからは、建設業がWebを活用して経営改善を図るためのステップを5つに分けてご紹介します。

すぐに取り組める内容になりますので、ぜひ参考にして実践してみましょう。

 

1.ターゲットを設定する

まずはターゲットをたった1人だけ想定するのがポイントです。
「40代」や「リフォームしたい人」といったあいまいな設定ではいけません。ターゲットとなる人がどのような生活をしていて、どのような情報を求めているのかを想像しましょう。

 

ターゲットの例

  • 40歳・女性
  • 子どもが2人
  • 東京都在住
  • 子ども部屋のリフォームを検討している
  • ホームページは育児の合間に比較する
  • 家族とのコミュニケーションがしやすい家にしたい
  • 家事の動線にも悩みを抱えている

 

ターゲットによって記載する情報やデザインなどを変えることで、同じような悩みを持つ層にも刺さるホームページが制作できます。「家事のしやすさ」や「おしゃれ」を求める人も多いので、その需要に答えられることをアピールしましょう。

 

また、民間工事と公共工事など会社の得意分野によってターゲットを限定し、別々のホームページを制作するのもおすすめです。

 

このように、具体的なターゲットを事前に決めておけば、どのようなコンテンツを作れば良いのかが自ずと見えてきます。逆にいえば曖昧なターゲット設定では、情報を発信してもあたりさわりのない内容となり、ユーザーの興味を引くことができません。より多くの人に見てもらいたいからといって、ありきたりなことしか書かれていなければ、流し読みをされてしまいます。一方で読み手が「自分に向けた内容だ」と感じれば、じっくりと目を通してもらえます。したがってホームページのコンテンツは「誰に対して何を伝えたいのか」を明確にしましょう。

 

ターゲット設定はイメージを具体的に思い描き、明確に決めていくと良いでしょう。

 

ターゲット設定のやり方を解説しています。

 

2.競合他社を分析

競合他社がどのような商品・サービスを展開しているか、何を得意としているかを調査しましょう。

 

なぜなら、自社が建設業界で「どのような市場にいるか」「どのような位置にいるか」を把握するには、さまざまな視点から”他社と違い”を分析することが欠かせないため。そこから自社がアピールすべき部分を洗い出せば、よりスピーディーに戦略を練りやすくなります。

 

分析方法をわかりやすく解説した記事がありますので参考にしてください。

 

3.ブランドコンセプトの確立

ターゲットと競合他社の分析が完了したら、自社のブランドコンセプトをしっかり確立させましょう。例えば

といったように、直感的にイメージが伝わりやすいワードだとベストです。

 

ブランドコンセプトを表現したロゴ・キャッチコピーを制作して営業活動に臨めば、求職者や取引先に“自社のブランド価値”をしっかり印象付けられます。そのため、「ブランドコンセプトを言語化すること」「市場におけるポジションを確立させること」を重視することが大切です。

 

ターゲットやブランドコンセプトを決めたら、制作したロゴやキャッチコピーを効果的に活用し、ブランディング戦略を展開していきましょう。

 

4.ホームページ制作

方向性が決まれば、いよいよホームページ制作を行います。

建設業のホームページでは、施工事例を重視しましょう。施工事例は建築会社としての信頼を得るきっかけにもなります。ホームページで豊富な実績が確認できれば、「これだけ経験があれば失敗しないだろう」と信頼してもらえます。

 

また、施工事例の写真を見たユーザーは、自分に置き換えて完成をイメージします。そこでポジティブなイメージができた場合には、お問い合わせにつながる可能性が高いです。

 

ホームページ制作は、自社で対応することも可能です。プログラミング言語などの知識がなくても、直感的な操作でホームページを作れるソフトやアプリが公開されています。無料で使えるものや月額低価格で運用できるものも。また、テンプレートを使えば完成度の高いサイトが出来上がるでしょう。

 

しかし、テンプレートは競合サイトと似たようなデザインになってしまうため、差別化を図ることが難しくなります。無料ソフトでは自由度が低く、基本的には文章や画像を当てはめていくだけで、それ以外のことはできません。カスタマイズするにはHTMLやCSSなどの知識が必要不可欠になるでしょう。

 

また、ホームページを自作できたとしても、集客や運用のことを考えると、すべて自社で対応するにはかなりの人材育成費用がかかると予想されます。したがって結論としては、プロであるホームページは制作会社に依頼することをおすすめします。

 

5.Web施策

ホームページを制作して終わりになってしまうケースも多いですが、ホームページは公開してからが本番です。

 

たとえば施工事例が数年前のものであったり、ブログの更新が何か月も止まっているホームページを見たら、「今は仕事を受けていないのかな」という印象を与えてしまいます。

 

ホームページではターゲット層の悩みを解決するブログ・コラム記事の投稿をすることで新たな集客経路を確保できます。会社がきちんと動いていることを証明するためにも、施工事例やブログ記事は定期的に更新しましょう。

 

また、ホームページが完成したあとは、アクセスを増やすための施策が必要です。
ホームページは、公開しただけではGoogleやYahoo!JAPANの検索結果には表示されません。検索エンジンに認めてもらうためのSEO対策(検索エンジン最適化)や、アクセスを増やすための露出(SNS、Web広告)などの施策を行わなければなりません。

 

 

建設業で実践したい経営戦略5つ

建設業で実践したい経営戦略5つ

 

これまでに建設業の現状や将来性、経営課題などを解説しました。
ここからは実践すべき経営戦略5選を詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

1.技術・品質の向上

多くの競合他社のなかから顧客に選ばれるためには、自社の技術や品質を向上させることが大切です。

 

“ターゲットにしたいユーザーは、建設会社に何を求めているか?”
をあらかじめ明確化し、職人の技術レベルを上げることや、自社のサービス内容を精査しましょう。

 

  • 自社ならではの強みがある
  • 他社にはない実績がある(〇〇数が1位など)
  • 高品質な素材を使用している

など、自社の魅力を分析し、独自性を訴求することをおすすめします。

 

2.業務のDX化を進める

業務のDX化を進めれば効率性を大幅に引きあげられます。

具体的には、

  • 図面・請求書といった各種書類の管理体制を紙ベース→クラウド・PC上への保存に切り替える
  • マッチングサイトを活用する

などを実践しましょう。

 

建設業で代表的な施工管理ソフトや一括見積サイトには、次のようなものがあります。

施工管理ソフト

ANDPAD

アイピア

KANNNA

マッチングサイト

助太刀

請負市場

CAREECON

各サービスにより特性や利用料金などが異なるため、事前に確認することをおすすめします。自社の業務におけるDX化を促進し、効率化を図れば「社員一人ひとりの負担を減らせる」「コスト削減も可能」といったメリットも。働きやすい環境を整備することで離職率の低下や若年層の人材獲得にもつながるでしょう。

 

3.差別化をする

差別化を図ることは、自社の独自性を確立し、ポジショニング戦略を行うこと。ポジショニング戦略とは、ほかの建設業とは違う独自の「強み」を打ち出し、それを売りにしてお客さまに選んでもらう戦略のこと。

 

たとえば「なんでもできる建設業」と「店舗改装専門の建設業」では、後者のほうが強みがはっきりしているため、訴求力があります。

 

供給過多の建設業界では、地域に同じような建設業者があるエリアも多いです。もしどれも同じに見えてしまえばお客さまはより価格の安い建設業を選ぶでしょう。したがってほかの建設業と差別化できなければ値下げをするしかなくなります。しかし、専門性が高ければ、価格競争に巻き込まれずに済みます。

 

「自社にしかない技術・サービス」といった価値を提供できれば、競合よりも料金が高くても選ばれる可能性があります。したがって、何か特定の症状や技術に特化した建設業を目指しましょう。

 

4.ニーズ・トレンドを把握

お客さまが何を求めているかを知らなければ、自社の強みを活かすことはできません。自社の強みでお客さまが抱える悩み・課題を解決に導ければ、それらを“独自のアプローチ”として実践できます。

 

そのため、明確にニーズを分析することが大切です。また、建設業界のトレンドは常に移り変わっています。したがって、最新のトレンドをキャッチし、そのときに適した施策を打ち出すと良いでしょう。

 

5.ビジネスモデルを再構築する

ビジネスモデルの再構築も大切なポイントです。前述した通り、建設業界のトレンドやニーズは常に変化し続けています。臨機応変に対応していかなければ、時代に取り残されてしまい、売上向上や受注量の確保にはつながりません。競合他社の動向をいち早く察知し、自社に必要な施策をすぐに実践できる体制を整えましょう。

TRASPは今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。

 

ホームページ制作について

建設業におけるノウハウ12選を紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

 

建設業の経営改善・戦略立案はWebのプロに相談

外壁塗装業が安定して仕事を取るための戦略4つ 

 

経営課題の解決には、客観的な視点が重要です。

建設業の経営で困った際は、プロに相談することをおすすめします!ホームページの開設・運用やリスティング広告など、“媒体を単に導入するだけ”であれば自社のみでも対応可能です。

 

しかし「ただサイトを開設して、何も手を加えていない」「内容をあまり理解しないまま、広告を打ち出してしまった」といった状況はNG。なぜなら、集客や経営面でWebを活用し、成果につなげるにはSEOやMEOをはじめ多くのノウハウや専門知識必要があるためです。それらを正確に把握し、実践しなければ思うような効果を得るのは難しいでしょう。

 

一方、Web業界で数多くの実績やノウハウを培ってきたプロであれば「自社が改善すべき課題や問題点」「それらを解消するためのベストな方法」などを正確に見抜きます。最終的に適切なアドバイスを提供できるため、効率良く自社の利益向上を狙えるでしょう。

 

「自社の経営を軌道に乗せたい」「うまく集客ができずに困っている」という建設会社の方は、気になる制作会社や専門業者を探してみてはいかがでしょうか?

TRASPは建設業界の実績を多数保有しています。また、ターゲットユーザーを細かく分析した“集客につながるホームページ”が強みです。専門知識・ノウハウを培ったプロが、お客さまに適したプランニングをご提案いたします!詳細はこちらをご覧ください。

 

TRASPの集客

まとめ

この記事では、建設業の経営をWebで改善できる理由を詳しく解説しました。

 

人手不足の深刻化・業務効率化が難しいなど、建設業では経営面でさまざまな課題を抱えています。そのため、建設業の経営では「独自性を訴求して、他社との差別化を図ること」が欠かせません。“いかに多くの人から認知してもらえるか”により、自社が得る利益は大きく変わっていきます。

 

ビジネスモデルの再構築・業務のDX化を促進するなど、紹介した戦略を実践して経営を軌道に乗せていきましょう。

 

無料相談受付中

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.