TEL

TRASPコラム

建設業の経営には“差別化”が重要!実践すべき戦略と課題を徹底解説

マーケティング

更新日:2022.07.02
公開日:2022.06.21

建設業の経営には“差別化”が重要!実践すべき戦略と課題を徹底解説

 

昨今の少子高齢化の影響により、さまざまな産業が対策を迫られています。人材不足・職人の高齢化が進む建設業を経営するうえで「実践すべき戦略とは?」「上手な経営のポイントを知りたい」とお悩みの方も多いでしょう。

 

BtoBの取引請負の業態が多く、仕事の取り合いが年々激化している建設業界で生き残るには、他社としっかり差別化を図ることが大切です。

 

この記事では、建設業の経営に差別化が重要な理由を詳しく解説します。これまでに数多くのホームページ制作やWeb集客を手がけたTRASPが、プロの目線から差別化するための4ステップや、実践的な戦略をわかりやすく解説していきます。

 

無料相談受付中

 

建設業の現状や将来性

建設業の現状や将来性

 

建設業における経営課題や戦略を正しく理解するためには、現状や将来性を適切に把握することが大切です。
まずはそれぞれを詳しく説明しますので、ぜひご覧ください。

建設業の現状

  • 人手不足が深刻化
  • 競争が激しい
  • 集客がうまくいかない

建設業の人手不足は一時的なものではありません。離職率の高さや高齢化が顕著で、特に現場で働く技術者や技能労働者が足りておらず、若者を獲得できなければ非常に深刻な状況が続くと予想されます。そのため、今後は若年層や中途採用を積極的に行うためにも、WebやSNSの活用でイメージアップを図る必要があるでしょう。

 

また、市場規模が大きい建設業界は年々競争が激しくなっており「なかなか集客につながらない」と悩む建設会社が増えています。したがって、自社サイトの開設・運用やWeb広告などさまざまな手段を用いて、利益向上を狙うことが大切です。

建設業の将来性

  • 建物の維持管理や再建需要が高い
  • リニア新幹線や大阪万博などの建築プロジェクトも進行
  • 今後もニーズは加速する見通し

建設業のニーズは今後も加速する見込みです。リニア新幹線や大阪万博など、大規模な建築プロジェクトも着々と進んでいます。また、近年は高度成長期やバブル期に完成した建物が老朽化を迎えています。そのため、今後20~30年で建物の維持管理や再建需要はさらに高まる見込みです。

 

建設業の2022年最新動向を解説していますので、ぜひご覧ください。

 

建設業における経営課題4つ

建設業における経営課題4つ

 

自社に必要な経営戦略を練るために、建設業が抱える課題をしっかり分析していきましょう。
この項目では、代表的な課題4つをピックアップしました。

 

  • コロナ禍での業績悪化
  • 人手不足の深刻化
  • 業務効率化ができていない
  • 集客がうまくいかない

 

1.コロナ禍での業績悪化

昨今では、コロナ禍による業績悪化が問題視されています。飲食業や観光業の業績が落ち込み、内装工事・電気工事などの依頼が激減しました。また、働き方が多様化したことで、オフィスを設置しない業態が増加。それらに伴い建設業も売上が減少し、飲食業の次に倒産数が多い状況に陥りました。

 

しかし、さきほど説明したように、リニア新幹線の開発など国内で多くのプロジェクトが進行しています。

  • 東京メトロ銀座線全駅のリニューアル(2022年)
  • 大阪万博の開催(2025年)
  • リニア中央新幹線が開通予定(2027年)
  • 国内のカジノ開発(時期未定)など

代表的なプロジェクトとして、上記のようなものが挙げられます。建設業は非常に将来性が高く、今後もよりニーズが高まっていくでしょう。

 

2.人手不足の深刻化

前述した通り、建設業界では人手不足が深刻化している状況です。

 

国土交通省の資料によると、建設業の就業者はピーク時である1997年の685万人と比較すると、2017年には500万人まで減っていることがわかります。

 

2.人手不足の深刻化

建設産業の現状と課題(国土交通省)

 

加えて、建設業の就業者のうち約34%は55歳以上というデータも公表されています。人手不足だけではなく、業界全体の高齢化も加速している状況だといえるでしょう。今後は次世代への技術継承も視野に入れ、積極的に採用活動を行うことが大切です。

 

またオンライン化が進む現代では、“情報収集にインターネットを活用する”流れが定着しています。
それは求職活動においても例外ではありません。

 

建設業への仕事に興味がある人に“自社の魅力や強みが伝わる情報”を届ける機会を増やせば、スムーズに人材確保につながります。そのためには「採用サイトを制作すること」「SNSを運用して積極的に情報発信すること」などを実践すると良いでしょう。

3.業務効率化ができていない

職人気質が浸透している建設業界では、どうしても“手作業が好まれる”風潮が根付いています。そのため、数多くの業務が効率化されておらず、アナログな手法に頼ってしまう現状から抜け出せていません。

 

建設業界で高いスキルを培ってきた職人たちは、これまで世代間で技術を共有・伝承していました。しかし、すべてを体系化できていないため、いつでも誰でも習得・活用するのは難しい状況です。したがって“効率化・デジタル化”を重視し、仕事の進め方・情報共有のやり方を見直すと良いでしょう。

 

実際の工事をはじめすべてをデジタルで行うのは不可能ですが、会議や連絡・顧客管理・書類や図面作成といった業務にデジタル技術を用いれば、場所を問わずにリアルタイムで情報交換ができます。そうすると、最終的に大きく業務効率化を図れるでしょう。

 

また、そのような体制をしっかり整備すれば、“高い技術を持った職人→経験が浅い若い職人”へ向けて、スムーズに技術を引き継げる可能性も。社内での業務効率化が実現すれば、余分な人的コストも削減できるため、人材不足解消にも役立つでしょう。

 

4.集客がうまくいかない

競争が激しい建設業界で生き残るためには、“いかに効率良くユーザーを集客できるか”を重視しなければなりません。そのためには、一人でも多くの人に自社を認知してもらうきっかけをつくりだす必要があります。

 

そこで、おすすめしたいのが「自社サイトの制作・運用」です!なぜなら、企業も個人もだれもがインターネットで検索している時代にホームページを活用できなければ、自社を知ってもらう機会が限定され、お問い合わせ獲得の機会損失になってしまうため。

 

実際に建設業への工事を依頼するお客さまは「〇〇(地域名)+建設業」などのキーワードを用いて、Web検索をする流れが一般的です。このようなキーワードで上位表示されるサイトを展開し、“有益な情報・自社の魅力が伝わる情報”を掲載すれば関心を寄せる人が増えます。そうすれば、最終的に問い合わせにつながったり、契約に至ったりする確率が高まるでしょう。

 

ホームページは、自社の認知拡大から問い合わせまでを一貫して行う手段として適しています。「自社をなかなか知ってもらうチャンスがない」「集客率がなかなか上がらない」という建設会社の方は、ぜひホームページ制作を検討してみてはいかがでしょうか?

TRASPは建設業界の実績が豊富なWeb制作会社です。
お客さまに合わせて集客につながるホームページを制作します。自社に最適なホームページデザインやコンテンツ内容を提案しますので、まずはオンラインの無料相談までお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

建設業で実践したい経営戦略5つ

建設業で実践したい経営戦略5つ

 

これまでに建設業の現状や将来性、経営課題などを解説しました。
ここからは実践すべき経営戦略5選を詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

  • 技術・品質の向上
  • 業務のDX化を進める
  • 競合他社を分析
  • ニーズ・トレンドを把握
  • ビジネスモデルを再構築する

 

1.技術・品質の向上

多くの競合他社のなかから顧客に選ばれるためには、自社の技術や品質を向上させることが大切です。

 

“ターゲットにしたいユーザーは、建設会社に何を求めているか?”
をあらかじめ明確化し、職人の技術レベルを上げることや、自社のサービス内容を精査しましょう。

 

  • 自社ならではの強みがある
  • 他社にはない実績がある(〇〇数が1位など)
  • 高品質な素材を使用している

など、自社の魅力を分析し、独自性を訴求することをおすすめします。

 

2.業務のDX化を進める

さきほど説明したように、業務のDX化を進めれば効率性を大幅に引きあげられます。

具体的には、

  • 図面・請求書といった各種書類の管理体制を紙ベース→クラウド・PC上への保存に切り替える
  • マッチングサイトを活用する

などを実践しましょう。

 

建設業で代表的な施工管理ソフトや一括見積サイトには、次のようなものがあります。

施工管理ソフト

ANDPAD

アイピア

KANNNA

マッチングサイト

助太刀

請負市場

CAREECON

各サービスにより特性や利用料金などが異なるため、事前に確認することをおすすめします。自社の業務におけるDX化を促進し、効率化を図れば「社員一人ひとりの負担を減らせる」「コスト削減も可能」といったメリットも。働きやすい環境を整備することで離職率の低下や若年層の人材獲得にもつながるでしょう。

 

3.競合他社を分析

競合他社がどのような商品・サービスを展開しているか、何を得意としているかを調査しましょう。なぜなら、自社が建設業界で「どのような市場にいるか」「どのような位置にいるか」を把握するには、さまざまな視点から”他社と違い”を分析することが欠かせないため。そこから自社がアピールすべき部分を洗い出せば、よりスピーディーに戦略を練りやすくなります。

 

分析方法をわかりやすく解説した記事がありますので参考にしてください。

 

 

4.ニーズ・トレンドを把握

お客さまが何を求めているかを知らなければ、自社の強みを活かすことはできません。自社の強みでお客さまが抱える悩み・課題を解決に導ければ、それらを“独自のアプローチ”として実践できます。

 

そのため、明確にニーズを分析することが大切です。また、建設業界のトレンドは常に移り変わっています。したがって、最新のトレンドをキャッチし、そのときに適した施策を打ち出すと良いでしょう。

 

5.ビジネスモデルを再構築する

ビジネスモデルの再構築も大切なポイントです。前述した通り、建設業界のトレンドやニーズは常に変化し続けています。臨機応変に対応していかなければ、時代に取り残されてしまい、売上向上や受注量の確保にはつながりません。競合他社の動向をいち早く察知し、自社に必要な施策をすぐに実践できる体制を整えましょう。

 

建設業におけるノウハウ12選を紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

 

建設業の経営には“独自性・差別化”が重要!

建設業の経営には“差別化”が重要!

 

 

建設業における経営戦略で最大限に効果を引き出す秘訣が“他社との差別化”です!

差別化を図ることは、自社の独自性を確立し、ブランディングとして活用していくこと。

 

では、「なぜ差別化が必要なのか?」「押さえるべきポイント」を詳しく説明していきます。

 

  • 差別化を図るメリット
  • 差別化のために必要な4ステップ

 

差別化を図るメリット

建設業で差別化を図るメリットとして、次のようなものが挙げられます。

  • 市場での需要が高まり、業績回復を図れる
  • 顧客のリピート率向上により、ファン化にも期待
  • 求職者が増え、人材不足を解消できる可能性も
  • 宣伝コストの削減も可能

自社のブランディングにより、短期的に利益が上がることはありません。しかし「〇〇といえば、この建設会社」という認知が高まれば、中長期的な利益につながります。そうすれば、着実に自社の集客率UPを実現できるでしょう。

 

また、“会社の顔”といっても過言ではないホームページを活用すれば、自社ならではの特徴や強みを伝えられます。

 

建設会社を探すユーザーは、インターネット上で検索しているケースが多いです。そこから、さまざまな会社のサイトを比較・検討して「ここに相談したい」「実際に話を聞いてみたい」というところを複数まで絞り込むプロセスを辿ります。したがって、リスティング広告や比較サイトへの情報掲載も有効ですが、情報量が限られているため、自社の強みを知ってもらうには自社サイトがもっとも効果的。

 

建設業界ではホームページを保有していない、活用できていない企業も多いでしょう。
自社サイトがなければ他社と比較してもらえず、スタートラインにも立てません。したがってホームページ制作や既存のサイトをリニューアルすることを検討しましょう。

TRASPは今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。

 

ホームページ制作について

差別化のための4ステップ

次に差別化のために必要なステップを4つに分けてご紹介します。

 

1.労働環境を見直す

自社のブランディングをする前提条件として、“働きやすく魅力的な労働環境を整備すること”が挙げられます。なぜなら、労働環境が悪ければ業績が上がらず、そもそもブランド価値を上げることが難しいため。

 

現在は国土交通省が労働環境の整備を推進しており、従来の「3K(きつい・きたない・きけん)」から「新3K(給料・休日・希望)」へとイメージ変革を試みています。今後は“日給制の見直しや4週8休制度の導入”などを導入する会社が増える見通しです。

 

2.ターゲットの決定

自社の採用・取引の市場を適切に分析し、ターゲットを決定しましょう。

建設業界に関係する人だけではなく、他業界関係者や一般社会の市民・学生・マスコミなど、幅広く設定することをおすすめします。多くの人へ向けて、自社の得意分野や強みや業績を発信し続ければ、自社を認知してもらう機会を生みだせるでしょう。そうすれば、最終的に求人応募を促したり、継続して新規工事を獲得できたりする可能性が高いです。

 

3.ブランドコンセプトの確立

ターゲットを明確化すれば、自社のブランドコンセプトをしっかり確立させましょう。例えば

といったように、直感的にイメージが伝わりやすいワードだとベストです。

 

ブランドコンセプトを表現したロゴ・キャッチコピーを制作して営業活動に臨めば、求職者や取引先に“自社のブランド価値”をしっかり印象付けられます。そのため、「ブランドコンセプトを言語化すること」「市場におけるポジションを確立させること」を重視することが大切です。

 

4.効果的なブランディング戦略を展開

ターゲットやブランドコンセプトを決めたら、制作したロゴやキャッチコピーを効果的に活用し、ブランディング戦略を展開していきましょう。

 

また、おすすめの媒体としては「ホームページ」「リスティング広告」「SNS広告」「動画広告」などがあります。媒体によって特性や得られる効果は変わるため、自社に合うものを選択することが重要です。ターゲットに応じた広告を制作し、自社の実績や働き方改革などを紹介すれば、着実にブランディング強化を図れます。

 

建設業の仕事の取り方や受注を増やす効果的な方法を紹介します。

 

 

建設業の経営でお困りの際はプロに相談を

建設業の経営でお困りの際はプロに相談を

 

建設業の経営で困った際は、プロに相談することをおすすめします!ホームページの開設・運用やリスティング広告など、“媒体を単に導入するだけ”であれば自社のみでも対応可能です。

 

しかし「ただサイトを開設して、何も手を加えていない」「内容をあまり理解しないまま、広告を打ち出してしまった」といった状況はNG。なぜなら、集客や経営面でWebを活用し、成果につなげるにはSEOやMEOをはじめ多くのノウハウや専門知識必要があるためです。それらを正確に把握し、実践しなければ思うような効果を得るのは難しいでしょう。

 

一方、Web業界で数多くの実績やノウハウを培ってきたプロであれば「自社が改善すべき課題や問題点」「それらを解消するためのベストな方法」などを正確に見抜きます。最終的に適切なアドバイスを提供できるため、効率良く自社の利益向上を狙えるでしょう。

 

「自社の経営を軌道に乗せたい」「うまく集客ができずに困っている」という建設会社の方は、気になる制作会社や専門業者を探してみてはいかがでしょうか?

TRASPは建設業界の実績を多数保有しています。また、ターゲットユーザーを細かく分析した“集客につながるホームページ”が強みです。専門知識・ノウハウを培ったプロが、お客さまに適したプランニングをご提案いたします!詳細はこちらをご覧ください。

 

TRASPの集客

まとめ

この記事では、建設業の経営に“差別化”が重要な理由や実践すべき戦略を詳しくまとめました。

 

人手不足の深刻化・業務効率化が難しいなど、建設業では経営面でさまざまな課題を抱えています。そのため、建設業の経営では「独自性を訴求して、他社との差別化を図ること」が欠かせません。“いかに多くの人から認知してもらえるか”により、自社が得る利益は大きく変わっていきます。

 

ビジネスモデルの再構築・業務のDX化を促進するなど、紹介した戦略を実践して経営を軌道に乗せていきましょう。

 

無料相談受付中

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

WEBサイト無料診断
WEBサイト無料診断
© TRASP.inc All Rights Reserved.