TEL

TRASPコラム

解体業の経営戦略はビジネスモデルの再構築!5つの課題と解決方法

マーケティング

更新日:2022.05.20
公開日:2022.05.18

解体業の経営戦略はビジネスモデルの再構築!5つの課題と解決方法

 

解体業で独立したものの、「なかなか売上が上がらない、どうしよう…」と経営方法で悩まれている方も多いのではないでしょうか。コロナ禍で仕事を取れないことや、スタッフが足りないなど、問題を挙げればキリがありません。

 

そこで本記事では、解体業で失敗する理由を分析し、成功するための秘訣を考えてみました。

 

Webマーケティングによって多くの解体業を成功に導いてきたTRASPが、コロナ禍や解体業界で生き抜く戦略についてもお教えします。

 

無料相談受付中

 

解体業界における経営課題5つ 

解体業の経営戦略はビジネスモデルの再構築!5つの課題と解決方法

 

解体業界ではさまざまな課題が挙げられます。

下請け構造・人材不足・業務の属人化・デジタル化の遅れ・コロナ禍

多くは下請け構造や人材不足を経営課題として問題視していますが、ほかにも業務の属人化やデジタル化の遅れなどが挙げられ、特に近年の新型コロナウイルスの影響は大きく、多くの企業で受注件数はが減少したといえるでしょう。

 

ここでは、解体業界における経営課題について解説していきます。

まずは解体業界の動向を知っておきたい方はこちらの記事をご覧ください。

1.下請け構造

解体業では下請け構造が一般的となり、元請けに頼った経営であることが多いです。下請けは特定の取引先と長期的に付き合うため、自社で営業を行わなくても仕事を確保できるというメリットがあります。

 

しかし下請けの状態が続けば、取引条件が変更できないことや元請けの業績に左右されるなど、さまざまなデメリットを考えなければいけません。

 

例えば仕事量を増やしたくても自社でコントロールできないため、経営状況が悪くなっても簡単には経営面の改善が見込めないでしょう。最悪のケースを想定すると、仕事を急に打ち切られるといった可能性も。したがって安定した経営を行うためには自社で仕事を獲得することが重要です。

 

2.職人・後継者不足

解体業の経営がうまくいかない原因として、職人や後継者がいないなどの人材不足も重要な課題です。

 

解体業全体をとおして約7割の企業は従業員数が10名以下と言われており、不足している人材として以下が挙げられます。

  • 現場職人
  • 営業スタッフ
  • 経営幹部

仮に多くの仕事を確保したとしても、現場職人が足りなければ業務を円滑に回せません。
また経営状況が良い場合でも経営幹部や後継者がいなければ、事業の拡大はできないでしょう。

 

このように適切な人材が揃わない限り経営課題の解決はできないため、即戦力だけでなく将来性のある若年層も視野に入れながら、積極的に雇用をすすめていくことが重要です。

 

3.業務の属人化

解体現場では経験の求められる作業や機械を活用した工事を行うため、特定の人しか作業ができない、属人化の状態に陥りやすいといえるでしょう。

 

また作業の難易度が低い場合でも、業務のノウハウをしっかりと共有できる環境がなければ、属人化の原因になってしまいます。たとえば業務マニュアルがないために、新人が作業方法や業務内容を把握できない…といった状況です。

 

「ただ忙しくてマニュアルを作成できない」が原因であれば改善しやすいですが、なかには「自分の地位を守るために教えない」など、意図的に共有をしていないケースもあります。

 

このように業務の属人化では複数の理由が考えられるため、細かく原因を見極めることが重要な要素になります。

 

4.コロナによる受注件数の減少

近年の新型コロナウイルスも、解体業の経営を悪化している課題の一つです。

 

資料

引用:株式会社クラッソーネ

 

上記は解体業者に向けて、新型コロナウイルスによる業績の影響を調査したデータとなり、約9割の企業が「影響を受けている」と回答しています。具体的な影響としては、契約済み工事の延期・キャンセル、工事依頼がなくなるなど受注件数の減少が多く挙げられます。

 

特に工務店やハウスメーカーを経由して仕事を受けていた企業は影響が強く、自社の集客力が強い企業ほど影響は少ないといえるでしょう。したがって今後は自社の集客力を高めつつ、企業のほかにも個人を相手にアプローチすることが解体業の生き残り戦略として有効です。

 

5.デジタル化の遅れ

解体・建設業界全体でいえることですが、他業界と比べて日々の業務や管理方法のデジタル化では大きな遅れをとっています

 

たとえば図面の管理を行う際、紙媒体で保管している解体業者も多いのではないでしょうか。
ほかにも業務連絡を電話でしか行わないなど、アナログ的手法を用いているケースは多いといえるでしょう。

 

しかしオンライン化が進んでいる現代では、事務作業をはじめ商談や契約時もデジタル要素を取り入れ効率化を図ることが求められています。仮にデジタル化に取り残されてしまうと「やり取りに時間がかかる」などの理由で、取引先に影響が出てしまう可能性もあるでしょう。

 

経営面でも重要な要素となるため、デジタルに弱い企業は早急に対策し、効率性を向上することが重要です。

 

こちらの記事で業務効率化ツールを紹介していますので、参考にしてください。

 

解体業界の経営課題を解決するための対策5つ 

解体業界の経営課題を解決するための対策5つ 

 

ここでは前述で挙げた経営課題を解決する対策方法について、以下の5つから解説していきます。

  1. 下請けの脱却
  2. 若年層の雇用促進
  3. 技術力・サービスの質を強化
  4. Webサイトの運用
  5. 業務のデジタル化

 

1.下請けの脱却

1つ目の対策方法は、下請けを脱却し、自社が元請けとして仕事を獲得することです。
下請けを脱却するためには、まず販売ルートの確保が重要になります。

 

多くの企業が下請けを脱却できない理由として、新規顧客を獲得できないことが原因といえるでしょう。
独自の販売ルートがない限り、直接仕事を獲得することはできません。

 

そのためマーケティングを意識し、集客につながる施策に取り組みましょう。

施策例

  • Webサイトの運用
  • Web広告の出稿
  • SNSの運用
  • 飛び込み影響
  • テレアポ・DM

近年は社会全体でオンライン化がすすんでいるため、今後取り組むことを考えるのであれば、WebサイトやWeb広告などオンラインを活用した施策が効果的です。

 

解体業の営業方法について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

 

 

2.若年層の雇用促進

2つ目の対策方法は、若年層の雇用促進を図り、人材不足を解消することです。
明らかに現場職人が足りない場合は即戦力となる人材を雇用すべきですが、経営課題を解決するうえでは将来性のある若年層の雇用が欠かせません。

 

しかし若年層は3K(きつい・汚い・危険)のイメージを持つ人が多く、応募数の少なさが一番の問題になります。
そのため以下の対策を試み、まずは解体・建設業に対するイメージを変えていきましょう

  • 給与・福利厚生を整え働きやすい環境をつくる
  • 厚生労働省の助成制度を活用して工業高校の職業訓練を行う

特に10代や20代はそもそも「解体業」を認知していない人が大半のため、まずは関わりをもてる機会を増やすことが大切です。

 

3.技術力・サービスの質を強化

3つ目の対策方法は、自社の技術力・サービスの質を強化することです。

 

経営課題の解決には売上の向上が必須ですが、そもそも自社の技術力やサービスに自信がなければ、顧客に選んでもらえませんそのため競合にはない自社の強みを打ち出し、企業・サービスとして選ばれるような状態を目指しましょう。具体的には以下のとおり。

重視すべきポイント

  • 明確なターゲットを決めたうえで、具体的なニーズを把握する
  • 問題解決につながるサービスを提供する

いくらオリジナリティのあるサービスを考えたとしても、需要がなければ顧客は獲得できないでしょう。したがって、「市場にどのような解体ニーズがあるのか」を把握することは、時間をかけてでも丁寧に行うことが大切です。

 

解体業のノウハウについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

 

 

4.Webサイトの運用

経営課題では自社集客の重要性について触れましたが、集客力を高める最も効果的な方法がWebサイトの運用です。

 

「Webサイト=自社の情報発信」であることは大半の方が理解をしていますが、これだけでは元から自社を認知している顧客にしかアプローチできません。そこで、ブログを活用することで自社を知らない「潜在顧客」へもアプローチでき、自動で集客を行うツールとして活用できます。

 

例えば「解体工事 値段」と検索したユーザーは、「解体工事にかかる値段を知りたい」と考えています。
そこで「解体工事の費用に関する記事」を公開すれば、ユーザーに見つけてもらいやすくなるとともに、自社の信頼性もアップするので、ブログをとおして効率良く潜在顧客を集められるでしょう。

 

このようにWebサイト一つで集客から問い合わせまでを行えるため、集客力を高めるうえでは必須のツールになります。

TRASPは企業が抱える集客のさまざまなお悩みを解決するために、企業課題や経営課題をヒアリングし、目標を設置した上でTRASPが最善と考えるホームページ制作およびコンテンツ作りを導入から公開までサポートさせていただきます。

 

ホームページ制作について

 

解体業のホームページ制作についてまとめた記事があります。

 

 

5.業務のデジタル化

最後に紹介する経営課題の対策方法は、業務のデジタル化です。

 

図面や請求書など紙媒体で管理していたものをパソコン・クラウドの保存に切り替えることで、時間や場所をとわずに活用でき、業務の効率性が高まります。
社内で共有する際もボタン一つで行えるため、余分な印紙代やスペースを減らすことにもつながるでしょう。

 

また業務の属人化が課題である企業も、デジタル化によって情報共有や業務マニュアルの仕組みをつくることで、効果的に改善できます

 

ほかにもスタッフごとの担当業務を把握する際に役立つため、各スタッフの状況把握や人材育成を行うときはデジタル化が欠かせない対策となるでしょう。

 

業務効率化ツールを紹介した記事がありますので、参考にしてください。

 

 

解体業界で成功するための経営戦略4つ 

解体業界で成功するための経営戦略4つ 

 

ここでは解体業界で成功するための経営戦略について、以下の4つから解説していきます。

  1. ビジネスモデルの再構築
  2. 競合との差別化
  3. ブランディング戦略
  4. プロへの依頼

 

1.ビジネスモデルの再構築

コロナの影響もあり従来とは異なる対応エリアやビジネスモデルの再構築など、いままで以上に幅を広げた経営戦略を打ち出している企業は増加しています。

 

特に解体業でおすすめのビジネスモデルがリフォームと代行業サービスです。

 

リフォームには解体がつきものですが、リフォーム会社が解体業を行っているパターンはまれで、下請けに依頼することが一般的です。しかしリフォーム会社は開業しやすく、解体とリフォームを同時に行えばお客さまにとっても都合が良いといえるでしょう。

 

また実家の解体を依頼するのは中高年層が多いため、遺品整理や生前整理などの代行サービスを提供することで、お客さまに喜ばれる可能性が高まります。
このように複数のアプローチがあれば顧客との接点が増え、より多くの案件獲得が可能です。

 

リフォームや遺品整理については、以下の記事をご覧ください。

 

 

 

2.競合との差別化

今後の解体業界では空き家の増加や建物の老朽化など、解体工事の需要が高まると予想されています。
しかし何も対策せずに従来のまま経営を行っていても、簡単に仕事を増やすことは難しいと考えましょう。

 

なぜなら市場のなかで顧客に求められる企業になるには、自社の強みを明確化し競合との差別化を図る必要があるからです。

 

多くの企業がある現代では、顧客にとっても企業ごとの違いがわかりません。
そのため顧客にとって魅力的なポイントをアピールし、他社との違いから印象付けることが重要になります。

 

3.ブランディング戦略

集客力や認知度を向上させる手段として、企業ブランディングも効果的な戦略の一つです。

 

ブランドイメージが確立している企業は、以下のメリットがあります。

  • 価格競争を避けられる
  • 自社のファン獲得につながる
  • コストを抑えた人材の獲得が可能

特に経営の安定化を図るうえで、価格競争を避けることは非常に強みとなります。
コロナ禍のような状況でも、ブランドイメージのある企業は価格を下げずに顧客を獲得できるでしょう。

 

ただしブランディングは数日程度で浸透できるわけではないため、長期的な計画を立てたうえで取り組むことが重要です。

 

4.プロへの依頼

「どうしても自社の力だけでは限界がある…」という場合は、プロへ依頼することをおすすめします

 

解体業の経営課題として多い営業や集客面は、適切な知識や経験が必要不可欠です。
プロであれば多くの経験から成功確率の高い施策に取り組めるため、最短ルートで成功につながるでしょう。

 

TRSPではホームページ制作から運用代行までを一貫して支援しています。
特に建設業界の実績が多数あり、ターゲットユーザーを細かく分析した「集客につながるホームページ」を強みとしておりますので、ホームページを活用した集客についてはぜひお任せください!

 

お問い合わせはこちら

 

まとめ

本記事では解体業で失敗する理由を分析し、成功するための秘訣を紹介してきました。

 

解体業界は将来的な需要に期待をもてますが、自社の強みを打ち出すことや競合との差別化は必要不可欠な要素です。
また獲得した仕事をしっかりと回すためにも、若年層の雇用は必須の取り組みといえるでしょう。

 

そのため今からビジネスモデルの再構築やブランディング戦略を意識し、市場で勝ち抜く準備を行う必要があります。

 

TRASPは現状の集客課題から原因を追求し、お客さまのことを考え抜いたホームページ制作やマーケティング戦略のプランニングが強みです。
まずは現状について丁寧にヒアリングしておりますので、オンラインの無料相談までお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談受付中

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.