TEL

TRASPコラム

工務店がインスタで集客成功するコツ!参考にしたい事例3選

SNS運用

公開日:2021.10.15

 

工務店がインスタで集客成功するコツ!参考にしたい事例3選

「Instagramを始めたいけど、どのようにしたら集客率が上がる?」

「どのようなアカウントだと、フォロワーが増える?」

 

このようなお悩みを持つ、工務店の方もいらっしゃるかもしれません。

 

これまでに数多くの工務店のSNS運用に携わってきたTRASPが、自社の実績を上げるために役立つ情報をピックアップしました。

 

この記事を読むと、

「工務店がインスタで集客を成功させるためのコツ」が丸ごとわかります!

 

 

工務店の集客にInstagramがおすすめな理由3つ

工務店の集客にInstagramがおすすめな理由3つ

コロナ禍により、オンライン集客の波が工務店業界にも押し寄せています。

 

工務店の集客には、特にInstagramがおすすめです。ほかにもSNSはあるのに、なぜインスタが良いとされるのか、その理由について3つピックアップしました!

 

1.写真中心のコミュニケーションを図れる

1つ目の理由は「写真中心のコミュニケーションを図れるため」です。

 

数多く展開されるSNSのなかでも、Instagramは「写真投稿をメイン」、コミュニケーションを図れる点が魅力です。

 

したがって、「建物」というわかりやすい商品がある工務店は、写真で魅力を伝えるInstagramに適しています。なぜなら、視覚的に“自社の強み・得意分野”をユーザーに直接訴求できるためです。

 

また、近年は特定の情報を調べる際、検索エンジンの代わりとしてInstagramを用いる人も増えています。

 

そのため、「自身の家が欲しい」と考えている方は

気に入ったデザインを展開する工務店を探し、公式アカウントをフォロー

共感できるコンセプトを打ち出す住宅デザイナーをチェック

など、Instagramを活用しているケースも多いです。

 

このように、工務店がInstagramに写真を掲載すれば、「こんな家を建てたい」「こんな間取りにしたい」というユーザーの目的に直接訴えることができます。

 

2.広告ツールとして最適

2つ目の理由は「広告ツールとして最適だから」です。

 

“Instagram=写真を投稿するだけ”のイメージを持つ方も多いと思いますが、機能面が大幅にアップデートされたことで、さらに情報拡散力が高くなっています。

 

従来は「ハッシュタグを使用し、情報検索をする」といった流れで、

#住宅展示場

#工務店 

#インテリア

上記のような例を検索後、タグ付けされた投稿のみが検索結果に表示される仕組みでした。

 

しかし、2020年には

リール:ショート動画を共有

ガイド:まとめ記事(複数写真+文章)のようなコンテンツを発信

ショップ:Instagram上で商品売買をする

といった機能が追加され、さまざまな業界で話題となりました。

 

加えて、2021年には「キーワード検索」も可となり、タグ付けされていない投稿に関しても、検索結果に表示されるように!

 

そのため、これまでに情報が行き届かなかった層にも“自社のメッセージ・アピールポイント”が伝わるケースが増えていくでしょう。

 

キーワード検索ができるようになれば

画像で読み取れない情報=テキスト が重要視される

複数キーワードでの検索にも対応

など、あくまでも予想ではありますが、機能面が大きく変わる可能性が高いです。

 

また、自社のホームページへ誘導ができるため、Instagramを入り口として集客し、最終的にはホームページからお問い合わせ・成約につなげることもできますさまざまな方法を組み合わせて、集客率UPを目指していける点も、Instagramの強みだといえるでしょう。

 

現在も、工務店・ハウスビルダー市場において、「もっと自社を知ってもらいたい」「業績を上げたい」と考える企業がInstagramを導入するケースが増え続けているそうです。

 

このように、Instagramは、以前よりも広告ツールとして活用しやすくなっています。

 

3.アクティブユーザーが増加中

3つ目の理由は「アクティブユーザーが増加中だから」です。

 

Instagramのアクティブユーザー数は、2019年6月時点で「3,300万人」となっています。現在は“日本国内の4人に1人がInstagramユーザー”といわれており、さまざまなSNSのなかでも非常に利用している人が多くなりました。

利用者の割合:男性 43%/女性 57%

ハッシュタグ検索の利用率:2020年10月時点で「グローバル平均の5倍」に

企業からの投稿を見ている割合:42%

上記は一例ですが、このようなデータも公表されています。

 

このように、「興味・関心がある情報を集める」「サービス内容や口コミチェック」などの目的でInstagramを活用するユーザーが増えてきた影響もあり、以前よりも情報拡散力が高くなっているそうです。

 

注文住宅は地域性や費用だけではなく、“個人の好み・コンセプトの比重”も成約を決断する重大な要素になりますしたがって、工務店の集客でInstagramを取り入れれば、成果につながっていくケースが多いのです。

 

また、SNSがさらに浸透している背景もあり、Instagramのアクティブユーザーは今後も増えていく見込みです。他社に遅れを取らないためにも、「成約率UPを目指したい」と考える工務店の方はぜひInstagramの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

Instagramを開始したら、行うべきアクションをまとめました。気になる方はこちらの参考記事もご覧ください!

 

 

工務店のInstagram集客を成功させるポイント3つ

工務店のInstagram集客を成功させるポイント3つ

Instagramを開始するだけであれば簡単ですが、

「お知らせを投稿するだけ」

「施工事例を淡々とアップするだけ」

といった、決まった作業だけを行っている企業アカウントも目立ちます。

 

そこで、工務店のInstagram集客を成功させるために必要な

施工事例の写真で魅力をアピール

「なぜInstagramをやるのか」を明確にする

お客さまの声を反映する

上記に挙げた、3つのポイントを解説します。

 

Instagramで成果を出すためには、より自社を魅力的に見せる工夫が必要です。そのために大切な情報をまとめているため、ぜひご覧ください。

 

1.施工事例の写真で魅力をアピール

1つ目のポイントは、「施工事例の写真で魅力をアピールすること」です。

 

なぜなら、工務店選びでもっとも注目されるのが”施工事例”だからです。Instagramを見ることで、まるで実際に自社のモデルハウスを訪れたかのような体験ができるのが理想。

 

したがって、

撮影アングル・照明など、さまざまな撮影テクニックを駆使する

「木の温かみ」や「収納」といったその家ならではの魅力がわかるような写真を選ぶ

といったように、「ユーザーの関心を寄せる写真」にこだわりましょう。

 

また、写真を掲載する際には

「どのような家を求めているのか」

「誰と暮らしたいのか」

という、自社が獲得したい層のニーズを探ることが重要です。

 

そのほか、投稿時のタグ付けや投稿時間の管理など、ユーザーの目に留まるよう配慮すると、より閲覧数が増える可能性も。さまざまなノウハウを組み合わせれば、Instagramをより効果的に運営できますよ。

 

見込み客の多くは会社の施工事例を見て、「他社との違い」「こだわりや特徴」を比較検討します。他社と差がつくインスタアカウントを目指しましょう。

 

ハッシュタグを活用するメリットなどを説明していますので、気になる方はこちらの参考記事もご覧ください。

 

 

2.「なぜInstagramをやるのか」を明確にする

2つ目のポイントは、「Instagramをやる理由を明確にすること」です。

 

お知らせや施工事例を投稿するだけだと、単調な印象となり、数多くある工務店のアカウントと同じようになってしまいます。結果的に、運用コストのみがかかってしまい、効果が得られないといったケースも。

 

そのため、「なぜInstagramをやるのか」を明確にして、Instagramの運用方針を決めていきましょう。自社の目的とマッチした公式アカウントができれば、関心を持つユーザーが増えて集客率UPにつながります。

 

ここで、2種類の工務店アカウントの例を解説します。

 

知識系

知識系の工務店アカウントは、

「失敗しない工務店の選び方」

「収納スペース活用法6選」

など、文字入れ加工した写真を活用し、専門知識をメインに投稿する”ことで、自社の魅力を発信している点が特徴です。

 

知識系:中内工務店

https://www.instagram.com/nakauchikoumuten/

 

このように、テキストをうまく活用した事例が多いです。「詳しく読んでみようかな…」と思わせるキャッチ―なコピーと写真で、ユーザーの興味を引く工夫を施しています。

 

知識系の工務店アカウントは、ただ施工事例を見るよりも、内容をさらにわかりやすく理解できます。そのため家を探しているユーザーの悩みを解決することになり、そのままお問い合わせや依頼へとつながることが期待できます。

 

コンセプト系

コンセプト系の工務店アカウントとは、

自社の会社のコンセプトに沿っている写真

デザインや雰囲気が統一されている写真

など個性が引き立つ写真を投稿することで、視覚的に自社のこだわりを伝えている点が特徴です。

 

コンセプト系:永森建設

https://www.instagram.com/nagamorinomori/?hl=ja

 

コンセプト系の工務店アカウントは、「自然素材の家を建てる工務店」など、コンセプトのはっきりしている工務店向きです。

 

「自身の希望する条件が決まっている」「すでにイメージが固まっている」など、家を建てるにあたっての要望・目的がはっきりしているユーザーに刺さるインスタといえるでしょう。

 

一例にはなりますが、工務店アカウントの例を解説しました。気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

3.お客さまの声を反映する

3つ目のポイントは、「お客さまの声を反映すること」です。

 

なぜなら、家を建てたいと考えている見込み客にとって、自分が家を建てた後の生活をイメージできるリアルな声はとても重要。

 

例えば、現在はライフスタイルが多様化しており、人によって「なぜ家は欲しいのか」といった理由も異なります。そのため、「20代夫婦が建てた家」「小学生二人を子育て中の家族の家」などさまざまな家族構成を取材し、「この家でこんなふうに生活をしている」といったリアルな声を集めましょう。「K.O様」とイニシャルで紹介するのもおすすめです。

 

また、KPIを用いた効果検証等を活用し、定期的に集客効果をチェックすることも大切。

フォロワー数を〇人まで増やす

いいね!の数を〇ヵ月で〇倍UPさせる

など、具体的な対策を練りましょう。自社が設定売る目標に到達していない場合、その都度改善策を検討していくといいでしょう。

 

参考にしたい工務店のインスタグラム事例3選

最後に、参考にしたい工務店のInstagram事例3選をまとめました。

 

1.一条工務店

一条工務店

https://www.instagram.com/ichijo_official/?hl=ja

 

高い住宅性能を強みに、質の高い暮らしを提案する「一条工務店」のInstagramです。

 

「一条工務店」のInstagramには、

建物だけではなく日常生活の様子が写った写真

「#みてみて一条」のハッシュタグを活用

施工事例だけでなく、キャンペーン告知なども盛ん

上記のような特徴があります。

 

「一条工務店」のInstagramには、料理やテレワークなどの日常生活の様子、家と家族の姿を映した写真などが多く掲載されており、建物だけではなく人も写すことで実際に家を建てた後の生活がイメージしやすくなっています。

 

また、施主や、その家族が投稿する際に「#みてみて一条」のハッシュタグを付けることで、お客さまの声を反映させることにつながるという取り組みも。

 

そのほか、タグ付けして画像を投稿されたものから、“同店の公式DMの誌面に掲載&QUOカード2,000円分をプレゼントがもらえる”といった内容を打ち出した、「みてみて一条週間」という企画も開催されています。

 

Instagram上で大々的にキャンペーンを展開する工務店は、現時点ではそこまで多くありません。差別化やブランディングにつながっており、集客には効果的です。

 

2.河野ひかり/コラボハウス一級建築士事務所

河野ひかり/コラボハウス一級建築士事務所

https://www.instagram.com/_hikari_kono/?hl=ja

 

愛媛県で家づくりをサポートしている「河野ひかり/コラボハウス一級建築士事務所」のInstagramです。

 

「河野ひかり/コラボハウス一級建築士事務所」のInstagramは、

知識系の工務店アカウントに分類

施工事例の解説+画像に注釈を入れた画像がメイン

文字色やフォントが揃っており、アカウント全体に統一感が出ている

上記のような特徴があります。

 

施工事例を解説しながらも、画像に注釈を入れている点が魅力。手書きフォントのテキストを効果的に取り入れることで、個性をしっかりとアピールできています。

 

「思わず手を止めて見たくなる画像」「ほかの情報も欲しくなる…」と、ユーザーの関心を引く画像が多数掲載されているため、つい見入ってしまうケースも多いかもしれません。

 

また、文字色やフォントが揃えられている点も見逃せません全体的に統一感が出ているため、誰が見ても「見やすい」「読みやすい」と感じる設計となっています。非常にユーザビリティも高いデザインです。

 

3.アトリエデフ

アトリエデフ

https://www.instagram.com/atelierdef/

 

長野県を拠点に“自然素材の家を建てる工務店”として知名度を上げている、アトリエデフ」のInstagramです。

 

「アトリエデフ」のInstagramは、

会社のブランドやコンセプトを、写真で明確に表現

視覚的に「どのような会社なのか」が伝わる画像がメイン

見ているだけで心地良さを感じる配色もポイント

上記のような特徴があります。

 

アトリエデフの理念である「木と土でつくる自然素材」「ていねいな暮らし」を、施工実績だけではなく、自然の風景を使ってInstagramで表現。

 

そのため、「どのような特徴を持つ会社なのか」「完成する家はどのようなイメージなのか」といった、成約に大きく左右する要素をユーザーへ瞬間的に伝えられます。

 

また、アトリエデフが提案する“温もり・ナチュラル”といった雰囲気が伝わる、写真の配色にも注目です。画面をスクロールするたびに、「優しく心地良い」「もっと読んでみたい」と感じる工夫が取り入れられています。

 

会社が持つコンセプトにマッチしており、全体的にすっきりと整っている印象です。

 

まとめ

工務店がインスタで集客成功するコツを紹介しました。参考にしたい事例3選もピックアップしましたが、いかがでしたか?

 

Instagramは、SNSのなかでも特に工務店に向いています。写真共有をはじめ、動画やテキストによるコミュニケーションも可能です。さまざまなノウハウを駆使することで、集客に大きく貢献していくでしょう。

 

人との接触を避けるコロナ禍では、相談会(イベント)やモデルハウス見学などオフラインでの集客方法が難しくなった昨今。他社と差別化を図る新たな方法として、Instagramをぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

 

TRASPでは、工務店のWebマーケティングに数多く携わってきました。さまざまな企業のSNS運用を手がけた実績もあるため、お客さまのご要望に応じた最適なアプローチ方法をご提案します。無料相談も行っていますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

オンライン
相談受付中
page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.