TEL

TRASPコラム

インスタグラムのショッピング機能(ShopNow)

SNS運用

更新日:2021.03.11
公開日:2021.02.15

今や商品を売るために苦労をしない時代となりました。
既に人気のあるサービスのcreemaやminne、baseなど誰もが簡単にインターネット上でハンドメイド作品を販売できるようになりました。

 

クレジット決済のハードルも簡単に超える事のできるこれらのサービスはたちまち人気になりましたが、
いざネットショップを立ち上げても商品を買ってもらう事自体が難しいと思われた方も多いかと思います。

 

そんな中現れたインスタグラムを活用したショッピングでビジネスが凄い勢いでショッピング業界を席巻しています。

 

ShopNow

 

皆様、Instagramと言うアプリをご存じだろうか。
今更ですが知らない人いませんよね?

そう誰もが利用している、写真を共有できるSNSサービスですね。

 

今では写真だけではなく動画やストーリーといった沢山の機能まで網羅され、日本はおろか世界でもさらなる人気を獲得しています。今やスマホに入ってない人がいない位の人気アプリのインスタグラムですが、

2018年に、各種ネットショップサービスと連携し、インスタグラムで商品を購入する事ができる、ShopNowというショップ機能が提供されるようになりました。

 

インスタショッピングは今、破竹の勢いで販売数を増やしているのだそうです。

 

 

なぜインスタショッピング(ShopNow)が熱いのか

インスタグラムは月間アクティブユーザー数が3,300万人もいるモンスターアプリです。
インスタショッピングでは、無料で3,300万人の人たちに自分の商品をインスタグラム上のページで紹介する事ができるのです。さすがに3,300万人の利用者が全員見てくれるとは思わない方が良いでしょうが、ハッシュタグや商品の画像など、好印象を持ってもらえる写真とコメントを載せる事ができればどうでしょうか。

 

インスタショッピングを導入すれば、今までECサイトを作成し、広告をかけて商品をアピールし、それでも見ても貰えなくて、、、という悪循環が昔のようになります。

 

きっとあなたの商品に興味を持つ人が増え、フォロワーも獲得でき、ワンクリックで購入へ誘導する事ができるのうになるのではないでしょうか。

 

 

SNSからの直接的な販促活動に

SNSのイメージ

 

近年ではアパレルや化粧品、インテリアや書籍など様々な商品を実際の店舗で購入するのではなく、インターネットを通じて購入する消費者が非常に増えているのが現状です。

 

このようなことからECサイトを持つ企業は非常に多く、インスタグラムのSHOP機能を使うことによって、SNSから直接的に商品を購入することができることは、画期的な機能と言えるでしょう。投稿から簡単に商品を購入することができ、ユーザーやフォロワーは大きな顧客となり、インスタグラムのアカウントの運用が直接的な販促活動になっているのです。

 

企業アカウントがECサイトの役割を大きく果たすことができるというわけです。

 

 

様々な角度からのアプローチが可能

様々なアプローチのイメージ

 

Instagramは多くの商品を認知させたりユーザーに興味を持たせるという点でも効果的であったといえますが、その一方でインスタグラムで欲しい商品を見つけたとしても、どこで販売されているのかネットショップを探したり、画像投稿者に確認するなど、実際に購入できるまでには多くの時間や労力がかかっていたといえます。

 

しかしShopNowのショッピング機能が導入されたことによって、購入までスムーズに進めることができ、ECサイト事業者にとってはインスタを活用することにより、直接的に売り上げを伸ばすことが期待できるのです。

 

具体的にどのように利用するのかというと、ユーザーはプロフィール画面にあるショッピングバッグのアイコンが付いている投稿画像をタップします。するとその商品名と金額が書かれたタグが表示されることになります。

さらにそのタグをタップすることによって、商品の詳細ページが表示されることになるでしょう。詳細ページにはウェブサイトでみるという項目があるので、ここをタップすることでブランドのECサイトに移動して、すぐに購入できる仕組みです。

 

それぞれのブランドのプロフィールページのショップをタップすることにより、購入できる投稿だけを表示することもできるシステムとなっています。

 

 

Instagramは購買転換率が高い

かねてからInstagramはファッションや化粧品、食品や飲食店、映画やテーマパーク、旅行などいわゆる「映える」もの、写真で良さが伝わるものに対しての購買転換率が非常に高いと言われています。

 

購買転換率って何でしょうか?

これはネットショップ上で商品を閲覧し、実際に購買に繋がる確率の事をいいます。
インスタショッピングはこの購買転換率が非常に良いのです。

 

今まではインスタグラムで見た商品をネットで検索して、amazonで買って、、、のような流れだったものが、
目で見て欲しいと思った瞬間に決済する事ができるようになりました。

 

今までインスタで興味を持って貰って、アナタのネットショップに行きつくまでに、どれくらいかかったのでしょう。
もしかしたら80%は途中の検索で体力を失い、買う事をやめてしまっているのではないでしょうか。

 

インスタショッピングは、そんな見込み客を逃さず、直接購買行動まで持って行く事ができる良いサービスです。

インスタグラム上であなたに商品を閲覧し、ワンタップで商品の購入まで進む事ができます。

 

こんな良い事づくめのサービスを使ってないなんて何てもったいないのか。

 

 

マーケティング戦略の軸の一つに

WEBサイトの運用は多岐にわたるのイメージ

ShopNowの利用においては、Facebookのアカウント開設とページの作成に、ビジネスアカウントの切り替えといった設定が必要です。

FacebookアカウントはPCやスマートフォンに対応で、ビジネスアカウントの利用も無料ですから、気軽に開設してShopNowを始めることができます。

ただ、運用の開始には審査が必要で、通らないとInstagramをネットショップとして活用できないので要注意です。

 

 

インスタショッピング(ShopNow)の嬉しい機能

 

・インスタアカウント内にショップが登場

製品タグ付けされた投稿が9投稿以上あれば、そのアカウントにはショップが表示されます。

 

 

・複数商品を同時に見てもらえる

1画像で最大5商品まで商品をタグ付けして金額も掲載して紹介する事が可能です。

 

 

・Instagram経由の販売数や売上が分る

製品タグつっ気の投稿やインサイトから、投稿を通じての商品の販売数などのデータが確認できます。
このデータを分析して次の商品開発などもできますね。

 

 

インスタショッピング(ShopNow)をする為の条件

Instagramのショッピング機能であるShopNowを導入するためには、四つの必要条件が定められています。

 

導入するために費用はかからないものの、この条件を満たしていなければ導入することができないので、事前に確認が必要です。まず一つ目の条件は、ビジネスにおいて提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売していることです。

 

そしてアカウントがビジネスプロフィールに移行済みとなっている、アカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている、四つ目はFacebookのページでショップセクションを追加している、もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している必要があります。

 

このように四つの条件が定められていて、これらが満たされることによって、正しい申請方法によりアカウントのショッピング機能へアクセスが自動的に審査されることになります。アカウントが承認されれば、お知らせが送信されて、設定から製品のタグ付けをオンにすることが可能です。

 

審査のプロセスは通常であれば数日で終了するものの、アカウントの詳細まで審査しなければならないのであれば、それ以上かかることもあり、実際に審査に通らない可能性も出てきます。

 

企業アカウントがShopNow機能を導入するメリットには様々なことがあります。一つ目はインスタグラムアカウントの運営が販促活動になること、受発注の管理がスムーズになること、ビジネスツールの活用においてインサイト情報が入手できることなどがあげられます。低コストなのにもかかわらず管理が簡単にできるため、この機能はメリットも多く魅力的な機能の一つと言えます。

 

インスタショッピングをするにはどうしても必要なものが大きく分けて3つあります。

 

  • ・Instagramのビジネスアカウント(通常アカウントをお持ちでしたら、ビジネスアカウントに切り替える必要があります)
  • ・facebookのショップセレクション/ビジネスマネージャのカタログ追加
  • ・販売元のネットショップ(creema/minne/baseなど)

 

これら3つのアカウントの開設と設定が必要となります。

設定の方法は調べれば山ほど出てきますので割愛しますが、設定を終えれば後は商品登録し、並べるだけです。
簡単ですね。

 

 

ShopNowの審査は一週間程度

審査に通る為の条件は、ビジネスアカウントでポリシーに準拠した物理的商品を販売していること、アカウントの所有権がFacebookと結びつけられているなどです。更に、ショップセクションの追加かビジネスマネージャのカタログ作成も必要ですから、これらを条件として理解することが重要です。

 

ポリシーの準拠とは自社ECサイト、つまりネットショップのコマース製品提供者契約、コマースポリシーのことで、Facebookで詳しい条件が確認できます。

 

Instagramアカウントのビジネスプロフィール移行は、インスタ上の手続きで実行可能です。広告の作成やプロフィールといったボタンが表示されていれば、既に移行済みなので手続きは不要です。
InstagramとFacebookは別のサービスですが、アカウントの所有権の接続を行うと、紐づけられてShopNowの利用条件が1つ満たされます。

 

後はショップセクションの追加、ビジネスマネージャのカタログ作成のいずれかをクリアすることで、いよいよ審査が受けられるようになります。

 

申請方法は、インスタの管理画面から管理者設定を辿り、Instagramショッピング機能を使って申し込みます。
フォームにアクセスを行い、必要情報を入力して送信を行えば、2営業日ほどで設定完了となります。
この状態でカタログの作成に進むと、アカウント審査が実行されて掲載の可否結果が出る流れです。

 

所要日数は数日程度~1週間ほどで、承認されればアカウント画面の上部に通知が出ます。

 

 

ECサイトのbaseをオススメ

これは単純にEC決済を導入するハードルが極端に低くなるからです。

 

今や沢山のECサイトを構築できるサービスが日本中にあります、しかしそのどれも複雑な設定や登録を行う必要があり、ネットショップでは当たり前のクレジット決済もサービスによっては複数社契約しなくてはいけないなど、ショップ運営側の手間がかかりすぎます。

 

その点baseでは複雑な契約もなくネットショップサイトのオーナーになれ、商品の編集も簡単で誰にでも扱えるものになっています。

 

分からなくなっても公式サイトでの説明やサポートなどもありますのでありがたいですね。

 

 

うまく利用すれば高い集客効果!

 

ShopNowは高い集客効果が見込めますし、自社商品をより魅力的に見せて消費者を引きつけられるのがポイントです。
インスタをチャネルに、ECサイトのネットショップに誘導できますから、従来の投稿以上の効果が見込めるでしょう。

 

審査さえ通ってしまえば、ショップメニューから投稿作成のボタンを押し、通常の投稿と同じ感覚で商品紹介が行なえます。商品写真や動画を撮影して、キャプションを入力して設定したら、製品をタグづけして商品情報が表示されるようにします。内容をプレビューで問題ないことが確認できれば、シェアによって投稿完了です。

申請方法は簡単ですし、条件を満たしていれば審査が通らないことは考えにくいので、どの企業も難しく考えずに挑戦できるはずです。

 

InstagramはShopNowにおいて、非公開のブラックボックスにおける申請内容やアカウントのチェックが行われます。
具体的にどのような確認が行われているのか不明ですから、申請が通らないといっても理由を知るのは困難です。
しかし、条件を1つずつ確認していけば、何処がネックになっているか見えてくるでしょう。

 

ちなみにたいていは申し込みから1週間以内に結果が出ますから、それまでにShopNowが使えるようになっていなければ、申請が通らなかったと判断できます。理由を問い合わせても教えてもらえるとは限らないので、自分で考えて対処する必要があります。物理的な商品の販売が確認されなければ、何度申請しても通らないですから、一度自社ECサイトに目を通して販売商品のチェックをおすすめします。

 

ビジネスアカウントの移行は難しくないので、考えられる残りの理由は、2つのSNSのアカウント連携に失敗していることです。Facebookの商品カタログ作成や、販売商品の登録といった手続きも重要ですから、総合的に1つ1つ確認してクリアしていくことが大切です。

 

ShopNowに期待できる効果は大きく、普通のSNS活用とは違った、インスタやFacebookらしいマーケティングに繋がります。

 

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

オンライン
相談受付中
page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.