TEL

TRASPコラム

【必見】集客に強い外壁塗装会社が取り組んでいるWeb施策7選!

集客方法

更新日:2022.10.03
公開日:2022.07.21

外壁塗装業の集客は”Web”を活用!おすすめの方法7選を徹底解説

 

「集客がうまくいかない」「下請け脱却したい」という外壁塗装業の方も多いのではないでしょうか?

 

多重下請け構造が定着していることに加え、競合が激しい外壁塗装業界では、オンラインでの集客つまり“Webを活用した集客”が必須です

 

この記事では、外壁塗装業におすすめの集客方法7選をわかりやすく解説!数多くのマーケティング・サイト制作を手がけたTRASPが、プロの視点から成功させるためのコツや注意点などを詳しくまとめています。

 

無料相談受付中

 

外壁塗装業の集客は“Web”が主流になりつつある理由

外壁塗装業の集客は“Web”がポピュラー

 

今後、外壁塗装業の集客はWebを活用することが必須です。
なぜなら、時代の流れとともにマーケティングの手段は、アナログからデジタルへと進化を遂げているため。

 

これまでの外壁塗装業における集客は、チラシ・ポスティングなどのオフライン手法が一般的でした。
しかし、インターネットやスマートフォンが普及した近年では、その流れが大きく変わってきています。

 

実際、現代人は「外壁塗装に関する疑問」や「外壁塗装会社」を探す際、まずスマートフォンやパソコンを通じてWebで検索します。そのためWebで情報を発信していなければ、業者を探している人に「自社を知ってもらう機会」が減ってしまうでしょう。

 

また外壁塗装業ではあとから高額請求を行う「悪徳業者」が増えたことで、チラシや訪問営業に対するイメージが悪化しています。そのためお客さまは騙されないために企業からのプッシュより、自分で検索をして得られる情報を信じる傾向にあるのです。

 

一方で地元地域への認知を広げるうえでは、チラシや訪問営業も有効ではあります。しかしチラシを見て口コミや実績をさらに知りたいという方が大半でしょう。そのためチラシだけでは伝えきれない過去の実績やお客さまの声など、信頼獲得の材料を発信するためにも、Webサイトのように多くの情報を掲載できる手法選びが大切です。

TRASPは建設業界のホームページ制作実績が豊富です。今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。

 

TRASPのホームページ制作

 

外壁塗装会社が抱える集客課題4つ

集客がうまくいかない外壁塗装会社の特徴とは?

 

そもそも、集客がうまくいかない外壁塗装会社は何が問題なのでしょうか?
この項目では外壁塗装会社が抱える集客課題を4つピックアップしたので、自社と照らし合わせながら確認していきましょう。

  1. 知名度が低い
  2. ターゲットが定まっていない
  3. ホームページを開設していない
  4. 一つの集客方法に偏っている

 

1.知名度が低い

そもそも自社の知名度が低く、そこから抜け出せないケースも珍しくありません。

 

さきほど説明した通り、チラシなどのオフラインによる集客効果は年々薄くなっています。必要に応じて従来の手法を活用することも大切ですが、“アナログな手法”だけに依存するとうまく自社の収益につながりません。

 

外壁塗装会社を探すにあたり、いまでは多くの人が“まずはインターネット検索を行う”というプロセスを辿ります。したがって、自社を知ってもらうキッカケをつくるためにもWeb集客を活用しましょう。

 

2.ターゲットが定まっていない

ターゲットが明確に定まっておらず、思うような成果を出せていないこともあります。“どのような人に自社を知ってほしいのか”という軸がブレてしまうと、自社に必要な施策をうまく洗い出せません。

 

また「外壁塗装を依頼したい」と考える人は、まず近所や周辺地域から探すことがほとんど。そのため、自社が対応するエリアの特性や年齢層、建物の状況などを念入りに調査するのも重要です。“どのようなニーズがあるのか”をしっかり分析したうえで、お客さまに関心を持ってもらえる情報発信を心がけましょう。

 

3.ホームページを開設していない

どのような場面においても、インターネットはもはや欠かせない存在となりました。そのようななかで、自社のホームページを開設していなければ「認知してもらえない」「信頼を得られない」というデメリットがあります。

 

また、ホームページはSNS・リスティング広告をはじめ、“あらゆる集客の窓口”としても活用可能です。

 

ホームページ集客は「外壁塗装を依頼したいと考えて、すでに行動を起こしている人」「急ぎではないものの、いつか外壁塗装を頼みたいと潜在的に思っている人」など、幅広い層に対して積極的に自社をPRできます。

 

そのため、外壁塗装の集客にはなくてはならないツールだといっても過言ではないでしょう。

 

4.一つの集客方法に偏っている

一つの集客方法に偏ってしまうのは避けましょう。なぜなら情報をリーチできる層が限定されてしまい、自社を知ってもらうチャンスを逃すこともあるためです。

 

オンライン・オフラインの各手法を用いるユーザー層は、大きく異なります。「Webメインで情報収集する人」「インターネットをあまり使わず、チラシ・新聞折り込みなどで情報収集する人」、それぞれに自社をPRできればその分集客につながる機会を得られるでしょう。

 

外壁塗装業のマーケティングについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

外壁塗装業が集客課題を解決するために必要な要素3つ

外壁塗装業の集客を始める前に実施すべきこと3つ

 

つづいて、外壁塗装業が集客課題を解決するために必要な要素を3つ紹介していきます。
集客を実践するうえでの事前準備としても重要なため、かならず具体的に考えておきましょう。

  • ターゲットの明確化
  • 競合他社の調査
  • ポジショニングの選定

 

1.ターゲットの明確化

1つ目は、ターゲットを明確化することです。前述したようにターゲットが明確化できていなければ、集客につながりにくくなります。

 

なぜなら方向性が定められないと、自社にとって効果的な施策を見出せないため。

 

たとえば高齢者層をターゲットとしているのに、SNSを活用しても集客は上手くいきません。
対して単身者層をターゲットとした場合、新聞広告や雑誌広告など昔ながらの方法では成果を見込めないでしょう。

 

単身者層・ファミリー層・高齢者層によっても、適した集客方法が大きく異なります。そのため該当する地域にどのような層が多いのかについては、事前にチェックすると良いでしょう。

 

ターゲットの明確化はこちらの記事も参考にしてください。

 

2.競合を調査する

2つ目は、競合を調査することです。

 

集客を成功させるには、競合調査を徹底的に行うことが欠かせません。なぜならインターネット社会の現代では、顧客は容易に複数の会社と比較することができ、最終的に自分のニーズに当てはまる会社へ依頼するからです

 

つまり競合と比べて「明確な強み・特徴」がない会社は顧客から選ばれず、いつまでたっても問い合わせは増えないでしょう。

 

そのため同じ地域の塗装会社のホームページやSNSなどをリサーチし、各会社の得意分野や強みを洗い出すことが重要です。ほかの会社と重複しないよう、“独自性”を強く訴求することを意識してください

 

競合分析などを解説した記事もあります。

 

3.ポジショニングの選定

3つ目は、ポジショニングの選定です。

 

前述の「競合他社の調査」にもつながりますが、自社の強みを打ち出すうえでは”自社独自のポジション”を築き、他社との違いをユーザーに伝えることが必須

 

そのために競合調査を行ったうえで、「どのような違いがあるのか」ポジショニングをしっかりと固めましょう。
またユーザーに役立つ情報を積極的に発信し、自社に関心を寄せる人へ向けて“安心感を与えること”も重要になります

TRASPは今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。当社の強みを詳しく紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

 

TRASPについて

外壁塗装業に必須!基本となる集客手法

外壁塗装業におすすめの集客方法7選

 

「外壁塗装業の集客にはどのような方法があるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、まずは外壁塗装業の基本となる集客手法から紹介していきます。

  • ホームページ
  • SEO対策
  • MEO対策

 

1.ホームページ

インターネットが普及している現代において、ホームページは“あらゆる集客の窓口”として重要な存在です。自社を認知してもらうキッカケとなることも多いため、“サイト=自社の看板”といっても過言ではありません。

 

また不特定多数の人間に向けてアプローチするチラシやポスティングとは異なり、契約見込みのある顧客に絞って情報発信できる点が特徴。

 

たとえば「外壁塗装 業者 大阪市」と検索しているユーザーは、「大阪市で外壁塗装業者を探している」ことがわかります。そのため「サービス内容・料金・施工事例・実績」など、顧客が求める情報を掲載することで、効率よく問い合わせにつなげられます

 

加えて「外壁塗装の見積もり」「来店予約」といったメニューを搭載すれば、よりスピーディーな集客も見込めるでしょう。

TRASPでは外壁塗装業をはじめ、建設業界におけるホームベージ制作の実績が豊富です。また顧客心理を踏まえたうえで、集客につながるホームベージを強みにしています。
まずはTRASPの制作実績を以下のボタンからご覧ください。

 

制作実績はこちら

2.SEO対策

SEO対策とは、自社サイトを検索結果画面に上位表示させるための施策を指します。

 

例えば「大阪府 大阪市 外壁塗装」というキーワードで検索をした場合、「1ページ目の1番上にあるサイト」「2.3ページ以降にあるサイト」であれば、ほとんどの人が前者をクリックするでしょう。

 

このことからわかるように、より多くの人に自社のホームページにアクセスしてもらうためには、検索エンジンで順位を上げるアクションは欠かせません。

 

また広告媒体とは違い、SEO対策では費用をかけずに取り組める点が強みです。
検索結果で上位順位に表示されれば長期的な集客も見込めるため、ホームベージを活用する際はSEO対策もセットで取り組むようにしましょう。

 

 

3.MEO対策

MEO対策とは、Googleマップ上で自社情報を上位表示させるための施策を指します。
自社の基本情報を登録できることに加え、「最新情報の発信」「口コミ管理・返信」「分析情報のチェック」といった、さまざまな機能が利用可能。

 

また外壁塗装業者を探している顧客は、来店しやすい「近隣の業者」や「地元の業者」を探す傾向があります。
そのため「ユーザーの位置情報から近い業者が検索結果で上位表示される」MEO対策と相性が良く、集客には欠かせない手法の一つです。

 

加えて競合の少なさも強みとなり、低コストかつシンプルな手順で効果を得られるため「マーケティングの知識があまりない」という外壁塗装会社にも適しているでしょう。

TRASPはSEO・MEO対策で数多くの集客効果を出しており、過去にはSEO対策によって4ヶ月で検索順位が36位→4位に改善されて事例も。
市場・競合分析から戦略的にアドバイスしていますので、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

外壁塗装業の認知拡大におすすめの集客手法

外壁塗装業の認知拡大におすすめの集客手法

 

つづいて、認知拡大におすすめの集客手法を紹介していきます。

  • ブログ
  • リスティング広告
  • SNS
  • ポータルサイト

 

4.ブログ

外壁塗装会社がブログを開設すれば、潜在層へ積極的にアプローチすることが可能です。
「塗装に関する専門知識」「優良な塗装会社の見つけ方」「社内・社外イベントの様子」などの情報を発信すれば、自社に対する具体的なイメージが湧きやすく、塗装リフォームを検討している人からのアクセス獲得を狙えます。

 

たとえば「外壁塗装業者 選び方」と検索しているユーザーは、「外壁塗装を行いたいけど業者が決まっていない」状態です。そのため「優良な塗装会社の見つけ方」といった情報を発信するば、検索結果で自社ページが表示され、ユーザーはブログをとおして自社を知るきっかけが生まれます。

 

ほかにも「塗装に関する専門知識」「社内・社外イベントの様子」などを発信することで、自社の専門性・信頼性のアピールにもつながるでしょう。

 

またブログから自社サイトに誘導すれば問い合わせなどのアクションにつながる可能性も。そのため、お問い合わせページや施工事例ページへすぐにリンクできる“導線設計を組み込むこと”も意識しましょう。

ブログの活用は他社との差別化に適しており、集客力に差がつくポイントです。TRASPではプロのSEOライターがブログを執筆するサービスを行っております。ホームページの新規制作・リニューアルでは戦略設計から実装まで一貫してサポートしていますので、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

読まれるブログ記事の書き方を知りたい方は、こちらを参考にしてください。

 

 

5.リスティング広告

リスティング広告とは、Google・Yahoo!JAPANなどの検索結果に表示されるものを指します。

 

広告はユーザーが検索したキーワードに連動して表示される仕組みなので「〇〇(地域名)+建設塗装」といった語句を設定すれば、“自社に興味を持ってくれそうな層”へ向けてピンポイントに情報を届けられるでしょう。

 

またリスティング広告では「検索語句」以外にも、

  • 性別
  • 地域
  • 年齢層
  • 時間

など、複数の項目からターゲティングできる点が特徴。

 

加えて検索画面の上部をはじめ多くのユーザーが目にしやすい場所に表示されるため、効率良く「いますぐ契約する可能性があるユーザー」に絞ったアプローチが可能となります。

 

その一方、平均で数十万円程度とコストがかかる点がデメリットでしょう。したがってリスティング広告を導入する際は、予算に余裕を持ったうえで実践することをおすすめします。

 

6.SNS

コミュニケーションツールであるSNSを、情報取集のための手段として活用する人も増えています。
「最新情報がリアルタイムで手に入る」「情報拡散力が非常に高い」などの特性があり、外壁塗装業のマーケティングに適しているでしょう。

 

たとえばTwitterは「リツイート機能」が備わっており、ユーザーの共感を得る内容や興味を引く内容であれば、フォロワー数に関係なく拡散される可能性も。

 

また、Instagramなど“写真・動画”をメインにしたSNSも人気が高いです。“商材を視覚的にアピールする必要がある”建設業界との相性は非常に良く、実際に集客に取り入れている会社も増えています。

 

SNSマーケティング戦略に必要な7ステップを詳しくまとめています。

 

7.ポータルサイト

塗装会社への“入口”としての役割を担うのが、ポータルサイトです。業界で代表的なものとして「外壁塗装コンシェルジュ」「ヌリカエル」などが挙げられます。

 

ポータルサイト上には各会社の基本情報や口コミなどが主に掲載されるため、相見積もりを検討中のユーザーに向けてPRしやすい点が特徴です。

 

ただしポータルサイトは登録している競合も多く、継続的に受注し続けることは難しいといえるでしょう。
また価格競争に陥りやすく、受注できたとしても「低単価案件」になってしまう点には注意が必要です。

 

媒体によって特性や料金体系などは変わるため、利用する前にしっかりチェックしましょう。

 

外壁塗装のWeb集客で成功した事例

外壁塗装のweb集客で成功した事例

 

ここでは外壁塗装のWeb集客で成功した事例をご紹介します。

 

 

塗幸

塗幸

 

https://www.nurikou.com/

 

神奈川県藤沢市にある「塗幸」は一人親方の塗装店ながら、ホームベージを活用したWeb集客に力を入れ、職人さんから元請けとしての仕事獲得に成功した事例です。

 

具体的な成果としては、ホームベージ経由でのお問い合わせが年間15件→月間7件に増加したなどが挙げられます。

 

対策内容はこちら。

  • モニター調査によって信頼の得られる称号獲得(お客さま満足度など)
  • 獲得した称号をホームベージにわかりやすく掲載
  • 自社の強みである「一級技能塗装士」の証書をホームベージに掲載
  • ユーザーの悩みに絞ったコンテンツの発信

このようにホームベージに「信頼の得られる情報」を掲載することで、ユーザーからの見られ方は大きく変化します。
またコンテンツ発信によって積極的に見込め客へアプローチした点も、アクセス増加・問い合わせ増加につながった理由といえるでしょう。

 

参考:https://www.branding-t.co.jp/case/painting/10790/

 

外壁塗装業の集客を成功させるコツ3つ

外壁塗装業の集客を成功させるコツ3つ

 

集客するだけではなく、お問い合わせや資料請求などのアクションにつながらなければ意味がありません。

 

この項目ではさまざまなWebマーケティングを手がけたプロが、押さえるべき3つのコツをまとめました。
こちらもぜひご覧ください。

 

  • 他社との差別化を図る
  • オフライン集客との相乗効果をねらう
  • 定期的に分析・検証を行う

 

1.他社との差別化を図る

外壁塗装はライバルが多く、非常に競争が激しい業界です。そのため自社の魅力をわかりやすく訴求し、他社との差別化を図ることが大切だといえます。

 

特別な塗料を使っているなど「得意分野・価格・アフターサービスなど、自社ならではの強み」「これまでの工事実績」をはじめ、お客さまに対し“自社を具体的にイメージできる情報”を積極的に発信していきましょう。

 

2.オフライン集客との相乗効果をねらう

さきほど説明した通り、チラシなどのオフライン手法で集客効果が薄くなっています。またそのような背景もあり、外壁塗装業で“オンラインによるマーケティング”が主流になりました。

 

しかし、だからといって“Webだけを活用する”集客はNG。
なぜなら、情報を届けられる相手が限定されてしまい、効果を最大限に発揮できなくなるためです。

 

高齢者だけではなく、インターネットをあまり利用しない層は若い世代にも一定数存在しています。そのため、オンライン・オフライン双方の手法を組み合わせれば、より多くの人に自社を知ってもらうチャンスを獲得できるでしょう。したがって、必要に応じてオフライン手法も取り入れることも重要だといえます。

 

3.定期的に分析・検証を行う

定期的に分析・検証を行うことも欠かせません。なぜなら、Webによる集客は開始して終わりではなく、むしろ運用してからがスタートになるため。

 

自社の課題・問題点などを随時洗い出し、その都度改善策を打ち出すことが重要です。確実に自社の集客率UPを目指すためにも、ツールなどを用いてしっかり実践を重ねましょう。

 

おすすめのアクセス解析ツールを知りたい方は、こちらをご覧ください。

 

 

外壁塗装業の集客は“Webのプロ”へお任せ!

外壁塗装業の集客は“Webのプロ”へお任せ!

 

集客をはじめるにあたって「どうすれば良いかわからない」「誰かにサポートしてほしい」といった不安を抱える方も多いでしょう。そこで、外壁塗装業の集客は”Webのプロ”に任せることをおすすめします!

 

これまでに説明したように、集客を成功させるには専門的な知識・ノウハウが欠かせません。

 

しかし、経験・実績豊富なプロであれば、お客さまに合った施策やアドバイスを適宜実践できます。そのため、より効果的な集客を行えるでしょう。費用はかかりますが、長期的な目線でみれば十分な費用対効果が期待できるといえます。

 

「確実に成果を出したい」「効率良く集客につなげたい」という方は、気になる制作会社や専門業者に相談しましょう。“どこに依頼するか”によって対応分野や特色、プランや料金に差が生じます。

 

したがって念入りに比較したうえで、依頼する会社を選択することが大切です。

TRASPは建設業界のホームページ制作で多くの実績をもつWeb制作会社です。
制作後の運用までサポートしていますので、Web集客のプロにお任せください。

 

TRASPのホームページ制作

まとめ

この記事では、外壁塗装業の集客に“Web”を活用すべき理由やおすすめの方法7選を解説しました。

 

インターネットやスマホが普及した影響を受け、外壁塗装業では“Web集客”が主流となっています。紹介した方法7選を参考に、自社に合うものを取り入れていきましょう。必要に応じてオフライン手法を組み合せれば、さらに効果を引き出せますので、ぜひこちらも実践してみてくださいね。

 

また、集客を成功させるには専門的な知識・ノウハウが欠かせません。そのため「必ず成果につなげたい」という方は、Webのプロへの依頼をおすすめします!

 

TRASPはホームページ制作を軸に企業の集客をサポートしているWeb制作会社です。
建設業界で多くの実績をもつため、まずはオンライン面談までお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談受付中

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.