TEL

TRASPコラム

建設業の仕事の取り方とは?受注を増やす効果的な方法をプロが解説

集客方法

更新日:2022.06.14
公開日:2022.06.01

建設業の仕事の取り方とは?受注を増やす効果的な方法をプロが解説

 

新型コロナウイルスの影響を大きく受けた建設業では、このようなお悩みを持つ方も多いでしょう。

 

「どうすれば仕事が取れるのか」
「実践すべき手法とは?」
「成功させるためのコツが知りたい」

 

慢性的な人手不足が続いている建設業では、“いかに効率的に仕事を取るか”が重要。そのためには、自社に合った手法を選びましょう。

 

この記事では、建設業の仕事の取り方をWeb集客のプロがまとめました。建設業界でのホームページ制作・Web集客の実績豊富なTRASPが、受注を増やす効果的な方法をわかりやすく解説しています。

 

 

無料相談受付中

 

建設業が仕事の取り方に悩む理由3つ

建設業が仕事の取り方に悩む理由3つ

 

まずは、建設業が仕事の取り方に悩む理由を3つピックアップしました。

 

  • 慢性的な人手不足
  • 情報共有がうまくいかない
  • 下請けを脱却できない

 

1.慢性的な人手不足

建設業は慢性的な人手不足により、思ったように営業活動ができないことも多いです。国土交通省の資料によると、1990年代後半~2010年にかけて、建設業界の就業者数が約200万人も減少していることがわかります。

 

1.慢性的な人手不足

 

建設産業の現状と課題(国土交通省)

 

特に若年層が不足しているため「採用活動に力を入れて人員を増やす」「Webを活用して営業活動の在り方を変える」といった対処が必要です。

 

こちらの記事で、工務店・住宅業界の現状や将来性を解説しています。

 

 

2.情報共有がうまくいかない

DX化がうまく進んでおらず、営業に関する情報をうまく社内で共有できていないことも挙げられます。

 

営業活動の効率化・企業全体での成長を狙うには、情報管理の属人化を解消することが大切!「顧客情報」「顧客対応」「顧客管理」など、社内でスムーズな情報共有をすることが欠かせません。

 

顧客管理ツールなど業務効率化に役立つ情報をまとめた記事もありますので参考にしてください。

 

3.下請けを脱却できない

下請け構造があたり前の建設業界では、下請けから脱却できず、なかなか自社の利益率を上げられないといった悩みも。元請けに頼りすぎる状況が続けば、自社の経営状況が左右されてしまいます。

 

その結果、「大幅に仕事量が減ってしまう」「取引がなくなる」といった状況に陥る危険性が高いです。したがって、自社の利益率を上げて安定して仕事量を確保するためには、下請けから脱却を図る必要があるでしょう。

 

建設業における仕事の取り方6選

建設業における仕事の取り方6選

 

続いて、建設業における仕事の取り方6選を紹介します。
「どのような方法があるの?」「自社に適した媒体が知りたい」という方は、こちらをぜひ参考にしてください。

 

  • 飛び込み営業
  • イベント実施
  • ホームページ
  • マッチングサイト
  • Web広告
  • SNS

 

1.飛び込み営業

自社とはつながりがない企業や個人宅に直接訪問し、新規取引先として開拓する方法です。業種を問わず、昔から行われていた仕事の取り方で、なじみ深い経営者の方も多いでしょう。

 

しかし、昨今はコロナウイルスの影響により、対面での営業を敬遠する人が非常に多いです。また時代の流れが変わり、日中留守にしている家も多く、必要がないのに訪ねてくる相手に嫌悪感を抱く人も増えているといえます。

 

担当者のスキル次第では、相手との信頼関係を築けたり、多く商談の場を設けられたりしますがその場で契約につながることは少なく、労力に見合う成果が得られにくいでしょう。費用対効果を考えると、メインの方法として活用するのはおすすめできません。

 

2.イベント実施

お客さまと直接対話できるイベントを実施し、深いコミュニケーションを図りましょう。
イベントの実施により、得られる効果は次のとおり。

  • 「見込み顧客を集める効果」
  • 「商談中の顧客との接触頻度をキープする効果」
  • 「既存顧客のアフターフォロー効果」

 

また、建設業で代表的なイベントとして、次のようなものが挙げられます。

  • 完成住宅・モデルハウス見学会
  • 勉強会イベント
  • 資金相談セミナー
  • リフォーム相談会

従来はオフラインで開催されていたものの、コロナウイルスの影響で“オンラインでの実施”に切り替えている会社も多いです。遠方に住む人をはじめ、より多くの顧客を集めやすくなったといえるでしょう。

 

3.ホームページ

自社のホームページを制作し、多くの人に見てもらうことでお問い合わせにつなげる方法です。

 

インターネットの利用があたり前になった現代は、ほとんどの人がGoogleやYahoo! JAPANなどの検索エンジンを活用しています。そのため「〇〇(地域名)+建設業」「〇〇(地域名)+建設業+おすすめ」といったキーワードで自社サイトを検索結果画面に上位表示できれば、知名度向上を目指せるでしょう。

 

また、掲載すべきコンテンツとしてこのようなものがあります。

  • サービス内容
  • 料金表
  • 施工事例

さらに「お問い合わせフォーム」を別途追加するのもおすすめです。電話・メールよりも気軽に連絡が取れるため、お問い合わせ件数の増加につながりやすくなります。

 

TRASPは建設業界の実績が豊富なWeb制作会社です。ユーザー心理・行動を踏まえ、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかったお客さまのホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。一度相談してみませんか。

 

ホームページ制作について

 

集客できるホームページ制作について知りたい方は、こちらを参考にしてください。

 

 

4.マッチングサイト

建設業向けのマッチングサイトを活用すれば、“工事を依頼したいと考えている人”と出会えるチャンスが増え、仕事を獲得しやすくなります。代表的なものとして、このようなものがあります。

登録料がかからないマッチングサイトも多いですが、「一律で料金が発生する」「無料でオプション機能は利用不可」「案件の閲覧可能数・登録可能数に制限がある」などさまざまなものがあります。

 

媒体によって利用方法・コストが変わるため、導入する際は事前にリサーチすると良いでしょう。

 

5.Web広告

「スピーディーに成果を出したい」と考える建設業の方は、Web広告の出稿を検討しましょう。
Web広告には、下記のようにさまざまな種類があります。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • バナー広告
  • 動画広告
  • SNS広告

そのなかでも、特におすすめしたいのが「リスティング広告」。リスティング広告とは検索連動型広告とも呼ばれており、検索エンジンでユーザーがキーワードを入力して検索した際、ページの上部や下部など目につきやすい場所に表示されるものです。

 

  • 「問い合わせ・契約につながる可能性の高いユーザーに絞り込み、広告を表示できる」
  • 「検索状況を分析し、いつでも柔軟に出稿量を調整できる」

といった点がメリット。また、広告がクリックされない限りは費用が発生しないため、コストを抑えて運用することもできます。

 

リスティング広告についてはこちらの記事をご覧ください。

 

6.SNS

自社の認知度を上げるためには、LINE・Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSを利用するのもおすすめ。

 

多くの人が日常的に使っているSNSは、気軽に情報発信・共有ができ、拡散力に優れているという特性があります。そのため、ユーザーにとって有益な情報を発信できれば、自社の認知度を上げていけるでしょう。

 

また、SNSはビジュアル面で訴求しやすいため、建設業と相性が良いといえます。
「施工事例」「工事の様子」などの写真・動画を掲載するのが効果的。「この会社といえば、〇〇」という印象が残りやすくなるため、ブランディング強化も図れます。

 

近年は多くの建設会社がアカウントを開設し、マーケティングを実践しています。建設業に興味を持つ人をはじめ、潜在層へもしっかりアプローチできる点がSNSの魅力でしょう。

 

こちらの記事で企業の正しいSNSの使い方をまとめています。

 

建設業はネットで仕事を取るのが効果的!

建設業はネットで仕事を取るのが効果的!

 

続いて、建設業がネットで仕事を取るのが効果的な理由を詳しく見ていきましょう。

 

  • オンライン化が加速している
  • 新型コロナウイルスの影響

 

オンライン化が加速している

インターネットが普及し、Webで情報収集する人が増えました。

 

例えば「自宅のクロスを貼りかえたい」と考えている人がいるとします。そのようなときは「大阪 クロス 貼り替え」などのキーワードを用いて、検索するでしょう。そして、複数の会社を比較し、依頼するところを決定する…という流れが一般的です。

 

そのため、ホームページ・SNSといった媒体を活用すれば、必要な人に自社の情報を届けやすくなります。魅力的な情報を発信できれば、新たな顧客を増やし、元請けとして仕事を取ることも可能です。

 

新型コロナウイルスの影響

コロナウイルスの影響により、さまざまな業界が打撃を受けました。それは、建設業界や建築業界も同様です。外出する機会が制限されたことで「住宅展示場へのイベント開催」「オープンハウスの実施」などが不可能になり、お客さまとの“リアルな場面での集客”が困難に。そういった時代背景もあり、オンラインを活用したマーケティングを実践する企業が増えています。

TRASPではWebマーケティングで培った多くの経験をもとに、集客に強いホームページを制作しています。制作後、問い合わせにつながったという声も多くいただいているため、ホームページ制作はぜひお任せください。

 

TRASPについて

建設業が確実に仕事を取るためのコツ3つ

建設業が確実に仕事を取るためのコツ3つ

 

建設業が確実に仕事を取るためには、どれかひとつではなく、フェーズごとに手法を変えて複数の手法を組み合わせたり、自社の強みとターゲットのニーズの一致を意識すれば、成果につながりやすくなるでしょう。

 

  • 複数の手法を組み合わせる
  • 自社の特徴や強みを発信する
  • お客さまとのつながりを意識する

 

1.複数の手法を組み合わせる

さきほど説明したように、建設業にはさまざまな仕事の取り方があります。それぞれの手法によって得られる効果・訴求できるターゲット層は変わるのです。

 

そのため、一つの媒体に絞り込んで集客するよりも、複数の媒体を活用した方が多くの人に自社を知ってもらえる確率が上がるでしょう。また、認知・行動・購買といったフェーズごとに媒体を変えるのも手です。

飛び込み営業+ホームページ+オンライン

認知:飛び込み営業で知ってもらう

行動:ホームページにアクセスしてもらう

購買:お問い合わせしてきたお客さまとオンラインで話し、契約につなげる

SNS+広告

認知:SNS広告で知ってもらう

行動:SNSのメッセージでやり取りをして来店につなげる

購買:来店したお客さまに契約を促す

イベント+紹介

認知:イベントで魅力を知ってもらう 

行動:知り合いを紹介してもらう 

購買:次のイベントで契約

上記のようにパターンはさまざまですが、「オンライン×オフライン」の組み合わせは非常に有効でしょう。なぜなら、オフライン集客では普段インターネットを利用しない人に向けて、自社をアピールしやすいためです。

 

また、自社に合う媒体を見つけ、それらを組み合わせて運用したとしても放置はNG。運用開始後は「どのようなアクション動向があるか」「具体的な反響率はどれくらいだったのか」といった点を分析し、必要に応じて改善しましょう。

 

マーケティングについてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

 

2.自社の特徴や強みを発信する

競合が多い建設業界で自社が選ばれるためには、“他社にはない強み”を全面に押し出すことが大切です。そのため、自社ならではの魅力や得意分野を洗い出して明確にし、積極的に発信すると良いでしょう。

 

「〇〇といえばこの会社」というイメージが定着すれば、自社のブランディング強化も可能。そうすれば、最終的に他社との差別化が図りやすくなり、仕事の獲得につながっていきます。

 

客観的に考えて「この会社が気になる」「ここに工事を依頼したい」という印象を与えるような、コンテンツをつくりあげて発信しましょう。

 

3.お客さまとのつながりを意識する

インターネットが発達したことにより、お客さまの多くは「何らかのサービスを受けたい」と思った時点で、まず自身で情報収集しています。そのため、接点を持った時点で“いかに信頼してもらえるか”が非常に大切です。

  • 提供サービスや料金を明記する
  • 役立つ情報を公開する
  • 施工事例を写真付きで掲載する
  • お客さまの声を掲載する
  • 継続的に更新する

情報発信する際は、上記のような点を実践することをおすすめします。

そうすれば“専門性・権威性”をしっかりアピールできるため、信頼度向上を図りやすいです。お客さまを集めて終わりではなく、つながりを深めることをしっかり重視しましょう。

 

仕事の取り方に迷ったら“Webのプロ”に相談を!

仕事の取り方に迷ったら“Webのプロ”に相談を!

 

「どういう風に仕事を取ればいいのかわからない」と悩まれている方は、“Webのプロ”に相談するのがおすすめです!

 

ホームページの開設や紹介サービスへの登録自体は自社で行えますが、集客につなげるためにはコツが必要です。一方で、プロは専門的な知識やノウハウを数多く保有しているため、自社に適切なアドバイスができます。

 

確実に集客率UPを狙えるため「なかなか結果につながらない」「自身では集客できない」という場合は、気になる制作会社や専門業者へコンタクトを取ってみてくださいね。

TRASPは建設業界の実績を多数保有しています。また、ターゲットユーザーを細かく分析した“集客につながるホームページ”が強みです。専門知識・ノウハウを培ったプロが、お客さまに適したプランニングをご提案いたします!詳細はこちらをご覧ください。

 

ホームページ制作について

まとめ

この記事では、建設業の仕事の取り方や受注を増やす効果的な方法を詳しく解説しました。

 

「新型コロナウイルスの影響」「オンライン化の加速」により、建設業の仕事の取り方も大きく変わりました。近年はチラシ・飛び込み営業といったアナログな手法は敬遠されつつあるため、主に“Web”での手法を活用することで効率的に集客率UPできるでしょう。

 

また、自社のマーケティングを軌道に乗せるためには、専門的な知識やノウハウが必要不可欠!ホームページ制作・集客でお困りの際は、ぜひ一度プロに相談すると良いでしょう。

 

TRASPはホームページやSNSなど、Webマーケティングで解体業者を支援してきた多くの実績があります。お客さまに合わせた戦略設計からサポートしておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談受付中

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

WEBサイト無料診断
WEBサイト無料診断
© TRASP.inc All Rights Reserved.