TEL

TRASPコラム

外壁塗装会社のホームページ集客率がグッとあがる!3つの秘訣とは?

集客方法

更新日:2022.07.29
公開日:2021.07.26

集客できる外壁塗装のホームページ制作方法を徹底解説!

 

近年、チラシに代表される従来型の広告よりも、ネット上に情報を発信して集客する方法が主流に変わっています。この変化を踏まえて、ホームページ制作に興味・関心を持っている建設業者、外壁塗装業者の方も多いのではないでしょうか。しかし、

 

「ホームページを作ったのはいいけど、お問い合わせがこない」
「ホームページを作ったまま、何もせず放置している」といった外壁塗装会社の方も多いと思います。

 

ホームページ制作は、ゴールではありません。ホームページを作って運用することで、Webで自動的に集客してくれる仕組みができるのです。これからオンライン化が進み、ユーザーはWebを使って外壁塗装会社を探します。また、下請け脱却し、元請け仕事を増やすためにも自社で集客する仕組みを作ることが重要となるでしょう。

 

本記事では外壁塗装業のホームページ制作を数多く行ってきたTRASPが、集客できるホームページ作りに必要な3つの下準備をわかりやすく解説。ホームページから継続的にお問い合わせがくるようになるポイントをお教えします。

 

外壁塗装会社にホームページ集客は必要?

塗装業界もホームページでの集客が基本に!

 

結論から言うと、外壁塗装会社にもホームページは必要不可欠だといえます。

 

その理由としてこれまでの集客方法といえば、エリアを細かくセグメントできて比較的低コストで行えるチラシのポスティングが効果的とされていました。実際に、チラシのポスティングを行っている塗装業者は多いのではないでしょうか。しかし、チラシの集客効果は年々薄くなり、費用対効果が悪くなっているのです。

 

なぜならスマートフォンが普及したことで、消費者の行動が変化し始めました。手元にあるスマホやパソコンでほしい情報がいつでも簡単に探せるため、情報量の限られたチラシを信用しなくなってしまったのです。また若い世代ではチラシの投函そのものを敬遠するという人も多くなり、売り手からの一方的な情報発信である従来型の集客方法・営業方法はむしろマイナスイメージになるといえるでしょう。

 

したがって、Webサイト・ホームページの重要性が今後も高まっていくと考えられています。

 

さらに詳しい理由を知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

 

 

外壁塗装会社がホームページで集客するために|やるべき3つの下準備

外壁塗装会社がホームページで集客するために|やるべき3つの下準備

 

ホームページは、完成がゴールではありません
デザインを考え、イメージどおりのスタイリッシュなサイトができあがったところで、集客できなければコストをかけた意味がないのです。

 

当社にホームページを依頼されるお客さまの多くは、「このようなホームページ」「このような内容」といったイメージはあるものの、「なぜホームページを作るのか」「作ってどうするのか」といった目的をあまりお持ちではありません。TRASPはお見積り依頼やお問い合わせなど、Webサイトを通してお客さまのアクションを追求したホームページ制作を行います。

 

そこで、集客できるホームページを作成するため必要な3つの下準備を解説していきます

 

目的・目標を設定する

ホームページ制作の主な目的は、「集客」です。もう少し具体的に言うと、「見積もり依頼」や「お問い合わせ」につなげること。

 

この目的意識を明確にもつことが重要となります。
マーケティングでは、目的のない施策は何度くり返しても効果は出せません。

 

また、目的を達成するために、目標を設定しましょう。
このとき「お問い合わせを増やす」などのふんわりしたものではなく、

 

  • ホームページからのお問い合わせを月10件に増やす
  • 広告費・営業人件費を〇%削減する
  • 直請け受注を7割に増やす

 

といった具体的な数字を用いて決めます。

ホームページを活用すれば、「直請け」の仕事を増やすことも可能です。お客さまと同じく、企業もインターネットの情報を元に業者を選定することが多くなっているため、余計なマージンが発生しない「直請け」の仕事が増えれば利益率が上がります。

 

このような「目的・目標」といったゴールがあれば、ホームページの方向性も決めやすく、社員のモチベーションも保つことができるでしょう。

 

マーケティングの目標設定や下請け脱却のメリットなどはこちらの記事も参考にしてください。

 

 

ターゲットについて知る

次に、「誰に向けたホームページなのか」を明確にすることも大切です。
塗装業者の場合は、「中古住宅を購入した30代の夫婦」「築30年経過する戸建てを持つ50代の男性」「ガーデニングが好きな20代の女性」などの人々がターゲットといえるでしょう。

 

しかし多くの人に自社を知ってもらいたいからといって、すべてのターゲットに向けて情報を発信するのはやめましょう。なぜならターゲットがあいまいだと、ありきたりな内容になってしまい、結局誰にも刺さらないからです。マーケティングではターゲットが多すぎたり、明確ではない施策はかならず失敗します。

 

なぜならホームページ制作では、ターゲットがほしい情報を提供し、ユーザーの役に立つことが最も重要とされているため。ターゲットが「何を求めているのか」というニーズを分析しないと、集客できるホームページは作れません。

 

まずは、これまで工事を行った事例から自社がどのような工事が得意なのかを洗い出してみましょう。思い浮かぶターゲット像(=ペルソナ)のなかから、自社が得意とする人たちをターゲットに選ぶのがおすすめ。今までの経験が活きる施工・工事こそが、自社の強みのはずです。その他にも、近隣地域ならではのニーズを押さえて情報発信のヒントに役立てる方法もあります。

 

ターゲット設定のやり方を解説した記事もあります。

 

 

SEO対策

ホームページはインターネットで検索されて初めて読み手に情報が届きます
たとえば「大阪市 外壁塗装」と検索されたときにユーザーのスマホやパソコンに自社のホームページが表示されれば、その人はホームページにアクセスしてくれるでしょう。

 

検索した時に自社のホームページが優先的に表示されるようにする対策を「SEO」といいます。ターゲットがどのようなキーワードで検索しているのかを調べ、そのキーワードで自社ホームページがヒットするように対策を行います。

 

塗装業者を検討しているユーザーは下記のようなキーワードを使って検索することが多いです。

 

  • 塗装 大阪市
  • 外壁 リフォーム
  • 工事 依頼
  • 施工 費用
  • 業者 おすすめ
  • 料金 安い

 

上記のようなキーワードから「どのくらいの費用がかかるのか」「どのくらいの期間が必要なのか」などの情報を欲しがっているとわかります。これらの悩みを解決できるように、うまくキーワードを組み合わせながらコンテンツを制作することで、見込み顧客の検索画面にヒットさせることができるでしょう。

 

TRASPは外壁塗装業をはじめ建設業のホームページ制作・リニューアルに強い制作会社です。
ユーザー心理・行動を踏まえ、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。お問い合わせは無料です。ホームページをもっていない、作ったけど活用できていないという外壁塗装会社は一度ご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

 

外壁塗装のSEO対策については、こちらの記事も参考にしてください。

 

 

外壁塗装業者のホームページ集客で載せるべき内容

塗装業者のホームページ集客で載せるべき内容

 

ターゲットは、自社以外の塗装業者のホームページも見ます。比較された際に他社にお客さまを奪われないために、自社の強みや特徴をアピールする内容を盛り込む必要があります

 

代表挨拶・スタッフ紹介

代表挨拶やスタッフ紹介などのメッセージを掲載すれば、より人間味の感じられるホームページに仕上げることができます

 

塗装業界は悪徳業者や強引なセールスなどでネガティブイメージのつきやすい業種。さらに外壁塗装という専門的な業務について一般の人は知識が少なく、「わからない=怖い」と感じて依頼をためらう人も多いと考えられます。

 

そこで代表やスタッフの顔が見えることで、安心感を与えてお問い合わせまでのハードルを下げることができるでしょう。

 

自社の強み・特徴

ユーザーに自社を選んでもらうためには、他社と比較された際に、自社の方が優れていると伝わる情報を載せる必要があります

 

したがって自社の強み・特徴を紹介するページを設けましょう。
特殊な塗料や抗菌サービスなど、独自のメニューがある場合は打ち出すと差別化でき、自社を選んでもらうきっかけになりやすくなります。

 

料金体系・プラン内容

目安や一例で問題ありませんので、料金体系やプラン内容を掲載しましょう。
お金についての情報が明確でなければユーザーは信頼できず、お問い合わせや依頼にはつながりません。また、事前にお伝えすることでお見積もり後のキャンセルを減らすことにも繋がります。

 

施工の流れ

お見積もりからお問い合わせ、引き渡しに至るまでの過程を記載してください。どのような順番で塗装が進むのかをイメージできれば読み手も安心できます。また、施工の流れや納期についての無理な要望の対策にもつながります。

 

施工事例

ホームページに施工事例は必須です。
なぜなら、どのような仕上がりになるのかわからなければ、ユーザーは判断材料がありません。

 

たとえばラーメンの写真がないラーメン店のホームページを見ても、「おいしそう」「行きたい」とは思いませんよね。

 

したがって過去の施工事例を掲載すれば、依頼した際にどのような施工が望めるかを伝えられます。事前に施工のイメージができれば、信頼や安心につながるでしょう。実績は多く、新しいほうが良いので、定期的に更新することをおすすめします。

 

会社概要・店舗情報

会社概要を掲載して何者であるかを明確にしましょう
この情報は、フッター(ページ下部)や専用ページに記載することをおすすめします。実店舗がある場合はアクセス情報を掲載すれば来店しなくとも親近感がわきます。

 

お問い合わせ・見積もりフォーム

コンテンツの下には、常にお問い合わせ・見積もりフォームを設置しましょう。

 

フォームではなく、電話やメールで連絡したい人もいます。フォームとあわせて、電話番号などの情報と受付時間をしっかりと記載することもおすすめします。

 

採用情報

ホームページは集客だけでなく、求人募集の役割もあります。

 

外壁塗装をはじめ建設業界は、人材不足に悩んでいる企業が多いといえます。3K(きつい、汚い、危険)のイメージがあるため、特に若者が入社してこない、そのため職人の高齢化が進んでいるのも課題です。

 

したがってホームページで3K(きつい、汚い、危険)のイメージを払拭できるようなアプローチを行うことで、優秀な人材を獲得できるでしょう。具体的には塗装職人が働く様子や美しい塗装の仕上がりを写真で載せることで「かっこいい」「きれい」という印象を与えられます。また社員のプロフィールや仕事の一日の流れなどの情報を公開すれば、より理解が深まるでしょう。採用のために別のホームページを制作するという方法もあります

 

建設業の課題について解説した記事もあります。

 

 

よくある質問

実際に聞かれることの多い質問や、お問い合わせ内容、事前に知っておいてほしいことを「よくある質問」として整理しましょう。

 

多くのサイトでは、以下のような質問と疑問に対する答えを設けています。

よくある質問項目の例

  • 即日修理は可能ですか?
  • 見積もりは無料ですか?
  • 工期の目安を教えてください。
  • 工事車両の出入りはありますか?
  • 工事中に出たごみの処分は負担しますか?
  • 施工時、ご近所様への配慮はどのようにするべきですか?
  • 支払い方法について教えてください。
  • 外壁や塗装の工事を同時に頼めますか?
  • 「葺き替え(などの専門用語)」とは何でしょうか?
  • 後日不具合があった場合はどうすればよいでしょうか?

 

お客さまとのやり取りの手間を減らす効果があるほか、掲載した質問と似たような内容を検索した人がホームページに流れる可能性もあります

 

こちらも参考にしてください。

 

 

外壁塗装会社のホームページ集客|4つのポイント

より成果の出る塗装業者のホームページ集客に必要な5つのポイント

 

ホームページには次のような役割があるとお伝えしました。

  • 集客を行うため
  • 直請けの仕事を受けるため
  • 求人募集のため

 

ここでは、人や仕事を集めるためにホームページで実践したいポイントを整理します

 

1.新着情報の発信・更新で順位を上げる

ホームページに「新着情報」を掲載している企業は多いですね。
これは単に新着情報をわかりやすく伝えるためだけではなく、次のような効果があるのです。

 

  • ホームページの更新頻度を上げることでGoogleからの評価が高まり、検索された際に表示される可能性が高まります。
  • 「よくある質問」と同じように、掲載内容が増えれば似たような内容を検索した人が自社のホームページにたどり着く可能性が高まります。

 

ブログ更新など継続的なコンテンツを用意することも効果的です。ユーザーの悩みを想像して先回りをして答えを用意しておけば、「情報が足りなかった」としてほかのサイトに飛んでしまうことを防げます。

 

ブログについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

2.お客さまの声・口コミで安心させる

お客さまにさまざまなアンケートを取って掲載するのも一つの手です。

こちらも「よくある質問」の掲載と同じような効果を期待できるでしょう。

 

また、実際に施工したお客さまのリアルな声を聞けることで、これから依頼したいお客さまに安心感を与えることが可能。口コミを掲載する際は、家族構成や築年数、依頼に至った経緯なども記載すると、外壁塗装の目安として判断しやすくなります。

 

3.カタログ請求などのアクションをとってもらう

せっかくホームページにアクセスしてくれたユーザーでも、閲覧だけして戻るボタンで帰ってしまう(直帰)と、自社のことを忘れてしまいます。したがって、何かアクションを取ってもらいましょう。

 

アクションとは、

  • お問い合わせ
  • 資料請求・カタログ請求
  • 見積もり依頼

などです。

 

「お見積もり依頼」や「お問い合わせ」ではハードルが高い…まだ頼むかどうか決めていない…というユーザーには、資料請求(カタログ請求)がおすすめです。デジタルでダウンロードできるようなボタンを付けておくと良いでしょう。

 

4.シミュレーションでイメージをふくらませる

予算や施工をイメージできるようにシミュレーション機能を設けることも効果的です。

 

お見積もり前に料金をセルフチェックできるシミュレーターを入れる方法です。いくつかの項目から該当する内容にチェックを入れれば、おすすめのプランやお見積もり金額が表示される形式が一般的でしょう。

 

実際の施工をイメージできるシミュレーターもおすすめです。さまざまな外壁の写真を用意すれば簡単に実践できます。外壁カラーシミュレーションは手間もかからずにお客さまがイメージしやすいコンテンツを作れるのでおすすめです。

 

ホームページ制作会社と相談のうえ、シミュレーターを入れてみましょう。

 

外壁塗装業者のホームページデザインとは?

ホームページと合わせて使いたい!塗装業者の集客アイデア

 

塗装工事について調べたい人は、どのようなニーズを持っているのでしょうか?多くは、早急に工事が必要な人だと思います。工事が必要ではない人が、普段から塗装業者のサイトを見るとは思えません。

 

つまり、この「早急に工事が必要な人」に向けてサイトをデザインする必要があるのです。

 

どんなにスタイリッシュなホームページでも、情報が見つけにくければユーザーはいつまでも留まっていられません。ほかのサイトにほしい情報を探しに行ってしまうでしょう。したがって料金やサービス内容、エリアなどはアクセスしてすぐに見つけられるようにしましょう。

 

また、ターゲットごとにページを作り、サイトデザインを変えましょう。例えば家族を持つ一軒家なら「ほっこり」デザイン、ひとり暮らしでデザイナーズマンションなら「クール」なデザインなど、さまざまです。

 

ターゲットごとのデザインは、以下のリンクから塗装業者のデザイン成功事例をご覧いただけます!

 

 

ホームページと合わせて行いたい外壁塗装業者の集客アイデア

マーケティングで環境分析を行うメリットと注意点 

ホームページでの集客は効果的ですが、ホームページ以外の方法もあわせて使いたいところです。ここからは、塗装業者が集客に役立つアイデアをいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

SNS活用

情報を手に入れる際に、検索エンジンではなくSNSを活用する人も増えています。Webで集客する際は、「Facebook」「Twitter」「Instagram」「YouTube」などのSNSを活用しましょう。

 

TwitterやInstagramは、拡散力が高いので「広告」として使いましょう。
一方でFacebookは基本的に実名で使う匿名性が低いSNSです。拡散力は劣りますが、実名使用ゆえにファン獲得後の成約につながりやすい利点もあります。昨今ではオウンドメディアとしてYouTubeチャンネルを作って広報を行う企業もあります。

 

ブログサービス

ホームページ上で定期的な情報発信を行うのは難しい場合もあります。ホームページ内にブログを設置して記事を書き込めば解消できるでしょう。ブログ記事では、SNSとは異なり長文の内容でも読まれる利点があります

 

塗装業者ならでは情報としては、施工事例や、「こんな時どうする?」といったようなユーザーの役に立つ情報を発信するのが効果的でしょう。そのほかにも、自社オリジナルの施工や独自の技術がある場合は積極的に情報発信することをおすすめします。

 

オウンドメディアやほかにもメールマガジンや広報誌、ニュースレターなど多種多様ですので、自社の強み・特徴やターゲットに合ったものを採用してください。

 

Googleビジネスプロフィール(旧称Googleマイビジネス)

Googleビジネスプロフィールは、Googleが企業向けに始めた集客サービスです。
社名や住所、電話番号などの情報を登録しておけばGoogleマップに表示されます。また、Google検索された際に写真や紹介文が目立つ場所に表示されるので、ぜひ登録しましょう。

 

Googleマップの最適化を図る施策をMEO対策といい、SEO対策の一種です。

 

ユーザーが外壁塗装業者を探す場合は、近隣の業者から見ていくと考えられるため、地域密着型ビジネスである外壁塗装会社はMEO対策が非常に効果的。北海道の業者を沖縄の個人が利用することはまずないでしょう。近隣に住んでいる人が検索した際に優先して表示される仕組みが「MEO」の強みです。

 

一括見積もりサイト

塗装業者の興味・関心がある人は数社から見積りを取れる「一括見積もりサイト」を利用する場合があります。営業活動をせずに見込み客を獲得できるので登録するのもおすすめです。ただし、利用には登録料や手数料、紹介料などのコストがかかるので注意してください。

 

リスティング広告

検索エンジンで検索した際に表示される広告です。1クリックに対してコストが発生します。広告費はかかりますが、見込み客がどのようなキーワードで検索するかを考えて依頼すれば高い効果を得られます

 

「塗装」+「〇〇市(エリア情報)」などのキーワードで検索された場合に優先して表示させるなど、自社の強みがニーズを持つ人に直接届く仕組みがあります。

 

まとめ

今回は、外壁塗装会社のホームページ集客率がグッとあがる準備3つと、成功のポイント4つを紹介しました。

 

集客や直請けの仕事を受けることを目的にしたホームページ制作のために、どのような人たちがターゲットになるか、どのようなコンテンツやデザインが必要になるかを押さえることが大切です。

 

ホームページ制作は、ゴールではありません。ホームページを作って運用することで、Webで自動的に集客してくれる仕組みができるのです。これからオンライン化が進み、ユーザーはWebを使って外壁塗装会社を探します。また、下請け脱却し、元請け仕事を増やすためにも自社で集客する仕組みを作ることが重要となるでしょう。

 

TRASPは外壁塗装をはじめ、建設業界におけるホームページ制作の実績が豊富です。業界のトレンドや顧客のニーズを踏まえて、高い集客力を持つ最適なサイトを制作します!ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.