TEL

TRASPコラム

リフォーム業界の課題とは?Web集客のプロが解決方法を提案します

集客方法

更新日:2022.07.03
公開日:2022.04.07

リフォーム業界の課題とは?解決方法や成果を出すためのコツを伝授!

 

リォーム会社の経営をするうえで、集客や人材不足などさまざまなお悩みを持つ経営者も多いのではないでしょうか。

 

空き家の増加や生活様式の変化に対応するため、リフォーム業界は年々需要が高まっており、多くの企業がリフォーム業界に参入しています。今後もさらに競争が激しくなると予測されているため、“いかに自社の課題を解決していけるか”により明暗は分かれていくでしょう。

 

この記事では、住宅業界で多くのホームページ制作・Web集客を手がけたTRASPがリフォーム業界の課題を考察し、集客のプロ視点で解決方法を提案します。Webをうまく活用する方法についてもわかりやすく解説し、リフォーム業界で生き残っていくために役立つ情報をまとめています。

 

無料相談受付中

 

リフォーム業界とは?

リフォーム業界の課題とは?解決方法や成果を出すためのコツを伝授!

 

「リフォーム」とは、“老朽化した住宅を新築時の性能に戻すための工事”となります。「建物の増改築や補修、改装」「インテリアの設置交換」といったさまざまな内容に対応しており、小規模~大規模なものまで数多くの工程があります。ライフスタイルやライフステージの変化を受け、依頼を検討する人も多いです。

 

また、リフォームの特色として、次のようなものが挙げられます。

  • ほとんどが500万円未満の小規模工事
  • 内装の変更、水回りの修繕などの工事が50%以上にのぼる
  • 特に資格や許可は不要、業界への参入ハードルが低い

 

住宅ストック数は年々増加しており、かつ老朽化も進行しています。そのため、今後もリフォームの需要はさらに高まっていく見込みです。

 

リフォーム業界の現状

リフォーム業界は、年々多くの企業が新規参入しています。

これまでは専門業者や工務店、建設会社などがリフォームを行うことが一般的でした。しかし、昨今においては建設に直接つながりがない家電量販店・ホームセンター・大手ECサイトといった、幅広い業種が、リフォーム事業を手がける流れが目立っています。その結果、年々競争が激化しているのです。

 

したがってリフォーム業界で生き残っていくためには、自社の強みを見つけること。他社よりも自社を選んでもらうメリットを作り出しましょう。

 

他社と差別化を図り、集客するためにはWebを活用するのがおすすめです。
現代では多くの人がインターネットで情報を検索しています。「リフォーム 大阪市」や「リフォーム キッチン」などでWeb検索したときに自社のホームページが表示されれば、お問い合わせにつなげられるでしょう。

TRASPは建設業界のWeb集客に強いホームページ制作会社です。
ユーザー心理・行動を踏まえ、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。

 

ホームページ制作について

 

新規参入の企業やコロナ禍の影響などリフォーム業界に関する情報をまとめています。

 

 

リフォーム業界の課題とは?

リフォーム業界の課題とは?

 

リフォーム業界の課題について見てきましょう。まずは、リフォーム産業新聞が発表したデータを紹介します。

 

リフォーム業界の課題とは?

リフォーム産業新聞: リフォーム会社経営の課題は?71%が「人材の増強」

 

「人材の強化」「業務のデジタル化」「営業方法」などの課題を感じている業者が多いようです。

 

建設業界はBtoB、BtoCにかかわらずチラシや電話営業で集客を行ったり、昔ながらの下請け構造や紹介で仕事を取っている企業が多いのが特徴です。しかし年齢問わずスマートフォンで簡単に情報を検索できる現代では従来の営業方法は効果が薄くなり、企業も個人も、情報は「与えられるもの」ではなく「自分で探すもの」という意識に変わってきています

 

昔ながらの方法では利益があがらないと感じているリフォーム会社も多いでしょう。
そこで下請け脱却や利益率を上げるためには、Webを活用することをおすすめします。

TRASPは建設業界のWeb集客に強いホームページ制作会社です。
ホームページを制作し、公開するだけではなく、アフターサポートに力を入れています。
お電話やテレビ電話を用いたご連絡、Webサイトの操作説明やパソコンの簡単な操作方法の説明、解析レポートの提出などを定期的に行っております。Webサイト公開後に一定の結果がでればデータをもとにした改善案や機能やページの追加など、Webサイトをより良くして行く為の提案をさせていただいております。

 

アフターサポートについて

下請け脱却する方法について解説した記事もあります。

 

 

次の項目では、課題とその解決方法について具体的に説明していきます。

 

リフォーム業界の課題を解決する方法5つ

リフォーム業界の課題を解決する方法5つ

 

リフォーム業界の課題を解決する方法5つを解説します。

 

  • 悪徳業者が存在すること
  • トラブルに発展しやすい
  • 職人の技術力が伝わりにくい
  • 業務のDX化が進んでいない
  • 人材不足

 

1.悪徳業者が存在すること

だれでも簡単に開業・独立できるリフォーム業界では、悪徳業者の存在が問題視されています。

 

建築士法第3条によると、以下の場合は資格を保有する建築士が必須であると定められています。

 

  • 建築物を増築し、改築し、又は建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をする場合
  • 高さが十三メートル又は軒の高さが九メートルを超えるもの
  • 木造の建築部以外の場合、延べ面積が三十平方メートル を超えるもの
  • 木造の建築物にあっては、三百平方メートルを超えるもの
  • 階数が三以上の建築物

アイピア:【リフォーム業界】課題は?今後は?生き残るための経営ポイント

 

1.悪徳業者が存在する

アイピア:【リフォーム業界】課題は?今後は?生き残るための経営ポイント

 

一方、リフォーム工事は建設業法で定められた「軽微な建築工事」に該当するケースがほとんどで、建築士の資格取得が不要だといえます。また、よほど大規模な工事でない限り、500万円以内であることが一般的です。
このことから、リフォーム業は参入ハードルが低く、比較的簡単に開業できるということになります。

 

その結果、一時期「悪徳業者」「不正なリフォーム工事」が横行し、社会問題に発展。メディアで多く取り上げられたことで、現在もそういったイメージをもち、リフォーム会社を信用できないと感じるお客さまが一定数いるのが現状です。

 

したがって「優良な会社と認知してもらう」「業界のイメージを下げない」といった点に注意し、“自社の信頼度”を高められるような集客を実践することが大切です。

 

自社の信頼性を高めるには、ブログを掲載することがおすすめ。
なぜなら、ブログでリフォームの知識や施工の様子を発信することで、お客さまに「信頼できる企業」「リフォームを任せられる」と思ってもらえるため。また、ブログの記事がGoogleやYahoo!JAPANなどの検索サイトでヒットすることで、集客流入期待できます。実際にTRASPが制作したリフォーム会社のホームページではブログを活用するケースが多いです。

 

TRASPはプロのSEOライターが在籍。
専属のブログ更新チームが業種に合わせて定期的なブログ更新を行います。

 

アフターサポート

 

 

2.トラブルに発展しやすい

以下のように、リフォーム会社では顧客が不満を抱えてトラブルに発展することも珍しくありません。

  • 強引に営業する担当者もいる
  • 工事が専門的すぎて、お客さま自身で良し悪しを判断できない
  • 不透明な部分も多く、思ったよりも高額な料金が生じた など

したがって、「お客さまの要望を適切に汲み取る」「話をしっかり聞き、無理に意見を押し付けない」「不明点がないかを確認する」といった姿勢を徹底することが重要。お客さまとリフォーム会社で“認識のズレ”がないかを確認し、信頼関係を築いていきましょう。

 

そのためには、“リフォーム後のイメージを具体的にもってもらうこと”が効果的です。「施工事例」「自社の得意分野」「お客さまの声」などを自社ホームページに掲載することで、お客さまに安心感を与え、お問い合わせのハードルを下げることができます。

 

3.職人の技術力が伝わりにくい

「職人の技術力が伝わりにくく、自社をうまくPRできない」と悩まれている方もいるのではないでしょうか。

 

リフォーム工事は実際に施工しなければ、“技術の良し悪し”は判断できません。また、仮に工事を終えたとしても、一般のお客さまは「職人に技術力があったのか、なかったのか」ということを把握するのは困難です。

 

したがって、お客さまには“ハード面”より“ソフト面”でアピールすることをおすすめします。

 

ハード面とは「技術力」や「使う素材の品質」などです。
一方でソフト面とは、「親身になって話を聞く姿勢」や「完成後の暮らしのイメージ」など。

 

もちろん質の悪い施工をごまかすのはいけませんが、まだ「リフォームとは何か?」を知らない潜在的ユーザーにいきなり技術の高さや工事品質の良さを説明してもイメージすることは難しいでしょう。その点、「住宅にどのような悩みがあるのか」「どのような夢をもっているのか」など親身になって住宅の悩みを聞いてもらえたり、完成後の暮らしを提案してもらえることで、お客さまは信頼性や安心感を感じるでしょう。

 

そうすれば自ずと技術や品質についての説明に耳を傾けてくれるようになり、自社の良さを理解してくれるはずです。そのためにはまずは安心と信頼を獲得し、お客さまにリフォームの明確なイメージをもってもらうことが先決だといえます。

 

完成後の暮らしをイメージさせるには、写真が効果的。ホームページやSNS運用で施工事例を発信することで、お客さまの悩みを解決でき、完成イメージに近づけることができます。

 

施工事例の重要性やSNS運用について解説した記事もあります。

 

 

4.業務のDX化が進んでいない

業務のDX化が思うように進んでいないという課題もあります。

 

リフォーム業界は慢性的な人手不足が続いており、今後もよりその傾向が強くなるといわれています。仮に自社の人手が足りなくなった場合、今あるリソースを活用していかなければなりません。そのため、限られたリソースで従来通り、もしくはそれ以上の成果を出すには、生産性を向上させていくことが重要です。

 

そのためにはIT技術を活用することが必要不可欠。DX化の事例としては、以下のようなものがあります。

  • 顧客管理システム、営業支援システムを導入
  • 自社サイトを制作、“集客の自動化”を図る
  • SNSアカウントを開設し、“スピーディーな情報拡散・共有”を実現

上記のような方法を駆使すれば、自社の業務効率化を実現できるでしょう。

 

限られた人員で効率よく業務を行えれば、従業員一人ひとりの負担も軽減されていきます。そうなると、最終的に採用力強化や離職率低下につながっていき、さらに働きやすい環境が整備されていくでしょう。

 

業務効率化ツールを紹介している記事もあります。

 

5.人材不足

人材不足はリフォーム業界におけるもっとも大きな課題です。

 

リフォームの需要が年々高まる一方、職人が不足していることで「納期通りに工事が完了しない」といった事態も生じています。現状では「職人が十分に足りている」というリフォーム会社はないといっても過言ではないでしょう。そのため、高い技術を持つ職人が引退する前に、若い世代の職人の獲得や育成に力を入れることが大切です。

 

人材不足を解消させるには「自社の採用サイト制作」がおすすめです!

オンライン化が加速する昨今では、インターネットを通じて職場を探す人が圧倒的に多くなっています。「社員紹介」「代表挨拶」「企業理念」など、自社の魅力が伝わるコンテンツを掲載すれば、関心を寄せる求職者が増える可能性が期待されるでしょう。

TRASPはリフォーム会社や工務店の実績を数多く保有しています。当社でホームページ制作をさせていただいた、リフォーム会社や工務店さまでも、問い合わせや相談数がUPしたという声は非常に多いです。「採用サイト制作に興味がある」「自社のホームページをうまく運用できていない」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

ホームページ制作はこちら

リフォーム業の課題解決にはWeb運用

リフォーム業の課題解決にはWeb運用

 

これまでに説明したように、リフォーム業の課題解決にはWeb運用が欠かせません。

 

インターネット・スマートフォンの普及により、誰もが手軽かつ迅速にさまざまな情報を入手できる時代となりました。リフォームに関連する情報も、Webで収集している人がほとんど。そのため、競合の多くがネットで情報発信している現代において、自社でもそれらの取り組みを実行しなければ利益を上げることは難しいでしょう。

 

また、よく活用されている手法として、次のようなものがあります。

  • ホームページ制作
  • Web運用
  • SNS集客

ホームページ制作であればリフォーム事例を多数掲載でき、お客さまに施工後のイメージをもってもらえます。そのほか「よくある質問」のコンテンツを掲載したり、ブログでお客さまの疑問や不安に先回りしたりすると、事前にトラブルを防ぐこともできるでしょう。

 

Web集客は、従来のプロモーションより費用を抑えられるケースも多く、コストを抑えて成果につながります。「一人でも多くのお客さまと出会いたい」というリフォーム会社は、Web集客の導入をぜひご検討ください。

当社で手がけた工務店のホームページ制作事例をまとめています。こちらもぜひご覧ください。

 

制作事例はこちら

リフォーム業で生き残るために欠かせないコツ

リフォーム業で成果を出すために欠かせないコツ4つ

 

 

最後に、リフォーム業で生き残り、勝ち抜くために欠かせないコツを紹介します。

提供する商品を明確化する

自社の商品において“価格以外で提供できる価値”を明確化すれば、「どういった部分を訴求すべきか」という点をしっかりと見極められます。その結果、お客さまに伝わりやすく集客ができるようになり、成果につながりやすくなるでしょう。

目標管理は適切に

段階的な目標管理により社員の成功体験を積み重ねていけば、会社全体のモチベーションUPが目指せます。自社の現状と大きくかけ離れたものにせず、あくまでも実現可能な範囲のものを設定するのがポイントです。

他社との差別化を図る

数多くのリフォーム会社があるなかで、選ばれるためには“独自性”が重要です。他社と違いがなく、これといったアピールポイントがない企業は将来的に淘汰されてしまう可能性も。そのため「自社にはどういう強みがあるのか」をリストアップし、集客力を高めていくと良いでしょう。

今後のリフォーム業界で生き残るためには、このようなコツを意識したうえで“自社にとってベストな戦略”を練る必要があります。数多くのライバルが存在していても「信頼できるから、今後も工事を依頼したい」「必要であれば、誰かに紹介したい」と思ってもらえる顧客を増やせるよう、積極的に行動していきましょう!

 

まとめ

この記事では、リフォーム業界の課題と解決方法を紹介しました。

 

リフォーム業界は「人材不足」「業務のDX化が進んでいない」などの課題を抱えています。一方でニーズは年々高まっており、参入する企業も増加。今後もさらに競争が激しくなっていく見込みです。

 

また、ホームページやSNSといった“Web集客”を積極的に取り入れると成果につながりやすくなります。紹介したコツを意識し、自社に合う施策を実践すると良いでしょう。

 

TRASPはホームページ制作からWeb集客まで一貫してご依頼いただけます。リフォームをはじめ住宅業界では数多くの実績と経験があるため、ぜひ一度プロにお任せください。またオンライン相談も受け付けておりますので、ご相談やご質問もお待ちしております。

 

無料相談受付中

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.