TRASPコラム

SEOの競合調査で確認すべき6項目とは?無料/有料分析ツール5選

SEO

更新日:2023.03.22
公開日:2022.02.15


Warning: Undefined array key "type" in /home/traspinc/trasp-inc.com/public_html/cms/wp-content/themes/trasp-inc/functions.php on line 1042

Warning: Undefined array key "type" in /home/traspinc/trasp-inc.com/public_html/cms/wp-content/themes/trasp-inc/functions.php on line 1042

SEOの競合調査で確認すべき6項目とは?無料/有料分析ツール5選

 

Webで集客するためには、サイトのSEO対策が欠かせません。GoogleやYahoo!JAPANなどの検索結果で上位に表示させることができれば、より多くのユーザーの目に留まるからです。
しかし、「何から始めればいいの?」と悩む中小企業の担当者もいらっしゃるでしょう。

 

SEO対策を始めるには、自社サイトに何が足りていないのか?を分析する必要があります。

 

そこで本記事では、SEO対策におすすめの「SEO調査・分析ツール」をご紹介!無料で使えるものから、プロが愛用する本格ツールまで、本当に使えるSEOツールのみを厳選しました。

 

WebマーケティングのプロTRASPが、ツールの使い方や、SEO対策で効果が出せる「競合調査」「キーワード分析」について初心者にもわかりやすくお教えしますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

無料相談受付中

 

SEO対策に欠かせない「競合調査」「キーワード分析」とは?

SEO対策に欠かせない「競合調査」「キーワード分析」とは?

 

そもそもSEOとは「検索エンジン最適化」のことで、自社サイトを検索結果の上位に表示させるための施策です。Webサイトの内部や外部、そしてコンテンツ制作などSEO対策には数多くの項目が存在し、やみくもに手をつけても効果は得られません。

 

そのため、以下の重要な調査を行うことで、SEO対策の方向性を決めていくのです。

  1. キーワード調査
  2. 競合調査
  3. 順位調査

 

1.キーワード調査

キーワード調査では、

  • SEOに評価されるための対策キーワードはどれか
  • 自社サイトに適する対策キーワードはどれか

など、以下の観点から調査していきます。

  • キーワードのボリューム
  • キーワードの競争率
  • キーワードのトレンド
  • キーワードの検索意図

たとえば自社が工務店であれば「注文住宅」「ログハウス風」「二世帯住宅」といった検索キーワードが考えられるでしょう。これらのキーワードが市場でどれくらい検索されているのか、ユーザーはどのような意図で検索しているのかを知ることにより、どのようなコンテンツを作ればアクセス数が増えるのかが見えてきます。

 

キーワードはSEO対策の方向性を決める重要な要素となるため、最初に確認しましょう。

 

SEOキーワードの選定方法について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

2.競合調査

競合調査とは、自社の競合となるWebサイトを分析・調査することです。何がわかるのかというと、相手サイトのコンテンツ量や文字数、使用しているキーワードなど。

 

競合調査はある意味、SEOではもっとも重要となります。なぜなら、ライバルを知らなければ、市場では戦えません。

 

たとえば前述した「キーワード」ですが、自社が工務店であれば「工務店」「注文住宅」などの検索キーワードで対策することが一般的です。しかし、このようなキーワードはすでに全国の何万という工務店が対策をしており、まさに激戦といえます。ためしに「工務店」で検索してみると大手企業やランキングサイトが上位を占めており、中小工務店には勝ち目がありません。

 

そこで中小企業は、「勝ち目のあるキーワード」を狙う必要があります。

 

「工務店 大阪」といったキーワードごとに競合を調査をすることで、競合となるサイトの中身を知り、

  • どのような関連キーワードがあるのか
  • どのようなコンテンツを作れば良いのか

といった方向性がわかるのです。

 

3.順位調査

順位調査とは、現在の自社サイトの検索順位を調査し、SEOの効果を確認することが目的です。

 

SEO効果を測定する方法は複数ありますが、検索順位の確認がもっとも直接的に判断する手段になります。
なぜならSEOは検索エンジンによって評価され、ユーザーの検索キーワードに対するランク付けが、検索結果として表示されるためです。

 

ただし順位を決める検索アルゴリズムは日々変動しているため、定期的に確認することが重要となります。

 

SEOの検索順位について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

 

SEOの競合調査で確認すべき6項目と方法 

SEOの競合調査で確認すべき6項目と方法

 

では実際に、具体的な調査方法についてみていきましょう。

 

上で述べたとおり、まずはキーワードを決めます。そして決めたキーワードごとに、競合となるサイトを確認していきます。競合となるサイトとは、たとえば「工務店 大阪市」と検索をしたときに、上位で出てくるサイトのことです。

 

競合サイトで調査するべき項目

  1. 専門性・網羅性
  2. インデックス数
  3. 記事の文字数
  4. 対策キーワード
  5. 被リンク数
  6. 更新頻度

 

1.専門性・網羅性

SEOで成果を出すためには、競合サイト以上に価値のある情報発信が必要になります。

具体的には次の3つがそなわっていればGoogleの評価が上がるといわれています。

  • 専門性
  • 権威性
  • 信頼性

仮に競合サイトの専門性を自社サイトが上回れない場合、いくらSEO対策を行っても成果を出すことは難しいでしょう。上位サイトを網羅したコンテンツを作る必要があるのです

 

調査方法

少なくとも上位10サイトをチェックしましょう。

丸ごとコピーするのは厳禁ですが、Googleに評価されている上位サイトの見出しや構成などを参考にすることで、質の高いコンテンツになります。

 

2.インデックス数

インデックス数は、検索エンジンのデータベースに保存されている記事数のことを指し、競合サイトの規模を把握するうえで役立つ情報です。これから外部サイトと競っていくと考えた場合、相手のサイト規模について知らなければ、どのように戦略立てていくべきかが定まりません。

 

仮に「工務店 大阪市」で検索したとき、上位サイトのほとんどがインデックス数300以上と大規模な場合、検索上位にくい込むことは難しいと考えられるでしょう。このキーワードはやめたほうが無難です。

 

逆に「工務店 ログハウス 大阪市」であれば上位サイトがインデックス数30程度と小規模なサイトが多いので、検索数はあまり多くなくても上位表示が見込めるため、十分にアクセスが増やせるでしょう。

 

このようにインデックス数によって、今後勝てる市場であるのかを判断することが可能です。

 

調査方法

  1. Googleの検索窓に「site:競合WebサイトのURL」を入力し検索する
  2. 最上部に「約100件」と検索のヒット数が表示されれば、インデックスされている記事数は100ということ

ただし調査したインデックス数は正確な数値というわけではないため、あくまで目安としてとらえましょう。

 

今回使用した「site:」は、サイト内検索といい、Google検索の便利な機能です。
こちらの記事では「site:」の詳細な使い方をはじめ、ほかにもSEOや業務効率化に使えるコマンドを紹介しています。

 

 

3.記事の文字数

記事の文字数は、自社でコンテンツを制作する際に「どのくらいのボリュームで書けば良いのか」という目安になる情報です。

 

SEOではあくまでもコンテンツの質(内容)が重視されるため、文字数が直接影響を与えることはありませんが、上位サイトの質に近づけるための目安として確認しましょう。上位5〜10サイトを調査し、文字数の平均を超えるボリュームであれば問題ないといえます。

 

調査方法

文字数を調査する際は、ツールを活用すると簡単に調べられます。

  1. SEO文字数(テキスト量)評価チェックツールにアクセスする
  2. 対象URLと対策キーワードを入力する
  3. チェックをすると文字数が表示される

 

SEOと文字数の関係性については、こちらの記事をご覧ください。

 

 

4.対策キーワード

対策キーワードを調査することで、「上位表示するためにどのようなコンテンツが必要か」がわかります

 

競合サイトの対策キーワードを調査することで、以下の点を明確にできます。

  • 自社が対策できていない対策キーワード
  • 検索流入の見込める対策キーワード
  • 競合サイトが取り組んでいない対策キーワード

明確な競合サイトがいる場合、差を埋めることや競合が取り組んでいない対策キーワードに絞ったアプローチが行えるでしょう。

 

調査方法

対策キーワードの調査では専用のツールを活用する必要があります。詳しくは後述の「SEOの調査におすすめなツール5選」で解説していきます。

 

5.被リンク数

被リンク数は、競合サイトのSEO評価を確認でき、自社の被リンク獲得にも役立つ情報です。

被リンクとは

外部サイトから自社サイトに向けて設置されたリンクのこと

被リンクはSEOの評価基準として明確に公表されている要素となり、重要な対策の一つです。
また被リンクは一度に多数の獲得が難しく、長期的な対策が必要になります。

 

しかし競合調査によってリンク先を確認できれば、被リンク獲得の重要なヒントになるでしょう。

 

調査方法

被リンクの調査方法についてもツールを活用するため、後述の「SEOの調査におすすめなツール5選」で解説していきます。

 

また被リンクについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

 

 

6.更新頻度

更新頻度は、競合サイトがどの程度の期間でコンテンツを発信しているのかなどを知るための情報です。

 

SEOに直接関係のある要素ではないものの、できるだけ競合サイトよりも定期的に更新するように取り組みましょう。

 

調査方法

更新頻度の調査は、以下の手順です。

  1. Googleの検索窓に「site:該当するWebサイトのURL」を入力する
  2. 検索条件から「ツール」を選択し、プルダウンメニューから期間指定を行い検索する
  3. 最上部に該当期間に更新されたWebページ数が表示される

既存コンテンツをリライトすることも「更新作業」の一つで、SEOにおいては欠かせません。最新の情報に修正したり、更新日を新しくしたりすることでユーザーと検索エンジンの両方から評価を高めてもらえるでしょう。

 

SEOの競合調査におすすめなツール5選

SEOの競合調査を行う際は、専用のツールを活用することで一般的には確認できない情報も取得できます。
また手間をかけずに調査できるため、日々忙しく過ごしているWeb担当者の方にもおすすめです。

 

ここでは、SEOの調査におすすめな5つのツールについて紹介していきます。

 

1.SimilarWeb

SimilarWeb

 

https://www.similarweb.com/ja

 

SimilarWebは競合サイトのあらゆる情報を取得できる、競合調査に特化したツールです。

 

本来であれば競合サイトから取得できる情報は限られますが、SimilarWebでは独自のクローラーを活用することで情報収集を可能としています。

確認できる項目

  • アクセス状況やユーザーの属性
  • アクセスしている国
  • ユーザーの流入元や流入サイト
  • SNSや広告媒体からのアクセス数
  • 対策キーワード

海外のツールですが日本語対応しており、安心して利用できます。無料版は3ヶ月前の情報まで、有料版(月額$199)では最大37ヶ月前の情報まで取得可能なため、詳しく調査したい場合には有料版がおすすめです。

 

2.SEARCH WRITE

SEARCH WRITE

 

https://searchwrite.jp/

 

SEARCH WRITEは競合サイトをはじめ、コンテンツマーケティングに役立つ情報を取得できるツールです。

利用しやすいUI/UXが特徴なので、SEOの知識がない初心者の方でも問題なく導入できるでしょう。

主な機能

  • 競合サイトの対策キーワード調査
  • 自社サイトにおすすめな対策キーワードの提案
  • 上位サイトを分析したうえでコンテンツ内容や構成の提案

競合サイトのキーワード調査では獲得しているキーワード情報に加え、自社サイトとの順位差についても確認できます。
キーワードに関する情報をまとめて調査したい場合におすすめのツールです。

 

3.ahrefs

ahrefs

 

https://ahrefs.jp/

 

ahrefsは被リンク分析を中心に、SEO全般の情報を取得できるオールインワンツーです。

ソーシャルメディアで反応が多い投稿調査なども可能なため、活用の幅は非常に広いといえるでしょう。

確認できる項目

  • 競合サイトの被リンク獲得数
  • 競合サイトの初リンク先
  • 競合サイトの自然検索に関する情報
  • 独自ランクの競合サイト分析

 

ほかのツールよりも競合サイトの詳細な情報が取得可能です。世界中で利用されていることもあり、取得した情報はグラフで直感的に見られるなど、分析画面の見やすさもポイント

 

Webサイト運営の初心者から上級者まで、どの層にもおすすめできるツールとなります。

 

4.Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

 

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

 

Googleアナリティクスは、Webサイトの分析には欠かせません。Googleが提供する無料のアクセス解析ツールで、「アクセス解析といえばまずアナリティクス」といわれるほど定番のツールです。

 

セッション数や流入元、直帰率、滞在時間などの基本的なデータから、目標を設定することでCV率まで測定が可能。また、ユーザー属性(性別、年齢、地域、興味や関心など)のほかに、スマホやPCといったデバイス毎のアクセス数も確認することもできる高度なツールです。

 

GoogleのアカウントとホームページのURLさえあればすぐに導入できるので、まずはアナリティクスを導入して解析に慣れてから、不足する各機能を他のツールで補うのがおすすめです。

 

5.Google Search Console

Google Search Console

 

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

 

Googleサーチコンソールは、「サチコ」の愛称で親しまれているやはりGoogleが提供している人気のツールです。アナリティクスとは異なり、Googleサーチコンソールは、検索クエリ(検索するときにユーザーが打ち込んだ言葉やフレーズ)や検索順位を下げる問題の有無をチェックし、サイトを最適化するのに使うサービスです。

 

Googleアナリティクスと連携することで、アナリティクスの管理画面上で検索クエリの確認やクリック数等の分析ができるようになるので、ホームページを開設した際は必ず連携するようにしましょう。

 

Web解析ツールをさらに詳しく紹介している記事はこちら。

SEO対策に強いマーケティング会社・Web制作会社4選

SEOの調査項目や活用すべきツールについて紹介しましたが、なかには自社で対応することが難しい企業もあるでしょう。そのような場合には無理に取り組むのではなく、調査会社などプロに依頼することがおすすめです。

 

ここでは実績のあるSEO調査会社について、3社に絞って紹介していきます。

 

 

1.TRASP株式会社

TRASP

 

https://trasp-inc.com/

 

当社「TRASP株式会社」は大阪府を拠点に、全国からオンラインでSEO対策サービスを行っています。

 

  • 集客につながるキーワードは何か?
  • 競合サイトと比べて何が足りないのか?

などサイトの状態や集客の目的についてヒアリングし、競合調査・ユーザーニーズを徹底分析。現状のWebサイトで設定されている対策キーワードが最適化どうか分析した上で、狙いたいターゲットに合わせ検索意図に沿ったコンテンツを作成し、認知拡大を目指します。

 

必要なSEOキーワードを抽出するだけでなく、今後狙うべきキーワードの選定まで行います。

 

TRASP株式会社の会社概要

URL

https://trasp-inc.com/

TEL

お問い合わせフォームよりご連絡ください

会社所在地

530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地 8

設立年

2017年2月

実績ページ

https://trasp-inc.com/works/

 

ホームページ制作・リニューアルは全国から受け付けており、お客さまとのお打ち合わせはWebカメラを使用したオンラインで対応しています。日頃のご連絡もLINEの活用を取り入れていますので、不明点等が発生したらすぐに解消できるサポート体制が強みです。もちろんメールやお電話でのご連絡もお選びいただけます。

 

お問い合わせはこちら

 

2.ナイル株式会社

ナイル株式会社

 

https://nyle.co.jp/business/dgm

 

ナイル株式会社は2007年に設立したスタートアップ企業で、Web・アプリ・自動車領域と幅広く事業展開を行っています。全国的に認知度をあげてきている注目の企業です。

 

独自のSEOノウハウを強みとし、強力な集客サービスを実現してきた

全国どこでもサービス提供可能、リモートでのコンサルティングにも対応OK

EC/通販・保険・金融業界等、幅広いジャンルでのSEO対策サービスを実施

 

内部対策型・外部対策型、いずれも対応可能です。

 

ナイル株式会社の会社概要

URL

https://nyle.co.jp/

TEL

03-6409-6766

会社所在地

東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F

設立年

2007年1月

実績ページ

https://cont-hub.com/case/

 

 

3.株式会社CINC

株式会社CINC

 

https://www.cinc-j.co.jp/

 

株式会社CINCはビックデータを取り扱う独自の技術をもち、自然言語処理アルゴリズムの開発に取り組んでいる会社です。また人工知能の開発も行っており、保有しているビックデータをもとにさまざまな分析や調査が可能となります。

 

サイト分析だけでなくマーケティング戦略の分析や自社へ提案も行えるため、SEOの調査から戦略の実施までを一貫して依頼したい場合にはおすすめの会社です。

 

株式会社CINCの会社概要

URL

https://www.cinc-j.co.jp/

TEL

03-6822-3603

会社所在地

東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル7階

設立年

2014年4月

 

4.株式会社doubLe

株式会社doubLe

 

http://doubledouble.co.jp/

 

株式会社doubLeは、創業以来4,000社以上のSEMマーケティングにかかわった経験があり、SEO調査においても実績の多い会社です。また「長期的・安定的・継続的・スパム行為0」をテーマに、「ランクエスト」と呼ばれるSEO対策を実施しています。

 

サービス内容には3段階にわけられた調査項目があるため、自社サイト外部サイト、そして市場におけるSEOの情報が取得可能です。そのためSEO調査をていねいに行い、詳細な情報について知りたいと考えている場合にはおすすめとなります。

 

株式会社doubLeの会社概要

URL

http://doubledouble.co.jp/

TEL

03-6302-0410

会社所在地

東京都新宿区西新宿1-22-15 グラフィオ西新宿13F

設立年

2008年1月 

実績ページ

https://rank-quest.jp/column/episode/

 

5.日本アート株式会社

日本アート株式会社

 

https://www.nipponart-p.co.jp

 

日本アート株式会社は、SEO対策のなかでもキーワード分析や競合調査を専門で行っており、一回15,000円とお手頃な価格帯が特徴の会社です。

 

創業1957年という長い歴史のなかで培ってきた知識や経験は、多くの顧客から支持を集めております。
また調査結果はグラフや図を活用したレポートで作成され、その先の戦略立案やサポートを行っていることもポイント。

 

Webサイトを立ち上げたばかりの方やSEO調査をしたことがない方は、一回5,000円のトライアルプランもおすすめできます。

 

日本アート株式会社の会社概要

URL

https://www.nipponart-p.co.jp

TEL

03-5812-3601

会社所在地

大阪市西区土佐堀1-5-11

設立年

1957年9月

実績ページ

https://www.nipponart-p.co.jp/works/

 

優良SEO対策会社の見分け方、選び方を解説した記事はこちら。

まとめ

本記事ではSEO対策の「競合調査」「キーワード分析」についてを解説してきました。

 

SEOでは自社サイトの調査も重要ですが、競合サイトがSEOからどのように評価されているのかを調べる競合調査が欠かせません

 

本記事で紹介した確認項目は競合調査において必須といえる内容のため、今まで意識していなければ一度確認することをおすすめします。またツールの活用も効果的な手段です。ぜひ活用ください。

 

TRASPはSEO調査をはじめ、SEO対策の全般をサポートしています。競合調査を行ったうえでのSEO戦略は再現性が高く、成果を出す期間も比較的はやいといえるでしょう。無料相談も実施しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談受付中

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
お問い合わせはこちら
© TRASP.inc All Rights Reserved.