TEL

TRASPコラム

神奈川県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

Webデザイン

公開日:2023.01.12

神奈川県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

 

解体業者のホームページは、会社によってさまざまなデザインがあり、どれを参考にすれば良いか迷いますよね。また、神奈川は関東のなかでも解体業者の数が多く、非常に競合が激しいです。そのため、他社との差別化をしっかり図り、自社の強みを訴求できるデザインを打ち出すと良いでしょう。 

 

ホームページを公開したのにまったく問い合わせが来なかったり、劇的にお問い合わせ数がアップしたり、デザイン次第で大きく左右されるといえます。 

 

そこで今回は、参考にしたい神奈川の解体業のホームページデザイン事例を15社まとめてみました。多くの建設業のホームページデザインを手掛けてきたTRASPが、お問い合わせを増やす必須デザインについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

無料相談受付中

 

神奈川の解体業がホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

神奈川の解体業がホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

 

まずは、神奈川の解体業がホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つを解説します。

 

  1. 工事の様子・仕事内容を掲載
  2. 信頼・安心できるコンテンツ
  3. プラン・サービスがわかりやすい
  4. お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

 

1.工事の様子・仕事内容を掲載

ホームページにはかならず「工事の様子」や「仕事内容」を掲載しましょう。

なぜなら、一般のお客さまは解体工事を目にする機会が少なく、「どのような工事が行われるか」を知らないためです。

 

そのため、下記のようなコンテンツで具体的な工事のイメージをもたせてあげることで、依頼につながります。

 

  • 実際に施工している様子
  • 工事のビフォーアフター写真
  • 工事の過程を写した写真・動画

 

例えば「工事のビフォーアフター写真」を載せることで、解体工事の変化がひと目でわかるでしょう。また解体後は更地となってしまうため、施工後だけではなく「工事の過程」を掲載することで、お客さまは「どのような手順ですすめていくのか」についても理解ができます。

 

ところで、神奈川県には「川崎エリア」「横浜エリア」「横須賀エリア」「湘南エリア」「相模エリア」「県西エリア」の6つがあります。

 

ホームページが普及した現代では、近場の業者だけではなく、他のエリアや隣県など多くの業者と競わなければなりません。特に、県境に近いエリアは他県の業者も参入しやすく、激戦区といえます。そのため、施工事例では自社の強みを積極的にアピールしましょう。

 

また、求人サイトでは

 

  • 自社に入社した際の一日のスケジュール
  • 年次別の仕事内容
  • 先輩インタビュー

 

などを載せると、求職者が働くイメージをもったうえで応募をしてくれるため、入社後のミスマッチを防げます。建設業では離職率が非常に高いため、業務量や勤務時間については求人サイト内にしっかりと明記するようにしましょう。

 

2.信頼・安心できるコンテンツ

次に信頼・安心できるコンテンツを提供しましょう。
なぜなら、「近隣住民への騒音トラブル」や「廃棄物の不法投棄」などの理由により、解体業に対してネガティブな印象を持つ人は少なくないためです。

 

解体業者のなかには、工事の見積もりを取らない業者や役所へ届け出を出していない業者など、「悪徳業者」と呼ばれる会社も一定数います。そのため自社サイトを通じ、お客さまに信頼・安心してもらえるコンテンツを提供することが大切です。

 

  • 担当スタッフのプロフィール
  • 会社代表挨拶
  • 会社の沿革や理念
  • 保有資格 など

 

営業スタッフや解体を施工するスタッフの顔写真や作業風景がわかるとお客さまは安心して依頼できるため、顔写真や趣味については積極的に記載しましょう。

 

3.プラン・サービスがわかりやすい

解体工事と一口にいっても、どのような建物を解体しているのか、また法人・個人どちらを対象にしているのかがわからなければ、お客さまから依頼をしてくることはありません。以下のような情報をホームページに掲載しましょう。

 

  • 自社がどのような規模の建物を解体しているのか
  • 商業施設やビルなのか、一般住宅なのか
  • 躯体は木造なのかコンクリートなのか

 

またお客さまのなかには、解体業に関する知識がない方も多いため、坪単価によって解体費用の目安を掲載することも重要です。

 

仮に相場が一切わかならければ、そもそもお客さまの比較検討から外れてしまいます。

したがって目安となるおおよその期間や素材ごとの「金額の違い」について記載し、ユーザーに依頼時のイメージを持たせる工夫をしましょう。

 

また、神奈川県公式サイトによると、48万戸の空き家が県内にあり、全国で3番目に多い数値です。そのため、解体工事が増える可能性は十分にあると予測されます。

 

こうした背景から、他社との競争が一層激しくでしょう。勝ち残るためには「どういった工事が得意なのか」「どのような実績があるのか」「対応エリアはどこなのか」などを訴求し、他社との違いを明確にすることが大切です。

 

4.お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

ホームページで最も重要なことは、お問い合わせにたどり着くまでの導線設計です。

どのページからも1クリックでお問い合わせできる状態が理想といえます。

 

  • 各ページに最低1つは「電話」「メール」からお問い合わせを促す「CTAボタン」を設置する
  • 求人サイトでは「応募フォーム」を設置する

 

自社サイトに訪問した人が「この会社に話を聞いてもらいたい」と興味を持ったとしても、一度トップページに戻り、会社概要をクリックし、そこからお問い合わせに進む…といった手順を踏まなければならなかったら、非常に負担を感じるでしょう。途中であきらめてしまい、せっかくの顧客獲得の機会を逃してしまうおそれがあります。

 

求人サイトでは「応募フォーム」を設置することで、スムーズに応募後のやり取りが行えるようになります。

 

また近年は年齢を問わずにSNSを活用する人が増え、一般的なコミュニケーションツールとしてLINEやInstagramが利用されています。求人サイトでは若年層をターゲットにしている会社も多いため、「求人用の公式LINE」や「公式Instagramアカウント」を作成することで、応募へのハードルを下げられるでしょう。

 

 

 

「スタイリッシュ」な神奈川の解体業のホームページデザイン事例5選

ここからは神奈川の解体業のホームページデザインをジャンル別に紹介していきます。サイト制作のプロが特徴・メリットなどを説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

まずは「スタイリッシュ」な事例5選をそれぞれ見ていきましょう。

1.株式会社増田解体

株式会社増田解体

 

https://masudakaitai.com/

 

株式会社増田解体は横浜市鶴見区に本社を構え、川崎区にも事業所を展開している解体業者です。

 

トップページは、「増田解体の特徴」「施工実績」「採用情報」という見出しが余白を十分にとったうえでシンプルにまとまっていて、とても見やすいデザインです。お客さまや求職者が必要な情報を探しやすく、ユーザビリティにすぐれたサイトといえるでしょう。

 

また、「増田解体でできること」のページでは、どのような解体を行えるかについて書かれています。なかでも「アスベストの処理」は専門の資格が必要です。こうした「自社にしかできない強み」をアピールするとお問い合わせにもつながるので、ぜひ記載しましょう。

 

2.株式会社グローアンカー

株式会社グローアンカー

 

http://growanchor.jp/

 

株式会社グローアンカーは横浜市保土ヶ谷区にある会社で、解体・廃棄物処理・リノベーションといった3つの事業を展開しています。

 

トップページでは、画像が多く使われています。なかでも、事業の説明や3つの取り組みの項目では説明やボタンと画像が交互に表示されており、視線が左右に移動することでお客さまを飽きさせません。飽きずにサイトを見てもらえることで、滞在時間アップや直帰率の改善にも効果があり、SEOの評価も上がります。ぜひ取り入れましょう。

 

また、株式会社グローアンカーは、女性の施工管理者が在籍しています。解体業界は男性が多く、女性のお客さまのなかには怖いイメージを持つ人もいます。そのような人は「女性の従業員がいる」というだけで安心できるはずです。もし女性従業員がいるのであれば、強みとして取り上げることで差別化できるでしょう。

 

3.株式会社絆大建設

株式会社絆大建設

 

https://www.bandai-kensetsu.com/

 

株式会社絆大建設は、横須賀市にある建設会社です。

 

株式会社絆大建設のファーストビューは、強烈なインパクトがあります。「絆」という文字が画面いっぱいに広がり、その後アニメーションを使って縮小されて「絆を大切に」というキャッチコピーが表示されます。こうした遊び心があると、お客さまは「どのような会社だろう」と興味を持ちやすいので、参考にするといいでしょう。

 

また、依頼内容ごとに坪単価で料金が紹介されているのも、株式会社絆大建設の特徴です。はじめて解体を依頼し、相場感がわからない人が見てもイメージしやすく、安心できるでしょう。画面右側にはお問い合わせできる「CTAボタン」が常に表示されており、問い合わせまでのハードルを下げているのも見逃せないポイントです。

 

4.株式会社鈴木工業

株式会社鈴木工業

 

https://sk-2008.co.jp/

 

株式会社鈴木工業は、厚木市にある解体業者です。

 

株式会社鈴木工業のトップページは白黒を基本色とし、水色を指し色として使っています。水色は建機の色にも多く取り入れられており、はじめてホームページを見たお客さまでも「建設関係に関わる会社」とイメージしやすいです。デザインに迷ったときは、会社や事業のイメージカラーを考えるといいでしょう。

 

また、スタッフ紹介のページではその人の特徴や趣味、「一言メッセージ」が書かれています。顔写真と担当する仕事だけを紹介するのではなく、株式会社鈴木工業のように「人柄」を出すとお客さまも安心して依頼できます。ぜひ取り入れましょう。

 

5.株式会社VEINS

株式会社VEINS

 

https://veins.jp/

 

株式会社VEINSは、小田原市にある解体業者です。

 

株式会社VENISのファーストビューは、「自然」の写真と「子どもたちの未来へ私たちができること」というキャッチコピーです。株式会社VEINSはSDGsにも力を入れており、実際の取り組みを紹介したページもあります。その結果、お客さまは「SDGsに取り組んでいる解体業者」と頭に残りやすく、ブランディング構築の成功事例と言えるでしょう。

 

また、トップページにて「産業廃棄物中間処分業許可を保有」と記載されています。資格を持っているとわかれば、お客さまが安心して依頼できるのはもちろん、SEOの評価項目である「権威性」にもつながります。トップページや事業内容のページなど、お客さまの目につく場所へ書きましょう。

 

TRASPは、全国の建設業や解体業の実績を数多く保有しています。

制作事例は以下のボタンよりご覧ください。

 

TRASPでは、ユーザー心理・行動を考え、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった解体業者のホームページの課題を見つけ出し、ターゲットを絞り、より集客のできるホームページ制作を行います。

 

相談は無料、打ち合わせはすべてオンラインで可能です。LINEでいつでも連絡できます。ホームページ制作・リニューアルを検討している解体業者さまはお気軽にお問い合わせください。

 

制作事例はこちら

 

「シンプルでわかりやすい」神奈川の解体業のホームページデザイン事例5選

続いて「シンプルでわかりやすい」神奈川の解体業のホームページデザインを5つ紹介します。

 

6.株式会社ワイエム企画

株式会社ワイエム企画

 

https://www.ymkaitai.com/

 

株式会社ワイエム企画は、川崎市高津区にある解体業者です。

 

株式会社ワイエム企画のトップページには「選ばれる4つの理由」が書かれています。黄色線の四角で囲ったり、項目ごとに「01」といった数字を大きな文字で表示させたりして目立たせ、お客さまの目を惹きつけます。特に見てほしい項目があれば、目立たせ方の参考にするといいでしょう。

 

また「社員教育」のページが用意されているのも特徴です。求人から自社を知った人は「上司はどんな人だろう」「仕事を教えてもらえるのかな」と不安に感じやすいもの。そのため教育する環境が整っているとわかれば、求職者は安心して応募できます。求人の掲載を考えているのであれば、教育制度についても書きましょう。

 

7.有限会社新井商店

株式会社ワイエム企画

 

https://www.arai-shouten.com/

 

有限会社新井商店は、横浜市旭区にある解体業者です。

 

有限会社新井商店は「業歴30年」をウリにしています。このように、長年解体に携わった実績があるというだけでも、お客さまは安心して依頼できるでしょう。老舗の解体業であれば、ホームページ上に「業歴〇〇年」と書くことをおすすめします。

 

また、Q&Aのページがあるのも、有限会社新井商店の特徴です。お客さまが解体業者を選ぶときにありがちな悩みに対する答えがわかると、安心して依頼できます。このようなQ&A集はもちろん、ブログを運用するのもおすすめです。なぜなら、多くのお客さまは解体業者を探すときに、「解体 木造」「家 解体 費用」といったキーワードで解体工事について調べる傾向があるからです。詳しくは本記事の後半で詳しく紹介します。

 

8.株式会社山田興業

株式会社山田興業

 

http://yamada-kogyo.net/

 

株式会社山田興業は、横須賀市にある解体業者です。

 

株式会社山田興業のサイトを見ると、「再び創る」の文字と工具を振りかざすイラストに思わず目を奪われます。自社のイラストやマスコットキャラクターを持っているのであれば、株式会社山田興業のようにファーストビューに持ってくることで、お客さまにインパクトを与えるでしょう。

 

また、業務案内のページを見ますと、「家屋解体工事」や「外堀工事」など工事の種類ごとに紹介されています。解体前と解体後だけでなく「解体途中」の画像があり、お客さまは実際に依頼したときの様子を想像しやすいです。施工事例を紹介するとき、可能であれば途中経過の画像も載せるようにしましょう。

9.株式会社R’s L

株式会社R’s L

 

http://rsl-h.com/

 

株式会社R’s Lは平塚市にある会社で、解体はもちろん、建機のレンタルなども行っています。

 

ヘッダー部分には、「最新情報」や「会社概要」など各ページに飛べるリンクが貼られています。読みたいページがひと目でわかることで、1ページ目で検索ページに戻る人(直帰)が減り、SEOからの評価も上がります。ぜひ取り入れましょう。

 

また、求人情報のページを開くと「建設業の資格または重機オペレーター、溶接などの資格を持つ方を募集」と書かれています。このように必要な資格が求人情報でわかると、面接もしくは採用時のミスマッチを防ぐことができます。必要な資格、もしくは「資格がない人には取得補助制度あり」といったことを書きましょう。

 

10.株式会社大村建材

株式会社大村建材

 

http://www.oomura-kenzai.co.jp/index.html

 

株式会社大村建材は、足柄上郡にある建材会社です。

 

株式会社大村建材のサイトには「設備紹介」のページがあることが特徴です。建機の名前や台数はもちろん、「どのような解体で使われるか」も書かれています。依頼したい解体に対応しているかどうかがわかるだけでなく、どのような建機が使われるかわかると安心感にもつながるのでおすすめです。

 

また、「解体の様子」のページでは、解体前から解体後までの一連の流れが画像で紹介されています。「重機回送」「内装解体」といったように「今どのような作業をしているのか」がわかる見出しが挿入されており、自分が依頼した姿をイメージしやすいです。ぜひ参考にしましょう。

 

「おしゃれで個性的」な神奈川の解体業のホームページデザイン事例5選

最後に、「おしゃれで個性的」な神奈川の解体業のホームページデザインを5つ紹介します。

 

11.株式会社YUGA

株式会社YUGA

 

https://yuga-net.co.jp/

 

株式会社YUGAは、川崎市川崎区にある建設会社です。

 

株式会社YUGAのトップページは、お客さまが飽きないような工夫が散りばめられています。なかでもファーストビューは、キャッチコピーと実際に作業している様子の画像から構成されており、画像から人柄もわかることから安心感が持てます。解体業の「怖い」「厳つい」といったイメージを払拭させたい人は、参考にするといいでしょう。

 

また、採用ページでは「1日の仕事の流れ」がイラストで描かれています。仕事の流れを紹介することで求職者が自分が働く姿をイメージしやすく、入社後のギャップによる離職を減らせます。ぜひ取り入れましょう。

 

12.株式会社ウィーゴ

株式会社ウィーゴ

 

https://we-go.jp/

 

株式会社ウィーゴは、横浜市瀬谷区にある解体業者です。

 

株式会社ウィーゴのファーストビューは、お客さまに強烈なインパクトを与えます。特に、建機が建物を壊している画像と「他社見積徹底対抗!!」のバナーを見たお客さまは「どんな会社だろう」「安く請け負ってくれるのかな」と考えます。想像を掻き立てることでサイトの滞在時間アップを見込めるので、ファーストビューは手を抜かないようにしましょう。

 

また、施工事例のページでは、ビフォーアフターの写真と簡単な説明を見ることができます。画像だけでも十分ですが、補足説明があった方がお客さまは依頼したときの姿を具体的にイメージしやすいです。説明が難しい場合は「お客様の声」を掲載するのもいいでしょう。

 

13.株式会社ARTICAL

株式会社ARTICAL

 

https://artical2010.jp/

 

株式会社ARTICALは、横須賀市にある解体業者です。

 

株式会社ARTICALは、ただ解体するだけではなく「リフォーム・土地活用」「遺品整理のお手伝い」「害虫駆除」といった「解体工事に伴う困りごと」に関する事業も展開しています。一貫して対応していることは他社との差別化につながり、「解体と害虫駆除」といったようにセットで依頼されることもあります。自社にしかない強みは、ホームページ上で惜しみなく出しましょう。

 

また、採用ページでは募集要項の下に「応募フォーム」が用意されています。お問い合わせフォームを探したり電話をかけたりといった手間が省けることで、応募までのハードルが下がります。株式会社ARTICALの採用ページを参考に作ってみてください。

 

14.株式会社アイシン

株式会社アイシン

 

https://aishin.work/

 

株式会社アイシンは、相模原市にある解体業者です。

 

株式会社アイシンのトップページでは各コンテンツの要約をわかりやすく記し、「詳細はこちら」と誘導するつくりになっています。「詳細はこちら」ボタンはアクセントカラーの青色で思わず順番にクリックしていきたくなるデザイン。ホームページにアクセスしてくれたお客さまがトップページだけを見て閉じてしまうと直帰率が高くなり、SEOの評価が下がってしまうため、各コンテンツへのアクセスのしやすさは重要です。サイト内を隅々まで見てもらえるような工夫は参考になるでしょう。

 

また、採用ページでは解体工事の魅力や得られるスキル、目指してほしい人物像などが紹介されています。なかでも「未経験者も歓迎」「資格手当の支給」の2つは、これから解体業のキャリアを築きたい人にとって刺さる内容です。ただ募集要項を羅列するだけでなく、「当社で働くメリット」を書くようにしましょう。

 

15.増井工業株式会社

増井工業株式会社

 

https://www.masui-kogyo.com/

 

増井工業株式会社は、足柄上郡にある解体業者です。

 

増井工業株式会社のファーストビューでは画像のスライドショーの上にバナーが重ねられています。サイトにアクセスしてまず目に入るところに「会社案内」「サービス紹介」「採用ページ」のバナーがあり、各ページへ遷移できるため、効果的な導線といえるでしょう。

 

また、「総合解体」のページでは、解体工事の流れが紹介されています。各ステップの番号や見出しは色分けされており、お客さまは今どの段階にいるのかすぐわかります。解体の流れを紹介したい人は、参考にすると良いでしょう。

TRASPは、全国の建設業や解体業のホームページ制作実績を数多く保有しています。

 

TRASPでは、ユーザー心理・行動を考え、効率的にアプローチできる施策を行います。今まで効果が出なかった解体業のホームページの課題を見つけ出し、ターゲットを絞り、より集客のできるホームページ制作を行います。相談は無料です。ホームページ制作・リニューアルを検討している解体業者さまはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

 

お客さまに選ばれる神奈川の解体業ホームページの特徴5つ

お客さまに選ばれる神奈川の解体業ホームページの特徴5つ

 

この項目では、お客さまに選ばれる神奈川の解体業ホームページの特徴5つをピックアップしました。こちらもぜひ参考にしてください。

 

  1. 自社の魅力を伝えるキャッチコピー
  2. 地域を絞ったSEO対策
  3. ブログを運用する
  4. ポジショニング戦略で差別化をする
  5. お客さまの声で安心感を与える

 

1.自社の魅力を伝えるキャッチコピー

ホームページを訪れたユーザーは、アクセスして3秒で「続きを読むか、やめるか」が決まるといわれています。

 

そのためお客さまに選ばれるためには、ファーストビューで魅力的なキャッチコピーを掲載し、自社の特徴をわかりやすく伝えることが重要です。 

 

ただしインパクトがあるだけのキャッチコピーでは、興味を引けても「その先の問い合わせ」につながるとは限りません。したがって「なぜ自社を選ぶべきなのか」や「他社との明確な違い」など、ユーザーにとってメリットとなる要素やコンセプトを含めるようにしましょう。

キャッチコピー例

 

キャッチコピーと聞くと難しいイメージを持つかもしれませんが、上記のようなシンプルなものでもお客さまに刺さります。ぜひ1度考えてみましょう。

 

2.地域を絞ったSEO対策

解体業者を探しているお客さまは県をまたいで依頼するケースは少なく、基本的に「自宅から近い場所の業者」を探す傾向があります。なぜなら、解体工事は現場へ業者を呼ぶ必要があり、もしも遠方の業者だとコミュニケーションコストが発生しやすいからです。

 

また現代ではインターネット上で「地域名+解体業者」といったキーワードで検索されやすく、ホームページを閲覧してもらうには「検索キーワードのSEO対策」が欠かせません。

 

SEO対策とは

SEO対策は「検索エンジン最適化」(Search Engine Optimization)を意味し、GoogleやYahoo! JAPANなど検索エンジンの検索結果で、自社サイトを上位順位に表示させることが目的の施策です。

 

解体業であれば「解体工事」「解体業者」などの検索キーワードで対策することが一般的ですが、このようなキーワードは全国の解体業者と競わなければいけません。一方で、以下のように地域を絞ったキーワードを対策することで、競合がその地域にある解体業者に限定されるため、検索上位に表示されやすくなります。

  • 「横浜 解体工事」
  • 「厚木市 解体 建物」
  • 「横須賀 解体 求人」

 

 

3.ブログを運用する

解体業のホームページでは、ブログの運用がおすすめです。

なぜなら大半のお客さまは解体業者を探すときに、まず、「解体 木造」「家 解体 費用」といったキーワードで解体工事について調べる傾向があるからです。したがってこのようなキーワードを含めた記事を書くことで、ブログを通じて自社のホームページへ誘導できるからです。

 

具体的な流れ

  1. ユーザーが「解体 木造」を検索
  2. 「解体 木造」を対策したブログ記事が検索上位に表示
  3. ユーザーが自社のブログ記事にアクセス
  4. ブログ記事を通して自社に興味をもつ
  5. ブログ記事からホームページへアクセスする

 

ただし集客できるブログにするためには、スタッフの日記といったものではなく、ユーザーがほしいと感じている情報・ユーザーの役に立つ内容であることが必須。

 

そのため、以下のようなネタを参考に「ユーザーに役立つ記事」を意識して、ブログ内のコンテンツ量を増やしていきましょう。

 

  • 解体費用について(木造とRC造の違い)
  • 解体の手続きについて
  • 解体後の木材の再利用法
  • 解体の際によくあるトラブル事例
  • 解体をする家の遺品や家具の処分方法

 

これらの記事は「家 解体 手続き」「家 解体 費用」などで検索しているユーザーのパソコンやスマホにヒットします。

 

例えば「家 解体 費用」で検索した人は、自宅の解体費用について不安を抱えていると予測されます。そのためブログを通じて解体費用に関する内容を発信することでユーザーの悩みを解決できれば、「信頼できる」「ここに工事をしてもらいたい」と依頼につなげられるでしょう。

 

ブログを運用することで、自社の認知・購買意欲の促進・サービスの受注まで一貫して行える点は魅力ですね。

 

 

4.ポジショニング戦略で差別化をする

解体工事のことをよく知らない一般の人には、解体業者は全部同じに見えてしまうため、複数社を比較・検討しているお客さまの印象に残るよう、ホームページで差別化を図りましょう。これをポジショニング戦略といいます。

 

ポジショニング戦略とは

市場において自社商品・サービスの立ち位置(=ポジション)を決めること。自社商品・サービスについて独自のポジションを築き、競合よりも優位に立つことを目的としている。

 

解体業が展開すべきポジショニング戦略の例です。

 

  • 内装リフォームも行っている
  • エクステリアも行っている
  • 除雪も行っている など

 

また、ポジショニング戦略は業務内容だけではありません。

 

  • 自社のPR動画を紹介
  • 営業時間が長い(電話受付:朝7時~22時までなど)
  • スタッフ全員のプロフィールを掲載 など

 

このように他社にはない要素を打ち出すと、ユーザーに“自社ならではの強み”を訴求しやすくなるでしょう。ポジショニング戦略を実施し、しっかりと自社のブランディングを確立させてください。

 

5.お客さまの声で安心感を与える

神奈川県出身の人はスマートな振る舞いを重視する傾向にあります。つまり、解体業者選びも「失敗したくない」という想いが強いです。そのため、失敗しないための判断基準となる「お客さまの声」がホームページで紹介されていると、興味を持ってもらいやすいでしょう。 

 

そのうえでお客さまが依頼した理由や作業前後の様子についても掲載すると、より共感を得やすいコンテンツとなり、集客力を高める「強力な材料」となります。

 

余裕があればお客さまのインタビュー動画を撮影するなど、「お客さまの声」の信憑性を高める工夫も重要です。

 

神奈川の解体業におすすめのホームページ制作会社

 

最後に神奈川の解体業におすすめのホームページ制作会社を3つ厳選しました。

 

「ホームページ制作の依頼を検討している」「どの会社を選べば良いの?」という方は、こちらもぜひご覧ください。

 

1.TRASP株式会社

TRASP株式会社

 

https://trasp-inc.com/

 

大阪市北区にあるTRASP株式会社は、解体業・建設業の集客に強いホームページや求人サイトを得意としたWeb制作会社です。

 

お客さまごとに担当者がヒアリングを実施しているため、明確化していない集客課題や求職者が集まらない要因など、具体的な課題発見もTRASP株式会社の特徴です。そのため長期的に利益を出せるWebサイトや、求職者が集まる求人サイト制作についてはお任せください。

 

また自社でコンテンツマーケティングに取り組み、Web業界のキーワードは検索ボリュームも競合会社が多いなかで、さまざまなキーワードで1位表示、トップ表示を実現しています。その結果PV数は約595%増と大幅にアップ、CVは月4件から月42件と11倍に増えました。プロのSEOライターによるコンテンツ作成、広告・SNS運用などホームページから長期的に集客し続ける「さまざまなマーケティング施策」を提供できます。

 

オンライン面談も行っていますので、全国問わずに「集客の軸となるホームページを作りたい」と考えている方におすすめです。

 

TRASP株式会社の会社概要

URL

https://trasp-inc.com/

TEL

06-6136-5442

会社所在地

大阪市北区西天満5丁目2番18号 3F

設立年

2017年2月

実績ページ

https://trasp-inc.com/works-type/builder/#a_works

 

お問い合わせはこちら

 

2.株式会社DOE

株式会社DOE

 

https://www.doe.co.jp/

 

株式会社DOEは、横浜市中区にあるホームページ制作会社です。

 

株式会社DOEは「手を抜かず最大のパフォーマンス」をコンセプトとしており、「オーダーメイド制作」を筆頭とした4種類のプランを用意しています。

 

また、建設会社への納品実績も多数あります。実績ページからカテゴリー検索できますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

株式会社DOEの会社概要

URL

https://www.doe.co.jp/

TEL

045-641-1868

会社所在地

神奈川県横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレントⅢ 4F

設立年

2011年5月

実績ページ

https://www.doe.co.jp/works/

 

3.シフトテック株式会社

シフトテック株式会社

 

https://www.shift-tech.jp/

 

シフトテック株式会社は、小田原市にある制作会社です。

 

シフトテック株式会社は「私たちの持てる力で お客様を今よりも一歩先の世界へ」をモットーに、Webサイト制作やシステム開発、クラウドプラットフォームなどの事業を行っています。

 

また、建設会社のホームページ制作はもちろん、自治体や大学、医師会のサイトといったように幅広く携わっています。

 

シフトテック株式会社の会社概要

URL

https://www.shift-tech.jp/

TEL

0465-66-2282

会社所在地

神奈川県小田原市城山1-3-20 マルセンビル3F

設立年

2000年3月

実績ページ

https://www.shift-tech.jp/works/

 

まとめ

この記事では、神奈川県の解体業のホームページデザイン15選をご紹介しました。地域性を分析しつつ、お客さまに選ばれるホームページの特徴なども解説しましたが、いかがでしたか?

 

 自社に興味を持ってもらい、お問合せを増やすには「工事の様子・仕事内容を掲載する」「信頼・安心できるコンテンツを掲載する」など、さまざまな工夫が必要です。紹介した事例を参考に、他社にはない強みを訴求するデザインを取り入れると良いでしょう。

 

またホームページデザインに関してお悩みの方は、“Web制作のプロ”への依頼を検討することをおすすめします。

 

TRASPではWebマーケティングに強いホームページ制作を得意としています。管理面、SEOなどのWebマーケティング面からのご提案なども行っておりますので、サイトからの問い合わせを強化したい、サイトの導線を変更したいなどのご相談は一度TRASPまでご連絡ください。

 

Webの知識がない方でも一から丁寧にサポートしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.