TEL

TRASPコラム

茨城県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

Webデザイン

公開日:2022.12.01

茨城県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

 

従来の建築業界では人脈営業やポスティングによって集客できていました。しかしインターネットやSNSが普及した現代では、茨城県の解体業者でもWebを活用した集客が必須の時代です。また人材不足の深刻化、なかでも若年層が少ない解体業界では、求人サイトを活用し「若者に見つけてもらいやすいインターネット上で」情報発信をすることが重要になります。

 

とはいえ、

「どんなホームページをつくれば良いの?」
「お客さまを集められる・募集がたくさんくるホームページデザインって?」

と悩んでいる茨城県の解体業の経営者やWeb担当者の方も多いのではないでしょうか。 

 

そこで本記事では、プロが選んだ茨城県にある解体業のホームページデザイン15社をまとめました。
かっこいい」「シンプル」「おしゃれ」のジャンル別にご紹介していきますので、デザインに悩まれている解体業者の参考になればと思います。

 

また数多くの建設・解体業ホームページを制作してきたTRASPが、お問い合わせを増やすために必要な要素・お客さまに選ばれる解体業ホームページの特徴を解説。茨城で解体業のホームページ制作が得意なWeb制作会社も3社ご紹介いたします。

 

無料相談受付中

 

解体業のホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

解体業のホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

 

まずは茨城の解体業ホームページを制作するうえで、お問い合わせを増やすために必要な4つのデザインを紹介していきます。

  1. 工事の様子・仕事内容を掲載
  2. 信頼・安心できるコンテンツ
  3. プラン・サービスがわかりやすい
  4. お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

 

1.工事の様子・仕事内容を掲載

ホームページには、「工事の様子」や「仕事内容」を掲載しましょう。
なぜなら一般のお客さまは解体工事を目にする機会が少なく、
「どのような工事が行われているか」を知らないため。

 

近年、茨城県では都心部の水戸市やつくば市を中心に都市開発が行われています。都市開発がすすむと、住宅の立ち退きによって解体工事の件数は増加すると考えられますが、仕事を獲得するためには競合他社と競わなければいけません。

 

そのため下記のような情報を発信し、具体的なイメージを掴んでもらいましょう。

  • トップページで「自社のPR動画」を設置
  • 工事のビフォーアフター写真
  • 工事の過程を写した写真・動画

また求人サイトでは

  • 自社に入社した際の一日のスケジュール
  • 年次別の仕事内容
  • 先輩インタビュー

 

などを載せると、求職者が働くイメージをもったうえで応募をしてくれるため、求職者とのマッチング率が高まり、応募へのハードルを下げられます。建設業では離職率が非常に高いため、業務量や勤務時間については求人サイト内にしっかりと明記するようにしましょう。

 

2.信頼・安心できるコンテンツ

次に信頼・安心できるコンテンツを提供しましょう。
なぜなら、「近隣住民への騒音トラブル」や「廃棄物の不法投棄」などの理由により、解体業に対してネガティブな印象を持つ人は少なくないためです。

 

解体業者のなかには、工事の見積もりを取らない業者や役所へ届け出を出していない業者など、「悪徳業者」と呼ばれる会社も一定数います。そのため自社サイトを通じ、お客さまに信頼・安心してもらえるコンテンツを提供することが大切です。

  • 担当スタッフのプロフィール
  • 会社代表挨拶
  • 会社の沿革や理念
  • 保有資格

営業スタッフや解体を施工するスタッフの顔写真や作業風景がわかるとお客さまは安心して依頼できるため、顔写真や趣味については積極的に記載しましょう。

 

3.プラン・サービスがわかりやすい

解体工事と一口にいっても、どのような建物を解体しているのか、また法人・個人どちらを対象にしているのかがわからなければ、お客さまから依頼をしてくることはありません。以下のような情報をホームページに掲載しましょう。

  • 自社がどのような規模の建物を解体しているのか
  • 商業施設やビルなのか、一般住宅なのか
  • 躯体は木造なのかコンクリートなのか

またお客さまのなかには、解体業に関する知識がない方も多いため、坪単価によって解体費用の目安を掲載することも重要です

 

仮に相場が一切わかならければ、そもそもお客さまの比較検討から外れてしまいます。したがって目安となるおおよその期間や素材ごとの「金額の違い」について記載し、ユーザーに依頼時のイメージを持たせる工夫をしましょう。

 

4.お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

どんなにおしゃれなデザインのホームページでも、お問い合わせ方法がわかりにくければ、集客にはつながりません。そのためどのページを閲覧していても、1クリックで問い合わせできるような設計を目指しましょう

 

  • 各ページに最低1つは「電話」「メール」からお問い合わを促す「CTAボタン」を設置する
  • 求人サイトでは「応募フォーム」を設置する

 

とくにヘッダーやフッター部分、そしてサイドバー部分はユーザーが注目しやすい箇所のため、アクションを行動を促す効果がある「赤色」を使用するなど、ユーザー心理をふまえた色彩の活用も効果的です。

 

また近年は年齢を問わずにSNSを活用する人が増え、一般的なコミュケーションツールとしてLINEやInstagramが利用されています。求人サイトでは若年層をターゲットにしている会社も多いため、「求人用の公式LINE」や「公式Instagramアカウント」を作成することで、応募へのハードルを下げことにつながるでしょう。

 

ホームページ集客についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

「かっこいい」茨城県の解体業のホームページデザイン事例5選

ここでは「かっこいい」茨城の解体業のホームページデザインについて、5つの事例から紹介していきます。

1.株式会社崇和

株式会社崇和

https://sowa2001.com/

 

株式会社崇和は解体工事をはじめ、土木工事や造成工事、機械器具設置工事などを手掛けている会社です。

ホームページカラーは白色をベースにアクセントカラーとして黒色、そしてトップページの背景で「モノクロの写真」を使用するなど、白と黒のコントラストを上手に作り出しているデザイン事例です

 

ファーストビューでは「仲間の強固な繋がりで社会を創造し続ける」というキャッチコピーから、「仲間のつながりを重要視している会社」であることがわかり、仕事を探している求職者に信用を与えられるポイントになっています。

 

また「採用情報」ページでは「企業文化」「求める人物像」をテキストベースで具体的に明記することで、自社がどういった人材を求めているのかについて、はっきりと伝える構成に。「求める人物像」は具体性が高いほど求人のミスマッチを防げるため、自社の考え方や仕事への姿勢についてはくわしく記載するようにしましょう。

 

2.株式会社秀商

株式会社秀商

 

https://hidesho.com/

 

つくば市を中心に解体工事やICT施工、そして自動車運送事業などを行っている株式会社秀商。ホームページは白色のベースカラーに「深緑色」をアクセントカラーに使用することで、緑がもつ「洗練さ」「穏やかさ」を連想させるようなデザインに仕上げています。

 

またトップページは「お客様への感謝」からはじまり、「お客様と感謝し合えるような、そんな関係を目指して…」というメッセージを載せることで、お客さまを大切にしている会社であることが伝わってきます。

 

「お客様への感謝」の下には「自社が保有している建設車両」や「スタッフの写真」などのスライドショー、さらに工事中の様子を空撮した「施工事例」の動画が設置され、画像・動画をとおして会社を視覚的にわかる点が当事例の特徴です

 

3.大橋解体工業株式会社

大橋解体工業株式会社

 

https://www.ohashikaitai.com/

 

 大橋解体工業株式会社のホームページは、「『壊す力』で新しい日本を創る」という力強いキャッチコピーが特徴のファーストビューです。

 

「壊す」という表現は一見ネガティブなイメージを与えますが、当事例では「建物を壊す」という行為を「未来を創造するエネルギーに変える」というイメージに転換することで、ポジティブな印象に仕上げています

 

また「解体工事の流れ」のページでは、一連の流れを「4つの見出し」にわけて解説しています。

  1. お見積りのご依頼
  2. 現場調査とヒアリング
  3. お見積書の作成及び提出
  4. ご成約

全13項目から作業内容を丁寧に説明しているため、初めて解体工事を依頼する方でも理解がしやすく、閲覧しているユーザーに安心感を与えるポイントとなるでしょう

 

4.株式会社あおぞら

株式会社あおぞら

https://www.aozora-rpf.com/

 

 株式会社あおぞらは、つくば市を拠点に解体工事や産業廃棄物・一般廃棄物の中間処理、そしてRPFの製造などを行っている会社です。

 

ファーストビューの下には「オンライン見積もり」のリンクが設置され、リンク先の「見積もりページ」では具体的な重量を入力することで、ユーザーの条件に合わせた「おおよその見積り料金」が表示される仕様になっています。当事例では「産業物処理」の見積もりになりますが、解体業者でも参考になるシステムといえるでしょう。

 

また「解体工事」の詳細ページでは、建設廃棄物の再資源化(サーマル・リサイクル)について具体的に説明し、環境への配慮を訴求する構成に。建設廃棄物の収集運搬・処分までを一貫して行っているからこそ記載できる、自社の強みを上手に表現している事例です。

 

5.株式会社孝建

株式会社孝建

 

https://www.i-kouken.co.jp/

 

 株式会社孝建は、石岡市を拠点に住宅・店舗・ビルなどの解体を専門に扱っている会社です。

 

「解体工事」のページでは、ページ冒頭で解体工事の作業内容・対象建物を記載することで、見ているユーザーが「依頼をできる会社なのか」を判断できる工夫がされています。また「施工エリア」では対応エリアの地域名を挙げており、安心して問い合わせができる構成に。

 

ほかにもトップページ中盤では、「施工の特長」として以下4つの「自社の強み」を記載しています。

  1. 完全自社施工
  2. 明瞭価格
  3. 施工時の配慮とマナー
  4. 廃棄物処理にも対応可能

「故障している事務機器を撤去して欲しい」など、ユーザーが感じるであろう悩みは、見ている人が自分ごと化しやすいため、問い合わせへのアクションを促すうえで有効です

 

「シンプル」な茨城県の解体業のホームページデザイン事例5選

ここでは「シンプル」な茨城の解体業のホームページデザインについて、5つの事例から紹介していきます。

6.株式会社大和田建設

株式会社大和田建設

 

https://ohwada-kensetsu.co.jp/

 

株式会社大和田建設は、解体工事や一般住宅建築業務、そして商業建築業務などを提供している会社です。

 

ファーストビューでは大規模な様子の現場写真がスライドショーで流れ、大きな建物の解体に携わっていることが伝わってきます。また夕焼けの写真が印象的となり、「地域社会に貢献する」というキャッチコピーは、社会性の高さをアピールするポイントに

 

施工事例・スタッフの写真をファーストビューで掲載する会社が多いなか、当事例のような夕焼け・青空を背景にしたビルなどの写真は珍しく、他社との差別化にもつながります。またCMを見ているような「おしゃれさ」も感じられるため、求職者には応募動機のきっかけにもなるでしょう

 

7.株式会社飯塚解体

株式会社飯塚解体

 

https://www.iitsuka-kaitai.com/

 

株式会社飯塚解体のホームページは白色を基調に アクセントカラーに落ち着いたトーンの青色を使用することで、「誠実」「信頼できる」といった雰囲気を出しているデザイン事例です。

 

当事例の特徴は、シンプルながらもユーザーの読みやすさを考えられたホームページ構成であること。
例えばトップぺージ内の「飯塚解体が選ばれる理由」では、自社の強みを「安い」「早い」「きれい」「安心」と短くわかりやすいワードで表現し、ユーザーの年齢に関係なく「読みすすめやすい」構成になっています。

 

ほかにも「解体費用と施工事例」のページでは、解体費用に関する坪単価や足場の設置費、そして付帯工事費の費用について具体的に掲載しています。ユーザーは読むだけでおおよその金額がイメージできるため、問い合わせへのハードルも下がるといえるでしょう。

 

8.ときわ解体

ときわ解体

https://www.ibaraki-kaitai.com/

 

ひたちなか市に本社をもつときわ解体は、木造解体から空き家解体まで、解体工事を専門としている会社です。

 

ファーストビューで目に留まるのは、「地域密着!完全自社施工!だからどこよりも安い!」のキャッチコピー。黄色・赤色・緑色といったカラフルな色合いに、黒い縁取りのゴシック体が使われており、広告チラシのようなわかりやすいデザインに仕上がっています。

 

またキャッチコピーの上に「日立市・ひたちなか市…」などの地域名を載せることで、「地域密着×安い」の2軸から訴求を強める設計に。片方の要素だけでは競合が多いため、2つ以上の掛け合わせからターゲットを絞り込んでいる点は、どの解体業者も参考にすべきポイントといえるでしょう。

 

9.株式会社木村建設

株式会社木村建設

http://kimura-kensetsu.jp/

 

つくば市を中心に解体工事やエクステリア工事を提供している株式会社木村建設は、40年を超える豊富な実績から、地域密着型の経営を行っている会社です。

 

ファーストビューでは事例写真の上に「製材から総合建設までなんでも対応します!」というキャッチコピーが表示され、解体・建築など多岐にわたるサービスを訴求するメッセージに。

 

また「求人・職人募集」ページでは、「経験者」と「未経験者」にわけて募集文を掲載することで、各ターゲットが共感できるよう具体性の高い訴求を行っています例えば「未経験者」の欄では、「仕事は熟練の先輩が基礎から指導しますので、なにも心配はございません。」というメッセージによって、求職者は気軽に応募することができるでしょう。

 

求職者といっても、年齢が違えばいままでの経験値も異なるため、当事例のようにターゲットを意識した具体性の高い内容を掲載することが重要です 

 

10.株式会社神明通商

株式会社神明通商

 

http://www.sinmeitusho.com/

 

株式会社神明通商のホームページは、白を基調に黒・グレーをメインカラー、そして青色をアクセントカラーに使用することで、青色が映える「かっこいい」印象のデザイン事例です。

 

ファーストビューは「重機の写真」を暗いトーンで編集し、水色のゴシック体で記載された「解体工事で、明日を創る。」というキャッチコピーが目を引くデザイン。ゴシック体ははっきりとした印象を与えるため、当事例のキャッチコピーからも力強さが感じられます。

 

また「採用情報・協力業者募集」のページでは、「お問い合わせフォームにつなげるCTAボタン」とウェブパンフレットが設置されています。ウェブパンフレットは詳細な内容を伝えられるとともに、他社との差別化にもつながるため、自社の印象を高めたい場合は「集客・求人」に関係なく活用できるアイデアといえるでしょう

 

「おしゃれ」な茨城県の解体業のホームページデザイン事例5選

ここでは「おしゃれ」な茨城の解体業のホームページデザインについて、5つの事例から紹介していきます。

11.株式会社サクセスジャパン

株式会社サクセスジャパン

 

http://www.kaitai-s.co.jp/

 

笠間市に拠点を置く株式会社サクセスジャパンは、白をベースカラーに「青色」「緑色」をアクセントカラーに使用し、「鮮やかさ」や「爽やかさ」を感じられるデザイン事例です。

 

トップページ中盤には「初めての解体工事で不安?」という見出しが設置され、ユーザーの悩みに寄り添うコンテンツとなっています。具体的には見出し直下に「長年住んでいない実家の解体工事…」というメッセージを載せ、明確化されたターゲット像へ訴求している点がポイント

 

また「初めての解体工事で不安?」の下には、「料金の目安」「よくある質問」の各ページへ続くリンクを設置し、不安を解消する流れでユーザーがホームページ内を読みすすめる設計に。 「共感→解決策提示」という自然な流れでの集客動線は、ホームページの構成を考えるうえで参考になる要素です。

 

12.株式会社出久根

株式会社出久根

 

https://www.dekune-m.com/ 

 

昭和62年創業、30年以上の豊富な実績がある株式会社出久根は、行方市を中心に土木工事・解体工事を行っている会社です。

 

ファーストビューでは「お客様を第一に考え、信頼に応える仕事をモットーに」というキャッチコピーを掲載し、「会社の信頼性」や「お客さまファーストの理念」を訴求するメッセージになっています。ホームページカラーでは、薄い水色がベースカラーとなり、親しみやすさを感じられる雰囲気も当事例の特徴です

 

またスマートフォンのページでは、画面下部に以下のリンク3つが「アイコン」によって表示されています。

  • HOME
  • アクセス
  • TEL

「アクセス」ではGoogleマップのリンクが埋め込まれていることで、ユーザーが店舗場所を調べる手間を省き、問い合わせを行いやすい仕様になっています。

 

13.髙野工業株式会社

髙野工業株式会社

 

https://www.takanokk.com/

 

髙野工業株式会社のホームページは、「さぁ、未来を始めよう。」というキャッチコピーが印象的なファーストビューです。一見内容がわかりづらいメッセージではありますが、キャッチコピーには「過去の思いを受け継ぎ、未来のための第一歩を踏み出す」という自社の想いが表現されています。

 

ファーストビューの下には「解体工事業の新時代へ。」という、代表取締役社長のメッセージを掲載。「未来を切り拓く」という解体工事に対する想いが記載されており、ファーストビュー→代表メッセージの順に読むことで、キャチコピーの意味が理解できる構成になっています。

 

また「ブログ」のページでは、県内の新聞に自社が紹介された内容を掲載しています。新聞掲載は「社会性」や「信頼性」が大きいためため、ユーザーに安心感を与えるうえで効果的な戦略の一つです。

 

14.株式会社エム・ビー・シー

株式会社エム・ビー・シー

 

http://www.kk-mbc.co.jp/index.html

 

株式会社エム・ビー・シーのホームページは、ファーストビューで「本社を映した写真」や「水戸市内の写真」が掲載され、地元に根ざした会社であることが感じられます。

 

またホームページは白色をベースに「緑色」「紫色」をアクセントに取り入れた配色。「派手さ」や「カラフルさ」はありませんが、自社のイメージカラーを踏まえつつ、シンプルに洗礼された雰囲気のデザインになっています。

 

またファーストビュー直下には、Facebookアカウントへのリンクを設置。Facebookでは「作業風景の写真や動画」「自社の作業様子や取材時の写真」など、Facebookならではの企業雰囲気がわかるコンテンツとなっています。とくにテレビ・新聞に取材された際の内容、そして「牛久市の牛久大仏の管理を行っている」という内容は、ユーザーの興味を引くオリジナル性の高い要素です

 

15. ナカツネ建材株式会社

ナカツネ建材株式会社

 

https://nakatsunekenzai.com/

 

ナカツネ建材株式会社のホームページは、ファーストビューで「確かな実績が物語る 誠意と技術」というキャッチコピーを記載し、昭和37年から続く実績豊富な会社であることをユーザーにアピールしているデザインです

 

またファーストビューを下にスクロールすると、これまでの施工実績がイラスト・写真によって掲載されています。市役所や商業施設の写真、絵本のような杭打工事作業図のイラストなど、地域性のわかる事例は「地元・周辺地域のお客さま」を集客するうえで効果的です

 

なかでも市役所や商業施設の建築事例は「自社の権威性を高める材料」にもなるため、ユーザーに安心や信頼感を与える際は参考にしましょう。

TRASPは、全国の建設業や解体業のホームページ制作実績を数多く保有しています。
制作事例は以下のボタンよりご覧ください。

 

TRASPでは、ユーザー心理・行動を考え、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった工務店のホームページの課題を見つけ出し、ターゲットを絞り、より集客のできるホームページ制作を行います。相談は無料です。ホームページ制作・リニューアルを検討している工務店さまはお気軽にお問い合わせください。

 

制作事例はこちら

お客さまに選ばれる茨城の解体ホームページの特徴5つ

お客さまに選ばれる茨城の解体ホームページの特徴5つ

 

つづいてお客さまに選ばれる茨城の解体業ホームページの特徴を、5つにまとめて紹介していきます。

  1. 自社の魅力を伝えるキャッチコピー
  2. 地域を絞ったSEO対策
  3. ブログを運用する
  4. ポジショニング戦略で差別化をする
  5. お客さまの声で安心感を与える

 

1.自社の魅力を伝えるキャッチコピー

ホームページを閲覧しているユーザーは、最初にアクセスしたページ次第で「続きを読むのか、やめるのか」が決まってくるといわれています。そのためお客さまに選ばれるためには、ファーストビューで魅力的なキャッチコピーを掲載し、自社の特徴をわかりやすく伝えることが重要です

 

ただしインパクトがあるだけのキャッチコピーでは、興味を引けても「その先の問い合わせ」につながるとは限りません。したがって「なぜ自社を選ぶべきなのか」や「他社との明確な違い」など、ユーザーにとってメリットとなる要素やコンセプトを含めるようにしましょう

キャッチコピー例

髙野工業株式会社のように明るい未来をイメージしているような内容は、解体業に対してポジティブな感情をいだきやすく、依頼を悩んでいる方への後押しになるでしょう。

 

2.地域を絞ったSEO対策

解体業者を探しているお客さまは、基本的に「自宅から近い場所の業者」を探す傾向があります。なぜなら解体工事は現場へ業者を呼ぶ必要があり、もしも遠方の業者だとコミュケーションコストが発生しやすいからです。

 

また現代ではインターネット上で「地域名+解体業者」といったキーワードで検索されやすく、ホームページを閲覧してもらうには「検索キーワードのSEO対策」が欠かせません。

 

SEO対策

「検索エンジン最適化」を意味し、GoogleやYahoo! JAPANなど検索エンジンの検索結果で、自社サイトを上位順位に表示させることが目的の施策です

 

解体業であれば「解体工事」「解体業者」などの検索キーワードで対策することが一般的ですが、このようなキーワードは全国の工務店と競わなければいけません。対して以下のように地域を絞ったキーワードを対策することで、競合が限定され検索上位に表示されやすくなります

  • 「解体工事 水戸市」
  • 「解体業者 つくば市 おすすめ」
  • 「住宅解体 常総市 価格」

解体業のSEO対策についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

3.ブログを運用する

解体業のホームページでは、ブログの運用がおすすめです。

 

なぜなら大半のお客さまは解体業者を探すときに、まず、「解体 木造」「家 解体 費用」といったキーワードで解体工事について調べる傾向があります。そのためしたがってこのようなキーワードを含めた記事を書くことで、ブログ経由でホームページへのアクセス数を増やすことが可能です

 

具体的な流れ

  1. ユーザーが「解体 木造」を検索
  2. 「解体 木造」を対策したブログ記事が検索上位に表示
  3. ユーザーが自社のブログ記事にアクセス
  4. ブログ記事をとおして自社に興味をもつ
  5. ブログ記事からホームページへアクセスする

ただし集客できるブログにするためには、スタッフの日記といったものではなく、ユーザーがほしいと感じている情報・ユーザーの役に立つ内容であることが必須。

おすすめのブログのネタ

  • 解体費用について(木造とRC造の違い)
  • 解体の手続きについて
  • 解体後の木材の再利用法
  • 解体の際によくあるトラブル事例
  • 解体をする家の遺品や家具の処分方法

これらの記事は「家 解体 手続き」「家 解体 費用」などで検索しているユーザーのパソコンやスマホにヒットします。例えば「家 解体 費用」で検索した人は、自宅の解体費用について不安を抱えていると予測されます。そのためブログを通じて解体費用に関する内容を発信することでユーザーの悩みを解決できれば、「信頼できる」「ここに工事をしてもらいたい」と依頼につなげられるでしょう。

 

ブログを運用することで、自社の認知・購買意欲の促進・サービスの受注まで一貫して行える点は魅力ですね。

 

4.ポジショニング戦略で差別化をする

解体工事では扱う重機が異なる場合でも、工事過程や出来栄えに大きな変化はありません。ましてや一般のお客さまからすると、どの解体業者も同じに見えるといえるでしょう

 

このような場合におすすめな対策方法は、ポジショニング戦略によって他社との差別化を図ることです

 

ポジショニング戦略とは

市場において自社商品・サービスの立ち位置(=ポジション)を決めること。自社商品・サービスについて独自のポジションを築き、競合よりも優位に立つことを目的としている。

解体業が展開すべきポジショニング戦略の例です。

  • エクステリアを行っている
  • 廃棄物回収を行っている
  • 内装リフォームも行っている

ポジショニング戦略は業務内容だけではありません。

  • 牛久市の牛久大仏の管理を行っている
  • 茨城県内の市役所や商業施設の施工実績

といった、他社には真似できない「自社独自の強み」があると、はっきりとした差別化から自社に興味を持ったお客さまを集められます。

 

5.お客さまの声で安心感を与える

保守的で真面目な性格の茨城県民は、近所付き合いの話や友達同士の口コミが広がりやすく、第三者の意見を尊重する人が多い傾向にあります。

 

そのため解体業者を選ぶ際も「評判の良い会社であるか」を重視しており、会社の信頼性・技術力をアピールするコンテンツとして「お客さまの声」が必須になります

 

お客さまが依頼した理由や作業前後の様子についても掲載すると、より共感を得やすいコンテンツとなり、集客力を高める「強力な材料」になるでしょう。また余裕があればお客さまのインタビュー動画を撮影するなど、「お客さまの声」の信憑性を高める工夫も重要になります。

 

茨城県の解体業者におすすめのホームページ制作会社

最後に茨城の解体業者におすすめできるホームページ制作会社を3社紹介していきます。

  1. TRASP株式会社
  2. 株式会社エフズフィールド
  3. 株式会社アイテックプラス

1.TRASP株式会社

TRASP株式会社

 

https://trasp-inc.com/

 

大阪市北区にあるTRASP株式会社は、解体業・建設業の集客に強いホームページや求人サイトを得意としたWeb制作会社です。

 

お客さまごとに担当者がヒアリングを実施しているため、明確化していない集客課題や求職者が集まらない要因など、具体的な課題発見もTRASP株式会社の特徴。そのため長期的に利益を出せるWebサイトや、求職者が集まる求人サイト制作についてはお任せください。

 

また自社でコンテンツマーケティングに取り組み、Web業界のキーワードは検索ボリュームも競合会社が多いなかで、さまざまなキーワードで1位表示、トップ表示を実現していますその結果PV数は約595%増と大幅にアップ、CVは月4件から月42件と11倍に増えましたプロのSEOライターによるコンテンツ作成、広告・SNS運用などホームページから長期的に集客し続ける「さまざまなマーケティング施策」を提供できます。

 

オンライン面談も行っていますので、全国問わずに「集客の軸となるホームページを作りたい」と考えている方におすすめです。

 

TRASP株式会社の会社概要

URL

https://trasp-inc.com/

TEL

06-6136-5442

会社所在地

大阪市北区西天満5丁目2番18号 3F

設立年

2017年2月

実績ページ

https://trasp-inc.com/works-type/builder/#a_works

 

お問い合わせはこちら

 

2.株式会社エフズフィールド

株式会社エフズフィールド

 

https://fsfield.jp/

 

株式会社エフズフィールドは「想いを伝える、想いを広める」をコンセプトに、ユーザーに響くホームページ制作を行っている会社です。スマートフォンサイトへの対応やホームページ全体のリニューアルはもちろんのこと、システム・アプリ構築など、開発系の事業も行っています

 

また制作後の保守・管理運営サポートも一貫して任せられるため、Web担当者がいない解体業者の方・一人経営者の方でも安心して依頼できるでしょう。制作に長けている技術者の方が、Webディレクター・Webデザイナーを兼任してお客さまとの打ち合わせを行っているため、こだわりを伝えやすい・実現しやすい点も株式会社エフズフィールドの強みです

  

株式会社エフズフィールドの会社概要

URL

https://fsfield.jp/

TEL

0120-970-195

会社所在地

茨城県つくば市千現2-1-6 つくば研究支援センターC棟A-7

設立年

2008年4月

実績ページ

https://fsfield.jp/update/works

 

3.株式会社アイテックプラス

株式会社アイテックプラス

 

https://www.itec-plus.jp/index.html

 

水戸市に拠点をもつ株式会社アイテックプラスは、建設業界を中心にホームページ制作で多くの実績をもつ会社です。

 

なかでも茨城県内の建設・土木工事のホームページ制作や運用を行ってきた経験が多く、自社のブランディングを確立していけるようなホームページ制作を強みにしています

 

また新卒採用・中途採用など、求人サイトの制作も依頼可能です。若い求職者に良いと思ってもらえるようなデザインを熟知しているため、若年層をターゲットにしたホームページを制作したい方におすすめの会社となります。

 

株式会社アイテックプラスの会社概要

URL

https://www.itec-plus.jp/index.html

TEL

029-303-6410

会社所在地

茨城県水戸市双葉台2丁目1番地 双葉台地区センター 2棟 305号

設立年

2010年9月

実績ページ

https://www.itec-plus.jp/works/index.html

まとめ

本記事では茨城県にある解体業のホームページデザイン事例15選を、3つのジャンル別に紹介してきました。

 

地域性の高い茨城県では、第三者の意見を尊重する傾向があり、ホームページでは「お客さまの声」を充実させることが重要です。またホームページではファーストビューによって印象が左右されるため、魅力的なキャッチコピーや写真の活用を意識していきましょう

 

TRASPではWebマーケティングに強いホームページ制作を得意としています。管理面、SEOなどのWebマーケティング面からのご提案なども行っておりますので、サイトからの問い合わせを強化したい、サイトの導線を変更したいなどのご相談は一度TRASPまでご連絡ください。

 

Webの知識がない方でも一から丁寧にサポートしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.