TEL

TRASPコラム

土木業のホームページ制作を成功させるポイントとおすすめしたい業者5選

ホームページ制作

公開日:2021.07.26

土木業のホームページ制作を成功させるポイントとおすすめしたい業者5選

 

土木業界でホームページ制作を検討する方が増えています。しかし、「土木業でのホームページ制作を依頼したいけど、何から始めればよいのか分からない」と悩みを抱えてしまうことも少なくありません。

 

せっかくホームページ制作を依頼するのであれば、「なるべく費用を抑えて、より集客に結び付く自社サイトをつくりたい」と考える方も多いのではないでしょうか?

 

 この記事を読むと、

土木業のホームページ制作を成功させるポイントと失敗例

費用相場について

ホームページ制作をする前に取るべきアクション

土木業に強いおすすめホームページ制作会社

などが分かります。具体例を入れて説明していますので、ぜひ参考にしてください。

 

TRASP株式会社は、これまでに数多くの企業サイトの制作・運用を手がけてきました。培った経験・ノウハウを活かし、土木業のホームページ制作を行うための重要なポイントを解説していきます。

 

土木業のホームページ制作を成功させるポイント

土木業のホームページ制作を成功させるポイント

 

土木業のホームページ制作を行うにあたって「どのようなポイントに気を付けるべきなのか分からない」と悩みを抱えている方は、非常に多いです。そこで、土木業のホームページ制作を成功させるポイントについて説明します。

 

「自社のホームページを制作してみたい」と考えている方は、是非参考にしてください。将来的に、集客や知名度にも関わってくる大切な要素となっています。

 

ポイント1:自社のアピールポイントをピックアップする

まずは、土木業のホームページ制作を行うにあたって「どのようなサービスが魅力的なのか」「年間の施工件数や実績はどのくらいあるのか」など、自社の強みを理解・把握することが重要です

 

営業社員が相見積もりの際に行うPRや会社のパンフレット等を再度振り返り、どのようなアピールポイントをサイト上で打ち出していくかを検討してください。

 

土木業界は多忙なことも多く、普段は考える機会が限られていると思います。そのため、じっくりと時間をかけて訴求すべき点を洗い出していきましょう。4つ~5つほど自社のアピールポイントをピックアップすることで、より集客につながるサイトをつくりあげていくことが可能となります。

 

また、アピールポイントを選び出したものの“要約できず文章が長くなってしまう”というパターンに陥る場合も。ホームページを見るお客様全員が、文章を読むことが得意というわけではありません。“端的に分かりやすくまとめた文章”を作成することも意識してください

 

ポイント2:施工実績の写真等はプロのカメラマンに

土木業のホームページにおいて掲載する“施工実績の写真”は特に重要となります。なぜなら、瞬時に会社の実力を伝えられるツールとして大きな役割を果たすためです。

 

土木業界で取り扱う商材は数百万~数千万のものが圧倒的に多いです。高単価なものを扱うとなれば、クライアント・お客様側も購入に慎重になるでしょう。

 

例えば「住宅のリフォームを依頼したい」と考えた方がいたと仮定します。そうすると、複数の会社の情報について比較・検討する流れとなっていくと思いますが、その一環として企業のサイトを検索する場合も少なくありません。

 

お客様にとって、「実際にどのような工事を行っていくのか」「自分の求めているイメージ通りに仕上げてくれるのか」というのは、共通して最も気になっている部分です。

 

「写りがあまりよくない写真を掲載しているA社」と「商材の魅力をしっかり引き出した綺麗な写真を掲載しているB社」を比較した場合、まず話を聞きたいと感じるのはどちらだと思いますか?ほとんどの方が、B社だと答えると思います。

 

施工実績等の写真は企業イメージや信頼を大きく左右します。

 

そのため、施工実績の写真・その他アピールポイントを収めた写真等は、プロのカメラマンに依頼することをおすすめします撮影費用が生じることとなりますが、将来的に見ると他社ホームーページと差別化を図ることにもつながってくるでしょう。大事なコストと認識して取り組むといいかもしれません。

 

ポイント3:一般消費者の意見を取り込む

そして、一般消費者の意見を取り込むことも心がけてください

 

制作会社・担当者によっても異なりますが、デザインのみに重点を置いてしまう傾向も少なからずあるそうです。そのため、土木業のホームページ制作を依頼する際には「一般消費者の意見を取り込む」ことを大切にしましょう

 

デザインだけに偏った自社サイトを打ち出してしまったことで、実際に「内容があまり掴めない」「頼みにくいから比較対象から外そう」と感じて受注につながらなかったケースも。

 

建設・建設をはじめとした工業に関する知識が乏しい人が見ても、心を惹きつけるコンテンツを作成していくだけで、企業の印象は大きく変わっていきます。ホームページを見ている側が思わず「もっと情報を知りたい」と感じてしまうような、文章作成や写真選定を行っていくことがポイントです。

 

<お客様が依頼したくなくなるホームページ>

漠然とした内容であるのにも関わらず、「見積無料・お安くします!」等セールスが前面に押し出されているコンテンツは不信感を抱きます。施工実績の写真ではなく、イラストのみ掲載しているページが紹介されていることもありますが、イメージが湧かず困ってしまうことも。最終的に、ホームページで比較・検討から外してしまうことも少なくありません。

<お客様が依頼したくなるホームページ>

会社の雰囲気を知れると安心できます。施工実績の写真に加え、工事の工程が掲載されているとイメージが掴みやすいです。保有資格などもアピールしていると「実際にコンタクトを取ってみたい」と依頼に前向きになることも多いです。

このように、デザインや機能性というよりも「ホームページを見るだけで、必要としている企業の情報を得ることができる」「依頼することで得られるメリットを知れる」という点は、依頼に直結してくるポイントとなるようです。

 

事前にクライアント・お客様が求めている情報や、必要とされているコンテンツについてリサーチを行いましょう一般消費者の意見をホームページ制作に反映させることで、「自社を利用してみたい」と感じてもらえることも増えるかもしれません。

 

土木業のホームページ制作でよくある失敗例

土木業のホームページ制作でよくある失敗例

 

ホームページを制作するためには、どのようなページ・コンテンツを設定していくかでも変動するものの、ある程度の金額は必要になります。無料で提供できるものではない分、自社のアピールポイントを盛り込んだり、細かい箇所に対してもこだわることもできるのです。

 

そのため「こんなはずじゃなかった…」となるべく後悔しないような対策を、事前に練っていくことが欠かせません。ここではよく挙げられる失敗例を3点まとめました。より素晴らしいホームページを制作するために、チェックしてみてくださいね。

 

失敗例1:制作会社との連携がうまくいかない

失敗例の1つ目として「制作会社との連携がうまくいかない」というものが挙げられています。

 

企業や担当者によってバラつきはあるものの「やり取り・連携がうまくいかず、ストレスを感じる」となることもあるそうです。

 

ホームページが完成した当初は満足していたものの、サイト運営をつづけていくなかで気になる箇所が出てくることもあると思います。そうすると、制作会社や担当者に対して更新依頼の連絡をすることになりますが、“意外と時間がかかる・修正内容が指示した内容と違う”といったトラブルにつながってしまうことも少なくありません。

 

更新依頼が立て続けに起こる場合、制作会社や担当者側に対して、その都度「こうしてほしい」と希望する内容を伝達していきますね。そして、更新作業完了後にはホームページを再度確認します。

 

ですが「結果的にあまり精度がよくないし、思った通りに完成されていない」と感じた場合は、依頼主から再度制作会社や担当者へコンタクトを取って…という流れを延々と繰り返していくこととなります。更新依頼・双方の認識のミスマッチがつづいていけば、お互いにやり取り自体に不満が募ることでストレスを抱えてしまうでしょう

 

結果的に、依頼主側も「気軽に相談できない」と思うようになれば、ホームページの更新作業も億劫になっていくこともあります。そして、高額な料金を支払ったのにも関わらず“最終的にホームページの更新を放置する”と判断してしまう人も増えてしまうのです。

 

上記内容は一例でしかありませんが、ホームページ制作を依頼する場合は、運営を開始した後のサポート体制も確認した方がいいかもしれません広告内容だけに惑わされず、“誠実に対応してくれるかどうか・トラブル時に対策を練ってくれるかどうか等”、気になると感じた内容に関して、しっかりと詳細を聞き出すことが大切です。

 

失敗例2:思った以上に高額な料金が生じた

失敗例の2つ目は「思った以上に高額な料金が生じた」というものです。

 

制作会社によって、ホームページ制作にかかる価格・料金システムはかなり差がありますホームページ制作完了後、修正依頼など更新作業が生じた際に、別途高額料金を請求されることもあるそうです。

 

営業担当者が当初提案した価格と実際に請求される料金に、大きな差が生まれることも実際に多いということでした。内容を把握せずに契約を結んでしまった場合、費用面でかなり不満が生じてしまうことも考えられます

 

また、自社サイト運営を開始することで新たな課題が見えてくることもあるでしょう。集客に伸び悩んでいるから、リスティング広告を入れてほしい」「このページを修正してほしい」と、要望がどんどん増えていく場合がほとんどです。

 

ですが、ホームページ制作・アフターサポートに関する作業にそれぞれ費用が生じてしまう料金システムだった場合、請求金額は高額になってしまいます。例えば、ホームページ制作料金は200万円・修正は1ページあたり3万円・広告追加は月々5万円といったように、どんどん料金が上乗せされていくようなイメージです。

 

そのため、契約内容や価格・料金システムに関しての詳細をきちんと確認しましょう認識をしっかりと擦り合わせて、納得したうえで「ホームページ制作を依頼するかどうか」を判断することをおすすめします。

 

失敗例3:事業内容を打ち出せていない

失敗例の3つ目は「事業内容を打ち出せていない」といったものです。

 

土木業といっても、企業によってはかなり幅広い事業内容が展開されています。以下に一例をピックアップしました。

道路工事:道路改良・道路開設等、道路の構造物に関連する工事

橋梁工事:PC橋梁工事や橋台・橋脚工事等、橋をつくる仕事を請け負う

トンネル工事:トンネル本体工事や推進工事等

河川工事:河川整備・改修等の河川関連の工事

土地区画整理:土地区画整理・土地造成等、土地を整理する工事

あくまでも一部ですが、土木業が請け負う仕事は多岐にわたります。そのため、自社のホームページを制作するにあたっては、“対応できる工事や内容”を明記しておくことが極めて重要でしょう。

 

工事を検討している人がホームページを見た場合に、自社が対応できる工事や内容が記載されていなければ「この会社に仕事を依頼したい」とは思わないのではないでしょうか?そのため、明確に分かりやすく事業内容を打ち出していく必要があるのです。

 

業界内で順調に仕事を獲得しているツールとして、ホームページはかなり大きな役割を果たしていくでしょう。クライアント・お客様側からの“企業の第一印象を決める”といっても過言ではないと思います。

 

土木業のホームページ制作では、いかに内容を充実させていくかが成功の鍵となります。チャンスに結び付けていくためにも、自社の事業内容をしっかりと打ち出していってください!

 

 土木業のホームページ制作の費用相場は?

土木業のホームページ制作の費用相場は?

 

「土木業のホームページ制作にどのくらいの金額が必要なのか」と気になっている方も、多いでしょう。そこで、土木業のホームページ制作の費用相場がどれくらいなのかを調査したので解説していきます。

 

制作会社やフリーランスのWEBデザイナーに外注した場合、数十万~数百万円とかなり見積金額は非常に幅広いですでは、どのような要因で価格が変動していくのでしょうか?代表的な要因として、以下のようなものが挙げられます。

 

ページ数などのボリューム

システム等の機能面/撮影の有無

納期や進め方(修正回数・連絡コスト等)

 

また、一般的なサイトであれば10ページ程度のものが多いです。主に工務店の公式ホームぺ―ジ等をイメージしてもらえると分かりやすいと思います。このような一般的なサイトを制作する場合、かかる費用は100万~200万円程度が相場となります。

 

価格設定は制作会社によってもバラつきがあるため、注意する必要があるでしょう。よく「数十万円のパック料金」等の格安な金額を大きく打ち出している会社も見かけます。しかし、“オプション追加等のランニングコストが増えていくことで、料金がどんどん高くなる”ような事案もかなり多いです。

 

そして、格安な金額で請け負う分、ホームページ制作に対して莫大なコストをかけることはできません。テンプレートを基準に制作を進めていく企業も多いため、“後々カスタマイズ出来ず自由が効かない”というデメリットも見受けられます。

 

一般的なホームページ制作会社や住宅系コンサルティング会社・住宅業界に特化したホームページパッケージを提供している会社・フリーランスなど、選択肢は非常に幅広いです。複数見積を依頼し、検討を進めていくといいでしょう

 

また、土木業のホームページ制作において「事例や施工実績を紹介するページ」「採用・求人ページ」を掲載する会社も多いです。受注のチャンスを獲得しやすくなるだけではなく、求人募集の告知を行うことで人手不足の解消につながっているパターンもあるためです。

 

「どのようなコンテンツが、自社ホームページには必要なのか」という点を含めて、内容についてもしっかりと見据えていきましょう。

 

土木業のホームページ制作の前に取るべきアクション

土木業のホームページ制作の前に取るべきアクション

 

土木業のホームページ制作の前に取るべきアクションを、3点ピックアップしました。実践することでより理想に近い自社サイトを完成させることができるかもしれません。それでは、見ていきましょう。

 

アクション1:目的を定める

取るべきアクションの1つめは「目的を定めること」です。

 

土木業のホームページ制作における相場を理解するためには、目的をしっかりと定めることが重要となります。なぜなら、目的に応じて大きく相場が変動するためです

会社概要・事業内容等、最低限の情報を掲載したい場合:50万円前後

サイトの内容を細かく作りこみ、将来的には集客も行っていきたい場合:100万円~

上記はあくまでも一例ですが、目的に応じてかかる費用に大きな差が生じます。

 

また、SEO対策・リスティング広告挿入など、オプションに応じて別途料金を請求される場合がほとんどです。土木業のホームページ制作で重要な施工実績の写真を掲載する際、プロカメラマンによる撮影の有無によっても価格は違ってくるでしょう。

 

制作会社・フリーランス側に「このようなホームページをつくりたい」という要望を伝え、どのような目的を設定するべきかを話し合っていくことが重要です双方の認識に相違がないかを確認することで、仕上がり・費用面ともになるべく失敗を防いでいきたいですね。

 

アクション2:予算を明確にしておく

取るべきアクションの2つめは「予算を明確にしておくこと」になります。

 

ホームページをインターネット上で公開するために必要となるものが「サーバー」「ドメイン」。いずれを利用するにしても、月額で費用が発生していく場合が多いです。制作した土木業のホームページを公開している限り、継続して料金は請求される仕組みとなっています。

 

サーバー・ドメイン等は、維持費にあたる費用としてカウントされ、依頼を行った側が負担する場合が多いそうです。

 

しかし、制作会社等の見積りにおいて「維持費」が含まれないまま、ホームページ制作にかかる料金が提示されていることがほとんど。そのため、ホームページの公開後は手を加えなかったしても維持費はかかるので注意が必要です。

 

一般的なサイトのサーバー・ドメインの相場は、以下の通りとなります。

サーバー:1ヶ月あたり 数百円~数千円程度

ドメイン:1年間あたり 数千円程度

サーバー・ドメインの管理が不安な場合は、別途「管理費」がかかります。また、ホームページ公開後にいかに運用をしていくかは非常に大切な要素です。運用における作業によって費用は異なりますが、必要であれば制作会社に対して「運用費」を支払う場面も出てくるかもしれません。

 

土木業界は日常的に忙しいため、担当者は“SEO対策を行う・広告運用を取り入れる”といった本格的な集客支援を行う時間は満足に確保できないことが予想されます。そうなると、結果的には「制作会社に運用を依頼する」と判断されることも珍しくありません

 

自社でホームーページ制作・運用にかけられる予算はどのくらいなのかという点は、きちんと確認をしておきましょう。「思ったより金額が高くなってしまい、費用を捻出できない」と後悔してしまうことがないよう、計画的に話し合いを進めていくことが大切です。

 

アクション3:納期を決める

取るべきアクションの3つめは「納期を決めること」です。

 

依頼する制作会社が決まったら「いつまでにホームページを公開したい」と、希望する納期を明確に伝えることが大切です。明確に納期期日・時期を設けることで、トラブル回避にもつながっていくでしょう。

 

例えば「どれくらいで制作できますか?」「出来るだけ早く制作してほしいです」と、ざっくりとした内容で依頼することは避けた方がいいと思います。具体的な納期を提示しなかった場合、制作会社は比較的ゆとりを持ったスケジュールを組むことが圧倒的に多いそうです。

 

土木業界では「ホームページ制作に対する知識・ITに関連する知識に乏しく、制作期間の目安が分からない」という方も多いのではないでしょうか?そのため、制作会社側に納期設定を委ねるケースは後を絶ちません。結果的に「ホームページ完成まで、すごく時間がかかる」と不満を抱くことも考えられます。

 

制作期間の目安が分からなくても、特に急いでいない場合でも必ず納期設定を行ってください希望する納期を具体的に伝えることで、ホームページ制作は比較的スムーズに行われていくことでしょう。

 

土木業のおすすめホームページ制作会社5社

 

最後に、自社サイトの開設を本格的に考えている方に向けて、土木業のおすすめホームページ制作会社についてまとめました。各会社のサービス内容・料金目安・得意分野に関する情報を交えながら、詳しく解説していきます。

 

1.建設業界に特化した【D-Grip】

建設業界に特化した【D-Grip】

https://www.d-grip.com/

 

ホームページの制作や運営・デザイン・コンサルティング事業を行っている「株式会社D-Grip」は、建築業界に特化している点が最大の特徴です。

 

建築業界のホームページ制作に関しては、1,000社以上の実績を誇っているそう。D-Gripの実績のうち、ほぼ100%が建築業界を占めているといいます。

 

サービス内容:ホームページ制作・運営、WEBコンテンツ制作、WEB解析コンサルティング、各種デザイン業務等

料金目安:不明(要問い合わせ)

得意分野:保守サービスの提案、集客支援のサポート

 

最も得意とする建築業界に力を入れていることもあり、培った知識・ノウハウは極めて質が高いようです。ホームページ制作だけではなく、運用も安心して任せられる会社だと思います。

 

2.中小の建設会社に対して実績3,000件超を誇る【BRANU株式会社】

中小の建設会社に対して実績3,000件超を誇る【BRANU株式会社】

https://service.branu.jp/

 

中小の建設会社のホームページ制作を専門的に請け負う「BRANU株式会社」は、業界に関する知識も深く提案力に優れています。

 

サービス内容:ホームページ制作・運営、集客支援等

料金目安:不明※初期費用は無料(要問い合わせ)

得意分野:人材採用コンテンツの提案、制作後のサポート体制が充実、WEB集客の費用対効果アップ

 

BRANU株式会社にホームページ制作を依頼した建設会社の約70%が、資本金500万円以下ということです。また、約80%は従業員10名以下というデータも発表されています。「自社サイトを持つほどでもないかもしれない」と悩んでいる場合でも、現状に寄り添うサービス内容を提案できる点がBRANU株式会社の強みといえそうです。

 

3.建設業界コンサル監修の【イエスリフォーム】

建設業界コンサル監修の【イエスリフォーム】

https://www.web-concier.info/

 

イエスリフォームは建築業界・デイサービス業界に主に特化して、ホームページの制作を行っています。戸建・マンションのリフォームやリノベーション、店舗・オフィスのデザインや施工等がメインの事業となっているようです。

 

サービス内容:ホームページ・ランディングページ制作、システム開発・パンフレットや名刺のデザイン・制作等

料金目安:ホームページ制作 50万円~、ランディングページ 5万円~

得意分野:集客性・ユーザビリティに特化したサイト制作、ランディングページのデザイン

 

リフォーム事業をメインに手がける「イエスリホーム」だからこそ、顧客と企業の立場を理解したうえで的確な提案を行うことができるのです。集客アップに軸を置き、画像の選び方や見せ方・SEO対策等も含め、問い合わせを促せるよう導線設計にこだわったホームページ制作を心がけているそうです。

 

4.格安料金でホームページ制作OK【株式会社コネックス】

格安料金でホームページ制作OK【株式会社コネックス】

http://co-nex.jp/

 

格安料金でホームページ制作が可能「株式会社コネックス」にも注目です。大阪府に本社・支社を構えており、東京都内にはまだ進出していないようです。

 

サービス内容:基盤システム開発・・ホームページ制作・ECサイト構築等

料金目安:不明(要問い合わせ)

得意分野:建築業界に特化したホームページやWEBサービスの提案・運用

 

建築業界に特化したホームページ作成サービス「らくペジ」も展開していることでも、知られています。土木業を営む企業からも高い支持を得ており、問い合わせも多いそうです。らくペジでのホームページ制作は、初期製作費が無料・年間のシステム利用料のみで利用できます。

 

5.工務店のWEB集客が得意な【TRASP株式会社】

工務店のWEB集客が得意な【TRASP株式会社】

https://trasp-inc.com/

 

また、当社「TRASP株式会社」について紹介します。

 

大阪府を拠点に、全国区でホームページ制作の依頼を請け負っています。工務店のWEB集客を非常に得意としており、制作後のコンサルティング・マーケティングにも力を入れています。目的やターゲットに合わせて、お客様毎にプランのカスタマイズを行っている点が大きな特徴です。

 

サービス内容:ホームページ制作・MEO集客・SEO対策

料金目安:内容によって料金が変動するため、詳細はお問い合わせください。

得意分野:ホームページ新規制作・リニューアル、ブランディング・集客等

 

土木業をはじめ、幅広い業種で実績を重ねてきました。培ってきたノウハウを活かし、小さな可能性をしっかりと見出していきます。

 

また、SEOを駆使したコンテンツ制作により「業績があがった」「顧客が増えた」と感じた企業も数多く、喜びの声が多く寄せられています。

 

まとめ

 

土木業者がホームページ制作で集客を成功させるポイントをはじめ、取るべきアクションや費用面などの情報を詳しく解説しました。おすすめしたい業者についての情報を含め、大切なことをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

日常的に現場で作業を行うことも多い土木業界では、時間に追われることも多いでしょう。そのため、なかなかホームページ制作をするための時間を確保できない現状もあると思います。

 

他社と差別化を図り、“少しでも仕事につなげるチャンスを増やすこと・人材不足の解消を図ること”が、業界で成功を収める近道になるかもしれませんね。そのために、ホームページを有効活用することが重要となります。

 

オンライン化の流れは今後も著しく進んでいくこと間違いないでしょう。ホームページ制作・運用を効果的に行うことで、自社の業績アップにつながる可能性が非常に高まっていきますよ!

 

<TRASPへの無料相談>

 https://trasp-inc.com/contac

 

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

オンライン
相談受付中
page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.