TRASPコラム

メキメキ拡大中!主なキャッシュレス決済の基礎知識をわかりやすく解説!

NEWS

ここ最近、ことあるごとに耳にするようになったキャッシュレス決済。

ご覧いただいている皆様の中にもすでに利用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ただ日本はまだまだ現金主義的な社会なので、やってはみたいけどよくわからないから手を出しにくいなと考えている方も多々いらっしゃるかと思います。

 

そこで今回はキャッシュレス決済の基本的な知識や種類一度わかりやすく解説してみます。

 

そもそもキャッシュレスって何?

 

キャッシュレスとは簡単に説明すると、「現金(紙幣や硬貨など)を使用しない状態」

つまりキャッシュレス決済とは「直接の現金(紙幣や硬貨など)のやりとりなしでモノやサービスの対価を支払ったり受け取ったりすること」を指します。

 

キャッシュレス決済を行う人

キャッシュレス決済にはどのような種類があるのか。

 

キャッシュレス決済と一言で言っても、その中には様々な種類があります。

それぞれ特徴があり、種類によって使用できる店舗も様々です。

それぞれの特徴を知って、シーンに合わせて使い分けることができます。

キャッシュレス決済の種類のイラスト

・クレジットカード

クレジットカードはキャッシュレスの中でも最もポピュラーなものではないでしょうか。

使用できる店舗やサービスも大変多く、現時点では使い勝手は最も高いかもしれません。

支払い方法も月一や分割など多彩です。

 

・デビットカード

こちらはクレジットカードと少し似てはいますが、デビットカードと口座が紐づけられており、デビットカードで支払うと口座から即時引き落としをされる形となります。

クレジットカードと違い、審査も不要なためクレジットカードよりも気軽に発行することもできます。

 

・電子マネー

こちらも最近は一般的になってきたキャッシュレス決済の一つです。

中でも交通系の電子マネーは通勤やレジャーなどの移動時には多くの方が使用されているかと思います。

電子マネーは大きく分けると交通系と商業施設系の2つの種類があります。

交通系の代表的なものとしてはSuicaやPASMO、ICOCAなどの鉄道会社が発行しているもの。

商業系の代表的なものとしてはnanacoやiD、楽天Edyなどがあります。

支払い方法は現金を事前にチャージして使用する「プリペイド型」に加えて、最近では事前にお手持ちのクレジットカードを登録して使用する後払い方式の「ポストペイ型」があります。

 

・QRコード決済・バーコード決済

こちらは最近、急速に普及している方法です。

場合によってはひとくくりにコード決済と呼ばれることもあります。

若い世代には比較的馴染み深い決済方法ではないでしょうか。

最近よく聞くPayPayやLINE Pay、メルペイなどのサービスもこの決済方法を導入しています。

使い方としては2つのパターンがあります。

どちらの方法も比較的簡単に行うことができます。

 

ストアスキャン方式

自分のスマホの対象のサービスアプリからQRコードやバーコードを表示し店舗側が専用端末でスキャンし、利用金額を入力して決済を行う形。

ユーザースキャン方式

店舗側がレジ周辺に提示しているコードを、利用者のスマホの対象のサービスアプリで読み取り決済を行う形。

支払い方法としては、事前に現金をチャージしたり、あらかじめクレジットカードや銀行口座と紐づけて決済のたびに支払いを行ったり、サービスによって後払いが可能なものについては、指定の支払期日までにコンビニなどで支払いを行うこともできます。

 

キャッシュレス決済のメリット。

ではそんな色々な種類のあるキャッシュレス決済が具体的に何がいいのか?

キャッシュレス決済を利用することでもたらされるメリットはなんなのかを簡単に紹介します。

マル印のジェスチャーをしている女性

・何よりも持ち物がが減らせる!究極財布だって不要。

カードやQRコードなどを介して決済を行うため、お札や小銭を持ち歩くことなく荷物も減らしお手軽に買い物をすることが可能です。

アプリなどを活用すれば、極端な話、財布も持たずにスマホだけでお出かけということも可能になってきます。

 

・決済がとってもスムーズ!

決済額に合わせて、財布を取り出し小銭やお札を数えて、お釣りを受け取りという、これまでは当然の流れだったことを省くことができます。

総合的に見ると、キャッシュレス決済が今以上に進んでいけば、レジの渋滞も緩和されるのではないでしょうか。

 

・ポイント還元などのキャンペーンが豊富!

サービスや会社によって、様々なポイント制度やキャンペーンを行なっています。

貯まったポイントはお会計時に利用できたりして現金決済よりもお得に。

またサービスごとに様々なキャンペーンが行われており、PayPayでは50回に1回、全額(10万円相当分)まで戻ってくるというようなキャンペーンも行われていました。

 

・紛失や盗難にあってもセキュリティや補償があるのでちょっとだけ安心

現金を紛失してしまった場合、持ち主の手元に戻ってくることはごく稀だと思います。

しかしスマホでのキャッシュレス決済の場合、指紋認証や顔認証でロックがかかっていることが多く使用できませんし、いざ支払いとなると暗証コードも必要なためやはり不正に使用することは難しいです。

また万が一不正使用された場合においても、クレジットカードはもちろん、PayPayやLINE Payなどのサービスには不正利用に対す保証があるので安心です。

 

・利用状況の管理が容易

専用のアプリなどから使用履歴を確認できるため、支出の管理がしっかりと行えます。

また最近リリースされている家計管理アプリには、キャッシュレス決済に連動しているものも多く、アプリによってはさらに管理がしやすくなります。

 

 

 

キャッシュレス決済のデメリット。

とっても便利なキャッシュレス決済、ただまだまだ発展途上な側面もあるため下記のようなデメリットもあります。

バツ印のジェスチャーをしている女性

・キャッシュレス決済に対応していない店舗では使用できない

現在、政府の後押しもありキャッシュレス決済に対応した店舗は続々増え続けている状況ではありますが、まだまだ使えない店舗も多いというのが事実。

またキャッシュレス決済と一言で言っても、上記で説明したように様々な種類がある、全てに対応している店舗はさらに少ないという状況です。

現金と同じ感覚で幅広い店舗で使えるようになるにはもう少し時間がかかるのかもしれません。

 

・災害時や端末故障時、また充電切れの際のリスク

災害時は停電などが発生しお店側の端末が使えなくなったりすると、いくらこちら側が使えても使用ができなくなります。

また故障時も同様に使えなくなってしまうのです。

また日常的に起こる充電切れの際にはスマホの立ち上げができないと当然使えなくなってしまいます。

 

・意識せず無駄遣いをしてしまう

気軽に使えるだけに現金と違いお金を使っているという感覚が若干薄れるためついつい使い過ぎてしまいがちです。

支出の履歴をこまめに確認し把握しながら使用しましょう。

 

 

キャッシュレス決済のまとめ

QRコード決済を行なっている人

キャッシュレス決済は上手く使えば、日常生活をさらに便利なものにする素敵なツールです。

メリットとデメリットもご紹介しましたが、デメリットの多くは地震で注意すれば解消できるものも多くあります。

今後、政府が推進していることもありキャッシュレス決済の環境は今以上に良くなっていくのではないかと思われます。

是非、それぞれのサービスを吟味してキャッシュレス生活を始めてみてはいかがでしょうか?

2019.10.10

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.