TRASPコラム

企業が行うべきマーケティング手法や分析方法と戦略

Webマーケティング

マーケティングで大切なのは分析から

マーケティングのイメージ

 

マーケティングで重要になってくるのは、「どれだけ集客が見込めるか」を分析することですが、その手法としてアンケートをとることが多いようです。

 

ただし、アンケートの質問内容がしっかりしていないと、せっかく苦労して集めた情報を分析して、何か重要な結果が浮かび出てくることがないという大失敗を犯している企業が多発しています。
何を知りたいのか、どんな分析結果が出たら理想的であり、出店にGOサインを出せるのかまで見据えてアンケートを作成する必要があります。

 

また、その店舗を出店するエリアの顧客年齢層・世帯構成・通勤通学の導線などの調査が重要になってきます。
高齢者が多いエリアに若者向けのショップを出しても無意味ですし、出店予定のエリアを避けたルートを住民が通過するのであれば意味がありません。
こういった事項を入念に調査して、事態を正確に把握するためには、現地に足を運ぶことが必須となります。
しかも、1回や2回ではなく毎日通勤通学時間帯や主婦の夕食買い出し時間帯などに現地を見てリサーチを繰り返す必要があります。

 

そうすることで、近くに競合店が存在しないかもチェックすることができます。
現在の商業地エリアでは、店舗ジャンルが絶対に被らないのは難しい状況にあります。
ブランドこそ違えども、低価格高品質を謳ったファッションショップは競合上等で戦っているような状況です。
そこで差をつけるには、サービス戦略の違いになってきます。
今はキャッシュレス時代に国が一丸となって取り組んでいるため、ポイント制が鍵になってきます。

 

 

ウェブ広告の有効な活用

WEB広告の活用イメージ

 

そこで、ポイント付与制度をお得感のあるものに充実させるなど、リピーターを増やす戦略が必要になります。
ビギナーを増やすための手法としては、現在の武器はやはりネットによるウェブ広告でしょう。
現在は、ショッピング客は足を運ぶ前にエリアにある店舗のホームページや口コミをネットでチェックしてから買物に行く傾向が高いです。

 

その際に、企業サイトのデザイン性の差も集客数の差となって現れます。
自社製品を一方的に宣伝することだけに一生懸命で、顧客に寄り添ったサイトの内容になっていないものが多々見受けられます。

 

ブログなどを利用する経営者もいますが、SEO対策が大変です。
専門業者に依頼したら、数十万円も取られた上に、大したホームページにならず、集客にも失敗したという経験者も少なくありません。

 

逆に、とても目を引いて、一見良さそうなホームページを作っているのに、実際に店に行ってみると在庫が無かったり、スタッフの対応が悪かったりといったことがあり、二度と行かないという顧客もいるようです。
それでも、やはり立派なホームページを作るとなると、専門のプロのプログラマーなどに依頼することになりますが、検索上位に自社サイトが挙がってくるようなSEO対策が施されたサイトを作成しなければ、費用対効果が低くなってしまいます。
さらに、サイトをみて関心をもった顧客が来店した際に、その期待を裏切らないサービスが求められます。
それには、実際に足を運んでくれた人にアンケートをとるのが一番です。

 

 

マーケティングは継続することで効果を発揮してくる

マーケティングの継続イメージ

 

マーケティングとは、出店前だけにやるようなイメージがありますが、出店後も継続してやるべきものなのです。
それを怠ると良好な店舗経営は長続きしません。
常にお客さんの意見に耳を傾け、謙虚に真摯に受け止めながら改良を考え施している店長・オーナーの店は繁盛しています。お客様の生の声を聞いて、それをネットにも導入して活かしながら広告戦略も図っていくことが重要です。
パソコン1台あれば、何でもできると思っているマーケティングスタッフもいるようですが、買うのは人間でありAIやロボットではありません。

 

感情というものがあることを忘れてはなりません。
しかも、お客様は細かいところまでしっかり見ています。競合店が無いエリアで導線も良いなどという最高のスポットが見つかる確率は非常に低いと言わざるを得ません。
しかし、近くに競合店があろうともサービス戦略や広告戦略を企画・立案することで、売上に差をつけることが可能になります。

 

他店との違いはどんなところか、自社ブランドの特徴をわかりやすく丁寧に顧客に伝える必要がありますが、そのためのツールとして利用すべきなのがウェブ広告ということになります。

 

 

様々な手法をミックスした戦略を

手法のイメージ

 

リピーターが何度もアクセスしてくれることも重要ですが、とりわけ新規の顧客がそのウェブ広告に関心を示してクリックしてくれるかどうかが重要になってきます。
ネットの広告表示が嫌いだというユーザーもいるので、一度毛嫌いされるとその企業サイトは二度と開いてもらえなくなる覚悟をした方が良いでしょう。

 

そうなると、また一から自社サイトの作り直しということになり、その分余計な費用もかかってきます。
そのためにも、キーボードを叩くだけでなく、現地にマーケティング部の複数のスタッフを派遣し、人間の目でみて足で掴んだ貴重な情報とネットを上手くミックスして、マーケティングを継続していくことが、売上向上をもたらすことに繋がります。

 

 

様々なマーケティング関連の分析方法

マーケティング手法のイメージ

 

企業のマーケティング手法は、これまでに数多くのやり方が検討、確立されて戦略に活用されています。
基本はやはり情報の解析とサービスに関する応用で、特に顧客の行動を知ることが次の手を考えるヒントになります。
競合他社について知るのも戦略の一環ですし、自社広告の魅力や強みを引き出すことで、市場における存在感を拡大することが可能です。

 

 

外部環境に目を向けるPEST分析

外部要因のイメージ

 

有用とされる代表的なマーケティング手法の1つPEST分析は、政治や経済と社会に技術の頭文字から命名されています。これら4つの要素から状況の把握に努め、次に自社が取るべき行動について結論を導き出します。
このPEST分析は外部環境に目を向けるのが特徴で、今から将来にどのような影響があるか、可能性に関する予測手段となります。

 

それぞれの項目の変化に着目して、今後何が起こるか予測していく手法です。
バリューチェーンは、原料調達から顧客に対する商品、サービスの提供に至るまでを細分化して調べるのがポイントです。過程ごとの強みと弱みの把握に努めますから、自社の得手不得手が見えてきますし、マーケティングの総合力が高められるので活用してみる価値ありです。

 

競合と比べて勝っている部分は強みを活かせますし、逆に負けている部分は改善に取り組むことで、欠点を解消して戦略効果が高められます。

 

 

需要への向き合い方を導き出す3C分析

3C分析は、市場や顧客を意味するカスタマーを始めとして、競合のコンペティターと自社のカンパニーの頭文字から取られた3つのCに由来します。
どのように活用するかは業種や企業によって違ってきますが、少なくとも市場や顧客に目を向け、需要を調べたり見つけるのは基本です。

 

また、競合が需要にどう向き合い対応しているのか、そういう視点で更に状況の把握に注力します。
最終的に自社が取るべき行動について考え、結論に基づいて実践する流れとなります。
考え方としてはマーケティングの基本ですから、最初に覚えたり実践しても損はないでしょう。
むしろ、これが応用に繋がるので、真っ先に挑戦することをおすすめします。

 

 

特定分野に特化するフォース分析

特定分野のイメージ

 

フォース分析は別名ファイブフォースとも呼ばれるもので、特定分野に特化する形でマーケティングに活用されます。
他の方法と組み合わせるのが定番ですから、それだけ柔軟性が高く多方面と相性が良いことが窺えます。
ちなみにフォースは脅威の意味で、危機感を持って情報を調べたり方針を決めることになります。
競合他社との脅威は、既存だけでなく新規に参入する他社も対象です。

 

売り手の交渉力や買い手の交渉力といった要素も、この手法では脅威の1つとみなされます。
代替製品やサービスが登場する、その危機感もまた脅威に注目したり検証する切っ掛けに変わります。
ビジネスはいわばサバイバルですから、過酷な市場で生き抜く為の経営戦略の確立に役立てられます。

 

 

強みと弱みをもとに分析するSWOT分析

強みと弱みのイメージ

 

SWOT分析もマーケティングの定番で、強みを意味するストレングスや弱みのウィークネス、市場機会のオポチュニティ、そして脅威のスレットが要素です。
この方法は何を目標に定めるかが肝心で、そこから情報を検証したり応用に役立てることが大切です。
仮にもし目標が曖昧なままだと、途中で行き詰まったり失敗に終わりますから、最初に目標を明確にするのが先決です。

 

 

状況に応じて最適な分析方法の選択を

状況に応じてのイメージ

 

どの方法を採用するか検討することも重要ですが、いずれにしても情報を集めて調べたり、弱点の克服などを考えるのは共通点です。Webは企業戦略の主流で、自社サイトの運用やSNSアカウントの運営、それに動画やO2Oといった方法も人気があります。従来のやり方に固執していると、時代の変化に取り残されてしまったり、他社に引き離される結果に至ります。

 

しかし、現状を把握して次に活かすことができれば、失敗も無駄にはなりませんし、競合に追いつける可能性が高まります。既に先行して市場をリードしている場合も、現状に満足して油断することなくリードし続ける為の材料が手に入るでしょう。広告1つ取っても、どのチャネルを選んでどういった内容を打ち出すか、これを決める方向性の決定づけに役立ちます。だからこそ顧客の動向把握は重要ですし、他の要素と併せて行動を調べることで、今まで見えなかったものが見えてきます。1つの手法を活用するだけでも違いますが、複数を組み合わせて多角的に分析すると、また違った道筋が見えるはずです。

 

広告はビジネスにおいて結果を追求するのに効果的な手法ですが、コストが掛かったり結果が求められます。
その為、予算を捻出するには説得力が不可欠ですから、これらの方法で状況を把握したり、結果に期待できる有力な次の手を導き出すわけです。

 

考えなしに予算を投入するのは無謀ですし、戦略を立てない企業はありませんから、今ではどの企業も必ず何らかのやり方で顧客や市場、ライバルを調べています。
どういう方法が最適かは業種によりますが、自らにフィットするやり方を見つけて活用を行えば、ライバルの多い市場において優位に立てるでしょう。

 

 

消費者心理を分析して効率的なマーケティング

ユーザー心理のイメージ画像

 

物をたくさん売ったり、サービスを効率よく提供するためには消費者のニーズや考えを分析する必要があります。
例えばあなたがティッシュを配る仕事を任された時、どこで配るのが効率よいのかということを真っ先に考えるはずです。忙しい人が行き交う朝の駅前ではほとんど人が他人に興味を示さないので、ティッシュを配ろうと思っても手に取ってくれる人は少ないです。

 

そこでどのような行動を取るべきか、まずは時間に余裕がある10時から14時くらいの時間帯を狙っていきます。
この時間帯は日中で一番ゆっくり出来る時間ですし、仕事が休みの人や主婦などが行動しているタイミングなので、このときを狙ってティッシュを配るのが一番効果的です。

 

次は配る場所を選んでいくのですが、これは人が多いところというよりも両手がふさがっていない状態の人がたくさんいるところや、もらったものをカバンの中に入れることが出来るシチュエーションを選ぶのが良いです。
デパートやスーパーの出入り口、待合室などが一番狙い目です。

 

 

状況に応じた手法の選択が重要

WEBサイトの運用は多岐にわたるのイメージ

 

このように同じ作業でも場所とシチュエーションが違えば仕事の効率が大きく変わります。
企業はこのような調査、活動を毎日のように繰り返し行っていて、この作業をマーケティングと呼びます。
マーケティングはなぜするのかというと、商品をたくさん売って利益につなげる目的があるからです。
世の中の人はどのようなものが欲しいのか、何に興味を示しているのか、この情報を集めるために顧客の動向や考えを調査します。

 

顧客の意見や動向を無視して商品を開発したり、サービスを提供しても思ったように売れないですし、無駄なコストばかり掛かってしまう可能性が高くなります。

 

 

アンケートなどを有効に活用し、品質と時間のバランスの最適化

潜在的なユーザーへのアプローチのイメージ

 

商品開発や新しいサービスを生み出すためには多くの時間と費用が掛かります。
時間は有限なものですし、いつまでも時間を掛けていると競合する他社に先を越されてしまうという危険性もあります。費用はもちろん限りがあり、多くのお金をつぎ込めばよいものが生まれるというわけでもないです。

 

マーケティングが上手い会社というのは世の中のこと、顧客が求めることを理解しているということになります。
これが上手い会社は戦略を練るのも得意ですし、自社を宣伝する広告活動も効率よく行うことが出来ます。
一昔前はマーケティングのやり方は限られていましたが、今はあらゆる角度からアプローチすることが可能です。
主な手法としてはアンケートによる調査活動です。企業は自社でアンケートを作成して、それに回答してもらうことで世間の声を集めます。

 

自社でアンケートを作成して、たくさんの人に回答してもらうためのノウハウが無い場合はリサーチ会社に代行をお願いします。アンケートは世代を限定したり、性別を限定してお願いすることも可能なので、調査対象となる人をピンポイントで狙っていくことが出来ます。

 

アンケートは無料で回答してもらうわけにもいかないので、報酬を用意する必要があります。
費用は掛かりますが、その分のリターンはあるので非常に重要な役割を担っています。最近はアプリで気軽に回答できる調査方法もあるので、若い世代の意見を調査することも可能です。

 

 

SNSを利用し“ユーザーの声”を効率的に集める

重要な接点のイメージ

 

アンケートの他にも調査方法はたくさんあります。
近年マーケティングに使われるのがツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどをSNSです。
ツイッターは拡散するスピードが速く、タイムラインのようにリアルタイムで情報が更新されるシステムもあるので調査として活用することが出来ます。

 

若い世代は情報をSNSで集める人が多いので、アンケートに答えるのが面倒だという人でも回答しやすいはずです。
ツイッターにはリツイートという機能があり、気になる投稿をさらに拡散することができます。
これによって宣伝効果を狙うことが出来るので、企業が広告として使うことも十分可能です。
フェイスブックはホームページのような役割を担うことも出来ますし、検索でヒットするような工夫をすることで売り上げにつなげることが可能です。
インスタグラムは写真が中心のSNSですが、写真で人々の興味を引くことが出来ればこれほど便利で使い勝手の良い宣伝方法は無いでしょう。

 

マーケティング手法は多種多様になっていて、昔と同じ手法では若者達の意識や動向を調査することが出来ないです。
市場調査が上手くいかないという人は、自分の行動に置き換えて考えてみると思わぬ発見があるはずです。
自分は普段どのようなものに興味を持ち、それを調べる時はどのような行動を取っているかと振り返ってみると良いでしょう。知りたい情報があるときに最初に手に取るものは何なのか、検索するときに打ち込むワードは何と言う言葉なのかというのが意外に重要な要素になります。

 

気が付いたことがあったらメモを残しておくことで、顧客分析や情報の分析の時に役立ちます。今は情報が多過ぎるので、整理して分かりやすくまとめる必要性もあります。

2020.02.11

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

オンライン
相談受付中
page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.