TRASPコラム

インスタグラムのストーリーを上手く活用している企業紹介

NEWS

 

 

Instagramのホーム画面でのフィード投稿やハッシュタグの運用はやっているけれど、

ストーリーにはまだ手をつけられていないという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

今やフィード投稿よりも見られることが多いストーリー、

せっかくInstagramを使っていて活用しないのは勿体無いです。

でも実際どのようなストーリーが人気があって、企業はどんな投稿をしているのか、気になりますよね。

そこで今回はストーリー機能を上手く活用している企業を紹介したいと思います。

ここで紹介する企業の工夫して行なっているストーリーの活用事例を、ぜひ今後の運用の参考にして下さい。

 

ストーリー機能を上手く活用している企業

では、実際に企業がストーリー機能を上手く活用している様子を見ていきたいと思います。

 

・スターバックス @starbucks_j

コーヒーストアでお馴染みのスターバックス。

ストーリーで新商品の発売に合わせて商品の紹介を行なっています。

商品名のハッシュタグや特定のハッシュタグを付けて、フォロワーないしユーザーにも投稿を促しています。

ユーザーがハッシュタグでの投稿をすることで、どんどん他のユーザーへと目に留まる確率も上がり、

投稿が増えれば検索の画面にも登場するので、結果的に商品PRの拡散につながっていると言えるでしょう。

このようなユーザーから発生するコンテンツのことを【UGCUser Generated Contents)】といいます。

 

 

 

こうしたUGCを活用したストーリーの投稿は、企業のInstagram運用において非常に参考になる一例です。

新商品の他にもキャンペーンへの興味・関心まで高めることが出来ています。

 

 

 

こちらはスターバックスが配布しているGIFスタンプを使って投稿してね!という、

ユーザーも思わず投稿したくなるような楽しい企画。

 

また、季節限定商品のPRであったり、ドリンクのカスタマイズのランキング、商品の好みを質問して投票が出来たり、

ユーザーが一緒に参加出来たり、見て楽しめる工夫が様々施されています。

 

・ロフト @loft_official

様々な生活雑貨を取り扱っているロフト。

その幅は広く、文房具からコスメ、キャラクター雑貨やインテリアなどバラエティ豊かです。

ロフト公式アカウントでは、ハイライトで『Stationery』『Lifestyle』『Beauty』の3ジャンルの投稿を

それぞれまとめています。

このように、ジャンル別に商品紹介をまとめることで、

ユーザー自身が求めている情報や商品を見つけやすくなっています。

 

 

お家時間が長かった最近の『Beauty』ハイライトまとめでは、お家でゆっくり過ごす人が増えることを思って、

バスタイム用品を紹介しています。

 

 

また、ストーリーから詳細な情報を載せたフィード投稿へと、スタンプを可愛く使いこなし、

タップするだけで飛べるようになっていたりもします。

フィードよりもストーリーの方がよく見られているという特徴から、

あらかじめシェアして興味を持ったユーザーには、フィード投稿も見てもらえるようにしています。

 

 

ロフトは文具専門の公式アカウントもあります。 @loft_bungu

 

 

このようにストーリーにリンク(URL)を添付し、

スワイプアップしてもらうことでユーザーを外部のページに遷移させることが出来ます。

しかしこの機能は、フォロワー1万人以上から利用出来るようになるものです。

リンク機能はフォロワーが増えれば、ストーリーから自社サイトや商品ページへの導線を作れるようになり、

ファンの獲得に繋げられますね。

 

・クラシル @kurashiru

毎日使えるほど多くのレシピ動画サービスを分かりやすく提供しているクラシル。

dely株式会社 (dely, Inc.)が運用しています。

クラシルでは、レシピをたくさんストーリーで紹介した後、月ごとにハイライトでレシピをまとめています。

また、スイーツ、肉料理、おつまみなどカテゴリ別にもまとめられています。

Instagramにおけるマーケティング手法として、ストーリーが24時間で消えてしまうので、

後でも見てもらえるようにハイライトでまとめることはオーソドックスになっているのですね。

 

 

 

レシピ動画自体はフィードでの投稿でも見ることが出来るようになっていて、

ストーリーではユーザーに自社のサイトへ訪問させるようになっています。

綺麗な写真にレシピのポイント、そしてホームページへの導線がしっかりと配置されています。

クラシルはInstagramが提供しているテキストやスタンプなどではなく、自社で作成したデザインを使用しています。

デザインや統一した世界観にこだわっており、お洒落で見やすいストーリーの設計の工夫がなされています。

 

企業がストーリーを活用するメリット

いかがでしたでしょうか?

ストーリーは、プライベートでももちろん、

企業のアカウントでこそ力を入れて活用していただきたいSNSマーケティングの手法のひとつです。

紹介した企業は一部にすぎませんが、参考に出来そうなポイントを踏まえた上で、

フォロワーやファンの獲得の為のストーリーの作ってみて下さい。

企業がストーリーを使うメリットをまとめると

 

・ハッシュタグやリポストを使って、ユーザー・ファンを巻き込む

UGCを利用して、ユーザー・ファンとの相互コミュニケーションを活性化させ、

より身近に感じやすいといったストーリーの特徴を活かすことで、

一種の【バズ(流行り)】を生み出せます。

バズれば企業そのものや、商品の広い認知強化に繋がります。

 

・ストーリーの特徴を活かした限定感を出して、ユーザーの行動を促せる

人は限定情報に弱いので、新商品の発表前にストーリーで情報を公開することは、

24時間で投稿が消えてしまっても価値のある投稿になります。

また、24時間で消滅する、という特徴を活かして、24時間限定のキャンペーンを行うことも可能なので、

ストーリーを見逃さないように!といった告知を事前に行えば、

新規フォロワー獲得を見込むことも出来ます。

ストーリーを見たフォロワーのみにお得な情報やクーポンコードなどを発信し、

24時間限定のキャンペーンなどを行えます。

 

・ハイライト機能を上手く使って、情報をまとめられる

24時間で消えてしまうストーリーですが、残しておきたいストーリーをプロフィールに保存することで、

興味を持ってくれたユーザーに、プロフィールアカウントにてストーリーをまとめてチェックしてもらうことも

可能になります。

このハイライト機能を使えば、企業として「今」一番見せたい投稿やストーリーの情報や、

商品ジャンルごとのハイライトを作れます。

ユーザーに、どのような企業なのか、などのメッセージをハイライトを通して

短時間で発信することも出来るでしょう。

 

・企業アカウントによってはURL遷移が可能

通常投稿はテキストからURL遷移させることが出来ません。

しかし、ストーリーではフォロワー1万人以上の企業アカウントはURL遷移が可能なので、

自社の公式サイトやその他のWebサイトに直接遷移させれます。

 

その他にも、ストーリーの足あと機能で何人の、どのようなユーザーやフォロワーが

ストーリーを閲覧したのかを確認出来たり、ストーリーをアップすることで、

自社のロゴなどをフォロワーのホーム画面のトップ位置にアイコンを表示させ、

通常投稿より目に留まりやすくしたり、とストーリーの特性が企業のSNSマーケティングにおいて、

Instagramの活用の効果をさらに高めてくれるでしょう。

また、ストーリーを活用すれば1日に何度投稿しても、フォロワーのタイムラインを圧迫することもないのです。

基本的にフォロワーが自発的に閲覧することでストーリーは再生が始まるため、

フォロワーの中でも反応(いいね!やコメント)の良い人(エンゲージメントの高い人)

へアプローチすることが出来ます。

世界中で幅広い世代に利用されているInstagram

通常投稿よりもストーリーをアクティブに利用している中高生のユーザーにも、

ストーリーなら情報を届けやすいでしょう。

ストーリーでユーザーとの親和性をより高め、通常投稿のリーチにも繋げられると言えるのではないでしょうか。

Instagramを運用しているのであれば、通常投稿だけではなく、ストーリーの活用も積極的に行っていきましょう!

 

2020.05.19

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.