TRASPコラム

企業が行うマーケティング手法:第二弾

NEWS

様々なマーケティング関連の分析方法

マーケティング手法のイメージ

 

企業のマーケティング手法は、これまでに数多くのやり方が検討、確立されて戦略に活用されています。
基本はやはり情報の解析とサービスに関する応用で、特に顧客の行動を知ることが次の手を考えるヒントになります。
競合他社について知るのも戦略の一環ですし、自社広告の魅力や強みを引き出すことで、市場における存在感を拡大することが可能です。

外部環境に目を向けるPEST分析

外部要因のイメージ

 

有用とされる代表的なマーケティング手法の1つPEST分析は、政治や経済と社会に技術の頭文字から命名されています。
これら4つの要素から状況の把握に努め、次に自社が取るべき行動について結論を導き出します。
このPEST分析は外部環境に目を向けるのが特徴で、今から将来にどのような影響があるか、可能性に関する予測手段となります。
それぞれの項目の変化に着目して、今後何が起こるか予測していく手法です。
バリューチェーンは、原料調達から顧客に対する商品、サービスの提供に至るまでを細分化して調べるのがポイントです。
過程ごとの強みと弱みの把握に努めますから、自社の得手不得手が見えてきますし、マーケティングの総合力が高められるので活用してみる価値ありです。
競合と比べて勝っている部分は強みを活かせますし、逆に負けている部分は改善に取り組むことで、欠点を解消して戦略効果が高められます。

需要への向き合い方を導き出す3C分析

需要への向き合い方のイメージ

 

3C分析は、市場や顧客を意味するカスタマーを始めとして、競合のコンペティターと自社のカンパニーの頭文字から取られた3つのCに由来します。
どのように活用するかは業種や企業によって違ってきますが、少なくとも市場や顧客に目を向け、需要を調べたり見つけるのは基本です。
また、競合が需要にどう向き合い対応しているのか、そういう視点で更に状況の把握に注力します。
最終的に自社が取るべき行動について考え、結論に基づいて実践する流れとなります。
考え方としてはマーケティングの基本ですから、最初に覚えたり実践しても損はないでしょう。
むしろ、これが応用に繋がるので、真っ先に挑戦することをおすすめします。

特定分野に特化するフォース分析

特定分野のイメージ

 

フォース分析は別名ファイブフォースとも呼ばれるもので、特定分野に特化する形でマーケティングに活用されます。
他の方法と組み合わせるのが定番ですから、それだけ柔軟性が高く多方面と相性が良いことが窺えます。
ちなみにフォースは脅威の意味で、危機感を持って情報を調べたり方針を決めることになります。
競合他社との脅威は、既存だけでなく新規に参入する他社も対象です。
売り手の交渉力や買い手の交渉力といった要素も、この手法では脅威の1つとみなされます。
代替製品やサービスが登場する、その危機感もまた脅威に注目したり検証する切っ掛けに変わります。
ビジネスはいわばサバイバルですから、過酷な市場で生き抜く為の経営戦略の確立に役立てられます。

強みと弱みをもとに分析するSWOT分析

強みと弱みのイメージ

 

SWOT分析もマーケティングの定番で、強みを意味するストレングスや弱みのウィークネス、市場機会のオポチュニティ、そして脅威のスレットが要素です。
この方法は何を目標に定めるかが肝心で、そこから情報を検証したり応用に役立てることが大切です。
仮にもし目標が曖昧なままだと、途中で行き詰まったり失敗に終わりますから、最初に目標を明確にするのが先決です。

状況に応じて最適な分析方法の選択を

状況に応じてのイメージ

 

どの方法を採用するか検討することも重要ですが、いずれにしても情報を集めて調べたり、弱点の克服などを考えるのは共通点です。
Webは企業戦略の主流で、自社サイトの運用やSNSアカウントの運営、それに動画やO2Oといった方法も人気があります。
従来のやり方に固執していると、時代の変化に取り残されてしまったり、他社に引き離される結果に至ります。
しかし、現状を把握して次に活かすことができれば、失敗も無駄にはなりませんし、競合に追いつける可能性が高まります。
既に先行して市場をリードしている場合も、現状に満足して油断することなくリードし続ける為の材料が手に入るでしょう。
広告1つ取っても、どのチャネルを選んでどういった内容を打ち出すか、これを決める方向性の決定づけに役立ちます。
だからこそ顧客の動向把握は重要ですし、他の要素と併せて行動を調べることで、今まで見えなかったものが見えてきます。
1つの手法を活用するだけでも違いますが、複数を組み合わせて多角的に分析すると、また違った道筋が見えるはずです。
広告はビジネスにおいて結果を追求するのに効果的な手法ですが、コストが掛かったり結果が求められます。
その為、予算を捻出するには説得力が不可欠ですから、これらの方法で状況を把握したり、結果に期待できる有力な次の手を導き出すわけです。
考えなしに予算を投入するのは無謀ですし、戦略を立てない企業はありませんから、今ではどの企業も必ず何らかのやり方で顧客や市場、ライバルを調べています。
どういう方法が最適かは業種によりますが、自らにフィットするやり方を見つけて活用を行えば、ライバルの多い市場において優位に立てるでしょう。

2020.02.18

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.