TRASPコラム

ホームページを制作する上で制作会社に伝える事

ホームページ制作

 

 

ホームページを制作する際、制作会社にいざ製作依頼をしようと思い立っても、まずどんな事を準備すればいいのかわからないという方は多いでしょう。

 

基本的にホームページというものは、制作したいという思いのある依頼者側の協力なしに作り上げる事は出来ません。どんな特徴やどんなコンセプトを全面に出せばいいのか明確でなければ、どんなデザインでどんなものを作ればいいのか定かではありません。

 

ホームページは一度作ったらゴールではなく、制作後に行っていく運用こそが最も大事なのです。

適当に作られたホームページでは内容は薄いものとなり、後々の運用も愛着を持って出来なければ続かないものです。

その為、目的や要望に沿ったホームページを作り上げていけるように制作会社が基本的な要素、内容、デザインをヒアリングします。

 

それと同じく制作依頼者側も一緒にホームページを作り上げていくイメージで、事前にアイデアとしてたくさんの要素を用意し、内容を整理しておくと、より制作進行が捗り、早くホームページの運用が出来るようになるかと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ホームページを制作する上で準備しておきたいこと

 

制作の目的は何?

最近では自分で無料でホームページ作成出来るサービスも充実しています。

時間や手間はかかるかもしれませんが、少しお金をかければ立派なホームページ作成ソフトでホームページを作成する事も可能です。

 

なのにどうして制作会社にホームページの作成を依頼するのでしょうか?

お金を支払ってまでホームページを作りたいと思っている理由は?

または、既存のホームページがあるにもかかわらずなぜリニューアルしたいのか?

制作前になぜ、その理由は?という事からまずしっかり整理しておきましょう。

 

せっかく制作を依頼するのだから、本格的に注文する前に何を1番伝えたいのか、方針を伝える事が大切です。

例えば、既存のホームページのデザインをとにかく新しく、とりあえずホームページを作っとこう、くらいの気持ちで依頼をしてしまうと、制作費用がかかった割に効果がなかったという事態になりかねません。

 

今解決したい課題は何か?問題点は何なのか?それらを解決する為にはどのような方法があるか?

といった事も一緒に考えておきましょう。

 

特にリニューアルの場合は、運用してみて不便と感じた事は何なのか、こうなればもっといいのに、という要望やなぜそうなるといいのか?という理由も制作会社にしっかり伝える事をお勧めします。きちんと伝えておけば、制作会社がそこに向けて最善の策を練ってくれ、提案の幅も広がるでしょう。

 

 

達成したい目的や解決したいことを伝える

そもそも、ホームページを作りたいと思ったきっかけは何でしょうか?

新規のお問い合わせやご予約に繋げたい、店舗で売っている商品を全国向けに売り出したい、資料請求を増やしたい、ユーザーにとって見づらい・わかりづらい部分があるからリニューアルしたい等、何か目的や解決したい悩みがあると思います。

 

まずはなぜホームページを制作するのか、という目的を明確にしましょう。

目的を設定し、達成する為には、どのようなホームページにするのかという部分を制作会社が一緒に考えていきます。

 

目的が曖昧だと着地点がどこなのかわからず、何をどうしていけばいいのかもわからなくなってしまいます。

なんとなく『今使っているホームページがダサいから』とか、『伝えるべき情報が足りていないかも?』など、掘り下げてみればホームページ制作がしたい何かしらのきっかけがあるはずです。目的の詳細が定まっていればいるほど、その目的を判断基準として、どうホームページで表現するべきかという判断がしやすくなります。

 

最初はとにかくたくさんアイデアを出して、最終的に目的を細く設定していけば、後々の判断・決定も楽になるでしょう。デザイン、企画、その後の運用も含めた全てに関わってくるのでじっくり考えてみてください。

 

 

ホームページで見せる情報はどんなものか?

ユーザーが見たいと思う情報をホームページ上で正確に届ける事が何よりも大事です。

 

制作面においても、TOPにおく情報やグローバルナビ(各ページに共通して設置されるサイト内の案内メニュー)

に置く項目等に深く関わってくるので、よく考えましょう。

 

また、ECサイトや製品紹介等制作するホームページの種類によっても、見せるべき情報が変わってきます。

ユーザーにとって必要のない情報は邪魔になるだけなので、全ての情報を網羅すればいいというわけではないのです。

 

その為には次に述べるターゲットについて考える事も重要になってくるので、合わせて考えていきましょう。

 

 

ターゲットについて考える

どんなユーザーがどのような状況で、どうしてホームページを閲覧するのか?という分析をしっかりとしていきましょう。

 

設定した目的によってもターゲットの絞り方は異なります。例えば、新規開拓のターゲット層を狙いたいという場合は、まず同じような業態でそのターゲットに指示を得ている他のサービスはないか調べてみると、何かしらヒントを得られます。

 

そこに来ているユーザーにはどんな人がいて、それぞれどんな反応をしているのか、どんなワードに惹かれやすいのか等という情報を参考にしターゲットを絞る軸にしていきましょう。

 

また、既存の商品やサービスのファンに似た人を更に増やしたいという場合なら、そのファン達はどんな人達なのでしょう?ファンになった気持ちでホームページを回ってみて、その人達が何を見て商品ページにやって来ているのか、どのようにして購買意欲を高めているのか等細かい所まで分析してみましょう。

 

ホームページ制作・リニューアルでは、ターゲットやユーザーのニーズに応える事もとても重要です。また、ターゲットがホームページの見た目のデザインにも大きく影響する事もあるので、現時点のユーザーと、企業側が求めるターゲットにズレがないかをしっかり見極めておく事も大事です。

 

ターゲットが企業側が求めるものに寄り過ぎてしまうと、今現在ユーザーとなってくれている方が後々離れていってしまう原因になりかねません。まずはユーザー目線で進めていきましょう。

「年齢・性別・地域・興味」等、目的に合ったターゲットを絞っていく事が出来ます。

 

 

事業・サービス・商品の強みは何か?

ホームページを作るという事は、何かアピールしたいものがあるのでしょう。

アピールしたいものの先には上記のような目的があって、まずはそこを明確にする必要があります。

 

大抵の場合は目的よりも先に何か事業・サービス・商品が存在します。

サービスや商品があるのでその認知やアピールの為にホームページを作ろう!という考えになります。

その為、ホームページに載せるべき商品・サービスの強みを何なのかを探すことが重要です。

 

いざ『商品の強みは何ですか?』と問われると、『うーん』と考えてしまいますが、例えば、店舗があるのであればそこに来店する顧客へ話す内容がまさに強みになるでしょう。取り扱っている商品には愛着があるでしょうし、それをそのまま語ればいいのです。簡単です。

 

まずは商品やサービスの強みのアイデアを出来るだけたくさん出していけば、制作会社とそれをどんな見せ方にすればより伝わるかといった部分を一緒に考えていきます。イメージとしては商品(やサービス)があって、その商品(やサービス)の強みをアピールする、そしてそれを色んな手法でアピールし続け、目的を達成するというのがホームページを作って効果を上げるおおまかな流れになるでしょう。

 

ホームページ制作・リニューアルを制作会社に頼む際、制作側でもクライアントの企業については調べさせていただくのですが、クライアントである依頼者側も自身の企業を制作側に出来るだけ多く知ってもらっていた方が、よりよいホームページを作っていく中では、必要不可欠となるでしょう。

 

制作会社としてはクライアントの情報をよりたくさん用意・提供していただけると大変助かります。

クライアントのことをよく知る事がよりよいホームページを作っていく中では、必要不可欠となります。

色々と話していく中で新しいアイデアや売り出し方が見つかる事も少なくありません。

 

 

競合他社のことをよく知ろう

ライバルとなる会社がどんな業種にも存在すると思います。

同業他社との差別化を図る為に、まずそれらの競合他社の情報が必要となります。

 

より良いホームページを作り上げる材料として、出来るだけ多くの他の会社の良い所、さらには悪い所も洗い出していきましょう。どんな売り出し方や見せ方をしているのか、企業理念の違いはどんな所か、ホームページ自体の事だけではなく、会社の詳細までよく知る事で、自社のホームページはどうしたらもっと良くなるのか?も見えてくるはずです。

 

 

デザインのイメージを伝える

ユーザーのニーズは何なのか、どんなホームページを目指してどんな効果を期待しているのか等、ある程度ホームページの中身が固まってきたら、デザインについても少し考えていきましょう。

 

企業のイメージとして、その顔にもなるホームページ、目指していく所も含め大体は決まっているかと思います。

中でもメインカラーは大事になってきます。もし、会社ですでに決められている色があるのなら、必ず伝えるようにしましょう。

 

また、好きなデザインの参考サイトをいくつか用意しておけば、制作会社とのイメージの共有に活用したりも出来ます。出来上がってみたら、思ってたのと違うといった事は避けたいですよね。

 

小さな事でも何か気づいた事があれば制作会社とお互いに認識の共有を図っておきましょう。

 

 

ホームページに込めたいこだわり

ホームページに反映したい企業の色やテーマ等予めこれは入れたいという【こだわり】がある事も多いでしょう。

そんな独自のこだわりは可能な限り早めに洗い出して、制作会社に伝えておく事が重要です。

 

TRASPでのホームページ制作のおおまかな流れは、ヒアリングトップページのラフデザインの作成・提出お客様の承認(デザインの決定)下層ページ制作(コーディング・プログラム)・提出といったかたちです。

 

もしデザインの決定まで工程が進んだタイミングで、「あ、やっぱり色はこっちのカラーで」とか、全体のページが出来上がり承認いただいた後に「この内容も入れたかった」ということがあると、ヒアリング等で今まで考えたものの中にどうにかちょっと崩して調整するなんてバランスがあまり良くないものに仕上がりかねません。

 

制作会社としては、やはり実際にデザインに取り掛かる、作り始める前のタイミングの企画や下書きの際に、色々なアイデアや意見やこだわりを言ってもらえる方がありがたいのです。

 

せっかくホームページ制作を依頼するのだから労力をかけてでも良く考え抜いて、やりたい事やこだわりを明確にしておけば、デザインの方向性もスムーズに決めて進める事が出来ます。

 

 

制作中に必要になる可能性がある事

また、制作会社に用意を頼まれた時に準備しておくと即返す事が出来て制作スピードもアップ出来るであろうものがあります。制作会社のやり方によっては様々ですが、基本的には必要だと思いますので、準備しておいて良いでしょう。

 

  • ・サイトに使用する写真
  • ・商品・企業パンフレット等の紙媒体
  • ・サーバー、ドメイン情報
  • ・既に存在するロゴデータ
  • ・強みや要素の文章化
  • Googleアカウント

 

ホームページを運営する方自身が、可能な限り写真素材や文章を準備した方が良いと考えます。

もちろん日々の仕事で忙しく、準備する時間がないという方もおられるので、制作会社側でそれらを用意する事も出来ます。

 

しかし、専門性を扱う企業自身がその業務内容について書く文章の方が熱意のこもった文章が書けるでしょう。その為、強みやアピールしたいものの説明も事前に文章化し準備しておく事にもメリットがあります。

 

サーバーやドメイン、Googleアカウント等は、制作会社によって必要・不要は変わってくるので、そこは用意するよう言われてからでも良いかもしれません。

 

 

ホームページ制作は制作会社とクライアントの双方の協力が必要

ホームページ制作は制作会社で『こんな感じです。はいどうぞー』で作るものではありません。

基本は制作会社とクライアント、双方の協力が絶対に不可欠です。

 

制作会社が考えるべき事はもちろん、構成や見せ方、デザイン、プログラム、コーディング等沢山あります。それと同時に依頼者であるクライアントが考えるべき事も沢山あるのです。そうでなければサイトを作る目的が曖昧になってしまい、その曖昧な感じで作ったホームページが果たして良いものになるでしょうか?

 

また、自分の事業やサービス、会社を文章化したり視覚化したりするという作業自体は会社の活動を見つめ直せる良い機会にもなります。

 

最初から完璧な要素を準備するのは難しいですが、重要な要素さえ理解出来れば、あとはそれを制作会社が組み立てます。良いホームページを作る為にも、しっかりと考えましょう。

 

したがって、余裕を持ってスケジュールを組み、分析等の効果を上げる為の施策を検討する期間を設け、目的に向けた成果を上げられるよう納期にはある程度時間をかけましょう。

 

 

まとめ

見栄えは良くても、効果の期待できない中身のないホームページにならないように方向性や内容を固める事が大切です。ホームページは見られなければ、使われなければ意味がありません。

 

コンセプト定義を事前にきちんとしておく事が非常に大事です。

項目があげられたとしても、どこをどう見ればいいのか行動していくのは意外と難しいと感じる方もいるかもしれません。ホームページ制作会社の中には、どこをどうすればいいのか分析や整理の段階から受け持ってくれる所もあります。

 

また、依頼する制作会社の見積もりもしっかり注視して内容を見るようにしましょう。費用が低すぎると成果に期待出来なかったり、高過ぎると必要としていないオプションがついていたりという場合も。ある程度は見積もりの時点で見極められるようにしておいた方が良いかもしれません。

 

TRASPは大阪の本社を中心に全国各地どこでも、対応致します。

TRASPは事前にしっかりとヒアリング・提案を行った上で制作を進めていくので、クライアント様のニーズに応える、結果に繋がる効果的なデザイン・制作が可能です。また、TRASPが制作をを手がけるお客様の業種は、建設・鉄鋼・塗装・エステ・サロン・整体/整骨院・美容室・士業・飲食店等様々です。これまで沢山の業種のサポートを行ってきたTRASPだからこそ、最適な提案をさせていただけます!

 

2021.02.04

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

無料サイト
診断受付中

無料サイト診断受付フォーム

    会社名
    ご担当者名※必須
    メールアドレス※必須
    お電話番号※必須
    診断URL※必須
    診断キーワード※必須
    page top
    © TRASP.inc All Rights Reserved.