TRASPコラム

SEOキーワードの決め方|ツールを使用して効果を最大化する選定方法

Webマーケティング

SEOキーワードの決め方|ツールを使用して効果を最大化する選定方法

「SEOキーワードはどうやって決めるんだろう」

「SEOキーワードと聞くと、なんだか難しそう」

「SEOキーワードで上位表示させるにはどうしたらいいの」

コンテンツを作成する上で最も重要な要素と言っても過言ではないSEOキーワード。
はじめてサイトを立ち上げる方にとってSEOキーワードというのは、難しいイメージを持たれがちな工程かと思います。
中には、なんとなく決めればいいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

実は、サイト設計・コンテンツ作成をする上で非常に重要なのがSEOキーワードです。今回は、SEOの知識や実績豊富なTRASP株式会社が、SEOキーワードの決め方について解説します。

 

SEOキーワードの決め方には、必ず抑えるべき5つのステップがあり、この記事で紹介している通りの順番でSEOキーワードを決めることで上位表示されやすいコンテンツが作れるよう構成しました。

メインキーワードを決める

ツールを活用したキーワードの洗い出し

キーワードを絞り込む

コンテンツ作成の優先順位を決める

コンテンツ公開

また、SEOキーワードを決める上で抑えるべき注意点「キーワードが重複してはいけない」「ビッグキーワードだけを狙わない」「易度が高いキーワードも対策する」の3つについても紹介しています。
それでは、SEOキーワードの決め方と3つの注意点について見ていきましょう!

 

SEOキーワードの決め方の大まかなフロー

「そもそもSEOって何?」という方のために、SEO対策の基本を解説した記事もあるので、こちらを参考にしてみてください。
【超初級編】簡単なところからはじめるSEO対策

 

SEOキーワードの決め方の手順は以下の通りです。

メインキーワードを決める

ツールを活用してキーワードを洗い出す

キーワードを絞り込む

コンテンツをつくる優先順位を決める

コンテンツの公開

 

SEOと聞くと少し難しいイメージを持たれがちですが、手順通りに選定していくことで簡単にSEOキーワードを決められます
以下の見出しで、実際の決め方について見ていきましょう。

SEOキーワードの決め方5ステップ

SEOキーワードの決め方5ステップ

キーワード選定の基本手順をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

SEOを制するキーワード選定のコツとおすすめツール

 

では、SEOキーワードの決め方の手順に沿って、それぞれのやり方について解説します。

(1)メインキーワードを決める

まずは、メインとなるキーワードを決めます。

 

これがユーザーのニーズから外れていると、サイトのアクセスを増やすことができません。そのため、自分のサイトに関連したキーワードや売りたい商品・サービスに関連したキーワードをメインキーワードとして設定します。

 

例えば、ホームページ制作を行っている企業であれば、メインキーワードとして「ホームページ」「web制作」などが当てはまります。他にも、スキンケア商品を売りたい場合、メインキーワードとして「スキンケア」を設定するとよいでしょう。

 

このように、自社のサービスや商品、サイトのに関連するキーワードをメインキーワードとすることで、そのキーワードを求めるユーザーの流入を増やすことができます

(2)ツールを活用してキーワードを洗い出す

次にメインキーワードに付随するキーワードを洗い出し、キーワードの拡張を行います。

 

キーワードには、大きく分けて3種類存在します

 

ビッグキーワードメインキーワード「ホームページ」「web制作」「スキンケア」
ミディアムキーワード「ホームページ 制作」「ホームページ 作り方」「web制作 大手」「web制作 会社」「スキンケア メンズ」「スキンケア おすすめ」
ロングテールキーワードスモールキーワード「ホームページ制作 安い」「ホームページ 作り方 ワードプレス」「web制作 大手 一覧」「web制作 会社 料金表」「スキンケア メンズ オールインワン」「スキンケアメンズ プチプラ」

 

メインキーワードが決まった後、ミディアムキーワードとスモールキーワード(ロングテール)を洗い出し、選定していきます。

 

手順は、大きく4つ。

  1. ペルソナが検索しそうなキーワードを洗い出す
  2. 実際に検索する
  3. Google広告キーワードプランナーにて候補を広げる
  4. ラッコキーワードでさらに広げる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ペルソナが検索しそうなワードを思いつきで洗い出す

まずは、ペルソナ(メインキーワードに興味があるユーザー像)が検索しそうなワードを想像して絞り出します。

 

ペルソナが「どんな状況で」「何が知りたいのか」を想像し、どんなキーワードで検索するのか(検索意図・検索インサイト)を想像し、思いつきで洗い出します。

 

例えば、最近ニキビなど肌荒れに悩んでいる20代男性が、ニキビ、肌荒れを防ぐスキンケア商品を探すとき「スキンケア メンズ」「スキンケア ニキビ」「スキンケア 肌荒れ」などが想像できます。

 

このように、まずはペルソナの意図を読み取って、検索しそうなキーワードを思い付きで洗い出しましょう。

実際に検索する

では、思いつきで出てきたキーワードを実際にGoogleを使って検索してみます。

 

この時に、パーソナライズド検索(あなたの閲覧履歴や場所などに基づいた検索結果)にならないためにもブラウザをシークレットモードで開いて検索しましょう。Windowsの場合、「Ctrl+Shift+N」、Macの場合、「⌘+Shift+N」で開きます。

 

実際に検索した時に注目するのが「サジェスト」と「LSIキーワード」の2つです。

 

サジェスト(Googleサジェスト)

サジェスト

 

先ほど出したキーワードを実際に検索すると、Googleが、サジェストというユーザーが求めている情報の関連キーワードを検索候補として表示してくれます。サジェストは、検索ボリュームが比較的多く、検索されやすいキーワードであるため、これを活用してキーワードの拡張を行います。

 

LSIキーワード

LSIキーワード

 

LSIキーワードとは、検索したキーワードの次に検索されているキーワードのことで、検索結果画面の一番下に表示されます。

 

また、検索結果画面からどれかのサイトを閲覧した後、検索結果画面に戻ると「他の人はこちらも検索」というキーワードも表示されます。

 

他の人はこちらも検索

 

「LSIキーワード」と「他の人はこちらも検索」は、共に同じようなニーズをもったユーザーがあとに検索したキーワードであるため、キーワードを決める上で重要な候補です。

Google広告キーワードプランナーにて候補を広げる

Google広告キーワードプランナーにて候補を広げる

 

次に、キーワードプランナーにてさらにキーワードの洗い出しを行います。
 

キーワードプランナーは、キーワードを調べる上で多くの日本人に使われている有名なツールです。

 

キーワードプランナーでは、キーワードの候補となる他のSEOキーワードはもちろん、キーワードの月間平均検索ボリュームや競合性など、SEOで上位表示を狙う上で重要な要素を提案してくれます。

 

しかし、Google広告アカウントで、Google広告を出稿していない場合、検索ボリュームと競合性は表示されないため、注意が必要です。もちろん、SEOキーワードを決める上では、キーワード候補の提案だけでも十分な機能であるため、ぜひ活用しましょう。

ラッコキーワードでさらに広げる

ラッコキーワードでさらに広げる

 

さらに、キーワードの拡張を行うためにも「ラッコキーワード(旧:goodkeyword)」を活用します。

 

ラッコキーワードは、GoogleやBingなどのサジェストを利用して、メインキーワードのミディアムキーワード・ロングテールまでを候補として表示。候補の洗い出しはもちろん、検索結果から、ユーザーニーズを読み取ることもできるSEOキーワードを決める上で非常に役立つツールです。

 

ラッコキーワードに表示されるキーワードは、実際に検索されているキーワードであるため、一定の検索ボリュームがあります。

その他のキーワード検索ツール

Google広告キーワードプランナーやラッコキーワード以外にも、SEOキーワードの候補を洗い出すツールがいくつか存在します。

 

Keyword Tool(キーワードツール)

Keyword Tool

メインキーワードに関連する候補となるキーワードを抽出してくれる、無料のキーワード検索ツールです。

 

Googleはもちろん、YouTubeやAmazonの候補も抽出してくれるため、幅広いユーザーニーズの調査が可能。有料版では、キーワード候補の他に、検索ボリュームや競合性、クリック単も閲覧することができます。

 

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

 

グーグルサジェストキーワード一括DLツールは、Googleのサジェストを利用してSEOキーワード候補を洗い出すほか、CSVファイルとして一括ダウンロードできるツールです。他にも、Yahoo!・Bing・YouTube・Amazonなど幅広いプラットフォームのサジェストワードを抽出し、一括ダウンロードすることができます。

 

Excel等で、キーワード候補をリスト化して一括管理したい方におすすめのツールです。

 

Keywordmap

 

Keywordmapは、SEOキーワード候補・検索ボリューム・競合性・クリック単価を調査することができる、キーワードを決める上で役立つツールです。

 

こちらのツールもグーグルサジェストキーワード一括DLツールと同様、CSVファイルを一括でダウンロードでき、キーワード候補リストとして一括管理できます。

 

それぞれツールの機能に大きな差がないため、一度使用してみて使いやすいツールを使うようにするとよいでしょう。もちろん、より多くのSEOキーワード候補を洗い出すためにも、複数のツールを活用することもおすすめです。

(3)キーワードを絞り込む

次に、洗い出した大量のキーワード候補の中から、選定するキーワードを絞り込みます

 

最終的には、全てのキーワードについてコンテンツを作成することが理想ですが、まずはコンテンツの効果が出やすいよう、以下のステップでキーワードを絞り込みます。

ロングテールキーワードを狙う

まず、キーワードの絞り込みを行う際の重要な考え方として、ロングテールキーワードを狙うことが挙げられます。

 

ロングテールキーワード(スモールキーワード)とは、検索ボリュームが少ないキーワードのこと。検索ボリュームが少ない分競合も少ないため、検索結果で上位表示されやすくなります

 

また、ロングテールキーワードは数が多く、様々なユーザーが検索するため、幅広いコンテンツを制することが可能。検索ボリュームが少ないため、各コンテンツのアクセス数は少なくなりますが、コンテンツの量を増やすことで全体的なアクセス数の増加が見込めます。したがって、ロングテールキーワードを狙うことは非常に効果的だと言えます。

 

さらに、ロングテールキーワードはコンバージョンレート(成約率)が高いのも特徴です。キーワードがより詳細であるため、ユーザーニーズが読み取りやすく成約に繋がりやすい傾向があります。

 

このように、競合率が高いビッグキーワードを狙うより、まずは競合が少ないロングテールキーワードを狙うことで、上位表示され、アクセス数を増やすことができます。

優先順位をつける

ツールを活用して大量にキーワード候補を洗い出したら、次に優先順位を付けていきます。

 

優先順位をつける上で重要なポイントは、「検索ボリューム」と「競合の数」です。

 

競合数 少競合数 多
検索ボリューム 大優先度 優先度
検索ボリューム 小優先度 優先度

 

上記の表のように、

検索ボリュームが大きく、競合数が少ない場合、検索結果で上位表示されやすいため優先度が最も高いです。

検索ボリュームが大きく、競合数も多い場合は、優先度は中くらいです。上位表示される難易度が高いため、基本的には後回しにし方が良いでしょう。時間や機会があれば、作成してもよいのではといったところです。

検索ボリュームが小さく、競合が少ない場合に、優先度は中。前述したロングテールキーワードに当たるため、上位表示を十分狙える領域です

検索ボリュームが小さい、かつ競合数が多い場合は、優先度が最も低く、コンテンツ作成する必要がないキーワードです

ニーズの分析から絞り込む

次に、ユーザーニーズの分析から絞り込みます。

 

メインキーワード、キーワードの拡張部分でもあった通り、再度ペルソナがどんな状況でどんな情報を知りたがっている、欲しがっているのかという検索意図を想像します。検索意図からずれているコンテンツは、一般的に上位表示されにくい傾向があるため注意が必要です。

 

検索意図は、大きく4つに分類され、それぞれ目的が異なります。

KNOWクエリ(知りたい):例「ホームページ 作り方」

BUYクエリ(買いたい):例「スキンケア メンズ おすすめ」

GOクエリ(行きたい):例「渋谷 デートスポット おすすめ」

DOクエリ(やりたい):例「インスタ アプリ ダウンロード」

これら4つの検索意図と自社の売りたい商品やサービスに合ったキーワードを選択していきます。

 

例えば、スキンケア商品を売りたい場合は、BUYクエリの「メンズ おすすめ」「洗顔」「クレンジング」などに絞り込みます。ホームページ制作サービスであれば、「制作 代行」「格安」などに絞り込むことができます。また、KNOWクエリからコンバージョンにも繋げることもできるため、検索意図を読み立って上手くキーワードを絞り込みましょう。

キーワード難易度チェックツールを活用する

SEOキーワード難易度チェックツールを活用することで、絞り込みを簡単に行うことができます。

 

rishirikonbu.jp

キーワード難易度チェックツール

 

ただし、難易度チェックツールの結果は、提供元が独自の方法で算出した結果であるため、すべて鵜吞みにせず、あくまで参考までに捉えておきましょう。

(4)コンテンツをつくる優先順位を決める

SEOキーワードの洗い出し、絞り込みが完了したら、実際にコンテンツをつくる優先順位を決めます。

 

コンテンツ制作の優先順位を決める上で重要なのが「競合調査・分析」「インデックス数」「被リンク数」の3つです。それぞれ詳しく解説します。

競合調査と分析

まずは、競合調査と分析です。

 

上位表示が現実的なモノなのか判断するためにも、絞り込んだキーワードで実際に検索し、出てきた競合となるサイトをチェックします。

 

キーワード検索をして、出てきたサイトが大手のサイトばかりであると、サイト名や会社名だけで信憑性が高まるため、ロングテールキーワードであっても上位表示はされにくくなります

 

また、リスティング広告が多い場合も同様です。リスティング広告が多いということは、「お金をかけてまで上位表示させたい」と思うようなキーワードであるため、競合数が多く、競争率が高くなります。

 

まずは、絞り込んだキーワードで検索してみて、そのようなサイトが上位表示されているのかを確認しましょう

インデックス数

コンテンツを制作する優先順位を決める上では、競合サイトの「インデックス数」が重要な要素です。

 

インデックスとは、Googleなどの検索エンジンのクローラーによってデータベースに保存される索引データのことをいい、サイトがインデックされないと検索結果に表示されません。

 

インデックス数は、基本的に多ければ多いほど上位表示されやすく、少ないほど上位表示されにくくなります。Googleにて「site:調べたいサイトのドメイン」で検索すると、そのサイトのインデックス数が算出されます。

 

つまり、競合となるサイトのインデックス数を調らべ、そのインデックス数を上回るコンテンツ量を作ることで、上位表示が可能になるのです。

被リンク数

次に、競合サイトの被リンク数について調査します。被リンク(バックリンク)とは、外部のサイトから自分のサイトに向けられたリンクのことをいいます。

 

良質な被リンク数が多ければ多いほど、検索エンジンからの評価が高まり、検索結果の上位表示されやすくなります

 

被リンク数を知べるには、有料チェックツールか無料ツールを活用して調査します。

MAJESTIC

MOZ

ahrefs

hanasakigani.jp

(5)コンテンツの公開

競合調査・分析が完了し、コンテンツ制作の優先順位が決まったら実際にコンテンツ制作、公開します。「公開したらあとは、放っておいて上位表示されてアクセスが増えるのを待つだけ」と考える方もいると思いますが、コンテンツ公開後にも重要な項目があります。

定期的なキーワードの見直し

コンテンツ公開後には、定期的なキーワードの見直しが必要です

 

立ち上げたサイトのキーワードごとのアクセス数やランキングなどのデータを定期的に確認し、アクセスの停滞しているコンテンツや新規で狙えるキーワードがないかを探っていきます

 

「公開したてはアクセス数順調に伸びていいたが、徐々に落ちて行って停滞してる」というコンテンツがある場合、キーワードを見直すいいタイミングです。キーワードには、時期によって流行り廃りがあります。そのため、新たに対策できそうなキーワードがある場合は、アクセスアップに繋がるようキーワード対策を行いましょう。

SEOキーワードの決め方での注意点

SEOキーワードの決め方での注意点

 

SEOキーワードを決める上で、「キーワードが重複してはいけない」「ビッグキーワードだけを狙わない」「難易度が高いキーワードも対策する」という3つの注意点があります

 

以下では、SEOキーワードの決め方での3つ注意点について解説します。

キーワードが重複してはいけない

SEOキーワードを決める上では、最も重要なのがキーワードが重複してはいけない点です。

 

原則として、1キーワードにつき1コンテンツが理想で、似た意味をもつキーワードの場合は、同じコンテンツとしてまとめて使用します

 

例えば、「ホームぺージ制作 価格」「ホームぺージ制作 費用」は、ターゲットが同じであるため、1つのコンテンツとしてまとめて作成します。

 

1つのキーワードで2コンテンツ作成しない、似た意味のキーワードは1コンテンツにまとめることを徹底するよう注意しましょう。

ビックキーワードだけを狙わない

前述した通り、ビッグキーワード1コンテンツ毎のアクセス数はもちろん、サイト全体のアクセス数も伸びません

 

ワードは、検索ボリュームが多い分、競合数も多く、上位表示されるにはかなりの年月とコンテンツの見直しが必要です。ビッグキーワードだけを狙ってると、すべてのコンテンツが上位表示されないことで、結果が出ずコンテンツ制作をやめてしまうことにも繋がるため、それを防ぐためにも、ロングテールキーワードも狙うようにしましょう。

 

難易度が高いキーワードも対策する

ビッグキーワードや検索ボリュームが少なく、競合が多いキーワードなど、上位表示させる難易度が高いキーワードほど諦めてしまいがちです。しかし、SEO効果が出るまでは、長い時間がかかるものであるため、難易度の高いキーワードもしっかりと対策するようにしましょう。

 

難易度が高いキーワード、特にビッグキーワードを狙うには、ロングテールキーワードの活用が効果的です。ビッグキーワードの上位表示の条件の1つとして情報の網羅性が挙げられます。内部リンクとしてロングテールキーワードのコンテンツを入れたり、サイト自体の情報の網羅性が上がれば、上位表示される可能性が上がることも考えられます。

 

また、その他の難易度が高いキーワードでも、インデックスを増やすことで上位表示の手助けにもなります。ロングテールを対策しつつ、難易度が高いキーワードも対策を行い、サイト全体のアクセスに繋がるようにしましょう。

まとめ

SEOキーワードは、コンテンツを制作する上で、最も重要な要素です。SEOキーワードの決め方は、一見簡単そうに見えて、実はさまざまな要素が関わってくる、難しく慎重に行うべき工程でもあります。

 

メインキーワードの設定・キーワード拡張・絞り込み・競合調査・キーワード見直しの5ステップを踏むことで、上位表示が期待でいるコンテンツが作れ、商品やサービスへのコンバージョンを増やすことができます。

 

今回紹介したSEOキーワードの決め方5ステップとSEOキーワードを決める上での注意点を参考に、アクセス・コンバージョンアップに繋げていきましょう。

 

当社は、業種ごとに特化したSEO対策に強いホームページ制作会社です。Webマーケティングに精通したコンサルタントが、お客様の状況や集客の目的をヒアリングし、さまざまなご施策相談に応じます。

 

無料サイト診断も行っておりますので、SEOや集客について何かお困りのことがございましたら、TRASPまでお気軽にご相談ください!

<TRASPへの無料相談>
https://trasp-inc.com/contact

2021.07.13

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

オンライン
相談受付中
page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.