TRASPコラム

ホームページのスマホ対応の必要性

NEWS

「モバイルファーストインデックス」という言葉を聞いたことはありませんか。

いままで、GooglePC用ページのコンテンツを元に検索結果を表示していましたが、これからはモバイル用ページを元に検索結果を表示するという取り組みです。

最早モバイルページは必須という時代になっています。今のホームページがスマホ対応できていない方やこれからホームページを作りたいと思っている方へ、今回はスマホ対応の方法や重要性などについてご説明いたします。

 

 

「モバイルファーストインデックス」とは

先ほども少しご説明いたしましたが、数年前からGoogleではスマートフォンからの検索がパソコンよりも多くなっていることから、モバイル用ページの評価を検索結果の順位に反映させることを発表しました。

今までは主にパソコン用ページをインデックス(Googleサーチエンジンに登録)し、順位を決定していましたが、これからはモバイル用ページを元に決定されます。

ホームページを作る方、作ろうと考えている方は、スマホ対応は必須といえます。

 

スマホ対応ホームページとは

PCで見ることを想定した上で制作されたホームページをスマートフォンで見てみると、ホームページの横幅をスマホ画面に合わせると文字が小さくなってしまい読みにくく、文字が読めるよう拡大すると横にスクロールをしなくては見れないようになっています。スマホユーザーにとってはストレスとなってしまうので、離脱の原因となります。

そのためスマートフォン画面で見ることを前提としてホームページを制作する必要があります。

 

スマホ対応ホームページを作る方法

ここで、代表的な方法を2つご説明します。

 

・スマホ専用のホームページ

スマホ専用ホームページを作成することは、パソコン用とスマホ用ホームページを別々のファイルで作り、デバイスごとに切り替えるということです。

下記のようにホームページURLが異なります。

 【パソコン用】http://(ホームページ名)com/

【スマホ用】http://(ホームページ名)com/sp/

パソコンとスマホで別々の画面サイズを想定し作成していくため、デザインやレイアウトを細かく調整することが可能です。制約もなく自由度が高いので、UIに優れたホームページのができるので、ユーザーの離脱率も抑えることができます。

ただ、2つのファイルを作成、管理するので、デザインは2種類作り、修正があった場合にもそれぞれを修正することになります。そういった理由からも制作会社に依頼した場合は修正に費用がかかってきます。

 

・レスポンシブデザイン

現在のホームページ制作の主流としてGoogleが推奨しているのが、レスポンシブデザインです。PC用とモバイル用で画像やテキスト、HTMLファイルなどは同じものを使用しますが、それぞれのデバイスの画面幅に合わせてデザインを変化させることができます。使用するのはCSSのみで、画面幅を指定し、デバイスに合った文字サイズやレイアウトを書き換えます。

こちらは1つのHTMLファイルとパソコン用、モバイル用のCSSの管理だけなので、1か所の更新を行うとパソコン用もモバイル用も共に修正が反映されるようになっています。手間やミスのことを考えても良いでしょう。

ただ、先ほどご紹介した2つのホームページURLを作成する場合と比べるとPCかモバイルか、どちらかのデバイスのデザインがベースとなりますのでデザインの自由度がかなり高いとはあまりいえません。

 

スマホ対応の重要性

一般的に言われているスマホ対応の重要性についてご説明します。

 

【スマホユーザーの急増】

近年のインターネット検索の中心にあるのはモバイルによる検索です。スマホ対応になっていなかった場合、スマホユーザーがホームページに訪れても直ぐに離脱しやすく、多くのユーザーを逃している可能性が高いです。より多くのユーザーを獲得したいと考えるなら、スマートフォンでもストレスなく見ることのできるホームページをつくることが必須となります。

 

・ホームページが見づらい

前述でも少しふれましたが、スマートフォンからホームページを見てみると、パソコンで見る場合と全く違い、小さい画面で見る事になるので、文字のサイズが小くなっていたり、画像が小さかったりして見づらいことがほとんどです。そうすると、ユーザーに見てもらいたいはず情報が見てもらいにくくなってしまいます。

ホームページを見ているユーザーは少しでも見にくかったり、読みにくかったりすると諦めて、すぐに別のホームページに移動してしまう事が多くあります。

見づらいことはホームページから離脱する事に大きく影響します。特に集客を目的としている会社にとってはマイナス要因でしかありません。

そのためスマホ対応をしっかり行い、見やすいホームページにしておく必要があります。

 

・ホームページの操作性が悪い

パソコンの大きな画面とは異なるスマートフォンの小さい画面では、ボタンやリンクが小さく表示されてしまうため押そうとした時に謝って違うボタンやリンクを押してしまう事が多々あります。

また、文字や画像が小さい場合、縮小や拡大などの本来必要のない動作をしなければなりません。

こういった誤操作や不必要な動作の多いホームページは、ユーザーにストレスを与えてしまいますので、離脱の大きな原因になってしまいます。

ホームページをより使いやすくするためにも、スマートフォンに合わせたホームページのレイアウトにする必要があります。

 

 

【スマホ未対応だと検索結果に悪影響をもたらす可能性も】

最初にご説明しました通りGoogleの「モバイルファーストインデックス」により、スマホ未対応ホームページの場合は、検索で上位表示は難しくなります。

検索結果での上位表示は、ホームページへ訪問する数に少なからず影響があるので、大変重要な要素となります。

もし、自社ホームページがスマホ対応せず、競合となる他社がスマホ対応を行なっていた場合、検索結果の順位には差がついてしまう可能性がありますので、大きな遅れをとることになってしまいます。

 

・訪問者をホームページから逃がしてしまう

上記でご説明したように、スマホ未対応のホームページは訪問者にストレスをかけてしまいます。読みづらさを我慢しながら、根気よくホームページに留まってくれる訪問者は数少なく、多くの方はそこから離れて別のホームページを探しにいってしまいます。

つまり、スマホ未対応のホームページだと、せっかく訪れてくれた訪問者を他のホームページへ逃がしてしまいます(離脱率が上昇してしまう)。

ある調査によると、スマホ未対応のホームページがスマートフォンで閲覧された場合、対応しているホームページに比べて滞在時間が非常に短い(すぐに他のホームページへ移ってしまう)と報告されています。

滞在時間が短い訪問者は、内容をほとんど読まずに出ていってしまうので、商品やサービスを購入していただける可能性は皆無であり、顧客になりようがありません。

ホームページをスマホ対応にさせないままにしていると、ホームページを訪れてくれた見込み客を逃がし続けてしまい、集客・売上げアップのチャンスを自ら潰してしまうことになります。

 

・検索順位

2015421日より、スマートフォン利用に最適化されたホームページが「モバイルでの」検索結果で優遇されやすくなるようにgoogleが変更しています。

これは逆を言えば、スマホに対応できていないホームページはモバイルでの検索順位が下がる可能性があるということです。自社のホームページをより多くのユーザーに見て活用してもらうためにも、スマホ対応は必須になります。

 

時代はモバイルファースト

スマホ対応にはメリットが多く、現在のホームページ運営においては必須ともいえます。

これからホームページつくるのであれば、モバイルユーザーを意識したホームページ制作をするようにしましょう。モバイルユーザーにとってのユーザビリティ向上が運営するホームページにユーザーを集めるかぎともいえます。

これからの時代に対応するべく、モバイルファーストなホームページ運営を心がけるようにしていきましょう。

 

9割がスマートフォンを所有している

総務省の発表によると、スマートフォンの保有率はパソコンの保有率を上回り、日本の9割近くの人が持っていると発表されました。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252110.html

ホームページをスマートフォンに対応するにはもちろん制作期間も必要ですので、早めの対応をオススメします。

お使いのホームページがスマートフォン対応でない場合は、ぜひこの機会に、スマホ対応を検討してみてはいかがでしょうか。

2020.07.08

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.