TRASPコラム

企業が行うべきSNS運用の必要性:第二弾

NEWS

企業のSNS運用はもはや常識

企業におけるSNSの運用は主流となっていて、アカウントを持っていない方が珍しいくらいです。
多くの消費者は、企業や商品情報を知りたいと思った時、真っ先にアカウントがないかチェックすることが少なくないです。
勿論、全ての消費者がそうというわけではありませんが、しかし検索サイトよりもSNSをチェックする人が増えています。
時代がそのように変化しているとなると、やはりチャネルを開設しない理由はありませんし、むしろ公開した方がマーケティングの活用に役立ちます。

SNSを始めること自体は手軽にできる

ユーザー体験のイメージ画像

SNSは無料でアカウントが開設できたり、運用を始めることが可能ですから、早くマーケティングや広告効果に期待できる情報発信が始められます。
アカウントを持つユーザーとは、いいねなどで交流できますし、直接的にメッセージを発信してやり取りすることも可能です。
ユーザーからの意見は貴重ですし、行動分析などの応用もできますから、コストは掛かるとしても従来の広告より手軽に活用を始められるのは確かです。

SNSの種類は多岐にわたる

Webサイト運用のイメージ画像

例えば、Twitterだと短く小刻みに情報を発信していけるので、企業の存在感が常に保てますし、興味を持って注目してもらうことができます。
いわゆる中の人にあたる担当者を置けば、その人物が組織の代表となって、ユーザーとのコミュニケーションが図れるようになります。
一方、instagramは写真を中心とした情報発信に最適で、何気ない投稿も注目を集めたり、消費者の興味を引く切っ掛けに変わるでしょう。
他にも、FacebookやLINEといったサービスも充実していますから、自社イメージや取り扱う商品、サービスや戦略に合わせて選択することがポイントです。

自社サイトとSNSをうまくかけあわせ効果的な運用につなげる

企業イメージの画像

SNSアカウントがなくても、自社Webサイトがあれば情報発信できますが、これだけだとマーケティングが弱く広告効果も限定されます。
一方向の情報発信では、消費者の行動が把握しきれなかったり、素早く反応してマーケティングに活かすのが難しくなります。
この点、ソーシャルなコミュニケーション手段は有用で、instagram1つとっても戦略の幅を広げる結果に繋がります。
メリットの裏にはデメリットやリスクがあるので、表裏を良く理解した上で運用に入ることが大切です。
選択しようとするサービスの特徴やユーザーの年齢層に、どういった情報を求めて活用されているか知るのが先決です。
選択と運用がちぐはぐだと、利用を始めても期待の効果は得られませんから、まずはサービスを分析して活用方法を検討することをおすすめします。
安易に情報を投稿すると、マーケティング効果を高めるどころか逆効果になるので、一定のルールを設けて運用を始める必要があります。
アカウントの担当者に一任したり裁量に任せるのも手ですが、ひと度間違った情報を発信して炎上すると、火消しが大変なので厄介です。
その為、炎上しない活用を検討して、実際にルールに則った運用を進めるのが正解となります。
当然ながら、意図しないところで勝手に炎上することもあるので、万が一を想定して備えることも大事です。
このように注意点や納得すべきコストは存在しますが、それらを考慮してもSNSを使ってみる価値はあるといえます。

SNSの効果的な利用は広告以上の効果も

手法のイメージ

消費者のSNS利用は1日あたり平均で1時間にも達し、もはや重要な情報源となっています。
情報検索や商品情報のチェック、企業が発信する情報を確認するチャネルとしても使われます。
アカウントをフォローしている人は、将来的な顧客になる潜在顧客の可能性が高いです。
また、発言に対して返信をもらったユーザーは、その相手に対して好感を抱く傾向があります。
つまり十分にマーケティングに役立てられたり、広告手段の1つに活かせることを意味します。
ユーザーのアクションは顧客の行動分析に結びつきますし、どのような情報に反応を見せるか手に取るように分かるでしょう。
複数のサービスを使い分ければ、異なる年齢層に対してアプローチできますから、そういった点もまたポイントになります。
今や1人に1台のスマートフォンが当たり前の時代で、国民全体に普及したインフラに位置づけられます。
誰もが何時でも最新情報に触れられますから、情報を発信する側も時代や消費者の行動変化に合わせて、上手く対応していくことが求められます。
単なる流行りではなく、これからのスタンダードともいえる情報発信やコミュニケーション手段の変化なので、テレビやラジオ任せでは駄目です。
特に経営者の年齢層が高い組織はインターネットの利用が遅く、Webサイトすら開設が軽視されたり、あまり力が入れられないケースが珍しくないです。
逆に、積極的で多数のチャネルを開設したり情報発信を始めている企業は、消費者の認知度が高く若いイメージがあります。
instagramなどをチェックしてみると分かりますが、投稿に積極的なアカウントは存在感が大きく、積極的でポジティブな印象が抱かれます。
だからこそ企業はアカウントを開設して、前向きに活用していくことが重要だといえるでしょう。

2020.02.28

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.