TRASPコラム

ホームページ制作会社を選ぶ際に基準にする事

NEWS

 

ホームページ制作会社は数多く存在しているため、

どのような基準で選んだらいいのか分からなくて困っているという方は多いのではないでしょうか。

ホームページ制作会社には様々な種類があり、それぞれの会社により長所、短所は異なります。

今回は、ホームページ制作会社へ依頼するときに知っておくと良い基準についてご紹介します。

 

ホームページ制作実績サを確認できる

ホームページ制作会社には、過去の実績があることが多いため、その実績を確認する事ができます。

ホームページ制作へ依頼をする際には、過去にどのようなホームページを作ってきたのかを確かめることでその制作会社が作成した制作内容を知ることができます。

実績を確認することで、作りたいホームページに合ったデザインや構成に近い方向性か確認することができます。

基本的には、理想のホームページを作るために目的としていることを踏まえた上でホームページを制作してくれますが、

過去の作成事例や実績となるホームページを確認することで、

作りたかったホームページとは違うという問題が発生しにくくなります。

要望に合ったホームページ制作の提案や、指摘・アドバイスをしてくれる

ホームページ作成を依頼した側には、ホームページ作成の目的に合わせた理想の構成やデザインなどがあるため、

制作会社は、そのイメージを実際に形にしていくことが必要となります。

構成やデザインなどの様々な提案をホームページに反映していく際に

制作会社がどこまでその要望に対して、指摘やアドバイスをしてくれるのかを確認することが大切です。

また、ホームページ作成の際には、依頼者側と制作側の認識が異なることでのやり直しや修正をすることもあり、

予定していた日程よりも延びることがあります。

そのため、基本的に制作会社は依頼者側の要望に近いような形で制作をしてくれます。

しかし、依頼者側の要望ばかりを優先していると本来の目的に合ったホームページが作れなくなるため、

そうならないように修正や提案を提案してくれる制作会社を選ぶことが重要です。

制作会社の規模より担当者の知識と技術が大事

現在ホームページ制作会社は、ホームページ制作のみで事業拡大をしているケースは減っており、

いくつものサービスを用意して事業拡大している傾向があります。

そのため、ホームページの制作を検討する基準として、

会社の規模で信頼できるかどうかを決めることは間違いではありませんが、

会社規模の大きさと要求するサービスは同じとは限りません。

しかし、その会社の窓口となる担当者の知識や技能がどれほど備わっているのかを知ることで、

その制作会社の能力を確認することができるのです。

そのため、その担当者と打ち合わせを進めていく中で、

求めているホームページ制作が出来そうなのかを決めることも大切です。

自社でホームページの更新が可能な設計である

ホームページを作成依頼する場合、自社で、情報の追加・更新が可能であるか確認しましょう。

集客数や反響数を伸ばすためのホームページや、

インターネット上で商品を販売できるECサイトを作る場合は、共に”情報の追加と更新”が必須です。

”情報の追加・更新”を行うことで、

更新した情報に対する検索数が増え、インターネット上で拡散される土台となるのです。

しかし、ホームページの設計上、自社で追加・更新ができない構成であったり、

追加・更新ができたとしても、自社で発信したい内容が反映されない設計の場合、

集客数や販売数を伸ばしていくことが厳しくなってきます。

自社で集客数や販売数を伸ばすための構成や設計の方針が分からない場合、

どうすれば集客数や販売数を伸ばすことができる構成になるのかを制作会社に確認しましょう。

その方法で、集客数・販売数を伸ばせると決断できれば、依頼を考える理由の一つとなります。

ただし、自社で理想的な追加・更新ができない場合は、どのように進めていくかを再度考え直すことが必要です。

公式ホームページ、ブランディングの場合は、デザイン力にオリジナル性がある

ホームページを制作する際は、集客、知名度アップ、検索のしやすさを求めていきますが、

自社の”ブランディング”として、ホームページ制作を行う際には、それにふさわしい”デザイン力”が大切です。

自社の概念や願望、サービスの内容、会社概要などは、

どのように見せるかにより、ホームページを見る人のイメージは変化します。

その際、制作会社がオリジナル性のあるデザイン力を持って制作が出来るのかを事前に確認しておく事が大事です。

そのため、制作会社の実績サンプルを確かめて、

自社のサービスに対する姿勢を出すことのできるホームページになるかどうかの確認が必要です。

集客がターゲットの場合は、ホームページによる集客戦略や技術を持っている

ホームページで、特に集客をメインとした制作を行う際、ホームページ作成までで終了となる制作会社ではなく、

ホームページ制作~更新まで、一貫した戦略がある制作会社を選ぶことが必要です。

また、過去の実績がある場合、具体的な集客の方法も教えてくれることもあります。

制作終了後の集客戦略も、一緒に実行していける制作会社であるか確認すると良いでしょう。

ある業種を専門にしているが、様々な業種のホームページやECサイトの実績がある

ホームページ制作を依頼する際、過去のホームページの実績を見て決めることが多いと思います。

しかし、制作の実績があれば良いというわけではありません。

・自社が依頼する業界のホームページ制作を主に制作している場合

・数多くの業種・業界のホームページを作っている場合のどちらかが決める基準となります。

自社が依頼する業界のホームページ制作を主に制作している場合は、

自社業界のホームページを制作する際に、同じような思考や苦悩なども分かっているので、

円滑にホームページのイメージを形にしてくれます。

また、その後の運用でも様々な実績があるので、自社も同じように、ホームページの結果が出やすいのです。

数多くの業種・業界のホームページを作っている場合は、

その分技術があり、良い点、悪い点でも実績があるので、より良いホームページを制作してくれます。

また、実績数が多いほど、ホームページの展開や運用面で、実績を出しているケースもその分多くなります。

ホームページ制作だけではなく、集客ルートの提案がある

ホームページからの集客や販売数を増やすためには、ホームページ内で行う以外にも方法があります。

検索エンジン、SNS、インターネット広告などのインターネットに付随するものから、実際に関わるものまで、

最終的なホームページの集客数上げるための方法はいくつも存在します。

依頼者側は、知らない様々な方法を制作会社がサービスとして行ってくれることで、

今後のホームページ運営に大きな影響を与えます。

このような集客ルートの提案は、制作会社がサービスとして行ってくれることもあるので、確認してみましょう。

 

 

今回は、ホームページ制作会社へ依頼するときに知っておくと良い基準についてご紹介しました。

基準はご紹介した通り様々ですが、

まずはどのような目的でホームページを制作したいのかを明確に決めることが重要です。

制作会社へ依頼する際にも、明確な目的があれば、それに合わせて提案を行ってくれるはずです。

たとえば集客や宣伝、求人など、目的が決まっていることで、その目的に合わせた制作会社を選ぶことができます。

 

 

目的にあったホームページの制作と集客ノウハウのある制作会社

ホームページを制作できるホームページ会社は数多くありますが、その後の集客効果をを見越した部分までを担うとなると、だいぶ絞られてきます。

TRASPでは制作からその後の運用サポートまでを一貫して行っております。

実績も多数ご紹介させて頂けますので、ホームページの制作や集客にお困りの方は一度ご相談ください。

2020.06.25

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.