TRASPコラム

集客に必要なWebサイト運用とは:第三弾

NEWS

前回、前々回に渡り「客に必要なWebサイト運用」をテーマに解説をしてきましたが、今回の第三弾がラストとなります。
過去二回分の内容と合わせて実践することで、あなたのサイトをさらにいいものへと発展させていくことができるのではないでしょうか?

売り上げ拡大につなげるWEBサイト

売り上げアップのイメージ

 

ホームページなどのサイト運営を行うことで集客を行うことは、企業や店舗を利用者に知ってもらう機会を作ることや、来訪するユーザーやファンを増やすことが出来る重要なきっかけとなるといわれています。このような潜在的なネットユーザーを引き込むことによって、同時に申し込みをしたり問い合わせなどのコンバージョンの拡大にも期待出来るのです。

Webサイト運用は、企業成長に結びつく可能性が高く最終的に売上増大に繋げることが出来るのです。
そのため企業や店舗独自のホームページをきちんと運営することで事業を成功するためのチャンスとなります。
ただ実際にWebサイトを運営しているにもかかわらず、集客出来ていないという方やどのように進めていくべきなのかわからないという声も少なくありません。
そこでまずはホームページの集客の必要性をしっかり理解して、適切な運営方法を身に着けていくことが重要となります。

潜在的なユーザーへのアプローチ

潜在的なユーザーへのアプローチのイメージ

 

まずホームページやWebサイトの運営を行うと、自社商品やブランド、様々なサービスを潜在的なネットユーザーに認知させる効果があります。
このような新規ユーザーをホームページに引き込むことができれば、資料請求やメールアドレスの獲得といった申込みや問い合わせのコンバージョン数を増加させることが可能です。
そしてこの数値が増えれば増えるほど成約率も向上させることも可能になるのです。
最終的に経営者や責任者にとって目的となる企業や店舗の売上拡大やビジネス成長に繋げることが出来ます。
中小企業や個人の店舗などでホームページのサイト運営を行う場合、自身でサイト運営を行う必要が出てくる可能性がありますが、本格的に集客を目指すのであれば様々な効果的な手法を取り入れる必要があります。

サイト運営を行う上で基本となるSEO対策

SEO対策のイメージ

 

そこでまず挙げられるのが「SEO対策」であり、この対策方法はインターネット検索結果で検索エンジン上で自分のサイトが上位に表示されやすくなることを指します。
サイトトップに表示されると、多くの人の目にとまりやすくサイトをクリックされやすくなるので、サイトへの検索流入を増やすことが可能となりホームページに訪問するユーザー数を増やすことが出来ます。
このような検索エンジンから検索流入が増えるように対策を行うことが、サイト運営を行う上で非常に重要です。
さらに流入させるユーザーを、自サイトのジャンルに合うターゲットに絞ることにより、サイトの質を向上させることが可能でSEO効果がより見込めることが出来るのです。
リスティング広告やSNS広告などで広告費を割いてホームページに集客する方法は、一定の効果を見込むことが出来る反面継続的に費用が発生するため費用対効果が低いといわれています。
SEO対策の場合は無料から自分で行える費用対効果の高い方法となっているので、導入する企業や店舗は少なくありません。
そのため運営コンサルタントを利用せずに、失敗しない個人でサイト運営を考えている方は基本となるSEO対策のポイントをチェックしておくことをおすすめします。

ユーザーファーストのコンテンツづくり

ユーザーファーストのイメージ

 

SEO対策は一度狙ったキーワードでWeb上で上位表示してしまうことで、その後安定的なユーザーを集めることに繋げることが可能で、無料で始めることが出来る費用対効果の高い対策でもあります。そこで押さえておきたいポイントがユーザーファーストのコンテンツを作り増やすことや、運用することだといわれています。
まずユーザーファーストのコンテンツを作ることとは、SEO対策の根底のベースとも言われておりサイトを評価するGoogleが公式に定めてている概念でもあります。
このようなコンテンツを作るためには、まずはユーザーの検索意図を把握してその内容をコンテンツに落とし込んでいくことが重要です。
ブログ記事を執筆したりWebページを作成する際には、上位表示したいキーワードを一つ決めてから実際に検索してみることをおすすめします。

ユーザー分析も大切

ユーザー分析のイメージ

 

そして検索結果に表示されたサイトがどんな傾向なのか、ユーザーがどんな情報を求めているかを把握してサイトのコンテンツ内容を参考にしてコンテンツを作り上げるようにしましょう。
この時に上位コンテンツをそのまま複製するのではなく、独自の観点を盛り込んだオリジナルコンテンツを作り出すことが大切です。全く同じコンテンツではユーザーの利便性を低下させる原因となるので、Googleからも評価されなくなってしまいます。
次にコンテンツを増やすことで、検索アクセスを増加させていく方法です。これはSEOの手法の一つであるロングテールSEOとも呼ばれます。サイトに関係するキーワードでWebページを増やすことで、検索流入を徐々に積み上げて集客を推し進めることが出来る方法です。もちろんページ内容は数を増やすことだけではなく、キーワードごとに1ページずつ質の高いものにしていくことが必須となります。そうすることで単体のWebページだけではなく、質の高いページが集合したサイト単位で評価されるので、さらに順位を上げることが出来るメリットがあるのです。

2020.01.28

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.