TRASPコラム

ポータルサイトとは?メリットと種類について

NEWS

 

ポータルサイトとは

ポータルサイトとは『入り口』となるサイトを意味しており、

欲しい情報がまとめられていたり、集客などの目的で作成されているサイトのことです。

ポータルとは元々、港 [port] から派生した言葉であり、門や入口を表しています。

このことから、ウェブにアクセスする為に、

多様なコンテンツを持つ巨大なサイトをポータルサイトと言うようになりました。

以前は、検索エンジンやプロバイダサービス、

リンク集やウェブディレクトリがポータルサイトに分けられていましたが、

今はそれら以外にも、ニュースやおもしろい内容を扱っているオウンドメディア、

企業や地域ごとに分けられたサイトなどもポータルサイトとして扱われているのです。

ある特定の様式や分野に特化し、専門として取り扱っているサイトもポータルサイトと言えるでしょう。

ポータルサイトのメリット

ポータルサイトのメリットにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

一定数のアクセスが見込める

ポータルサイトは、何かしらの目的を持って最初にアクセスするサイトです。

そのため、他のサイトと比較すると、アクセス数や利用者数はある一定数見込めることが特徴となります。

また、情報を調べる際に、特定のサイトを使っている利用者が多いこともポータルサイトの特徴といえます。

企業の自社サイトが、情報を発信していく場所だとするならば、

ポータルサイトは情報をまとめ、情報価値の高い内容が選ばれていく場所となります。

ポータルサイトで自社の情報を伝えられることで、

アクセス数や問い合わせなど、自社サイトのみでの掲載と比べると影響は大きくなるでしょう。

まとまった情報が提供されている

種類ごとに情報が一括されているということは、運営する側も使用する側も利点となります。

逆に、多方面に渡る情報が提供されている場合は、

他の利用者が求めていて役立つものや、情報が集約されていることにより、

利用者にとって使いやすくなる場合もあります。

求めている情報を指定して検索が可能

利用者が情報を指定して探す際、指定外の情報が多かったり、

逆に情報が少ない時には、検索が困難になってしまいます。

決まった種類や分野を専門としていて、ある程度の主題が決定してるサイトの場合は、

利用者が求めている情報を確認しやすくなるという利点があります。

ポータルサイトの種類

ポータルサイトには様々な種類がありますが、大きく分けて5つに分けられます。

元々は検索サイトから始まり、時代と共に様々な内容が追加され、

現在は総合サイトのような形式をとるものが増えています。

一時はポータルサイトを多くの人が取り上げ、総合サイトが乱立した状態になりました。

現在、最も増えているのは、特徴や特異性を強調したポータルサイトとなっています。

ブラウザのホームページとして設定しておきたいものもあれば、

利用者の好みに合わせて特定の分野に特化したサイトなど様々です。

下記にて、それぞれの特徴についてご紹介します。

総合ポータルサイト

総合ポータルサイトとは、検索エンジンやリンク集、ニュース、天気予報、ゲームといった、

様々な内容やサービスを提供しているサイトのことで、色々な情報にアクセスしやすいサイトと言えます。

検索性に秀でていたり、種別ごとの情報整理が優れていたりする他、

求める情報へのきっかけが見つかったり、知りたい情報の他にもおすすめの情報なども提供してくれることから、

様々な利用者に認められています。

総合ポータルサイトには広告効果もあり、リスティング広告やリターゲティング広告など

多様な収入源により運営されています。

個人で作成や運営するというよりも、一般的にはある程度大きな企業や組織などが運営しています。

例えば、Yahoo! Japan(https://www.yahoo.co.jp/)や、

Google(https://www.google.co.jp/)などが代表的な総合ポータルサイトとなります!

地域ポータルサイト

地域ポータルサイトは、地域に関する情報を提供するサイトのことです。

特定の地域に関係する旅行や観光名所の情報はもちろん、

求人情報や病院の情報など、その地域近辺の住人の生活に役立つ情報が提供されています。

地域の人が使うポータルサイトを想像しますが、

旅行先の情報を知るために県外や国外の人が閲覧する場合も多いです。

地域ポータルサイトの運営を民間企業が行っている場合もありますが、

行政や自治体自ら運営している場合も多く、その地域に近い存在であるからこそできる、

商店や個人経営のお店などを紹介したり、広告にしたりすることもあります。

そのため、身近な存在として感じられることが特徴です。

現在では、ふるさと納税の情報提供も多くなっています。

しかし、地方やローカルになるほどアップロードする情報が尽きてくることもあり、運営が難しくなることもあります。

マイフェバ(https://www.my-fav.jp/)や、マイ・フェイバリット関西(http://www.my-fav.jp/)などがあります。

専門別ポータルサイト

専門別ポータルサイトは、病院や不動産、弁護士などの特定の専門分野に関するコンテンツを提供しています。

狭く深く情報が提供されていることから、決まった分野を調べたり情報を知りたい際にとても役に立ちます。

SEOにも強いため、アクセス数が多く集まることも特徴となります。

大手では、ホスピタ(https://www.hospita.jp/)suumo(http://suumo.jp/)

弁護士ジャパン(https://bengoshi-japan.com/)などが有名です。

例えば、医療ポータルサイトの場合、病院の情報や病利用者の口コミなど、

医療について総括した情報が得られる内容を提供しています。

不動産ポータルサイトであれば、賃貸・売買物件やその地域の情報、不動産の契約方法など、

不動産についての情報を多様に提供しています。

また、職業や職種、業界などに特化したサイトでは、有資格者の貴重な意見やアドバイスを得ることもでき、

信頼性の高いサイトが多くなっています。

個人でも作成・運営しやすいため、

自分の特技や趣味を活かしたサイトを作りたい方にもおすすめなポータルサイトです。

ブログポータルサイト

ブログポータルサイトとは、利用者が情報を投稿して配信するなど、

自身のホームページの運用ができるサイトのことをいいます。

大手では、Amebaブログ(https://ameblo.jp/)FC2ブログ(https://blog.fc2.com/)などが有名です。

サイトによっては会員にならなければ閲覧出来ないものもあり、

大体的に公開するものもあれば、登録制のブログもあったりと様々な特徴があります。

また、ブログだけではなくゲームやコミュニティといった、

利用者が楽しめる内容を提供しているサイトも多くあります。

ショッピングポータルサイト

ショッピングポータルサイトは、モール型ECサイトとも呼ばれており、

買い物に関係する情報を総合的に取り扱ったポータルサイトのことです。

例えるならば、1つの場所に色々な店舗が集まった、

インターネットにおけるショッピングモールのようなものとなります。

決まった金額のテナント料を支払うことで、モール内に出店することが可能です。

物以外にも、電子書籍や旅行予約など幅広く提供していることも特徴となります。

利用者に購入してもらうために、ランキングや口コミなどの評価内容が多いことも特徴となっています。

大手では、楽天市場(https://www.rakuten.co.jp/)や価格コム(http://kakaku.com/)などが有名です。

企業ポータルサイト

企業ポータルサイトは、企業の情報を社内向けに設定しているポータルサイトのことです。

社内での情報を社内ポータルにまとめて、社内向けに情報の提供をします。

社内での情報共有などを目的として作られます。

システムによってはメールやチャットだけでなく、

勤怠の管理や社内的な届け出なども可能なポータルサイトもあります。

また、書類やマニュアルなどがまとめて管理・更新されることで、

謝った情報や認識を防げるといった利点や、個々に持ってしまうことが少なくなるといった利点もあります。

社内報を載せることで印刷のコストを削減したり、

ペーパーレス経営の手段として使用されることも多くなっています。

まとめ

ポータルサイトとは、様々な情報を提供することで多くの利用者に活用してもらうためのサイトとなります。

今回ご紹介したように、ポータルサイトには様々な種類がありますが、

どのポータルサイトにも共通していることは、様々な情報をまとめている『入口』ということです!

また、ポータルサイトは制作して終了ではなく、公開してからがスタートとなります。

今後、ポータルサイトの作成・運営を考えている方は、

利用者が求める情報の提供や競合サイトとの差別化が必要となってきます。

多くの情報を無差別に提供するのではなく、

テーマを決めて、利用者を意識した内容の作成・運営をしていくことが大切なのではないでしょうか。

2020.10.27

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.