TRASPコラム

MEO対策とSEO対策は何が違うの?似ている部分も解説

NEWS

MEO対策とSEO対策は何が違うの?似ている部分も解説
同じように「EO」と付いていることから、「MEO対策」と「SEO対策」は混同されがちです。この2つは違うものですが、「具体的に2つの違いが分からないと納得ができない」と思われる方も多いでしょう。

実店舗を持っている場合は、MEO対策を行ったほうが効果が出やすい傾向にあります。

今回はMEO対策とSEO対策の違いを知りたい方向けに、両者の違いを比較しながら関係する内容を解説していきます。

 

対策範囲や利用するコンテンツなどが違う!MEO対策とSEO対策の違い

 

ここからは、MEO対策とSEO対策の違いをご紹介していきます。

 

・対策を行う対象の違い
・利用するコンテンツの違い
・対策ができる範囲の違い
・検索結果での表示のされ方の違い
・対策方法の違い
・効果が出る期間の違い
・対策の難度に関する違い

対策を行う対象の違い

MEO対策における対象は、「Googleマップ」です。Googleマップで情報を探しているユーザーを引きつけるために、自店舗の情報を上位表示させるための施策がMEO対策です。

 

対してSEO対策における対象は、検索エンジンになります。多くの企業はGoogleの検索エンジンに対して対策を行い、自社の検索結果(スニペット)を上位に表示させようとします。Googleの検索エンジンアルゴリズムは「Yahoo」にも採用されており、Googleに対策を行えば国内の検索エンジンを使うユーザーをほぼ網羅できるのもポイントです。

 

ただし世界規模でSEO対策を考える場合は、Googleだけが対象とならない場合があります。国外では

・Baido
・Bing

といった他の検索エンジンもよく使われており、ターゲットユーザーがこれらの検索エンジンを使っていれば別途SEO対策を行う必要があります。

利用するコンテンツの違い

MEO対策で利用するのは、「Googleマイビジネス」です。Googleマイビジネスに情報を登録してGoogleマップに表示されるようにしながら、評判を高めて上位表示を狙っていきます。

 

Googleマイビジネスの設定は簡単であり、あらかじめキーワードが選定できていればスムーズに情報を公開できるでしょう。

対してSEO対策の場合は、Webサイトを使って検索エンジンで上位表示を狙います。

 

・CMSを使い、Webサイトのみを制作する
・レンタルサーバーを借りて、WordPressでWebサイトを制作する
・自社のサーバーを使い、HTMLやCSSなどを使い一からWebサイトを制作する

 

といったさまざまな方法が利用可能です。

 

ただしGoogleマイビジネスとは違い、Webサイトを公開するにはいろいろな工程が必要です。

・必要なページを用意する
・ページのデザインを行う
・アニメーションを実装する

総合的に考えると、Googleマイビジネスの公開作業より時間が掛かるでしょう。

対策ができる範囲の違い

MEO対策は、実店舗を持っている方向けの集客施策です。ですから実店舗で直接商品やサービスを提供していない場合、効果が薄くなります。

 

また「新宿」や「池袋」など、地域に特化して対策を行うのも特徴です。

 

対してSEO対策の場合は、キーワードが選定できていればどんなWebサイトにも施策が打てます。店舗を持っていようといまいと、Webサイトさえ持っていれば集客が可能です。

 

そして地域に特化して対策を行う場合もありますが、関係ないキーワードでも上位表示を狙う場合が多いです。たとえば

・MEO 対策 ポイント
・SEO 対策 特徴

といった地域に関係なく全国のWebサイトが競合になるキーワードもよく使われます。

検索結果での表示のされ方の違い

MEO対策を行ったGoogleマイビジネス内のコンテンツはGoogleマップ内、SEO対策を行ったWebサイトは検索エンジンの検索結果に表示されます。当然表示される見た目は表示される場所が違うので、大きく異なります。

 

しかしMEO対策の魅力は、Googleマップ内の検索結果を通常の検索エンジンの検索結果にも表示させられることです。検索エンジンに表示されたGoogleマップの一部は「ローカルパック」と呼ばれ、通常の検索結果一覧より上位に表示されます。

 

そしてローカルパックは画像が表示されたり、枠で強調表示されたりと非常に目立ちます。検索結果では上位に表示されてかつ目立つものが圧倒的にユーザーの目を引くので、ローカルパック表示は有効です。

 

理想としてはGoogleマップの対策ワードで上位3位に表示されることです。ローカルパックの検索結果として、直接検索結果内に表示されます。

 

ただし上位10位内に入っておけば、ローカルパック経由で流入してきたユーザーが自店舗情報を見てくれる可能性は十分にあります。この点下位にWebサイトが行くほど大きくクリックやタップ率が下がるSEO対策より、MEO対策のほうが楽だと言えます。

対策方法の違い

MEO対策とSEO対策では、具体的な対策方法が大きく異なります。

 

MEO対策の場合

 

・Googleマイビジネスの店舗説明文や、画像などを充実させる
・マイビジネス内での口コミを増やし、返信も行う
・SNSで情報発信をしたりして、マイビジネス外部でも評判をアップさせる

 

SEO対策の場合

 

・URLを分かりやすい、簡略なモノにする
・質の高いコンテンツを、継続してアップロードする
・自然な被リンク(ナチュラルリンク)を増やす

一般的にSEO対策のほうが、対策すべき項目が多いです。「WordPress」といったCMSを使う方が多いのは、SEO対策作業を効率化したいという思いも関係しています。

 

WordPressの場合はプラグインを使いながら、SEO対策が簡単にできます。またコンテンツのアップロードも簡単なので、質の高いコンテンツを継続してアップロードするのにも適しています。

対策の難度に関する違い

MEO対策は、難度はそこまで高くありません。Googleマップに掲載されるコンテンツの判断基準は

・キーワードの関連性
・ユーザーからの距離
・認知度

の3つであり、シンプルにまとまっています。

 

しかしSEO対策の場合は、

・Webサイトのブランド力は高いか
・質の高いコンテンツが用意されているか
・自然な被リンクが多いか
・モバイル用のページが用意されているか
・タイトルやディスクリプションは、1ページ1ページ違うものが用意されているか

など複数の項目で上位に掲載されるかされないかが決まります。

 

結果的に学ぶべきことも多く、上位に挙げるのにもコツがたくさんいるので圧倒的にMEO対策より難度が高くなってしまいます。

効果が出る期間の違い

MEO対策は現在競合が少なく、しっかり対策をしていれば短期間で効果が出ます。1か月や2か月は掛かるかもしれませんが、モチベーションは維持しやすいはずです。

 

対してSEO対策は昔から実施されているので、競合が多いです。Googleに評価されて上位に表示されるまでにはかなりの時間が掛かり、長ければ1年などモチベーションの維持が難しいほど成果の出る期間が空いてしまうことも珍しくありません。

 

このためSEO対策では、しっかり対策を行った上で分析をしながらのんびり結果を待つといった姿勢も重要です。

キーワードはどちらでも重要!逆にMEO対策とSEO対策の似ている部分とは

 

ここまでMEO対策とSEO対策の違う部分を紹介してきましたが、逆に似ている部分もあります。ですからSEO対策のノウハウを、MEO対策で活かしたりといったことも可能です。

・キーワード選定の重要さ
・お金を掛けずに集客ができる
・サイテーションが評価に影響する

キーワード選定の重要さ

MEO対策でもSEO対策でも、キーワード選定は重要な作業です。

 

ターゲットユーザーは、さまざまなキーワードを入力して自社コンテンツへ流入してきます。その際たとえばターゲットユーザーが「大阪 レストラン 夜景」と調べているのに、「大阪 レストラン 昼」などと夜に関するキーワードを入れていなければ顧客を逃してしまいます。

 

顧客を確実に集客するには、ユーザーの性別や年齢といった属性も考えて適切なキーワードを盛り込む必要があります。MEO対策ではGoogleマイビジネス、SEO対策ではWebサイトという違いはあってもどちらでもコンテンツ内にキーワードを自然に盛り込んで公開する必要があります。

お金を掛けずに集客ができる

MEO対策とSEO対策は、有料広告に頼らなくても集客できるようになるという共通のメリットがあります。

初期に短期間で成果を出したいといった場合は、有料広告を使うかもしれません。しかし自然検索から流入が増えれば、それだけ有料広告に頼る必要はなくなり掛かる費用も減ります。

 

コロナウイルスの影響で集客にお金を掛けられない場合は、ポータルサイトを利用せずにMEO対策やSEO対策を行ったほうが返って成果が出る場合があります。

 

ただしSEO対策ではレンタルサーバー代や、CMSの有料プラン料金などが必要になってきます。また対策の難度も高く、自力で実行するのは難しい部分もあるので注意してください。

サイテーションが評価に影響する

SEO対策において被リンクが多いと評価がよくなるのは有名な事実ですが、同時に現在では「サイテーション」という現象も注目されています。

 

サイテーションには「引用」といった意味があり、自社に関する情報が外部で紹介される行為のことです。リンクである必要はなく、言及されればサイテーションとみなされます。

 

SEO対策に関してサイテーションの効果についてはGoogleが公式で言及しているわけではありませんが、効果をにおわせるような発言をしています。SEO対策業者でも、サイテーションの効果について言及するようになりました。

 

そしてMEO対策でも、サイテーションが重要です。Googleマップのコンテンツ評価基準に認知度が利用されており、サイテーションが認知度を判断する指標になっているからです。

 

サイテーションの重要度は、MEOでもSEOでも変わりません。

MEO対策に力を入れた方がよい業種

 

SEO対策よりMEO対策に力を入れたほうが集客を見込める業種は、次のとおりです。

・飲食業
・美容業
・不動産業

上記の業種はいずれも、「近場からの顧客が多く地域に根差していることの多い業種」です。また同時にポータルサービスが検索結果に多く表示され、SEO対策で自社コンテンツを上位に挙げるのが難しい業種でもあります。

 

MEO対策でローカルパック表示を活用すれば、SEO対策に頼らない集客が可能です。地域性が強く店舗で直接商品やサービスを提供している場合は、ぜひMEO対策を行ってみてください。

SEO対策に力を入れた方がよい業種

 

MEO対策ではなく、逆に、SEO対策に力を入れたほうがよい業種もあります。

・EC業
・対策キーワードで、ローカルパックが表示されない業種

ECサイト形式で商品やサービスを提供している業種では、実店舗へ集客ができないのでMEO対策の効果が薄れます。またローカルパックが表示されないキーワードに関係する業種では、Googleマップ経由での集客が難しくなるのでMEO対策の効果がない場合もあります。

 

こういった業種では、SEO対策を行ったコンテンツを上位に挙げることで高い集客を見込める可能性があります。ただしGoogleマイビジネスに登録できないわけではなく、Googleマップ上できちんと経営しているというアピールは可能です。

活用したい場合はGoogleマイビジネスに登録して、効果を測ってみてください。

お店の売り上げが倍に成長?MEOの驚異的な集客力

 

MEO対策は短期間で大きな効果が見込める施策であり、弊社のクライアント様にもMEO対策で成功された方がたくさんいらっしゃいます。

・ラーメン店を経営しているクライアント様が、電話問い合わせ31倍以上などを達成
・パン屋を経営しているクライアント様が、閲覧数351倍以上などを達成

MEO対策に関してお悩みのことがあれば、ぜひ一度弊社にご相談ください。料金を抑えられる入門プランから細かい対策のできるプロフェッショナルプランまで、お客様に合ったプランを提供いたします。

プランについて詳しくはこちら

まとめ

 

今回はMEO対策とSEO対策の違いを比較しながら、似ている部分といった関係する内容もご紹介してきました。

 

MEO対策とSEO対策では対策の対象や利用するコンテンツも違い、実行の難度や効果の出る期間も異なります。ただしキーワード選定の重要さやサイテーションの影響などは、同じです。

 

ぜひMEO対策とSEO対策両方について、知識を付けてみてください。両者は連携させると、相乗効果でさらに集客効果が見込めます。

2020.08.29

CONTACTWeb制作などのご相談やお見積もりなど

page top
© TRASP.inc All Rights Reserved.