アクセス解析

集客の答えを導き出すアクセス解析

Webサイトはアクセス解析を行うことによって、「どんな人が」「どのページを見て」「どこで離脱したのか」を分析することができます。
アクセス解析で導き出される答えは「どこに問題があるか」という点であり、それを解決することでアクセスの質や量を増やすことが可能です。

顧客の動向を捉えるデータ分析を提供

サイトのアクセス解析は主にGoogleアナリティクスを使用して解析を行います。
Googleアナリティクスには多くの機能がありますが、Webサイトで集客を考える際に、自社サービスへ問い合わせるユーザーがどういった動きをするのかを確認し改善することが集客への一歩となります。

集客の答えを導くために「ユーザー像の可視化」と「行動把握」の大きく分けて二つの分析を行います。
キーワードを決める際に、3つの検索意図に分け調査を行います。

ユーザー像の可視化

Webサイトに訪れたユーザーが、どんな人なのかを可視化し、訪れた人が何を求めているのかを確認することで、サイトの方向性や今後の改善施策に反映することが可能です。
主に3つの指標を用いてユーザー像の可視化を行い、サイトの改善や新たな施策の基準としてデータを取得します。

1.行動データアクセスした人が「初めてか、再来訪か」「どこからwebサイトに来たか」「どのページを見たか」を可視化します。

2.属性データアクセスした人の「性別」「年齢」「地域」を可視化することができます。

3.閲覧環境データアクセスした人がサイトを閲覧した環境(デバイス、OS、ネットワーク、解像度、アクセスブラウザ)を可視化することができます。

行動把握

行動把握では、アクセスユーザーがどのページがらどこへ遷移していったのか、またどれくらいの時間滞在し、何をクリックしたのかなど詳細に分析することができます。
行動把握を行うことにより、アクセスユーザーへのミスリードを防ぎ、想定したページへ誘導を行うことが可能となります。

1.ページ遷移特定ページから、どこのページに遷移したのかを可視化します。

2.滞在時間特定ページに、ユーザーがどれくらい滞在していたのかを可視化します。

3.クリック箇所ページ内でユーザーがクリックした箇所はどこなのかを可視化します。

4.コンバージョンフローCVに至るまでにユーザーがどのように行動したのかを可視化します。

ユーザーの一連の動きを分析し可視化

ユーザーがどのような流れでページを訪れ、コンバージョンに至ったのか、集計された行動をユーザーごとに確認できる「ユーザーエクスプローラー」という機能があります。「初めて訪れた日付」「前回の閲覧日」「デバイスの種類」「セッション時間」といった詳細だけでなく、「フォーム入力途中で離脱している」「1回のセッションで長時間滞在している」といった、ユーザーをセグメントすることも可能。このようにユーザーの動きを順に追いかけることで、よりユーザー心理に近づくことができ、サイト改善につなげる事ができています。

サーチコンソールとの連携で流入キーワードも可視化

Googleサーチコンソール上のデータを集計して、現在の自社サイトのアクセス流入キーワードを調べます。

流入キーワード別にクリック率を確認すれば、ユーザーが自分のサイトに流入する際のキーワードの傾向がわかるので、それを元にユーザーの求めている情報も推測することができます。

サーチコンソールについて

実際の改善事例

大阪にある工務店のお客様の場合

東淀川区にてリフォームをメインに行う工務店様で、もともとWebサイトをお持ちでしたが集客に結び付かず、悩んでおられる中ご相談をいただきました。
取材を通して、現在の顧客層、実際に依頼のある仕事内容やお客様の性別、今後獲得したい顧客層などを確かめた上で分析を開始。
分析結果:検索からサイトトップへランディングしていますが、アクセスのほとんどがトップページから離脱をしていることがわかりました。
こうなると、トップページの導線を改善する事が最短距離での集客につながると考え、サイトデザインやボタンの配置を変更するで改善を測りました。

改善前は月々1件程度のお問い合わせ

月間のアクセスは200〜400UU程度で、月間のお問い合わせ件数は良くて1件程度。サイトデザイン自体は綺麗に整えられており、
長期利用しているドメインをお持ちでした。

改善ポイント

トップページから施工事例やサービスページ一覧へ移動した際に離脱が多いことや、問い合わせへの導線がないためコンバージョンへ至る事ができなかった。

改善施策

掲載されている事例の数や実際のサービス内容の充実化を図ることで直帰率の上昇を抑え、サイト自体の回遊率向上、各ページの各所にコンバージョンへつながる問い合わせエリアを設けることでコンバージョンへの導線を確保し、問い合わせへのページ遷移を可能にしました。

問い合わせ件数が12倍へ

現状の分析からサイトの離脱ポイントを分析することにより、施策前と比べ最高12倍のコンバージョンを獲得することに成功しました。
アクセスはある物の、お問い合わせがこない場合はサイトの離脱ポイントを分析し、離脱の原因を改善することにより本来獲得できるユーザーを逃すことなくコンバージョンさせる事がかのうになります。

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

無料サイト
診断受付中

無料サイト診断受付フォーム

    会社名
    ご担当者名※必須
    メールアドレス※必須
    お電話番号※必須
    診断URL※必須
    診断キーワード※必須
    page top
    © TRASP.inc All Rights Reserved.