SEOキーワード分析

集客にはSEOキーワード分析が必要

ホームページで集客するには、SEO対策で上位表示させるキーワード選定が非常に重要な要素となります。

コンテンツの質も含めたキーワード選定は、検索エンジンが”最も評価する”ポイントだと言われており、評価されなければ大きなアクセスアップは見込めません。TRASPでは、検索エンジンに評価されている上位サイトの傾向を把握した上でコンテンツ作りを行うので、上位表示を狙えるSEO対策が可能です。

SEOキーワードの分析を行う効果

検索されるワードには、必ず”ユーザーの検索意図”が含まれています。選定したキーワードで上位表示されていない場合、コンテンツが検索意図に対する”答え”となっていない可能性があります。SEO対策では、まずキーワードを分析して「必要なコンテンツ」と「不要なコンテンツ」に分別。上位表示されるために必要なキーワードと競合が獲得しているキーワードを洗い出し、検索意図からユーザーが本当に欲しいであろう情報を読み取ってコンテンツを作ることで、上位表示させることができるようになります。

画像

分析からキーワードを決定するまでのフロー

01.既存サイトのキーワード分析

Googleサーチコンソール上のデータを集計して、現在の自社サイトのアクセス流入キーワードを調べます。

流入キーワード別にクリック率を確認すれば、ユーザーが自分のサイトに流入する際のキーワードの傾向がわかるので、それを元にユーザーの求めている情報も推測することができます。

01.既存サイトのキーワード分析画像

02.競合サイトのキーワード分析

同業他社の流入キーワードを調べて、「自社に流入しているワード」と「流入していないワード」に分けます。競合サイトを調査することで、自社では対策していなかったキーワードを発見できるため、これまでアプローチできていなかった顧客獲得につながります。

02.競合サイトのキーワード分析画像

03.検索ボリュームを分析

それぞれのキーワードと月間検索ボリュームを照らし合わせながら、見込み顧客を獲得できる対策キーワードを選定。自社の強み・ユーザーのニーズ・競合サイトの特徴を理解した上で、集客できるキーワード戦略を立てていきます。

03.検索ボリュームを分析画像

04.検索意図を分析

それぞれの検索意図を予測分析し、サイトの目的に合わせてキーワードを決めていきます。
キーワードを決める際に、3つの検索意図に分け調査を行います。

DO・BUYクエリ(したい)
特定の何かをしたいときのDOクエリ。目的がはっきりしており、固有名詞がわかっているページに移動するためのキーワードです。
買いたいに特化したものがBUYクエリです。
KNOWクエリ(知りたい)
情報を知りたい、問題を解決したいなど、ユーザーに知りたいことがあって、その答えが掲載されているページを探すのに用いられます。
GO(いきたい)
ダウンロードする、会員登録するなど何かのアクションに結びつくのがDOクエリ。

TRASPではDO・BUYクエリに力を入れる事で最終的なお問い合わせに繋げる施策をとっています。
しかしながら、お問い合わせに繋げる為には知りたい欲求を満たす為のアクセスを集める必要がありますので
まずは知りたい欲求を満たすため為のキーワードをちりばめます。
そうする事で、施工を依頼する、見積もりを取る、問い合わせに繋げる行動に繋がります。

  • KNOWクエリでアクセスを集める
    どんなリフォームができる?
    価格は?工期は?色は?サポートは?
  • DO・BUYクエリで問合せを生む
    キッチンのリフォームをしたい!
    見積もりをお願いします!

05.上位表示を行うキーワード戦略設計

上位表示において、一番大切なのはユーザーニーズに合わせたコンテンツの制作です。その土台となるキーワード選定は、SEO対策において非常に重要でありSEO戦略における要とも言えます。TRASPでは、競合の強みと貴社の弱みを分析し、取るべき施策を明確化したキーワード戦略で上位表示を実現します。

キーワード戦略設計
キーワード戦略設計画像

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

無料サイト
診断受付中

無料サイト診断受付フォーム

    会社名
    ご担当者名※必須
    メールアドレス※必須
    お電話番号※必須
    診断URL※必須
    診断キーワード※必須
    page top
    © TRASP.inc All Rights Reserved.