TEL

TRASPコラム

群馬県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

Webデザイン

公開日:2022.12.01

群馬県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

 

従来の建築業界では人脈営業やポスティングによって集客できていました。しかしインターネットやSNSが普及した現代では、群馬県の解体業者でもWebを活用した集客が必須の時代です。また人材不足の深刻化、なかでも若年層が少ない解体業界では、求人サイトを活用し「若者に見つけてもらいやすいインターネット上で」情報発信をすることが重要になります。

 

とはいえ、

「どんなホームページをつくれば良いの?」
「お客さまを集められる・募集がたくさんくるホームページデザインって?」

と悩んでいる群馬県の解体業の経営者やWeb担当者の方も多いのではないでしょうか。 

 

そこで本記事では、プロが選んだ群馬県にある解体業のホームページデザイン15社をまとめました。
インパクトを与える」「シンプル」「かっこいい」のジャンル別にご紹介していきますので、デザインに悩まれている解体業者の参考になればと思います。

 

また数多くの建設・解体業ホームページを制作してきたTRASPが、お問い合わせを増やすために必要な要素・お客さまに選ばれる解体業ホームページの特徴を解説。群馬で解体業のホームページ制作が得意なWeb制作会社も3社ご紹介いたします。

 

無料相談受付中

 

解体業のホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

解体業のホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

 

まずは群馬の解体業ホームページを制作するうえで、お問い合わせを増やすために必要な4つのデザインを紹介していきます。

  1. 工事の様子・仕事内容を掲載
  2. 信頼・安心できるコンテンツ
  3. プラン・サービスがわかりやすい
  4. お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

 

1.工事の様子・仕事内容を掲載

ホームページには、「工事の様子」や「仕事内容」を掲載しましょう。
なぜなら一般のお客さまは解体工事を目にする機会が少なく、
「どのような工事が行われているか」を知らないため。

 

そのため下記のような情報を発信し、具体的なイメージを掴んでもらいましょう。

  • トップページで「自社のPR動画」を設置
  • 工事のビフォーアフター写真
  • 工事の過程を写した写真・動画

現在の群馬県では、「郊外:人口減少による空き家の増加」「中心部:人口が集まり土地開発がすすむ」という状況です。今後はさらに空き家が増加すると予測されるため、解体工事もいま以上に増えるといえるでしょう。

 

しかし他社とくらべて「優れた要素・独自の強み」がなければ、仕事はまわってきません。そのため「どのような作業を強みにしているのか」など、仕事内容や施工事例と合わせて「自社の強み」についても記載しましょう。

 

また求人サイトでは

  • 自社に入社した際の一日のスケジュール
  • 年次別の仕事内容
  • 先輩インタビュー

 

などを載せると、求職者が働くイメージをもったうえで応募をしてくれるため、求職者とのマッチング率が高まり、応募へのハードルを下げられます。

 

2.信頼・安心できるコンテンツ

解体業者のなかには、工事の見積もりを取らない業者や役所へ届け出を出していない業者など、「悪徳業者」と呼ばれる会社も一定数います。

 

また工事を行うにあたって「近隣住民への騒音トラブル」や「廃棄物の不法投棄」なども、お客さまが不安視しやすい原因といえるでしょう。

 

そのためお客さまは「信頼できる会社であるか」を重視しており、解体業のホームページでは以下のようなコンテンツを用意することで、自社への信頼や安心を得ることが重要です

  • 担当スタッフのプロフィール
  • 会社代表挨拶
  • 会社の沿革や理念
  • 保有資格

とくに営業スタッフや解体を施工するスタッフの顔写真や作業風景がわかるとお客さまは安心して依頼できるため、顔写真や趣味については積極的に記載しましょう。

 

3.プラン・サービスがわかりやすい

解体工事と一口にいっても、どのような建物を解体しているのか、また法人・個人どちらを対象にしているのかがわからなければ、お客さまから依頼をしてくることはありません。以下のような情報をホームページに掲載しましょう。

  • 自社がどのような規模の建物を解体しているのか
  • 商業施設やビルなのか、一般住宅なのか
  • 躯体は木造なのかコンクリートなのか

またお客さまのなかには、解体業に関する知識がない方も多いため、坪単価によって解体費用の目安を掲載することも重要です

 

仮に相場が一切わかならければ、そもそもお客さまの比較検討から外れてしまいます。したがって目安となるおおよその期間や素材ごとの「金額の違い」について記載し、ユーザーに依頼時のイメージを持たせる工夫をしましょう。

 

4.お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

どんなにおしゃれなデザインのホームページでも、お問い合わせ方法がわかりにくければ、集客にはつながりません。そのためどのページを閲覧していても、1クリックで問い合わせできるような設計を目指しましょう

 

  • 各ページに最低1つは「電話」「メール」からお問い合わを促す「CTAボタン」を設置する
  • 求人サイトでは「応募フォーム」を設置する

 

とくにヘッダーやフッター部分、そしてサイドバー部分はユーザーが注目しやすい箇所のため、アクションを行動を促す効果がある「赤色」を使用するなど、ユーザー心理をふまえた色彩の活用も効果的です。

 

また近年では年齢層・性別を問わずに多くの方がSNSを活用しており、LINEにいたっては「全国15~79歳の約8割」が使用しているというデータも。したがってホームページ内では「公式LINE」の問い合わせにも対応し、ユーザーが気軽に相談・依頼できるような体制を整えると、集客効果の高いホームページになります。

 

ホームページ集客についてはこちらの記事を参考にしてください。

 


「インパクトを与える」群馬県の解体業のホームページデザイン事例5選

ここでは「インパクトを与える」群馬の解体業のホームページデザインについて、5つの事例から紹介していきます。

1.有限会社コイケ

有限会社コイケ

 

https://koikekaitai.com/

 

伊勢崎市に中心に、解体工事やリフォーム工事を行っている有限会社コイケ。ホームページの特徴は、解体業者のホームページであることを疑ってしまうような、ファーストビューに表示される「看板犬の可愛らしい写真」です。

 

自社のイメージキャラクターとして「犬」を使用し、ファーストビューのほかにも、以下の箇所でデザインに反映。「犬を活用したデザイン」という解体業にはない珍しい個性を打ち出すことで、記憶に残るホームページに仕上げています。

  • 画面右下に「お見積もり無料」のポップアップとともに表示される犬
  • トップページ中央の「安心してコイケにお任せいただける理由」にある、犬の足跡をイラストにしたデザイン

またトップページ冒頭からアクセスできる「代表インタビュー」のページは、無料見積もりを行う企業の外部サイトに移動します。

 

インタビューの内容では「解体見積もり書に手紙を添えて誠意を伝える」など、仕事を行ううえで意識していること、仕事への想いを伝える構成に。外部サイトを活用した事例ではありますが、当事例のようにインタビュー形式は読みやすく、自社を知ってもらうきっかけとなるでしょう。

2.有限会社須田工業

有限会社須田工業

 

https://www.suda-k.jp/

 

有限会社須田工業は、「地球へのやさしさ・資源の大切さ」をテーマに仕事を行っている総合建築会社です。

 

ファーストビュー下に設置された「赤色」の求人募集の画像バナーは、白を基調としたホームページのなかでも目立つデザイン。またトップーページでは、公式YouTubeチャンネル「現場のリアル動画」がポップアップで表示される仕様に

ホームページ内では語られていない「現場工事の裏側」や「会社2年目の若手社員の本音」など、リアルな視点で解体業を知れる魅力的なコンテンツになっています。

 

ホームページは集客目的に作られたコーポレートサイトですが、画像バナー・動画など要所で求職に向けて訴求を行っている点は、「集客・求人」の2つを兼ね備えているホームページといえるでしょう。

 

3.大和建設株式会社

大和建設株式会社

 

http://yamatokensetu.co.jp/

 

高崎市にある大和建設株式会社は、循環型社会を目指し、解体工事から産業廃棄物の処理を行っている会社です。

 

ホームページでは、豊かな環境を表す「緑色」をベースカラーとして使用しています。緑色からは「循環型社会」「環境への配慮」が感じられ、「より良い環境づくりにこだわり続ける」という自社のコンセプトを的確に表現したデザインといえるでしょう。

 

トップページは下記の「4つの事業項目リンク」を中心にした設計によって、ユーザーがホームページ内のコンテンツへアクセスしやすい導線に仕上げています。

  • 解体工事・空家対策・産業廃棄物処理
  • アスベスト対策・処理
  • 建設資材・土壌改良材
  • 新規のお客様へ

ファーストビューは最もユーザーが閲覧する箇所だからこそ、「新規のお客様へ」のようにお問合せフォームへ誘導している点は、集客力を高めるポイントです

4.シゲン総業有限会社

シゲン総業有限会社

 

https://sigen-so.com/

 

 シゲン総業有限会社は伊勢崎市を拠点に、建物解体や遺品整理などを行っている会社です。

 

ファーストビューでは、スライド形式で複数の画像が表示される仕様になっています。なかでも「こんなお悩みありませんか?」のスライド画像では、「庭の草むしりを手伝ってほしい」や「生活ごみをためすぎて処理に困っている」などの悩みを掲載。

 

具体的な悩みからユーザーの共感を集めることで、見ている人は内容を自分ごと化でき、「この会社なら問題を解決できそう」という期待値につながりますまたトップページでは「緑や青空が印象的な画像」が掲載されています。緑や青空からは「環境の綺麗さ」が感じられるため、自然と「環境へ配慮した会社」であることを伝えられるデザインといえるでしょう。

5.富士産業株式会社

富士産業株式会社

 

https://www.fujisangyo.top/

 

富士産業株式会社は岐阜県太田市に本社を構え、解体工事を専門に扱っている会社です。

 

ホームページを開いて最初に表示されるのは、建物の解体様子を映した動画になります。「新風を呼ぶ。FUJISANGYO」の文字、そして「現場の中にいるような臨場感」が伝わる映像は、解体工事の迫力や「かっこよさ」が感じられるポイントに。

 

またヘッダーのメニューバーからアクセスできる「解体工事単価表」は、事例とともに坪単価の金額が記載され、ユーザーにとって作業内容がイメージしやすいコンテンツになっていす。

 

一般消費者には具体的なイメージがわきにくい「解体業」の単価ですが、「解体工事の坪単価や作業詳細」を少しでも理解してもらうだけで、依頼につながる確率は大きく変化するでしょう。したがって当事例のように、「事例画像+具体的な単価」の記載によって、大枠の目安を伝えていきましょう

 

「シンプル」な群馬県の解体業のホームページデザイン事例5選

ここでは「シンプル」な群馬の解体業のホームページデザインについて、5つの事例から紹介していきます。

6.有限会社トヨシゲ

有限会社トヨシゲ

 

https://toyoshige-gunma.com/

 

有限会社トヨシゲは前橋市を拠点に、解体業や季節営業の「浜茶屋」を行っている会社です。

ホームページのメインカラーは「黄色」を使用し、重機と同じ色彩に合わせています。黄色は「エネルギッシュで活力にあふれた会社」が連想できます。

 

またトップページ冒頭の業務内容の見出しでは、「見積もり無料」について記載する構成に。「どのような仕事の見積もりでも大小に関わらず無料」というメッセージはユーザーが安心できるポイントとなり、問い合わせのハードルを下げる点で有効です

 

7.有限会社野口組

有限会社野口組

 

http://www.noguchigumi.co.jp/

 

地域密着型企業として厚い信頼を得ている有限会社野口組は、解体業だけでなく新築建設やリフォームなど、住まいに関する幅広い施工をしている会社です。

 

当事例は「葉の画像」をホームページの背景に散りばめたり、「水」を連想させる淡いブルーをメインカラーに取り入れたりと、自然を連想させるデザインが特徴。コンセプトである「人と自然にやさしく、快適な環境を創造する」を、上手に表現していると考えられます。

 

また左サイドバーではホームページ内のコンテンツメニューを配置し、どのページでもメニューバーが表示される仕様に。青いメニューバーのなかでも、「問い合わせフォーム」のリンクだけが「黄色」で目立つデザインとなっており、視覚的に行動を促していることがわかります。

 

8.株式会社閑野組積

株式会社閑野組積

 

http://kanno-soseki.co.jp/

 

前橋市を中心に、新築・エクステリア・解体工事を手掛けている株式会社閑野組積。ホームページは白を基調に紺色をアクセントカラーに使用することで、「落ち着き」「誠実感」が伝わるデザインに仕上げています。

 

またファーストビュー直下では「エクステリア相談会」の案内を画像バナーによって掲載。解体業のホームページは、解体工事だけでは差別化が難しく、解体後の住宅建設までを加味したサービス提供が重要です。

 

当事例ではサービスの1つとしてエクステリアを提供することで、他社との差別化・ユーザーの興味を持たせるポイントに活用していると考えられます。自社の強みの打ち出しはもちろんのこと、「エクステリア相談会」の画像バナーを緑で目立たせている点は、デザイン面でも参考になるといえるでしょう。

9.株式会社SKホーム

株式会社SKホーム

 

http://sk-home0119.jp/

 

株式会社SKホームは「安全かつ丁寧な解体工事をスピーディーにお届け」をコンセプトに、解体工事全般から外装・内装リフォームまで、幅広い事業を展開している会社です。

 

リフォーム事業を行っていることもあり、ファーストビューでは木の温もりが感じられる「木目の内装写真」が表示され、見ているユーザーに「安心感」「やすらぎ」を与えるデザインになっています。

 

また「解体ページ」中盤にある「空き家対策のご提案」では、

  • 放置空き家に対する、行政からの強制対処の場合の費用負担問題
  • 空き家解体による、土地売却のメリット

など具体的な問題点を挙げて、ユーザーが解体工事の重要性に気づくような訴求を行っています

「両親・親戚」など、空き家は人から譲り受けたといったケースも多いため、改めて空き家の問題を伝えている点は、ユーザーに行動を促すうえで参考にしたいコンテンツ内容です。

10.田畑建設株式会社

田畑建設株式会社

 

https://www.tabata-kk.co.jp/

 

「地域の発展と豊かな環境づくり」をコンセプトに、土木建築工事や解体業を行っている田畑建設株式会社。

 

ファーストビューには「スタッフが笑顔で仕事をする様子」を撮影した画像と、「さぁ、一緒につくろう。」のキャッチコピーを掲載。ユーザーに語り掛けるようなメッセージからは「同じ目線を持ってくれていること」が伝わり、会社への親しみやすさを感じられます。

 

またファーストビューをスクロールすると、自社の事業紹介ページにつながる4つのリンクが、それぞれのイメージカラーを用いて設置。各リンクでは「山を治める」「道を造る」など、事業内容が連想しやすい言葉を見出しに使っており、ユーザーの興味を上手に引いているポイントといえます

 

「かっこいい」群馬県の解体業のホームページデザイン事例5選 

ここでは「かっこいい」群馬の解体業のホームページデザインについて、5つの事例から紹介していきます。

11.株式会社ワンアクシス

株式会社ワンアクシス 

https://one-axis.com/

 

株式会社ワンアクシスのホームページは、ファーストビューで「数多くの施工現場や事業別例写真」がビフォーアフターとして掲載され、ついスライド形式で流れる写真に見入ってしまうデザインです。

 

またファーストビュー直下では、「自社の強みや作業の流れ」を紹介するページへのリンクが、「家財の整理」「建物の解体」「土地活用の提案」の業務内容ごとに設置されています。

 

リンクの文字は下記のような原色を活用することで、メリハリをもたせ、視覚的に注目を集めている点もポイント

  • 誠実なイメージを与える「青」
  • 気分を高め明るいイメージをあたえる「黄色」 

ほかにもトップページ中盤では「直接依頼がお得な理由」をイラストによって解説するなど、ユーザー目線で「見やすさ・読みやすさ」を考えられている事例です。

 

12.株式会社LINK

株式会社LINK

 

https://link-takasaki.co.jp/

 

株式会社LINKは、解体業を中心に不用品回収から産業廃棄物収集まで対応している会社です。自社独自の新3Kを定義し、業界のリブランディング(時代や社会のニーズに合わせて解体業のイメージを構築しなおす)を図っている点が強みになります。

新3K

  • 「カッコイイ」
  • 「キンムチョウカゼロ(残業ゼロ)」
  • 「カセゲル」 

一般的に3Kと呼ばれる「汚い・きつい・危険」のイメージが強い解体業ですが、「新3K」のような特徴があると、求職者は興味をもつきっかけとなるでしょう

  

またメニューバーの「リクルート」内にある「社員インタビュー」のページでは、実際に勤務している社員の声が、「なぜこの仕事を選んだのですか?」などのQ&A方式で記載されています。Q&A方式は、長い文章で記載されたテキストよりも読みやすく、ホームページからの離脱を防ぐうえでも有効です。

 

13.有限会社高野仮設

有限会社高野仮設

 

https://takanokasetsu.com/

 

有限会社高野仮設は解体工事をはじめ、「高い技術を要する足場づくり」を強みにしている会社です。

 

ファーストビューでは「スタッフが足場を組んでいる様子」の写真を背景に、「信頼と実績を重ねた確かな足場」というキャッチコピーを掲載。明るく清々しい青空は、ホームページのメインカラーに使用している「水色」とも相まって、爽やかな印象を与えています。

 

またトップページ冒頭の「高野仮設の強み」は、5つのポイントに絞って載せることで、可読性が高くユーザーに見てもらいやすい設計に。トップページは「まず自社に興味を持たせること」が重要なため、当事例のように簡易的でも「特徴がわかりやすい内容」は参考にしていきましょう。 

14.株式会社千本木重機興業

株式会社千本木重機興業

 

https://sjk-gunma.com/

 

株式会社千本木重機興業のホームページは、ファーストビューの「空を背景にした写真」と「職人や重機の影」のコントラストが印象的で、爽やかさを与えつつ力強い建設業のイメージを表現している事例です。

 

またどのページからでも表示される「右サイドバーの採用情報やお問い合わせボタン」では、アクセントカラーとして赤色・青色を使用し、閲覧者の目に留まりやすいデザインに。サイドバーを固定表示させることで、常にユーザーの視界に入り続けるため、アクションを促すうえでは効果的な施策となります

 

そのため「求職者に向けた採用情報のページ」や「お問い合わせフォームのページ」など、ユーザーを誘導したい場合は当事例のようにサイドバーの固定表示を取り入れたデザインがおすすめです。

15.株式会社丸山建設工業

株式会社丸山建設工業

 

https://kk-maruyama.net/

 

1976年に創業し、「お客さま第一主義」として群馬県の建築や解体、収集運搬業を行っている株式会社丸山建設工業。

 

当事例の特徴は、自社のオリジナルキャラクターをファーストビューに掲載しているデザインです。オリジナルキャラクターを使ったマーケティングは、「興味を引きやすい」「企業イメージを与えられる」といったメリットがあり、企業の認知度向上に効果的な施策といえるでしょう。

 

またトップページは1スクロールごとに画像がスライドで表示される設計で、「会社案内」「業務内容」など表示されるコンテンツに集中して閲覧できます。過度に情報量が多いページは「どこを見たらいいのだろう…」とユーザーの混乱を招く恐れもあるため、内容をわかりやすくシンプルに伝えたい場合は、ぜひ当事例のデザインを参考にしてはいかがでしょうか。

TRASPは、全国の建築業や解体業のホームページ制作実績を数多く保有しています。
制作事例は以下のボタンよりご覧ください。

 

TRASPでは、ユーザー心理・行動を考え、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった解体業のホームページの課題を見つけ出し、より集客のできるホームページ制作・求人サイト制作を行います。相談は無料です。ホームページ制作・求人サイト制作を検討している解体業者さまはお気軽にお問い合わせください。

 

制作事例はこちら

お客さまに選ばれる群馬の解体業ホームページの特徴5つ

お客さまに選ばれる群馬の解体業ホームページの特徴5つ

 

つづいてお客さまに選ばれる群馬の解体業ホームページの特徴を、5つにまとめて紹介していきます。

  1. 自社の魅力を伝えるキャッチコピー
  2. 地域を絞ったSEO対策
  3. ブログを運用する
  4. ポジショニング戦略で差別化をする
  5. お客さまの声で安心感を与える

 

1.自社の魅力を伝えるキャッチコピー

ホームページを閲覧しているユーザーは、最初にアクセスしたページ次第で「続きを読むのか、やめるのか」が決まってくるといわれています。そのためお客さまに選ばれるためには、ファーストビューで魅力的なキャッチコピーを掲載し、自社の特徴をわかりやすく伝えることが重要です

 

ただしインパクトがあるだけのキャッチコピーでは、興味を引けても「その先の問い合わせ」につながるとは限りません。したがって「なぜ自社を選ぶべきなのか」や「他社との明確な違い」など、ユーザーにとってメリットとなる要素やコンセプトを含めるようにしましょう

キャッチコピー例

2.地域を絞ったSEO対策

群馬県では2代・3代と続く地元密着型の解体業者も多く、お客さまは基本的に「家から近い解体業者」を探す傾向があります解体工事は現場へ業者を呼ぶため、わざわざ車で数時間かかるような遠方へ依頼しようとは思いませんよね。

 

そのため大半のお客さまは、Webで「地域名+解体業者」のような地域名を含めたキーワードで検索しており、ホームページ集客ではこのような地域名のキーワード対策(SEO対策)が欠かせません。

SEO対策

「検索エンジン最適化」を意味し、GoogleやYahoo! JAPANなど検索エンジンの検索結果で、自社サイトを上位順位に表示させることが目的の施策です

 

地域名を含むキーワードは「その地域にいる解体業者」が競合となるため、比較的成果を上げやすい傾向があります。ただし前橋市のように都心部は競合も増えるため、成果が見込める早い段階に対策しましょう。

  • 「解体工事 前橋市」
  • 「解体業者 高崎市 おすすめ」
  • 「住宅解体 沼田市 価格」

解体業のSEO対策についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

3.ブログを運用する

解体業のホームページでは、ブログの運用がおすすめです。

 

なぜなら大半のお客さまは解体業者を探すときに、まず、「解体 木造」「家 解体 費用」といったキーワードで解体工事について調べる傾向があります。そのためしたがってこのようなキーワードを含めた記事を書くことで、ブログ経由でホームページへのアクセス数を増やすことが可能です

 

具体的な流れ

  1. ユーザーが「解体 木造」を検索
  2. 「解体 木造」を対策したブログ記事が検索上位に表示
  3. ユーザーが自社のブログ記事にアクセス
  4. ブログ記事をとおして自社に興味をもつ
  5. ブログ記事からホームページへアクセスする

ただし集客できるブログにするためには、スタッフの日記といったものではなく、ユーザーがほしいと感じている情報・ユーザーの役に立つ内容であることが必須。

おすすめのブログのネタ

  • 解体費用について(木造とRC造の違い)
  • 解体の手続きについて
  • 解体後の木材の再利用法
  • 解体の際によくあるトラブル事例
  • 解体をする家の遺品や家具の処分方法

これらの記事は「家 解体 手続き」「家 解体 費用」などで検索しているユーザーのパソコンやスマホにヒットします。例えば「家 解体 費用」で検索した人は、自宅の解体費用について不安を抱えていると予測されます。そのためブログを通じて解体費用に関する内容を発信することでユーザーの悩みを解決できれば、「信頼できる」「ここに工事をしてもらいたい」と依頼につなげられるでしょう。

 

ブログを運用することで、自社の認知・購買意欲の促進・サービスの受注まで一貫して行える点は魅力ですね。

 

 

4.ポジショニング戦略で差別化をする

解体工事では扱う重機が異なる場合でも、工事過程や出来栄えに大きな変化はありません。ましてや一般のお客さまからすると、どの解体業者も同じに見えるといえるでしょう。

 

このような場合におすすめな対策方法は、ポジショニング戦略によって他社との差別化を図ることです。

ポジショニング戦略とは

市場において自社商品・サービスの立ち位置(=ポジション)を決めること。自社商品・サービスについて独自のポジションを築き、競合よりも優位に立つことを目的としている。

解体業が展開すべきポジショニング戦略の例です。

  • エクステリアを行っている
  • 廃棄物回収を行っている
  • 内装リフォームも行っている

ポジショニング戦略は業務内容だけではありません。

  • 営業時間が長い(電話受付は朝7時~22時までなど)
  • 依頼から3日以内に工事開始

といった、他社には真似できない「自社独自の強み」があると、はっきりとした差別化から自社に興味を持ったお客さまを集められます。

 

5.お客さまの声で安心感を与える

群馬県人は地元愛が強く、義理人情に厚い県民性が特徴。そのため近所付き合いや友達同士の口コミが広がりやすく、第三者の意見を尊重する人が多い傾向にあります

 

解体業者を選ぶ際も「周囲からの評判」を重視する人が多く、会社の信頼性・技術力をアピールするコンテンツとして「お客さまの声」が必須です

 

お客さまが依頼した理由や作業前後の様子についても掲載すると、より共感を得やすいコンテンツとなり、集客力を高める「強力な材料」になるでしょう。

 

また余裕があればお客さまのインタビュー動画を撮影するなど、「お客さまの声」の信憑性を高める工夫も重要になります。

 

群馬県の解体業におすすめのホームページ制作会社

最後に群馬の解体業者におすすめできるホームページ制作会社を3社紹介していきます。

  1. TRASP株式会社
  2. 株式会社群馬イートレンド
  3. 株式会社ナカハラ

1.TRASP株式会社

TRASP株式会社

 

https://trasp-inc.com/

 

大阪市北区にあるTRASP株式会社は、解体業・建設業の集客に強いホームページや求人サイトを得意としたWeb制作会社です。

 

お客さまごとに担当者がヒアリングを実施しているため、明確化していない集客課題や求職者が集まらない要因など、具体的な課題発見もTRASP株式会社の特徴。そのため長期的に利益を出せるWebサイトや、求職者が集まる求人サイト制作についてはお任せください。

 

また自社でコンテンツマーケティングに取り組み、Web業界のキーワードは検索ボリュームも競合会社が多いなかで、さまざまなキーワードで1位表示、トップ表示を実現していますその結果PV数は約595%増と大幅にアップ、CVは月4件から月42件と11倍に増えましたプロのSEOライターによるコンテンツ作成、広告・SNS運用などホームページから長期的に集客し続ける「さまざまなマーケティング施策」を提供できます。

 

オンライン面談も行っていますので、全国問わずに「集客の軸となるホームページを作りたい」と考えている方におすすめです。

 

TRASP株式会社の会社概要

URL

https://trasp-inc.com/

TEL

06-6136-5442

会社所在地

大阪市北区西天満5丁目2番18号 3F

設立年

2017年2月

実績ページ

https://trasp-inc.com/works-type/builder/#a_works

 

お問い合わせはこちら

 

2.株式会社群馬イートレンド

株式会社群馬イートレンド

 

https://www.g-e-t.co.jp/

 

高崎市の株式会社群馬イートレンドは、”訪問者に信頼感を与え、成果が獲得できる「使えるホームページ」の作成”を強みにしている会社です。

 

これまで解体・建築業をはじめ、群馬県の情報サイトや美容サロンなど幅広い業種のサイト制作を行ってきた実績があります。なかでも情報サイトの運営を通して、地元群馬県民が好む表現やサービスを熟知している点が株式会社群馬イートレンドの特徴

 

また制作の予算が限られているお客さまに向けて、低価格のテンプレートパックも提供しています。そのため費用を抑えながら、地域の特性を加味したホームページを制作したい場合におすすめの会社です。

 

株式会社群馬イートレンドの会社概要

URL

https://www.g-e-t.co.jp/

TEL

027-341-5823

会社所在地

群馬県高崎市下之城町177-11 プラス7下之城ビル2階

実績ページ

https://www.g-e-t.co.jp/works/

設立日

2000年7月

 

3.株式会社ナカハラ

株式会社ナカハラ

 

https://aceweb.jp/

 

Webサイト制作事業をはじめて18年、累計480件以上の制作実績がある株式会社ナカハラ。アクセス解析などを軸に、ユーザーへ「使える」「伝わる」ホームページ制作を得意としています

 

またホームページを制作するだけでなく、「制作後の更新・運用率75%以上」「お客さまへのご紹介率86%以上」などお客さまとの長期的な付き合いを強みにしており、非常に信頼が厚い会社といえるでしょう。

 

そのためホームページ制作後も「長期的にサポートしてほしい」と考えている方におすすめの会社です。

 

株式会社ナカハラの会社概要

URL

https://aceweb.jp/

TEL

027-362-3857

会社所在地

群馬県高崎市新保町268-1 井草ビル101

実績ページ

https://aceweb.jp/info/works/page/4/

設立日

2003年1月

まとめ

本記事では群馬県にある解体業のホームページデザイン事例15選を、3つのジャンル別に紹介してきました。

 

地域性の高い群馬県では、第三者の意見を尊重する傾向があり、ホームページでは「お客さまの声」を充実させることが重要です。またホームページではファーストビューによって印象が左右されるため、魅力的なキャッチコピーや写真の活用を意識していきましょう

 

TRASPではWebマーケティングに強いホームページ制作を得意としています。管理面、SEOなどのWebマーケティング面からのご提案なども行っておりますので、サイトからの問い合わせを強化したい、サイトの導線を変更したいなどのご相談は一度TRASPまでご連絡ください。

 

Webの知識がない方でも一から丁寧にサポートしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.