TEL

TRASPコラム

解体業のホームページ集客とは?いますぐ実践すべき戦略4つを解説!

集客方法

更新日:2022.05.19
公開日:2022.04.27

解体業のホームページ集客とは?いますぐ実践すべき戦略4つを解説!

 

インターネットがあたり前の社会となり、ホームページの重要性は多くの方が認識しています。とはいっても、解体業界においてはホームページを活用しきれていない企業も多いのではないでしょうか。

 

コロナ禍でオンライン集客するケースが増えた世の中では、業種にかかわらずWebサイトが重要な意味をもちます。今後ますます加速すると思われるオンライン化の波。解体業でも事業を継続していくために「ホームページをもつ、活用する」という選択肢が良いでしょう。

 

そこで本記事では、解体業にホームページ集客が必要な理由をピックアップし、活用するメリットや集客力を高める戦略について解説していきます。

 

集客に強いホームページの制作・運用が強みであるTRASPが、ホームページの活用でよくある失敗例や、成功に必要なことをお教えします。

 

無料相談受付中

 

解体業にホームページ集客が必要な理由とは? 

解体業にホームページ集客が必要な理由とは? 

 

解体業では飛び込み営業や既存顧客から紹介など、昔ながらの集客方法が一般的です。
しかし20年後も業界で生き残る企業になるためには、オンライン集客の軸であるホームページの活用も欠かせません。

 

ここでは、解体業にホームページ集客が必要な理由について解説していきます。

 

コロナによるオンライン化の加速

1つ目の理由は、コロナによるオンライン化の加速です。

 

従来の解体業では、飛び込み営業をはじめとしたオフラインでの営業活動が一般的でした。
しかし近年はコロナウイルスの影響によって、対面で営業を行うのではなく、インターネット上で集客を完結させるなどオンライン化がすすんでいます。

 

また現代では世代を問わずにスマートフォンを活用するようになり、インターネットで検索し情報を調べることがあたり前の時代になりました。そのためホームページがなければ顧客に自社のことを認知されず、集客はできないでしょう

 

したがって今後業界で生き残っていくためにはホームページを活用した新規顧客の獲得が欠かせません。

 

顧客からの信頼獲得

2つ目の理由は、ホームページをとおして顧客からの信頼を獲得するためです。

 

一般的にユーザーがインターネットで検索し情報収集をおこなう場合、企業のホームページを確認し、「どのような会社なのか」「どのようなサービスを提供しているのか」また料金などを事前に調べるのが目的です。

 

しかしホームページがなければ企業情報を調べられず、欲しい情報を得られない企業と認識されるでしょう。
現在のようにインターネットがあたり前の時代では、「情報を得られない=信頼のできない企業」と捉える顧客も少なくありません

 

このようにホームページの有無で企業への印象は大きく左右されてしまいます。
したがって顧客からの信頼を獲得するためにも、ホームページの制作や定期的な運用は欠かせない要素といえるでしょう。

 

解体業がホームページ集客を行うメリット4つ 

解体業がホームページ集客を行うメリット4つ 

 

では解体業がホームページ集客を行うメリットは何でしょうか?

具体的には、以下の4つが挙げられます。

  • 成約率が向上する
  • 潜在顧客へアプローチできる
  • 持続的に集客できる
  • 顧客データを収集できる

 

1.成約率が向上する

ホームページ集客によって問い合わせや契約につながったケースでは、成約率が高く、顧客満足度も高い傾向にありますなぜならホームページを経由して問い合わせてくる顧客は、自社の情報を事前に調べていることが大半だからです。

 

たとえばホームページで「質が高い工事」や「安心のサポート体制」という強みを打ち出したとすれば、「質やサポートを重視する」顧客が多く集まります。

 

しかしホームページを経由しないでお問い合わせをしてきた人は、どのようなニーズであるかが判断できません
「高品質で高額」が特徴の企業に「質より安さ」を求める顧客が問い合わせてくることもあり、実際に相談をしてみて「なんか違った」となれば、両者がむだな時間をかけてしまうことになります。

 

そのためホームページを活用すれば、効率良く受注につながりやすい顧客を集められる点が強みです。

 

2.潜在顧客へアプローチできる

ホームページでは検索エンジンからの集客がメインとなるため、キーワード対策することで潜在顧客へアプローチできます

 

例えば「解体業者 埼玉県 おすすめ」と検索した際に自社サイトが表示されれば、検索ユーザーはどう感じるでしょうか?大半が「ここの会社が埼玉県ではおすすめなのか」といった印象を抱くと考えられます。

 

このように自社を認知していないユーザーであっても、検索キーワード次第では自社ページを検索結果に表示させ、受注につなげることが可能です。
また潜在顧客のなかでもニーズの強い顧客をターゲットにできるため、集客効果を一気に向上させられます。

 

3.持続的に集客できる

一度公開したコンテンツはインターネット上に残り続けるため、ホームページは持続的に集客ツールとして活用可能です。

 

もし広告を掲載して集客をおこなう場合、費用を支払った分の期間でしか掲載できません。
そのため集客し続けるには、高額な費用が必要になるでしょう。

 

一方でホームページ集客では、大きな費用をかけることなく継続的に集客できます。
またコンテンツ量が多くなるにつれ、集客用ページ・問い合わせにつなげるページなど、目的に合わせたページを用意してさまざまなフェーズのユーザーを見込み顧客に育成するための導線作りが可能。そして一度作ったコンテンツは自社の資産としても残ります。

 

導線設計の例

  • 集客ページ:新規の顧客獲得
  • コンテンツ:顧客の悩みや疑問を解決し、購買意欲を向上させる
  • 問い合わせページ:問い合わせにつなげる

のような使い分けができ、顧客の接触から受注までを自動で完結できます。

 

4.顧客データを収集・分析できる

ホームページ集客をはじめとしたオンラインマーケティングでは、顧客データを集められる点もメリット。

 

チラシやボスティングなどのオフライン集客の場合、どの程度の集客効果があったのかを具体的に判断することができません。しかしホームページではアクセスユーザーの情報を得ることで、どのような顧客が自社に興味をもっているのか、データとして蓄積できます。

 

集めたデータをもとに、ホームページの改善や成約率を上げるための施策を行えるでしょうメルマガ登録や参考資料のダウンロードをうながし、顧客情報を入力してもらう方法も効果的です。

 

MAツールではデータを集めるだけでなく、その後のアプローチまで自動化できるツールも存在します。ただし入手したデータは個人情報のため、厳重に管理しましょう。

 

 

顧客管理ツール、オンライン商談ツールなどを紹介した記事がありますので参考にしてください。

 

解体業のホームページ集客を成功させる戦略4つ 

解体業のホームページ集客を成功させる戦略4つ 

 

ホームページの集客を最大化するためには、まずどのような流入経路があるのかを考えましょう。
そのうえで各流入経路に向けた対策を実施していくことが重要となります。

 

今回は以下の4つの流入経路から、ホームページ集客を成功させる戦略について解説していきます。

  • 検索エンジンからの集客
  • 有料広告からの集客
  • SNSからの集客
  • 外部サイトからの集客

 

1.検索エンジンからの集客

もっともアクセス流入を見込める方法は、検索エンジンからの流入増加を目的としたSEO対策になります。

 

SEOはユーザーが検索するキーワードを予想して、決めたキーワードで検索上位に表示されるように対策することで多くのユーザーからアクセスを集める手法です。

 

インターネット上では、日々ユーザーがさまざまな悩みを解決するために検索を行っています。
そのためユーザーの悩み解決に向けた「役立つ情報」を発信できれば、検索エンジンから評価され、検索結果で上位に表示されやすくなります

 

また専門的な分野である解体業では、専門知識を活かし、ブログを活用して情報を発信する方法も効果的です。ブログであれば自由に情報を発信できるため、さまざまなキーワードを想定してコンテンツを制作できるでしょう。

 

解体業のブログ集客について解説した記事がありますので参考にしてください。

 

2.有料広告からの集客

つづいて紹介する方法は、有料広告を活用してホームページへ集客する戦略です。
具体的にはWeb広告のランディングページ(リンク先)として、自社のホームページへつなげる流れとなります。

 

有料広告の例

  • リスティング広告
  • リターゲティング広告
  • ディスプレイ広告
  • バナー広告
  • SNS広告
  • アフィリエイト広告

どの広告においても、詳細なターゲティングを行える点が最大の強みといえるでしょう。
ただし扱う広告によって特徴は異なるため、自社ターゲットとマッチしているかを見極めることが重要です。

 

Web広告について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

 

3.SNSからの集客

ホームページへの集客では、SNSからアクセスを促すことも効果的な方法となります。

 

具体的な流れはこちら。

  1. SNSで情報を発信する
  2. SNSでユーザーとコミュニケーションを図る
  3. ホームページへの移動を促す

またSNSではコメント欄などでユーザーと関わりを持ちやすいことが特徴です。
そのため積極的にユーザーとのコミュニケーションを図り、自社のファンとして定着させましょう

 

ファン化した顧客は自社への関心度が高いため、ホームページへのアクセスを促しやすくなります。

 

4.外部サイトからの集客

ポータルサイトやオウンドメディア、そしてほかの人が運営しているWebサイトからの被リンクなど、外部サイトからの流入も集客につなげられます

被リンクとは

  • 外部サイトから自社サイトに向けて設置されたリンクのこと

被リンクを獲得するには、以下の対策が効果的です。

  • 質の高いコンテンツ制作
  • ホームページにシェアボタンを設置
  • 露出の増加
  • インフォグラフィックの作成

そもそも自社サイトが認知されていなければ、被リンクの獲得はできないと考えましょう。
そのため価値のある情報発信、そしてSNSなどを活用しながら積極的に露出を増やすことが大切です。

 

解体業のホームページ集客でよくある失敗 

解体業のホームページ集客でよくある失敗 

 

ホームページは制作して公開しただけでは、集客効果を得ることはできません。
なかでも以下の点は失敗する理由として多いため、一度確認をしましょう。

  • ターゲットが曖昧になっている
  • 効果検証を行っていない
  • 集客導線を意識していない

1.ターゲットが曖昧になっている

ホームページ集客に失敗する根本的な原因として、ターゲットが曖昧になっているケースが多いです

 

よくある勘違いでは、

  • 多くのユーザーをターゲットにしたい
  • たくさん共感してもらえる内容にしたい

といった考えが挙げられます。

 

しかしながら、曖昧なターゲット設定では、情報を発信してもあたりさわりのない内容となり、ユーザーの興味を引くことができません。だれにでも向けた内容は、結局だれにも刺さらないというのがマーケティングの常識です。

 

一方で明確なターゲットに向けた発信であれば、ほかの記事よりも具体的な内容となり、該当するユーザーに響く内容を伝えられます。

 

表面的には万人受けする内容のほうが良いと感じられますが、最終的な成果では具体性のある内容のほうが効果的なため、ターゲットはかならず明確にしましょう。

 

2.効果検証を行っていない

ホームページ運用においては、効果検証を行わなければ、高い成果は見込めないでしょう

 

そもそもターゲットとなるユーザーを集められているのか、閲覧ユーザーの反応・行動フローについて分析しなければ、ホームページの集客効果を測れません。

 

集客効果について知らないと問題点や改善点がわからず、運用の意味がありません
そのためPDCAサイクルを意識しながら、段階的に検証することが重要です。

PDCAサイクル

  • Plan(計画):ホームページの目標設定
  • Do(実行):コンテンツの作成・公開
  • Check(評価):ツールを活用したアクセス解析
  • Action(改善):改善点を考え実行する

ホームページの失敗例や解決法をわかりやすく解説した記事がありますので参考にしてください。

 

3.集客導線を意識していない

ホームページで集客できない要因として、具体的な集客導線を考えられていないことも挙げられます

 

ホームページを公開しただけで満足してしまい、ただ定期更新するだけの運用をしているだけではユーザーからのアクセスを集められません。どのような流れでホームページへのアクセスを集めるのか、検索エンジンやSNSなど流入経路はかならず意識しましょう。

 

またSNSから集めるのであれば、まずはSNS上でどのようなユーザーに向けて情報を発信するのかなど、集客導線を逆算して考えることが大切です。

 

TRASPはホームページを作ってどうしたいのか、その目標を達成する為には何が必要なのか、その原因を見つけ出し、ターゲットユーザーに合わせた設計を行います。業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。

 

TRASPについて

解体業のホームページ集客ではSEO対策が必須!

解体業のホームページ集客ではSEO対策が必須!

 

解体業のホームページ集客では、検索エンジンからの流入が軸となるため、クリックされやすい検索結果の上位に表示させるにはSEO対策が欠かせません

 

なぜなら現在の検索エンジンでは、検索アルゴリズムによって検索順位が決定する仕組みだからです。
評価基準は公表されていませんが、重要な要素として以下が挙げられます。

SEO対策例

  • 質の高いコンテンツ制作
  • タイトル・見出しの最適化
  • alt属性
  • リンクとURL階層構造
  • 常時SSL
  • URLの正規化

上記は一例ですが、すぐに実践できるものから時間がかかるものまで、さまざまな対策項目があります。

 

なかにはホームページのHTMLファイルを直接編集する作業もあり、専門的な知識も必要です。
またSEO対策は長期的に対策し続けなければ効果を得られないため、取り組む際はプロへの依頼をおすすめします。

 

TRASPでも数多くのSEO対策に関するご依頼をいただいており、短期間で成果が出た事例もあります。
まずは現状のヒアリングから行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

SEO対策はこちら

 

まとめ

本記事では、解体業にホームページが必要な理由をビックアップし、活用するメリットや集客力を高める戦略について解説してきました。

 

現代ではインターネットでの検索が常識となり、ホームページがなければ自社を認知されることはないといっても過言ではありません
なかでも検索エンジンからの集客が軸となり、検索上位化を図るSEO対策は欠かせない要素といえるでしょう。

 

TRASPはホームページの運用からSEO対策の実施まで、一貫してサポートしています。
お客さまに合わせた戦略設計を強みとしておりますので、まずはお気軽に無料相談までお問い合わせください。

 

無料相談受付中

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.