TEL

TRASPコラム

沖縄県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

Webデザイン

公開日:2022.12.20

沖縄県の解体業のホームページデザイン15選!求人サイトも解説

 

解体業のホームページは、会社によってさまざまなデザインがあり、どれを参考にすれば良いか迷ってしまいますよね。

 

また沖縄は長年地元で実績を培ってきた解体業者が多く、非常に競合が激しいです。そのため、他社との差別化をしっかり図り、自社の強みを訴求できるデザインにすることが大切です。

 

ホームページは公開したのにまったくお問い合わせが来なかったり、劇的にお問い合わせ数がアップしたり、求人の応募数が増えたりと、デザイン次第で大きく左右されるといえます。

 

そこで今回は、参考にしたい沖縄の解体業のホームページデザイン事例を15社まとめてみました。多くの解体業者のホームページデザインを手掛けてきたTRASPが、お問い合わせを増やす必須デザインについても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

無料相談受付中

 

沖縄の解体業ホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

沖縄の解体業ホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つ

 

まずは、沖縄の解体業がホームページでお問い合わせを増やす必須デザイン4つを解説します。

 

  • 工事の様子・仕事内容を掲載
  • 信頼・安心できるコンテンツ
  • プラン・サービスがわかりやすい
  • お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

 

1.工事の様子・仕事内容を掲載

ホームページにはかならず「工事の様子」や「仕事内容」を掲載しましょう。

なぜなら一般のお客さまは解体工事を目にする機会が少なく、「どのような工事が行われているか」を知らないため。

 

 下記のようなコンテンツで具体的な工事のイメージをもたせてあげることで、依頼につながります。

  • 実際に施工している様子
  • 工事のビフォーアフター写真
  • 工事の過程を写した写真・動画

例えば「工事のビフォーアフター写真」を載せることで、解体工事の変化がひと目でわかるでしょう。また解体後は更地となってしまうため、施工後だけではなく「工事の過程」を掲載することで、お客さまは「どのような手順ですすめていくのか」についても理解ができます。

 

また、建設業では離職率が非常に高いため、仕事内容については求人サイト内にしっかりと明記しましょう。ほかにも、

  • 1日の流れ
  • 自社で働く魅力
  • 先輩インタビュー

 

などを紹介すると、応募までのハードルがグッと下がり、また採用後のミスマッチも防げます。

求職者が自身が働くビジョンをはっきり思い描ければ、背中を押すことにもつながるでしょう。

 

2.信頼・安心できるコンテンツ

次に信頼・安心できるコンテンツを提供しましょう。

なぜなら、「近隣住民への騒音トラブル」や「廃棄物の不法投棄」などの理由により、解体業に対してネガティブな印象を持つ人は少なくないためです。

 

解体業者のなかには、工事の見積もりを取らない業者や役所へ届け出を出していない業者など、「悪徳業者」と呼ばれる会社も一定数います。そのため自社サイトを通じ、お客さまに信頼・安心してもらえるコンテンツを提供することが大切です。

  • 担当スタッフのプロフィール
  • 会社代表挨拶
  • 会社の沿革や理念
  • 保有資格など

上記のように“どのような会社であるか”がわかる情報を発信すれば、親しみや安心感を与えられるでしょう。また「どういった考えを持って、解体業に取り組んでいるのか」「どういった点が強みなのか」などがわかれば、より信頼性も増すといえます。

 

3.プラン・サービスがわかりやすい

解体を検討する人のほとんどは相場を知らないため、ホームページで確かめようとします。

 

そのため「どのようなプランがあるか」「どのようなサービスを展開しているか」を、わかりやすく掲載してください。例えば、下記のような内容が挙げられます。

  • 自社がどのような規模の建物を解体しているのか
  • 商業施設やビルなのか、一般住宅なのか
  • 躯体は木造なのかコンクリートなのか

坪単価によって解体費用の目安を掲載することも効果的。

仮に相場が一切わかならければ、そもそもお客さまの比較検討から外れてしまいます。したがって目安となるおおよその期間や素材ごとの「金額の違い」について記載し、ユーザーに依頼時のイメージを持たせる工夫をしましょう。

 

また「LIXIL不動産ショップ株式会社木立那覇店」の記事によると、沖縄県では下記の通り空き家数・空き家率が年々増加傾向にあります。

1973年:空き家数3016件/空き家率5.5%

2018年:空き家数8,489件/空き家率13.6%

さらに少子高齢化の影響もあり、全国的により空き家問題は深刻化する可能性も。そのため今後も「空き家を所有したものの、手放さざるを得ない」と考える人が増え、より解体工事の需要が高まる見込みです。

 

そのぶんより他社との競争が激しくなる流れも予測されるため、「どういった工事が得意なのか」「どのような実績があるのか」「対応エリアはどこなのか」などを訴求し、他社との違いを明確にすることが大切でしょう。

 

4.お問い合わせにすぐたどり着けるようにする

どんなにおしゃれなデザインのホームページでも、お問い合わせ方法がわかりにくければ、集客にはつながりません。そのためどのページを閲覧していても、1クリックで問い合わせできるのが理想的です。

 

  •  各ページに最低1つは「電話」「メール」からお問い合わを促す「CTAボタン」を設置する
  • 求人サイトでは「応募フォーム」を設置する

 

自社サイトに訪問した人が「この会社に話を聞いてもらいたい」と興味を持ったとしても、一度トップページに戻り、会社概要をクリックし、そこからお問い合わせに進む…といった手順を踏まなければならなかったら、非常に負担を感じるでしょう。途中であきらめてしまい、せっかくの顧客獲得の機会を逃してしまうおそれがあります。

 

トップページ・各コンテンツで目に留まりやすい位置にお問い合わせボタンを設置すると良いでしょう。

 

ホームページ集客についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

「安心できる」沖縄の解体業のホームページデザイン事例5選

ここからは沖縄の解体業のホームページデザインをジャンル別に紹介していきます。サイト制作のプロが特徴・メリットなどを説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

まずは「安心できる」事例5選をそれぞれ見ていきましょう。

 

1.株式会社川橋建設

1.株式会社川橋建設

https://www.kawahashikensetsu.com/

 

株式会社川橋建設のサイトは、個性あふれるファーストビューが特徴的です。自社の施工現場が映された写真をスライドショーにて複数掲載。それらの写真が切り替わる際に、画面がパカッと割れるアニメーションを採用しています。

 

“構造物を壊す解体業”のイメージに沿ったアニメーションを加えることで、統一感を出せている点は参考になります。初見から目を引けるぶん、ユーザーの興味を大きく掻き立てられるでしょう。

 

またメニューからアクセスできる「施工までの流れ」のページ内では、建物解体のフローを紹介。見積もり依頼~整地・完了、駐車場設置までの9ステップの流れをまとめたイラストを掲載し、直感的に“どのような工事が進められていくのか”がわかるように工夫されています。

 

具体的なプロセスをイメージしやすく、安心感を与えられるコンテンツに仕上がっているといえるでしょう。

 

2.株式会社HOPEコーポレーション

2.株式会社HOPEコーポレーション

https://www.hope-corporation.co.jp/

 

株式会社HOPEコーポレーションは、沖縄県全域で解体工事やアスベスト除去作業を行っています。

 

当サイトはページ中央部にある「施工事例一覧」「MORE」といったボタンや、自社の電話番号の表記などに赤色をチョイス。購買意欲を高める赤を効果的に活用することで、各コンテンツへのクリックをうまく誘導できている事例です。

 

またページ下部には、Googleマップを掲載。解体工事の依頼を検討する人は、事前に住所を調べるケースが多いため、このようにあらかじめ自社の地図を掲載すれば、ユーザーの手間を省けます。負担を軽減させる工夫を取り入れることで、自然に好印象を抱いてもらいやすくなるでしょう。

 

3.株式会社ナンセイ

3.株式会社ナンセイ

https://www.nansei.jp/

 

沖縄に支店を構える、株式会社ナンセイ。さまざまな商環境空間の原状回復・内装解体・産業廃棄物の処理を、ワンストップで承っています。

 

当サイトのページ中央部には、自社を紹介するYouTube動画を掲載。テキストより効率的に情報を伝えられる動画を活用し、自社の強みを存分にアピールできている点は真似したいポイントです。

 

またメニューから飛べる「内装解体」をクリックすると、内装解体事業部のサイトに遷移します。そのなかにある「ナンセイの内装解体」のページでは、自社の内装解体における基盤や施工にあたって遵守している事項を明記。

 

テキストに加え、各内容を連想させる写真やイラストを添えることで、サッと目を通すだけで理解を深められる構成になっています。初めてサイトを訪問した人でも、自社の強みがしっかり伝わるよう計算されている事例です。

 

4.有限会社琉球リサイクルセンター

4.有限会社琉球リサイクルセンター

https://okinawakaitai.com/

 

有限会社琉球リサイクルセンターのサイトは、遊び心を感じさせるデザインが魅力的です。

 

ページ中央部にある「お客様の声」では、お客様のコメント・スタッフによる返信コメントを複数紹介。アイコンや吹き出しを用いてLINE風に仕上げることで、“目を通しやすい”つくりに仕上げている点に注目です。

 

またページ下部にある「業務ブログを更新中」のページ内では、主に自社が手がけた工事に関する情報を掲載。施工前~更地になっていくまでの一連の流れを、わかりやすくまとめています。

 

過程ごとに説明文・現場で撮影された写真を紹介することで、より“工事のリアルな雰囲気”を感じられるでしょう。自社に関心を引ける要素となっている点は、ぜひ参考にしたいです。

 

5.株式会社佐平建設

5.株式会社佐平建設

https://www.sahira.jp/

 

那覇市に本社を置く株式会社佐平建設は、建築工事、土木工事、リフォーム・リノベーションなど、幅広い施工を手がけています。

 

当サイトのファーストビューでは、自社の施工事例・工事現場で作業する様子・イベントを笑顔で楽しむ社員の姿などの写真を掲載。次々と写真が切り替わる仕様を取り入れているため、つい目で追ってしまうでしょう。

 

“実際にどのような人が働いているか・どのような事業を展開しているか”がひと目で伝わり、初見で自社への信頼度を高められます。

 

またページ中央部には「採用ブログ」を設置。竣工報告・表彰報告・メディア掲載のお知らせなど、自社に関する情報を幅広く発信しています。専門性を訴求することに加え、“多方面から評価を得ている企業”として印象づけられるため、求職者の不安を軽減しやすくなるでしょう。

TRASPは、全国の建設業や解体業の実績を数多く保有しています。

制作事例は以下のボタンよりご覧ください。

 

TRASPでは、ユーザー心理・行動を考え、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった解体業者のホームページの課題を見つけ出し、ターゲットを絞り、より集客のできるホームページ制作を行います。

 

相談は無料、打ち合わせはすべてオンラインで可能です。LINEでいつでも連絡できます。ホームページ制作・リニューアルを検討している解体業者さまはお気軽にお問い合わせください。

 

制作事例はこちら

「シンプルでわかりやすい」沖縄の解体業者のホームページデザイン事例5選

次に、「シンプルでわかりやすい」沖縄の解体業社のホームページデザイン事例5選をピックアップしました。

 

6.株式会社ぐすく建設

6.株式会社ぐすく建設

https://www.gusukukensetu.com/

 

株式会社ぐすく建設のホームページは、メインビジュアルに施工事例の写真・沖縄の自然豊かな風景が映った写真をチョイス。「地域とともに、力強く歩み続けます」というキャッチコピーを連想させるデザインによって、自然にブランディングを強化できています。

 

またヘッダー・フッター部分には「電話番号」「お問い合わせフォーム」の各コンバージョンポイントを用意。急ぎで工事を依頼したい人・時間をかけて精査したい人まで、お客さまの状況に合わせた連絡手段を提示しています。自社に関心を持った人を逃さないよう、計算されたつくりといえるでしょう。

 

7.株式会社田畑工業

7.株式会社田畑工業

https://www.tabata-kogyo.com/

 

「解体は新たな思い出作りの究極のリセット」を理念とする、株式会社田畑工業のホームページです。

 

当サイトの特長は、個性あふれる装飾でしょう。ページ中央部にある「企業からのメッセージ」が書かれた箇所のみ、あえて縦書きに掲載してメリハリを演出。また1スクロールごとに写真・文字がフワッと表れるアニメーション加工も追加しています。アイキャッチ効果を高めるデザインをうまく取り入れ、各ページへのクリックを誘導している点に注目です。

 

またフッター部分に、Instagram・Facebook・Twitterへ直接リンクするアイコンを設置。直感的に自然にSNSへ誘導できる導線を組み込むことで、チェックしたい媒体にアクセスしやすい構成になっています。

 

手軽に更新できるSNSを用いることで最新情報・魅力を存分に発信し、ファンを増やせるよう工夫されている事例でしょう。

 

8.株式会社琉球ZERO-ONE

8.株式会社琉球ZERO-ONE

https://ryukyu01.co.jp/

 

沖縄市を拠点に、建物解体工事やアスベスト除去・調査を手がける株式会社琉球ZERO-ONE。当サイトの右下部分には「琉球ZERO-ONE×SDGs」と書かれた、画像付きバナーを設置。こちらをクリックすると、自社のSDGs特設サイトにリンクします。

 

サイト内では、自社が表明したSDGs宣言・具体的な活動報告などを掲載。環境に配慮している企業として認知されるぶん、社会性の高さをアピールできる点がメリットでしょう。

 

またページ下部では、自社のInstagramを直接埋め込んでいます。SNSによって自社への興味を持たせるきっかけを生み出せている事例といえるでしょう。

 

SNSをフォローしてもらえば投稿やストーリーズを通した訴求ができるため、より深く自社への関心を引けます。Instagramを運用している解体業者は、積極的にサイトで紹介すると良いでしょう。

 

9.晴工業

9.晴工業

https://www.haru-kougyou.jp/

 

晴工業のホームページは、白を基調にビビッドなオレンジをアクセントカラーに採用。自社のロゴに用いられている「太陽」を連想させる色を採用することで、視覚的にブランディングを強化できている事例でしょう。

 

また当サイトは余白を多めに取り入れたり、大きめのフォントを使用したりと、“どこに何の情報があるか”見やすいつくりになっています。利便性の高いデザインによって、幅広い層へ情報をリーチできるよう工夫されている点はぜひ参考にしたいです。

 

10.株式会社重建

10.株式会社重建

https://juken8.com/

 

株式会社重建のホームページはメインカラーに白、アクセントカラーに紺を採用。「安全は全てに優先する」というキャッチコピーと相まって、落ち着いた雰囲気を感じさせます。

 

また自社ロゴの直下にある「解体工事」のページ内では、業務内容を工事実績を紹介。施工例の写真が規則的に並べられており、ひと目で“どのような強みがあるか”を把握できるようになっています。

 

あえて説明文を省き、写真のみを一覧でまとめることで、視覚的に自社の専門性をアピールできている点は参考になります。

 

「スタイリッシュ」な沖縄の解体業者のホームページデザイン事例5選

続いて、「スタイリッシュ」な沖縄の解体業者のホームページデザイン事例5選を紹介します。

 

11.株式会社仲本工業

11.株式会社仲本工業

https://www.nakamoto-k.co.jp/

 

株式会社仲本工業のサイトは、トップ画面をスクロールすると「表彰」「認証」の各コンテンツが順に表示される構成に。「受賞した建物の写真・受賞した年度・施設名」「認定証のアイコン・名称」などが大きく掲載されており、目に留まりやすいよう配慮されています。

 

サイトに訪問し、早い段階で権威性をアピールできるぶん、ほかのコンテンツにも興味を持ってもらいやすくなるでしょう。サイト内の回遊率を高められるよう、しっかり計算されています。

 

またメニューから飛べる「採用情報」のページは、非常にユニーク。随所に手書き風のフォントを用いたり、「福利厚生」「部署紹介」の箇所で職人をモチーフにしたゆるキャラ風のイラストを登場させたりと、どこか可愛らしくポップな印象を与えています。

 

このようにおしゃれで個性を感じるデザインは、若年層に好まれる傾向があります。うまくターゲットを絞り込んだうえで訴求できているため、効率的に求人数UPにつなげられるでしょう。

 

12.株式会社鏡原組

12.株式会社鏡原組

https://www.kyoharagumi.com/

 

昭和36年創業、株式会社鏡原組は“郷土に貢献するマルチエンジニアリングカンパニー”として、地元から厚い信頼を寄せられている企業です。土木工事に加え、上下水道、港湾・空港など、さまざまな工事を手がけています。

 

当サイトのヘッダー部分にある「取り組み」では、自社が実践するさまざまな活動を紹介。なかには「ボランティア活動」を紹介している箇所もあり、地元を大切にしている姿勢が伝わってきます。自社の社会性・地域性を高めるコンテンツに仕上がっている点に注目です。

 

また当サイトは1カラムレイアウトを導入しています。このレイアウトにより、サイドバーをなくすことで、ページをすっきり見せられる点が特徴的。そのぶん各コンテンツの存在が際立つため、適度にインパクトを与えられるでしょう。

 

13.神里工業株式会社

13.神里工業株式会社

https://www.kamizatokogyo.com/

 

神里工業株式会社のサイトは、オリジナル性が高いファーストビューが魅力的。アスベスト除去工事・解体工事をしている様子が収められた動画を採用しています。

 

モノクロ・カラーの映像を織り交ぜたり、ドローンで空撮した映像も加えたりと、メリハリをつけた構成によって、見る人を飽きさせないよう工夫されています。思わず目を奪われてしまうため、初見で自社への関心を抱きやすくなるでしょう。

 

またページ下部には「【沖縄】解体工事に関する豆知識」という、コンテンツを掲載。「解体工事の基礎知識!」などが書かれたボタンをクリックすると、各内容を掲載したPDF資料に遷移します。専門性が高い情報をうまく発信することで、ユーザーの満足度を高めているといえるでしょう。

 

14.株式会社玉新建設

14.株式会社玉新建設

https://tamashin-kensetsu.jp/

 

株式会社玉新建設のサイトは、メインビジュアルのデザインが個性的です。4つの画面に割られており、各画面にカーソルを合わせると、異なる映像・写真がそれぞれ表示される仕組みです。珍しいつくりを取り入れることで、初見から他社との差別化を図れています。

 

また各メニューが並んだ緑色の帯のなかに、「社員インタビュー」のコンテンツがあります。こちらではテキスト形式ではなく、動画によって先輩社員の生の声を紹介。“楽しい職場づくり”を目指す様子がわかる内容に仕上がっています。

 

和気あいあいとした雰囲気が伝わり、「解体業=怖い」というネガティブな印象をうまく払拭できている点がメリットです。求職者の興味を掻き立てられるよう、しっかり考えられた事例といえるでしょう。

 

15.株式会社丸元建設

15.株式会社丸元建設

https://www.marugen-c.co.jp/

 

株式会社丸元建設は那覇市を拠点に、顧客第一主義のもと、土木・建築の分野で幅広い工事を行っています。

 

当サイトのヘッダー部分に並んだ「会社案内」「事業内容」といった各メニューには、色が変わるホバー加工を導入。自社ロゴで用いられている紺を取り入れることで、うまく統一感を出しています。

 

同時に誠実さを表す青系の色によって、「社会・時代のニーズに応える土木・建築工事を提供したい」という自社の姿勢を表現できている点は参考にしたいです。

 

またファーストビューの右下部分にある「採用募集中」と書かれたボタンに、自社キャラクターをプラス。さらにページを下にスクロールすると「施工実績」といったコンテンツの背景に、ドット柄の模様を取り入れています。

 

やわらかく可愛らしいイメージを演出することで、ユーザーに親近感を抱いてもらいやすくなるでしょう。

TRASPは大阪から全国の解体業者さまをWebで支援しています。

制作事例は以下のボタンよりご覧ください。

 

TRASPはホームページの新規制作をはじめとした、リニューアル・ブランディング・集客・採用の企画・提案を行える制作会社です。

 

また、これまでに多くの解体業者の求人サイトを手がけてきた実績もあります。優秀な人材からの応募が来るサイト制作が当社の強みです。

 

人材不足にお悩みの解体業者さまは、ぜひ一度お問い合わせください。相談は無料です。

 

制作事例はこちら

お客さまに選ばれる沖縄の解体業ホームページの特徴5つ

お客さまに選ばれる沖縄の解体業ホームページの特徴5つ

 

次に、お客さまに選ばれる沖縄の解体業ホームページの特徴5つを紹介します。

「なかなかお問合せが増えない…」と悩まれている方は、こちらもぜひご覧ください。

 

  • 自社の魅力を伝えるキャッチコピー
  • 地域を絞ったSEO対策
  • ブログを運用する
  • ポジショニング戦略で差別化をする
  • お客さまの声で安心感を与える

 

1.自社の魅力を伝えるキャッチコピー

ホームページを訪れたユーザーは、アクセスして3秒で「続きを読むか、やめるか」が決まるといわれています。そのためお客さまに選ばれるためには、ファーストビューで魅力的なキャッチコピーを掲載し、自社の特徴をわかりやすく伝えることが重要です。

 

 ただしインパクトがあるだけのキャッチコピーでは、興味を引けても「その先の問い合わせ」につながるとは限りません。したがって「なぜ自社を選ぶべきなのか」や「他社との明確な違い」など、ユーザーにとってメリットとなる要素やコンセプトを含めるようにしましょう。

このように会社のコンセプトや強みとマッチさせ、一目でユーザーに伝えられるよう心がけてください。ブラウザを閉じたあともお客さまの心に残り、再訪問してもらえるよう、ユーザーに刺さるキャッチコピーを打ち出しましょう。

 

2.地域を絞ったSEO対策

沖縄で解体工事を検討する人は、Web検索する際に次のようなキーワードを用いることが多いです。

  • 「解体工事 那覇市」
  • 「解体業者  うるま市 おすすめ」
  • 「解体業者 沖縄市 費用」

なぜなら実際に見積もりや施工をしてもらうのに県をまたいで依頼するケースは少なく、「できるだけ近い場所にある業者」を探す傾向があるため。したがって「地域名+解体業者」など、エリアを絞ったSEO対策が欠かせません。

SEO対策とは

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、自社のサイトが検索結果に上位表示されるための対策を指します。「解体業 那覇市」などのキーワードで検索された際、自社サイトが上位にあるほどアクセス数を稼げます。

解体業であれば「解体工事」「解体業者」などの検索キーワードで対策することが一般的ですが、このようなキーワードは全国の工務店と競わなければいけません。

 

一方で「解体工事 那覇市」のように地域を絞ったキーワードを対策することで、競合がその地域にある解体業者に限定されるため、検索上位に表示されやすくなり、より確度の高いユーザーからのアクセスを集められるでしょう。

 

解体業者のSEO対策についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

3.ブログを運用する

解体業のホームページでは、ブログの運用がおすすめです。

 

なぜなら大半のお客さまは解体業者を探すときに、まず、「解体 木造」「家 解体 費用」といったキーワードで解体工事について調べる傾向があります。そのためしたがってこのようなキーワードを含めた記事を書くことで、ブログ経由でホームページへのアクセス数を増やすことが可能です。

具体的な流れ

  1. ユーザーが「解体 木造」を検索
  2. 「解体 木造」を対策したブログ記事が検索上位に表示
  3. ユーザーが自社のブログ記事にアクセス
  4. ブログ記事をとおして自社に興味をもつ
  5. ブログ記事からホームページへアクセスする

ただし集客できるブログにするためには、スタッフの日記といったものではなく、ユーザーがほしいと感じている情報・ユーザーの役に立つ内容であることが必須。

おすすめのブログのネタ

  • 解体費用について(木造とRC造の違い)
  • 解体の手続きについて
  • 解体後の木材の再利用法
  • 解体の際によくあるトラブル事例
  • 解体をする家の遺品や家具の処分方法

これらの記事は「家 解体 手続き」「家 解体 費用」などで検索しているユーザーのパソコンやスマホにヒットします。

 

例えば「家 解体 費用」で検索した人は、自宅の解体費用について不安を抱えていると予測されます。そのためブログを通じて解体費用に関する内容を発信することでユーザーの悩みを解決できれば、「信頼できる」「ここに工事をしてもらいたい」と依頼につなげられるでしょう。

 

ブログを運用することで、自社の認知・購買意欲の促進・サービスの受注まで一貫して行える点は魅力ですね。

 

解体業のブログ集客について詳しくまとめています。

 

4.ポジショニング戦略で差別化をする

解体工事では扱う重機が異なる場合でも、工事過程や出来栄えに大きな変化はありません。ましてや一般のお客さまからすると、どの解体業者も同じに見えるといえるでしょう。

 

このような場合におすすめな対策方法は、ポジショニング戦略によって他社との差別化を図ることです。

ポジショニング戦略とは

市場において自社商品・サービスの立ち位置(=ポジション)を決めること。自社商品・サービスについて独自のポジションを築き、競合よりも優位に立つことを目的としている。

解体業が展開すべきポジショニング戦略の例です。

  • エクステリアを行っている
  • 廃棄物回収・除雪を行っている
  • 内装リフォームも行っている

ポジショニング戦略は業務内容だけではありません。

  • 営業時間が長い(電話受付は朝7時~22時までなど)
  • 依頼から3日以内に工事開始
  • スタッフ全員のプロフィールを掲載

といった、他社には真似できない「自社独自の強み」があると、はっきりとした差別化から自社に興味を持ったお客さまを集められます。

 

5.お客さまの声で安心感を与える

 実際に自社で解体工事したお客さまの声を掲載しましょう。

 

さきほど説明したように、高額な費用が生じるうえに、依頼する機会が少ない解体工事に不安を抱く人は多いです。そのため実際に自社が施工したお客さまの“生の声”を発信すれば、依頼後の具体的なイメージが描きやすく、安心感を与えられます。

 

沖縄は明るくマイペース、かつ人とのつながりを大切にする人が多いと言われている地域です。そのため「どこに解体工事をお願いすべきか」を慎重に比較・検討する傾向があります。

 

したがってお客さまの声により、プラスの評価・感想など共感できる情報が多ければ多いほど、自社へ信頼を寄せる人が増えていくでしょう。

 

第三者の意見である「お客さまの声」は、会社側の一方的な説明よりも説得力が強く、ユーザーが契約する決め手にもなります。自社をアピールする材料として非常に役立つため、こちらのコンテンツもぜひ充実させてください。

 

沖縄の解体業におすすめのホームページ制作会社

最後に沖縄の解体業におすすめのホームページ制作会社を3つ厳選しました。

「ホームページ制作の依頼を検討している」「どの会社を選べば良いの?」という方は、こちらもぜひご覧ください。

 

TRASP株式会社

TRASP株式会社

https://trasp-inc.com/

 

当社は大阪に本社をおく、解体業・建設業の集客に強いWeb制作会社です。

 

ホームページ制作・リニューアルは全国から受け付けており、お客さまとのお打ち合わせはWebカメラを使用したオンラインで対応しています。日頃のご連絡もLINEを取り入れていますので、不明点等が発生したらすぐに解消できるサポート体制が強みです。もちろんメールやお電話でのご連絡もお選びいただけます。

 

さらに自社でコンテンツマーケティングに取り組み、Web業界のキーワードは検索ボリュームも競合会社が多いなかで、さまざまなキーワードで1位表示、トップ表示を実現しています。その結果PV数は約595%増と大幅にアップ、CVは月4件から月42件と11倍に増えました。集客の軸となるホームページを作りたいと考えている方におすすめです。

 

また当社はこれまでに多くの解体業者さまの求人サイトを手がけてきた実績もあります。培った経験・ノウハウから“求職者の心に刺さる”ために必要な施策を提案いたしますので、「人材不足を解消できず、困っている」という方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

TRASP株式会社の会社概要

URL

https://trasp-inc.com/

TEL

06-6136-5442

会社所在地

大阪市北区西天満5丁目2番18号 3F

設立年

2017年2月

実績ページ

https://trasp-inc.com/works-type/builder/#a_work

 

お問い合わせはこちら

 

株式会社スタイルウェブサービス

株式会社スタイルウェブサービス

 https://www.ryukyunet.biz/

 

デザイン性の高いホームページ制作を得意とする、株式会社スタイルウェブサービス。経験豊富なWebデザイナーがクライアントの要望を反映させたうえで、ユーザビリティの高いサイトを提供しています。

 

同社はコストパフォーマンスの高さ・充実したサポート体制が特長。営業スタッフをあえて置かず、制作するエンジニアが直接打ち合わせに対応しています。クライアントの要望を直接伝えられるぶん、スムーズにコミュニケーションを取れる点はメリットでしょう。

 

「デザインにこだわりたい」「なるべく費用を抑えたい」という解体業者の方は、ぜひチェックしてみてください。

 

株式会社スタイルウェブサービスの会社概要

URL

https://www.ryukyunet.biz/

TEL

050-3177-2100

会社所在地

〒901-1304
沖縄県島尻郡与那原町東浜14-7

設立年

2016年4月

実績ページ

https://www.ryukyunet.biz/works

 

株式会社ファンズクリエイション

株式会社ファンズクリエイション

 https://funscreation.co.jp/

 

株式会社ファンズクリエイションは、那覇市に本社を置くホームページ制作会社です。個人や企業のホームページからショッピングサイトまで、地元を中心に数多くの実績を保有しています。

 

また同社は名刺・パッケージデザイン・看板デザイン・設置まで、広告制作物全般にも幅広く対応。全面的にブランディングをサポートすることが可能です。そのため「紙媒体のデザインもお願いしたい」「自社に合う施策を提案してほしい」という方に適しているでしょう。

 

株式会社ファンズクリエイションの会社概要

URL

https://funscreation.co.jp/

TEL

098-873-0055

会社所在地

〒902-0068
沖縄県那覇市真嘉比2-18-31 405

設立年

2010年4月

実績ページ

https://funscreation.co.jp/works/

 

まとめ

この記事では、沖縄県の解体業者のホームページデザイン15選をご紹介しました。地域性を分析しつつ、お客さまに選ばれるホームページの特徴なども解説しましたが、いかがでしたか?

 

自社に興味を持ってもらい、お問合せを増やすには「工事の様子・仕事内容を掲載する」「信頼・安心できるコンテンツを掲載する」など、さまざまな工夫が必要です。紹介した事例を参考に、他社にはない強みを訴求するデザインを取り入れると良いでしょう。

 

またホームページデザインに関してお悩みの方は、“Web制作のプロ”への依頼を検討することをおすすめします。

 

TRASPは現状の集客課題から原因を追求し、お客さまのことを考え抜いたホームページ制作やマーケティング戦略のプランニングが強みです。まずは現状について丁寧にヒアリングしておりますので、オンラインの無料相談までお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.