TEL

TRASPコラム

大阪で建設業が生き残るための戦略とは?ホームページ制作で集客

ホームページ制作

更新日:2022.08.21
公開日:2021.09.01

建設業に強い大阪のホームページ制作会社5選と集客方法を解説

 

災害の復興やインフラなど社会基盤整備をはじめ、企業設備や住宅建設を担う建設業は、「住」を支える重要な役割を果たしています。しかし人手不足や木材の価格高騰、デジタル化の遅れなどの課題を抱え、集客に悩んでいる中小企業も多いでしょう。

 

この記事では、大阪で中小建設業が生き残るための戦略を、Web集客のプロがわかりやすくお教えします。

 

大阪の建設業界の特徴や動向をみていきながら、現代には欠かせないオンライン集客の手順を、“5ステップ”で解説。
さらに建設業のなかから、TRASPが実際にホームページ制作・リニューアルで支援した実績のある外壁塗装・工務店・リフォーム業・解体業・工務店・設計事務所について業界を分析したうえでおすすめしたい集客方法を業種別にご紹介。建設業界全体に共通することも多いので、ほかの建設業にも参考になる内容です。

 

大阪の建設業界の特徴とは?

大阪の建設業界の特徴とは?

 

大阪府は東京都に次ぐ大都市であり、建設会社の数も多いといえます。

2021年12月時点で、都道府県別の建設業事業所ランキングでは5位の6283社となっています。ちなみにリフォーム会社は全国1位の5093社、設計事務所は3位の1781社でした。(参考:【2021年版】建設関連の事業所数が多い都道府県ランキング

 

このことから東京都や大阪府など人口が多く、都会的な地域では建設業も盛んで競合が多いといえるでしょう。特に、建設関連のなかでは「都市型」の業種であるリフォーム会社や設計事務所が多い傾向にあります。

 

また2025年に控えている大阪万博では、開発費の合計はが2,000億円、経済的効果は約2兆円と想定されており、建設業界にとっては大きな利益が得られるでしょう。

 

建設業の課題

建設業界の課題として、大阪に限らず全国的に「人手不足」が挙げられます。
“3K(きつい・汚い・危険)”と呼ばれる建設業界の労働環境のイメージから、特に現場で働く職人や技能労働者の人手不足が深刻化しているようです。

 

せっかく工事を受注できたとしても、対応できる人材がいなければ業績は安定しません。少ない人数で業務をこなす状況が続けば、労働環境の悪化を招き、離職率が高まります。そしてさらなる人手不足に悩まされるという悪循環に陥るでしょう。

 

建設業に関心を寄せる若者は年々減っており、技術継承もうまくできていません。このままでは“10年後には職人が大量に離職する・人手不足が加速化する”恐れがあります。そのため「いまだけ人材確保できればOK」ではなく、将来のことを見据えて“建設業の人手不足問題・高齢化問題”を解消しなければならないでしょう。

 

この課題を解決するためには、若者がよく利用している媒体で求人を出すのが効果的。
「ハローワークでいくら募集しても集まらない」という企業は、そもそも求める人材がその求人を見ていない可能性があります。したがって、インターネットやSNSで求人を掲載し、3Kを払拭するようなイメージアップをはかる必要があるでしょう。

 

建設業界の課題解決についてまとめた記事があります。

 

 

建設業の仕事の取り方の変化

建設業界では昔から紹介や下請けといった仕事の取り方が行われてきました。特に依頼主から受けた仕事を下請け会社に再依頼する「重層化下請け構造」が業界全体であたり前で、問題視していない企業もあるでしょう。

 

しかし下請けは次のような問題点やリスクを抱えているのです。

  • 受注単価が安い 
  • 納期に余裕がない
  • 連鎖倒産のリスクがある

下請け状態では受注単価が安く「案件をこなしても売上が上がらない…」といった状況に陥ってしまいます。また経営が安定せず、元請けの業績次第では連鎖倒産する可能性もあるでしょう。

したがって大阪で建設業が10年後も生き残るためには、自社で「集客」することが必要不可欠です。

 

建設業の動向についてさらに知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

 

大阪の建設業がやるべき「オンライン集客」とは?

大阪の建設業がやるべき「オンライン集客」とは?

 

では、大阪の建設業におすすめの集客方法・求人募集方法はどのようなものがあるでしょうか?

「集客」といえば、広告を思い浮かべる建設業の経営者・マーケティング担当者の方も多いと思います。

 

しかし広告は短期間で集客効果が出やすいのがメリットですが、掲載期間中は相応の広告費が発生するうえ、広告を停止すると集客効果がなくなってしまいます。また、広告のなかでチラシや紙面広告などは、現代では年々効果が薄くなってきています。その理由として、企業も個人も情報は「与えられる」ものではなく「探す」ものへと意識が変化し、インターネットで情報を検索するようになったため。求人もわざわざハローワークへ足を運ぶよりも、自宅にいながらインターネットで検索されることが多くなったのです。

 

コロナ禍によって建設業界でもオンライン化がすすみ、テレワークの実施やオンラインミーティングなど、インターネットに触れる機会が増加した企業も多いでしょう。しかし多くの企業が打撃を受けたものの、もとからインターネットを軸にしていた企業は、かえって受注が増加した例もあります。

 

したがって今後はインターネットを活用した「オンライン集客」「オンライン求人」がメインになるでしょう

 

ホームページ制作

オンライン集客のなかでも最重要となるのが、ホームページの活用

 

なぜなら、Web広告を出稿するにしても、SNS運用をするにしても、最終的にお客さまの決め手となるのはホームページの情報だからです。ホームページは会社案内だけでなく、サービス内容・自社の強み・施工事例などを自由に掲載することができ、お問い合わせ・成約につなげることができます。

 

また、採用ページを作っておくことで、求人募集としても活用できます。
先輩社員のインタビューや1日の仕事の流れ、現場の様子などを掲載すれば、入社後のイメージがわきやすくなり、応募のハードルが下がるとともに、「入社したら想像と違った…」などのミスマッチを防ぐことも可能。企業にとっても、求職者にとってもメリットが大きいといえるでしょう。

 

現代では「ホームページがない企業=信頼できない」と感じる方も多いです。

したがってWeb集客の軸として、まずは自社サイト(ホームページ)を制作・リニューアルしましょう。

TRASPは大阪で建設業のWeb集客を得意とする制作会社です。
ユーザー心理・行動を踏まえ、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。相談は無料です。大阪で集客を考えている建設業の方はぜひ一度お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

建設業のホームページ制作について詳しく解説した記事があります。

 

 

Web広告

サイト制作を行ったあとは、サイトへのアクセスを増やす必要があります。

 

Web広告はターゲティング精度が高く、効果測定が可能なため、ホームページを作った・リニューアルしたばかりでまだアクセス数が少ないときに活用するのがおすすめ。Web広告には次のような種類があります。

 

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • リターゲティング広告
  • SNS広告
  • 動画広告

 

GoogleやYahoo!JAPANといった検索サイトで情報収集をしているユーザーにアプローチするにはリスティング広告やリターゲティング広告が良いでしょう。

 

こちらも参考にしてください。

 

 

SNS運用

Web広告は費用が高額になってしまうおそれや、やめれば効果がゼロになることから、長期的にみればSNSの運用が良いでしょう。

 

Facebookはビジネス向けのSNSとしても広く利用されています。また、Instagramにおいては、近年「足場映え」というワードが多くの層で人気を獲得しています。建設足場の複雑さに魅力を感じるファンが少しずつ増えてきているそうです。

 

このようなSNSを活用することで、検索ユーザーとは違った層にアプローチできる点がメリットです。自社の要望やニーズに合う制度・サービスを、ぜひ探してみてください。

 

SNS集客についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

大阪の建設業がホームページ制作をするメリット

大阪の建設業がホームページ制作で集客する理由

 

前述したように、集客や求人募集にはホームページが必須であるといえます。

 

なぜなら、現代ではほとんどの企業がホームページを保有しており、ホームページがなければ信用を失い、顧客獲得の機会損失になってしまうでしょう。また、ホームページはさまざまな集客施策の横展開が可能であり、自社サイトを持つことは長期的にみればコスト削減になるからです。

 

したがって、まだ自社サイトを保有していないという建設業者はホームページ制作を検討し、自社サイトを保有しているが、うまく活用できていないという建設業者はリニューアルをおすすめします。

では、建設業がホームページ制作をする理由を、わかりやすく解説していきます。

 

自動で集客してくれる

集客を行う=広告を打ち出す、高額な費用が発生する”と考える方も多いかもしれません。しかし、ホームページ制作はある程度の初期費用こそかかるものの、いったん仕組みを作ってしまえば365日24時間自動で集客してくれる優秀な営業スタッフとなるでしょう。

 

たとえば家に関する悩みを抱えているユーザーがGoogleやYahoo!JAPANなどの検索サイトで「リフォーム 水回り」「大阪市 建設業者」などと調べたときに自社のWebサイトが一番目に表示されれば、多くのユーザーはクリックをしてホームページに訪れます。これはメディアやWebで高額な広告を打つのと同じくらいの「非常に大きな宣伝効果をもたらす」といえます。

 

したがって自社サイトを持つことは、長期的にみればコスト削減になり、将来的には自社の認知度を上げて顧客獲得につなげることが可能です

 

多くの建設会社が自社サイトを保有

多くの建設会社が自社サイトを保有していることも、理由として挙げられます。

 

「出典:総務省 令和元年 通信利用動向調査報告書 企業編」によると、「国内の98.4%もの建設会社が自社サイトを保有している」というデータが令和元年時点で発表されています。

もはやWebでの集客は、現代社会において主流なのです。

 

では、ホームページを保有していない、または更新していないとどうなるのでしょうか?

集客手段として使えないだけではなく、企業のホームページがないことでユーザーは「この会社は古い考えなのかな?」「会社の情報が何もわからない」と不信感を抱くおそれがあります。また仕事を探している求職者は、応募する前にかならず企業のホームページを検索している、と言っても過言ではありません。

 

したがって企業にとってホームページを適切に更新していくことは、建設業としての信頼を維持していくことにもつながるのです

 

ブランディングで他社と差別化できる

ブランディングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「ブランド」と同じような意味なのですが、競合他社と差別化をし、自社が唯一無二の存在になるということです。

 

建設会社を探すユーザーは、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索サイトで多くの建設業を比較し、自分のニーズに合う会社を選んでいます。せっかく自社サイトを訪れたユーザーが、「どれも同じだ」と思ってしまえば、自社は選ばれません。膨大なインターネットの情報のなかに埋もれてしまわないように、Webサイトで他社にはない自社の強みが伝わる魅力的なコンテンツを発信することで自社のブランディング効果も期待できるため、マーケティング戦略としては非常に効果的だといえるでしょう。

 

そのためには、自社の業務内容や強みを経験豊富なプロにしっかりと伝えることが大切です。

TRASPは 建設業界に強いホームページ制作会社です。ホームページの新規制作をはじめとした、リニューアル・ブランディング・集客・採用の企画・提案を行えます。ユーザー心理・行動を踏まえ、効率的にアプローチ。今まで効果が出なかった企業のホームページの課題を見つけ出し、業界やターゲットを絞り、より効果の高いホームページ制作を行います。

 

ホームページ制作について

 

大阪の建設業がホームページで集客するための‟5ステップ“

建設業ホームページで集客するためのコツ

 

ホームページはただ作って公開しただけでは集客効果は得られません
集客導線を意識したデザイン設計、コンテンツのリライト、自社サイトを検索エンジンの上位に表示させるSEO対策などの施策が必要不可欠。そのためにはある程度の時間や費用がかかるでしょう。

 

したがってホームページ制作を依頼する前に、どのような施策が必要なのか知っておくことが重要です。
プロが実際に行っているホームページ集客の手順を5ステップでお教えしますので、参考にしてください。

 

Step1.自社の現状分析を行う

ホームページ制作では、いかに自社の強み・魅力を伝えられるかが重要。
自社のブランディング(他社との差別化)のためには、まず自社のことを深く理解しなくてはなりません

 

自社の強み、ターゲット、勝つための市場はどこか…などを知らなければ、ホームページ制作会社との打ち合わせで「こうしてほしい」と要望を出すことができません。

 

そのため「3C分析」で自社の現状を分析するのがおすすめでは、3C分析とは一体どのようなものなのでしょうか?

3Cとは「顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」のこと。
この3つについて、以下のように分析をしていきましょう。

 

分析のポイント

「顧客(Customer)」:顧客に対する分析を行います。
ユーザーが「どのような失敗をしたくないのか」「何を期待しているのか」などのニーズを洗い出していきましょう。

 

「競合(Competitor)」:競合となる他社のことを深く知り、他社と自社の違いを把握します。

 

「自社(Company)」:自社の強み・弱みを判断していく作業。
ユーザーのニーズ、競合他社と照らし合わせ、「ニーズがあるが、他社がやっていないサービス」を自社の強みとすることで、市場で勝ち抜くことができます。

 

また、3C分析を行っていく際には、表を作成すると非常に便利です。下記のような表を作成しながら、分析を行っていくと一目で自社と他社の違いが分かります。

 

顧客ニーズ+競合他社 /比較表

 

 

顧客ニーズ

 

 

自社

 

競合他社
競合A社競合B社

 

 

アフターサービス

 

 

 

 

柔軟に対応

 

業界歴が長く有名

 

 

大手企業、サポートが早い

 

 

価格

 

 


平均価格

 

  

 


比較的安価

 

 


高価格

 

 

 

欠陥を防ぐ技術力

 

 

 

 

自社での施工がメイン、顧客満足度も高い


凝った工事は対応不可

技術力が高く、業界内でも評判が良い

 

上記表内の項目は適宜変更しながら、分析を行っていくといいでしょう。

 

「自社がどのような価値を提供できるのか」という点に着目すると良いです。
また、「他社と差別化を図るためにどうするべきか」等を考慮したうえで、効果的な戦略を練っていきましょう。

 

3C分析・競合分析についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

 

Step2.施工実績の写真を準備する

建設業のホームページでもっとも重要なコンテンツは「施工実績」といっても良いでしょう。

 

建設業で取り扱う商材や案件は、一つひとつの単価が高いです。そのため、施工を検討している個人や仕事の依頼を検討している企業は、決断することに大変慎重になる傾向があります。

 

そのような時、施工実績の写真などがサイト内に掲載されていれば、ユーザーの判断材料として大いに役立ちます。

施工事例のポイント

建設の専門知識がない人にも理解しやすいよう、画像を豊富に使用する

画像をただ並べるだけではなく、自社のこだわり・工法なども併せて記載する

具体的な工事進行を伝えるために、建築中の画像も加えて掲載する

建設業を営む企業にとって、施工実績のコンテンツは「自社の履歴書や名刺代わり」といえる存在に近いですまた、個性や魅力が存分に伝わりやすいというメリットも大きいでしょう。

 

したがって、ホームページ制作にあたって「できるだけ多くの施工事例を集めること」が求められます。施工工程を写した写真やリフォームのビフォーアフター写真、お客さまの家族構成やお客さまの声なども、大いに役立ちます。

 

施工事例についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

Step3.集客ブログを書く

集客できるホームページ制作では、“ユーザーの心を惹きつけるコンテンツづくり”を意識しましょう。
具体的には、ブログ運用です。

 

ユーザーが検索しそうなキーワードでブログを書くことで、GoogleやYahoo!JAPANといった検索サイトで自社ホームページがヒットしやすくなり、多くの流入が見込めます。

 

「何を書けば良いかわからない」という方はこちらの記事を参考にしてください。

 

TRASPでは「集客につながるキーワードは何か?」「競合サイトと比べて何が足りないのか」貴社サイトの状態や集客の目的についてヒアリングし、競合調査・ユーザーニーズを徹底分析。貴社にとって必要なSEOキーワードを抽出するだけでなく、今後狙うべきキーワードの選定まで行います。
プロのSEOライターが、集客できるブログを執筆いたします。ホームページ制作・リニューアルを検討中の建設業経営者・マーケティング担当者は一度お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

Step4.SEO対策

SEOとは「ホームページをGoogleやYahoo!JAPANなどの検索結果の上位に表示させるように図るテクニック」を指しており、「検索エンジン最適化」のこと。近年のWebマーケティングには欠かせない施策のひとつです。

 

現在では小手先だけのSEO対策テクニックは通用しなくなり、「いかにユーザーの役に立つ(有益な)サイトであるか」が最重要視されるため、コンテンツの中身を充実させていくことがSEOに効果的だといえるでしょう。具体的にはキーワード対策、被リンク、サイト構造などがあり、多岐にわたるため、プロにおまかせすることをおすすめします。ひと昔前のようにキーワードの羅列や被リンク売買などはGoogleのペナルティの対象になり得る可能性があるため、注意しましょう。

 

SEO対策をすることで、検索結果の上位に自社サイトが継続的に表示され、ユーザーのアクセス数も比例して伸びていきます。ただし、SEOは長期的に対策を続けていくことで成果が出るため、半年~1年の単位でみていくことが大切。またGoogleなどの検索エンジンは毎年アップデートが行われるため、自社サイトの上位表示をキープするには、適宜施策方法を見直していく必要があります。

 

TRASPはSEO対策に強い制作会社です。競合調査・ユーザーニーズを徹底分析し、貴社にとって必要なSEOキーワードを抽出、今後狙うべきキーワードの選定まで行います。ユーザーの検索意図を理解して戦略を立てることで”集客が続く”Webサイトに育てます。

 

SEO対策はこちら

 

 

Step5.効果測定・改善

ホームページは作って公開すれば終わり、ではありません。
継続的に効果測定や改善実施などを行いながら効果を追求していくことが重要

 

TRASPはユーザーサポートの一環としてお電話やテレビ電話を用いたご連絡、Webサイトの操作説明やパソコンの簡単な操作方法の説明、解析レポートの提出などを定期的に行っております。Webサイト公開後に一定の結果がでればデータをもとにした改善案や機能やページの追加など、Webサイトをより良くして行くための提案をしています。

 

サポートについて

 

建設業の集客を業種別に解説

建設業の集客方法とは?

 

建設業といっても、業種はさまざま。当社はリフォーム、外壁塗装、エアコン設置、プラント配管、工務店、設計事務所、解体業などの建設業でホームページ制作・リニューアル、Web集客実績があります。

 

ここからは実績豊富なプロ目線で、それぞれの建設業について業界を分析したうえでおすすめしたい集客方法をご紹介します。建設業界全体に共通することも多いので、ほかの建設業にも参考になる内容です。

 

リフォーム業

新しい生活様式として“リモートワーク”が定着し、家で過ごす時間が長くなったことで、住宅投資を検討する人が増えています。また、空き家問題の解消に向けて、既存住宅を活用したリフォーム・リノベーション工事も盛んです。

 

一方で、独立・開業しやすいリフォーム業は異業種からの新規参入が相次ぎ、競争が激しくなっているのも事実。コロナウイルスの感染状況によっては、リフォーム市場は今後左右されると考えられています。

 

そこでリフォーム業におすすめなのが、利益率を上げるためのインターネットを使ったWeb集客。

リフォーム業におすすめの集客

  • 自社ホームページ
  • ポータルサイト
  • Web広告
  • SNS運用
  • SEO対策
  • MEO対策

リフォーム業では案件ごとに利益率に大きな差があるのが特徴です。
したがって、案件ごとに目標利益率を決め、利益率の高い仕事を取ることが重要です。

 

そのためには他社にはない強みやサービスを付加価値としてプラスできる、ネット集客がおすすめです。

 

リフォーム業の集客方法について、さらに詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

解体業

解体業では、依頼主から受けた仕事を下請け会社に再依頼する「重層化下請け構造」が一般的になっていることが多いでしょう。しかし、「受注単価が安い」「納期に余裕がない」「連鎖倒産のリスクがある」などの理由から、この下請け構造が課題として挙げられます。

 

したがって、下請け脱却をはかり、自社で集客できるようにすることが、企業にとって最善だと考えられます。

 

また、表立って宣伝する機会が少ないため認知度が低いことも課題として挙げられるでしょう。したがって、ホームページ制作と合わせてWeb広告を打つなどして、まずは認知度を高める施策が効果的。集客では次のようなことを心がけましょう。

 

解体業におすすめの集客

  • 元請けとしての仕事を増やす
  • クリーンなイメージ戦略を図る
  • ホームページを作る
  • Web広告やSNSなどで宣伝する

 

「ガラが悪い」「怖い」などお客さまから好印象をもたれにくいために、営業活動に支障をきたしている解体業者も少なくないため、スタッフへのマナーの徹底やホームページでクリーンなイメージ戦略をはかるなどの工夫が必要です。

 

解体業の集客方法について、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

工務店

工務店では、自社の課題を見つけ、解決できるような集客方法が求められます。

 

  • 紹介に頼った営業
  • 資金力不足
  • 人材・後継者不足
  • 住宅着工戸数の減少

 

このような課題は自社の強み・ターゲットの明確化し、Webサイトを制作することで解決できる場合が多いです。ホームページ制作では狙ったターゲットをピンポイントで集客するとともに、採用ページで人材を確保することが可能。また計数感覚を身につけ、リフォームなどの新しいビジネスモデルの展開で経営を改善していきましょう。

 

工務店の集客方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

設計事務所

設計事務所は、何よりも信頼と実績が重要となります。

 

設計事務所に依頼する顧客層は、

  • 自分好みの住宅を設計したい
  • オシャレなデザインの家に住みたい

といった願望があり、付加価値の高い住宅を求める傾向があります。

 

仮に低価格で一般的な住宅を求めるのであれば、建売住宅などを選ぶでしょう。
したがってデザイン性・間取りから自社の特徴やコンセプトを明確化し、他社にはない魅力を伝えることが大切です。Instagramなどのビジュアル面で優れた媒体を取り入れるのもおすすめ。住宅購入はリードタイム(契約までの時間)が長いため、顧客のファン化は将来的な成約獲得につながる重要な施策です。

 

また国家資格(一級建築士など)を取得し、建築士として仕事の幅を広げることもおすすめです。
設計以外にも空き家の解体現場で建築士は欠かせない存在となるため、どのような状況でも求められる存在になるでしょう。

 

外壁塗装

外壁塗装会社ではWebを活用できていない企業が多くみられます。
しかし、下請け構造や人材不足が深刻な外壁塗装業にこそ、Web集客がおすすめなのです。

 

多重下請け構造が定着していることに加え、競合が激しい外壁塗装業界では、「集客がうまくいかない」「下請け脱却したい」という外壁塗装業の方も多いでしょう。また、労働環境については3K(きつい・汚い・危険)のイメージを強く持たれており、今は新しく3K(給料が安い・休日が少ない・カッコ悪い)が加わり、すべてを足して6Kと呼ばれることも。

 

そのため人材不足を解消するうえでは、業界の根本的なイメージ改革が重要になるでしょう

 

外壁塗装を依頼する顧客の多くが、インターネット上で業者を探しているため、そのためGoogleやYahoo! JAPANなどの検索エンジンには数多くの見込み顧客が存在し、適切なアプローチを行えば仕事につなげることが可能だといえます。またWebやSNS上には優秀な人材となる若年層が多くいるため、Webの活用は採用にもつながります。

 

建設業の集客に強い大阪のホームページ制作会社4選

集客に強い大阪のホームページ制作会社4選を紹介します。
それぞれの制作会社の特徴や概要、実績などを詳しく調査しました。

 

TRASP株式会社

TRASP株式会社

https://trasp-inc.com/

 

当社TRASPは、これまでに数多くの建設業におけるホームページ制作を請け負ってきました。「企業の売り上げに貢献する3つの軸」はお客さまにも高い支持を得ており「自社サイト運用開始後、集客率が大幅にアップした」という喜びの声が寄せられています。

 

当社が手がけた建設業のホームページを複数掲載していますので、ぜひご覧ください!

 

制作事例はこちら

 

「お客さまのことを考え抜いたプランニング」が当社の強みです。ホームページ制作・MEO集客・SEO対策など、Webに関するノウハウを熟知したプロが多数在籍しています。チーム体制でしっかりとフォローを行い、成果の出る施策方法を提案することが可能です。気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください!

 

<会社概要>

設立2017年2月20日

 

所在地

 

大阪本社 :
〒530-0047
大阪市北区西天満5丁目2番18号 3F

 

TEL06-6136-5442
実績https://trasp-inc.com/works

 

お問い合わせはこちら

 

BRANU株式会社

BRANU株式会社

https://service.branu.jp/

 

BRANU(ブラニュー)株式会社は、建設中小企業のホームページ制作を専門としていますこれまで、建設業界を中心に3,500社を超える実績を積み上げてきました。現場のスケジュールに応じて柔軟に対応可能。また、プランによりますが「初期費用¥0~」ホームページ制作もできるそうです。

 

<会社概要>

設立2009年8月

 

所在地

 

大阪支店:

〒542-0086

大阪府大阪市中央区西心斎橋1-5-5 アーバンBLD心斎橋8F

 

TEL06-4708-6991 
実績https://service.branu.jp/category/works

 

株式会社Rush up

株式会社Rush up

https://rush-up.co.jp/

 

株式会社Rush upは、中小企業や小規模店舗をメインにホームページ制作・ランディングページ制作などを行っている企業です。ライアントの個性や強みを引き出すサイトづくり、SEO対策を含めた効果的な集客支援を得意としています。サイト開設後のアフターフォローも非常に手厚いようです。

 

<会社概要>

設立2017年8月

 

所在地

 

大阪営業所:

〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町4-3-8 TAIRINビル3F

 

TEL06-6786-8166
実績https://rush-up.co.jp/results/

 

 

株式会社バリューエージェント

株式会社バリューエージェント

https://valueagent.co.jp/

 

株式会社バリューエージェントは、ホームページ制作~サイト運用、広告運用までの流れを一元化して行っています。これまでに不動産関連やリフォーム会社、ECサイトなど数多くの企業のWebマーケティング業務に携わってきました。また、SEO対策・SEOコンサルティングを特に得意とされています。

 

<会社概要>

設立2005年3月

 

所在地

 

 

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-9−12 空研ビル5F

 

TEL06-4805-7778
実績https://valueagent.co.jp/result

 

まとめ

本記事では、建設業の集客できるホームページ制作について詳しくまとめました。

 

建設業界においてもWeb集客の流れがスタンダードになってきています。競争が激しい業界内で他社と差別化をしっかりと図るためにも、ホームページ制作をぜひ導入してみてはいかがでしょうか?

 

大阪府にはたくさんの制作会社が存在しているため、自社のニーズ・要望を満たしてくれる企業に出会える可能性は非常に高いです。各制作会社の特徴やメリットを探り、気になった際は積極的に相談してみましょう!

TRASPでは、“お客さまの可能性を最大に引き出す”集客支援・施策方法などを適切にご提案します!無料相談も行っておりますので、ホームページ制作にあたってお悩みの方は、ぜひ当社へご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

タグ

CONTACTweb制作やweb集客のご相談やお見積もりなど

追従バナー
© TRASP.inc All Rights Reserved.